「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 04月 ( 71 )   > この月の画像一覧
2013-04-30 酒も人なり
文は人なり、という。
文章には、書いた人の性格なり人柄が反映されているものだということである。
それは半分は嘘である。
性格の悪い人が、心温まる文章をものにしていることはよくあることだからである。

美しい詩文を書く人が醜男だったりすることもよくあることである。
お酒同様、見掛けの綺麗な著者が書いた文章がつまらないことは往々にしてあることである。
「パッケージの綺麗なお酒にうまいものなし」である。
とはいえ、その言葉の半分は当たっているということである。

書き手の日常の心持ちから行動から外れた文章は書けないものだからである。
それを思想とか個性とか呼ぶのだろう。よくいえば天与の才能のことである。
神を認めるとその才能の“著作権”は神様にあることになってしまう。物書きは二次利用か。
だから、著作権論者の物書きは無神論者なのである。庵主のような著作権嘲笑論者は別だが。

お酒もまた人なり、といえそうである。
お酒を呑んでから、造り手に会ってみると、お酒のイメージが彷彿されることが少なくない。
韓国が文化としての酒を造ると言い出したという。それをみんな笑って見ているのは、日頃の
お人柄をよく知っているからなのだろう。それが笑い話にしかならないというのは。

-----

最近、青瓦台(チョンワデ、大統領府)や政界の行事で“ノンアルコール文化”が多勢を
占めているという記事が出た。
朴槿恵(パク・クネ)大統領が酒をたしなまないため各種の集まりから自然に消えつつあると
いう内容だ。
』(同上)。朴2号大統領の最初の功績は韓国人に抑酒の風を広めたことか。

同時に、韓国酒を韓国文化として世界に発していこうという気風が湧いて来たという。
現代社会において酒は国のイメージを左右する文化の象徴であり、輸出で高収益な製品だ。
フランスをはじめとする欧州各国や豪州・チリ・アルゼンチンなど新大陸の国々はワインで
お金を稼ぎ優雅なイメージも得ている。

ドイツ・チェコはビールで有名だ。品評会で優勝したドイツビールをチェコのビール試験場に
送ったところ「あなたの馬は健康ですよ」という返事がきたというチェコの冗談がある。ほか
の国の最高のビールも私たちのものと比較すれば馬のおしっこ程度に過ぎないという意味だ。
酒が国民のアイデンティティや国家的自負心につながりうることを示してくれる。
(以下略)』

「韓流捏風」(用例採集先)によって、それまで知らなかった韓国文化を知った人が多いようだ。
それで、これから造られるだろう韓国の文化酒に対して、「あなたは健康そのものですよ」と
いった反応が書き込まれているのである。
韓国の“伝統的な酒”のことを知っているからだろう。

-----

朴2号大統領というのは、ブッシュ2号大統領の前例に倣った用語である。
ブッシュ2号大統領とは、ジョージ・W・ブッシュ大統領が、ジョージ・H・W・ブッシュ
大統領の子供だったことから付けられた名称である。
親馬鹿大統領といったニュアンスは否めないのである。この場合は子馬鹿というべきか。

[PR]
by munojiya | 2013-04-30 00:04 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2013-04-30 テロリズム(好血主義)
多くの映画が、共感的にテロリストを表現していますが、あなたの作品では違いますね。
[ミヒャエル・ハネケ語る]テロリズムはいつも、なにか共感できないものであると思います。
それが、他者を犠牲にするからです。
』(典拠)。思えば、アメリカは国をあげてテロリストだ。
「白いリボン」はラストシーンが出色である。歌〈おんがく〉の使い方がうまい。音がいい。

いずれにせよ10年以内にフィルムは時代遅れのものになり、そのときすべてのものがデジ
タル設備にされるでしょう。それは機材のせいというわけではなくて、(フィルムを)運ぶと
いう点のためです。
』(同上)。フィルムを映写機に掛けるところから映画だと思っているが、
これからの映画はスイッチ・ポンで始まるようになるというのである。ああ、つまらない。

