<   2013年 05月 ( 74 )   > この月の画像一覧
2013-05-31 それは逆 煙草は体に悪い
この視点は、庵主にはなかった。
煙草禁止の風潮は、新型ウィルスを蔓延させるためだというのである。
ここにも、何度も書きましたが、タバコね!
あれ…… 実際は健康に良いのではないでしょうか?

あまりにも、ヒステリックに排除しすぎです。
少なくとも、パンデミックを拡大させない殺菌力があるのは、たしかでしょう。
新型ウィルスを蔓延させるために、禁煙禁煙と言っているのは間違いないと、この動画を見て、
私は確信しました。

私にはタバコはあいませんが…… 実は、タバコの香りは好きなんですね。
』(典拠)。
庵主も煙草の香りは好きだ。しかし、吸うと口の中がきな臭くなるから吸わない。
コーヒーの香りも好きだ。ただ、飲んでもうまいと思ったことがない。
庵主はコーヒーのうまさが理解できないのである。それでも全然支障はないけれど。

お酒にはまってしまったのは、うまいわけがないと思っていたお酒が美味かったからである。
庵主がうまいと思ったお酒のうまさが万人に共通するものなのかどうかは分からないが、
庵主が共鳴できるうまさを湛えたお酒があったということである。
煙草の話に戻るが、案外、向精神剤よりも煙草の方が増しだったりして。

-----

リンク先の最初の映像に、「それは逆」の実例が沢山でてきます。なるほど。
高温殺菌された牛乳に価値はないという件には苦笑してしまった。
庵主は煙草同様牛乳も飲まないが、それでも日常生活には全然支障がないのである。
濃還(濃縮果汁還元飲料も)も、栄養的には無価値なのではないかと思っている所である。

[PR]
by munojiya | 2013-05-31 00:02 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2013-05-31 想像をはるかに上回る演技
日本は、チアリーディンの世界大会で連続優勝しているというのである。
多くの日本人はその演技を見て度肝を抜かれるはずである。
自分の想像力がいかに貧困であるかということを痛感するはずである。
知らないと想像力がそこまで働かないのである。

うまいお酒もまたそれと同じである。
本当に美味い日本酒を呑んだ人は思わず涙をこぼすことがある。
感動の涙というのでなく、とまどいの涙なのである。
その味わいをなんと言ったらいいのか言葉が出てこない分、涙が出てくるのである。

あまりにもうますぎるので、想定していた味わいをはるかに越えているために
自分の想像力の限界を突破されてしまい、虚を衝かれて対応に戸惑ってしまうからである。
そして、そのことが決して不幸なことではないということが分かっているからである。
その戸惑いからくる喜びは、言葉ではなく涙に託したくなってしまうのである。

予想以上だった すごすぎ』(映像の米欄91番)。
予想をはるかに上回る演技だったなぁ……。凄すぎるよな、これ』(同93番)。
世界大会で勝ってるってのは知ってたけど これはすごい』(同94番)。
その映像はこれである
[PR]
by munojiya | 2013-05-31 00:01 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2013-05-30 「国内初 断酒の新薬発売」
酒をやめられる薬ができたというニュースである。アル高患者にとっては福音である。
日本新薬はアルコール依存症患者の断種を助ける治療薬「レグテクト錠333mg」を発売
した。特定の中枢神経に作用し、酒を飲みたい欲求そのものを抑える効果がある。同様の働き
を持つ治療薬は国内初という。

日本新薬によると、薬を服用すると神経の興奮状態を鎮める。カウンセリングによる精神療法
などを組み合わせた臨床試験では、約半年間の断酒に成功した患者は47%。薬を飲まずに
精神療法を受けた患者は36%だった。服用には医師の処方箋が必要となる。

(2013年5月29日付「聖教新聞」ニュース・フラッシュによる)。

庵主のワープロは、持ち主に似て性格が悪いから、最初の行から「断種」と変換したが、勿論
「断酒」の誤変換である。
宗教新聞に載っていた記事なので、どこまでが本当で、どこからが布教なのかは判らない。
ただ、そんな薬を使わなくても36%の人は酒を止められるというが分かったのである。

薬を使うとそれが11%も増えるという効果があるという。
その程度なら、TVや新聞の「ビールを飲め、飲め」という広告を止めたら簡単に達成できる
数字なのではないのかと庵主は邪推するのである。煙草が駄目なのだから酒の広告もやめたら。
庵主はアルコールが飲めない体質なのでそういう薬が必要ないのは幸いなのである。
[PR]
by munojiya | 2013-05-30 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2013-05-30 それは逆 牛乳は体に良い
アルコールが体に良くないことは誰でも知っている。
それを知らない人がいるとしたら、親がそのことをしっかり教えなかったということである。
しかし、「体に良いから酒を呑め」という親はいないだろう。
その程度の良識はあるからである。

しかし、「体に良いから牛乳やヨーグルトを飲め」という親は少なくないはずだ。
ヨーグルトは「飲む」でよかったのだっけ。「食べる」か。
アイスクリームは「食べる」か、「飲む」か、迷うのと同じである。
庵主は、「牛乳は体に悪い説」を取っているから普段はそれらを口にすることはない。

そんなもの飲んでも日本人の体はついていけないだろうなぁと冷やかに眺めているのである。
牛乳有害説を唱える医者がいた。その啓蒙映像である。
牛乳を飲んでカルシウムを摂ろうというのは嘘らしいのである。
牛乳を飲んでいる国は骨粗鬆症の確率が高い』(同上)のだという。

牛乳はカルシウムの吸収を阻害すると聞いたことがある。
アルコール同様、飲用するなとまでは言わないが積極的には摂らない方がいいみたいである。
牛乳会社の健康広告は、お酒の「百薬の長」と同じようにその裏には多くの人がそれで却って
健康を害していることを隠しているという庵主の邪推は間違いではないはずである。
[PR]
by munojiya | 2013-05-30 00:02 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2013-05-30 アマゾンのネット詐欺の対処法
アマゾンが、ほとんど詐欺といっていい商売をやっているという。
その対処方法を書いている人がいたので、紹介しておく
只だと思ってクリックしたら課金されるというネット特有の詐欺を「ネット詐欺」と呼ぼう。
典型的なのは、エロサイトで引っかかるものである。

只だと思ってクリックしたら、画面が変わって登録料数万円が請求されるというものである。