疑似カラーという言葉があるが、「白いリボン」は疑似モノクロ映画である。色が甘い。
本当の理由はしかし、ろうそくと石油ランプのもとで反応するのに十分な感光性のあるモノ
クロ素材が存在しないということです。そういうわけで、私たちはカラーで撮影して、すべて
をデジタル処理しました。それからフィルムは、モノクロにプリントされたのです。
』(同上)。

よく分かるのに見終わったあとはつまらなかったと思う映画が多い中で、ミヒャエル・ハネケ
の映画は、分からないのになぜか面白いのである。
お酒も、これはアル添の安酒だなとか、香り酵母か、などと判るお酒はつまらないのである。
なんでこんなにうまいのだろうかと、その理由がよく分からないお酒が記憶に残るのである。
[PR]
by munojiya | 2013-04-30 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-04-30 おや、おや、おや
ボストンで行なわれた、おっと起こった爆弾テロ事件に関してこんな話が流れている。
ヤラセ映像が使われたという話である。
たしかに、「写真C」の地面に撒かれた血は映画に使われる血糊にしか見えないのである。
人の血にしては色つやが良すぎるということである。

庵主はTVを見ていないので、その映像が本当に使われたものかどうか分からないので、
爆弾ネタということで読んだのである。
なるほど、そういう見方もあるのか、と。
ハリウッドの映画作りは上手だが、アメリカでもワシントンの映画は一寸杜撰なようである。

最近の映画は、かならずメーキング(製作過程を撮った映像)が作られているようで、下手な
映画は本篇よりそっちの方が面白いことがある。
「タイタニック」で使われたCGを解説した映像を見たことがあるが、庵主にはそっちの方が
本篇より面白かった。なるほど、人はこういう風に騙されるのかというところがある。

庵主は手品が好きなので、そういうことに興味があるということである。
手品がそうであるように、種明かしがおもしろい手品は間違っているのである。
本末転倒というものである。
変な造りをしているお酒の種明かしをされた分には夢が壊れてしまうのである。
[PR]
by munojiya | 2013-04-30 00:01 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2013-04-29 酒の映画「フライト」
デンゼル・ワシントンの「フライト」である。
開巻、裸体の白人美女が出てくる。デンゼル・ワシントンは黒人である。
禁断のエロ映画でも始まるのかと思ったら、一転して、航空パニック映画になる。
水平尾翼が損壊して機体は操縦不能なり、急降下を始める。

あわや地上に激突かと思われた時に、デンゼルは機体をひっくり返して背面飛行で乗り切る。
普通のパイロットなら間違いなく墜落していた機体を無事不時着させるのである。
デンゼルは不可能な状況で乗客を救ったヒーローとしてもてはやされる。
が、それで終わるかと思ったらさらに話は一転するのである。

アルコール依存症の治療映画になってしまうのである。
デンゼルは、アル高のパイロットという役である。
しかしである。そこがアメリカで、仮にそれが三流の航空会社であったとしても、毎日酒臭い
息をしているパイロットに乗務させる航空会社があるわけがない。

その時点で庵主は白けてしまうのである。これはシリアスな映画はないのだと。
ギャグ映画か、もしくは別に含むところがある映画に違いないと踏んだのである。
その予想通り、話はアルコール依存症のもっとも効果的な治療法に導くというものだった。
間違いなく、その方法なら酒をやめることができるのである。しかも治療費は只で。

-----

公聴会の前夜、この夜だけは絶対に酒を飲むなと戒められて泊められたホテルの部屋の冷蔵庫
には事前に手配されていたのだろう、飲めないようにソフトドリンクしか置かれていなかった。
しかし、その隣の続き部屋にある冷蔵庫の中には酒が並んでいたのである。
それを見つけて、思わず酒瓶を手にとるデンゼル。

が、酒瓶を握りしめながら、その誘惑に打ち勝とうとして躊躇うデンゼル。
やっぱりそれを飲むのかと思わせながら、最後はその瓶を棚の上に置いて元の部屋にもどる。
画面は、棚の上に置かれた酒の小瓶を、壁の側から見たカメラで、中央にとらえている。
これで、デンゼルは「自分の意志」で酒を断ち切り、公聴会も乗り切れるとほっとさせる。

が、しかし。
酒瓶を画面の真ん中に置いてその瓶だけにピントを合わせた画面が異様に長いのである
と思った瞬間、画面の左手から、デンゼルの黒い腕が現れ、その酒瓶を掴んで部屋に戻って
行く。アルコール依存症は「意志」では直せない病気なのである。

機械で言えば故障なのである。故障は機械が自分では直せない。元に戻せないのである。
損壊した部品を「取り替える」か、「廃棄する」しかない。人間ではその方法はとれないが。
本文ではアルコール依存症の「治療法」と書いたが、それは正しく言えば「隔離法」である。
過去に日本で行なわれた癩病のように。そもそも麻薬中毒やアル高は治る病気なのだろうか。

-----

丸の内ピカデリーの2階席の最前列の席である「T-17」が一番映画が見やすい席である。
目の前に他の客はいない。スクリーンの高さのちょうど真ん中当たりに位置する席である。
だから、スクリーンが視角いっぱいに大きく広がって見える最高の席〈ポジション〉である。
スクリーンの中に入り込んだような気分が味わえる。その快感のご紹介まで。

[PR]
by munojiya | 2013-04-29 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2013-04-29 笑い話 とうとう「海江田メンバー」
民主党の総統、おっと民主党は代表というのだったか、海江田万里代表がとうとう
「海江田メンバー」と呼ばれるようになった。
「メンバー」というのは、稲垣吾郎に始まる容疑者に対する敬称である。
おっと、犯罪人に敬称というのはおかしなことだから、蔑称でいいのか。

判決が確定するまでは、疑わしきは罰せずで、無罪と推定されるから、
犯罪人と呼んではいけないので、一般的には「容疑者」と呼ぶが、
その容疑者に権威や権力があったときにはあえてメンバーと呼ぶのである。
稲垣吾郎メンバーが、警察に捕まったときに新聞が始めた風習である。

海江田万里代表は、いやしくも国会議員である。
人品がいやしいわけがないのに、犯罪人として疑われいるから、
よもやそんな悪いことをやるわけがないだろうということで「海江田メンバー」なのである。
海江田代表が何をやったのかというと安愚楽牧場の詐欺の片棒を担いだのである。

民主党の代表は、朝鮮、朝鮮、朝鮮ときて、今度はメンバーである。
殆ど「気違い部落」(クセ者、否、食わせ者役者の競演だ)の様相を呈しているのである。
民主党はブラックユーモアなのである。
庵主はそれを「民酒党」と書く。ご同輩、もっといいお酒を呑もうじゃないか、である。
[PR]
by munojiya | 2013-04-29 00:02 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-04-29 見る前に読んではいけない
このサイトは「その映画」を見る前に読んではいけないという。
映画を見るときに、読んでから見るという方法と
見てから読むという方法がある。
読む前に見た方が緊張感は高いが、肝心な部分を見落としてしまうことがある。

あとからそれを教えられても、全然記憶に残っていないということがありうるのである。
見落としてしまうことを防ぐには、見る前に読んでおくことである。
活字と映像は同じことをいっていてもその表現は異なるから、粗筋と見落としていけない点を
あらかじめ知っていても映画を見る分にはなんら支障はないのである。

映画は過去に撮られた映像を見るものだから、その結論を知っていても、知らなくても、
その映画のストーリーはすでに確定しているから、事前に粗筋を知っていても知らなくても
その結果は変わらないからである。その感動は、過去を読むという安心感の上にあるのだ。
これから何が起こるか分からない生中継のスポーツや現在進行形の事件との違いである。

お酒は、事前に、うまいかまずいかを知らないと、多くは外れを引くことになるのである。
そのお酒がうまいお酒か、そうでないお酒かは、なんで知るかというと、口コミが一である。
呑んだ人の感想は大いに参考になるのである。過去に呑んだお酒の経験もその一助となる。
うまいお酒を醸してくれる上手な造り手のお酒は、今度もまたうまい可能性が高いのである。

-----

カラーフィルムをモノクロに潰した(色を抜いた)画質はキレがない。色が甘いという。
モノクロフィルムの画質はとがっているのに、カラー潰しの画質は柔らかいからである。
映画の画質は造り手の思い入れだけのことだから、映画の出来には大して関係ないので、
そんなことを気にする人はいないのだが。リンク先の写真が、その甘い画質の実例である。

「白いリボン」の冒頭のシーンは黒い画面が少しずつ明るくなって風景が浮かび上がってくる
のだが、うっすらとその風景が見える部分で、庵主は色を感じてしまったのである。
しかし、映画は脱色モノクロだった。今では、本物のモノクロフィルムが作られていないの
かもしれない。あったとしてもそれで映画を撮ったら、今ではカラーより金がかかるという。

[PR]
by munojiya | 2013-04-29 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-04-28 日曜日のくつろぎ篇 長くて短いもの
長くて、短いもの。
それは「白いリボン」である。
ミヒャエル・ハネケというフランスの映画監督がいる。
その人の長尺(ちょうしゃく〉映画が「白いリボン」で、それが短いのだという。

映画がどんどん軽くなる中にあって、ミヒャエル・ハネケは今では数少ない巨匠の一人である。
その映画は、最後まで目を離せないからである。
何が起こるか分からないので、寸分も見落とせない映画を撮る人だからである。
なお、映画が軽くなっているというのは、庵主が最近好んで見る映画のことである。

アメリカ映画の「フライト」とか、インド映画の「タイガー」みたいな軽い映画しか見ない
中で、ミヒャエル・ハネケの映画は格別に重いのである。干天の慈雨なのである。
見ていて気が抜けない映画だということである。映画を見る緊張感〈しあわせ〉が味わえる。
いいお酒とは、その時に呑みたいと思う期待値〈あじわい〉に合致したお酒のことである。

期待値より下では満足できないが、かといってそれよりうますぎても嬉しくないのである。
すなわち、期待通りのお酒が一番いいお酒なのである。
映画も同様である。そのときの期待値に合致した映画が一番うれしいのである。
「愛、アムール」は庵主の期待値〈おもい〉と合致していたのである。

-----

庵主は「愛、アムール」を見ながら、ストーリーはそっちのけで、その住まい(アパルトマン
とでもいうのだろうか)の間取りがどうなっているのかを一生懸命頭の中に描いていた。
最後の場面で、思ってもいなかった広い部屋があったことが分かって、それでやっと間取り図
が完成したのである。だから、映画の結末がどうだったかは記憶が定かでない。

音楽家の夫婦ということで、映画の中心となる居間にはグランドピアノが置かれていて、
それでいて広さに十分な余裕のある部屋だから、それだけでもかなり広いのである。
畳数でいうと、その部屋だけでも20畳以上はあるかと思われる。
日本の住宅がうさぎ小屋なら、この広さの住まいは何小屋と呼ぶのだろうか。

[PR]
by munojiya | 2013-04-28 00:03 | 日曜日のくつろぎ篇 | Trackback | Comments(0)
2013-04-27 「安東水軍/純米生」がうまい
久しぶりにうまいお酒に出合った。
青森県鰺ヶ沢町の「安東水軍〈あんどうすいぐん〉」の「純米生」である。
普段はうまいお酒を呑んでいないのかと思われては困る。
庵主が普段呑んでいるお酒は、その多くが“うますぎる”お酒なのである。

呑む度に、庵主がこんないいお酒を呑んでもいいのだろうかと忸怩たる思いを抱くのである。
恐縮しながら呑んでいるのである。
こういううまいお酒はもっと立派な人が呑むのがふさわしいのではないかと、おそるおそる
呑んでいるのである。その背徳感があるからうまいお酒は一段とうまく感じるのだが。

喫煙を禁じられている人が便所で隠れて吸う煙草がうまいというのと同じ心境である。
贅沢な話ではあるが、うますぎるお酒というのはときとして疲れるのである。
うますぎるお酒を呑む楽しみはおいておいて、である。
本当にうまいお酒というのは、うますぎないでうまいお酒なのである。

そういううまいお酒の実例がこの「安東水軍/純米生」である。
こういうお酒なら、庵主は気兼ねなく呑めるのである。すぅーと呑めるうまいお酒である。
そのうまさは実際にそのお酒を呑んで感じてほしいものだが、しかし、お酒は、機縁のある
呑み手のところにしか出回らないのである。そのうまさは別稿で語りたい。

-----

安東水軍/純米生
アルコール度 16.5  酸度 2.2  原料米 麹 華想い 掛 むつほまれ
精米歩合 60%
』。ある居酒屋の奨励酒で、値段はオープン価格。庵主は300ML瓶の
それを600円で購入。頭で喜ぶ高い酒と違って、これは体が喜ぶうまいお酒なのである。

[PR]
by munojiya | 2013-04-27 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2013-04-27 「たかり国家」
朝鮮半島に二つの国がある。
北を北朝鮮と呼び、南は韓国と呼ぶ。
それでは平仄が合わないので、韓国を南朝鮮と呼ぶ人がいる。
さらには、上朝鮮、下朝鮮と呼ぶ人もいる。馬鹿にしていることは明白である。

上も、下も、そろって「たかり国家」だというのが定説〈げんじつ〉である。
関わり合いになるな、というのが日本人の態度〈じょうしき〉である。
好んで関わり合いになる日本人がいるとしたら、そうすることで金になる人達である。
善意で朝鮮人に接したら必ず裏切られるということが常識になっているのである。

この状態なので[欄外参照]、むしろ日本は米国とともに距離を置いて
勝手に騒ぐ北と南朝鮮を中共に行かせれば良いのです。
どうせたかり国家です。
ただのお荷物を背負うことになるのです。
』(典拠)。

日本のマスコミが「アジアから孤立している」などと騒いでいますが、
日本の国益を考えれば特定アジアから孤立するのは大歓迎です。
そうなると南北朝鮮ともに中共へたかりに行くしかないのですから。
』(同上)。
お酒も、たかるという呑み方が一番みっともないのである。

-----

六者協議を考えればわかります。
ロシア 
中立
中共 
北の保護者
北 
日本にたかりたい。米国に体制保障してもらいたい。

南 
日本に北の経済負担を押しつけたい
米 
北を制裁したって金にならない、日本に北の負担を押しつけたい。』(同上)。
『[韓国は]日本という経済的生命維持装置が無ければ途端に壊れるような国です。』(同上)。
韓国に口ほどの矜持があるなら“自立”させてあげるのが“親切”というものかもしれない。

[PR]
by munojiya | 2013-04-27 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-04-27 撮り鉄はカメラマンの鏡
カメラマンの鑑〈かがみ〉ではない。
鏡である。
撮り鉄の撮影態度が最低の下を行くという話題である。
「AERA」の記事らしいから、どこまで本当かは知る由もないが。

車の運転をすると性格が変わる人がいるという話を読んだことがある。
運転をしないときは謙虚な行動をしている人が、ひとたびハンドルを握ると傍若無人の運転を
するという話だった。車は人の性格を変えるというのである。
車という鎧を着たら、気が大きくなるのだろう。道具が人の狂気を引き出すというのである。

カメラという道具もそれである。
小心者が、ひとたびカメラを手にするとこれまた傍若無人な行動を起こすようになる。
庵主は、写真を撮るという趣味自体がいかがわしい趣味だと思っている。
褒められた趣味だとはいえないと思っている。恥ずかしい趣味といった方がいいだろう。

だから撮り鉄の振る舞いを見ても何も驚かないのである。その程度の人の趣味なのである。
写真を撮る人は周囲の人々からそのように見られているのだということである。
だから鏡である。カメラを手にしたら、人は狂うのである。カメラマンに理性はない。
お酒を呑んで狂う人はアル高というが、カメラマンのそれも“病気”と見るのだろうか。

-----

撮り鉄の3禁だという。
(1)走行中の列車に向けてストロボをたかない、
(2)駅のホームでは三脚を立てない、
(3)立ち入り禁止区域には入らない
』(典拠)。

[PR]
by munojiya | 2013-04-27 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)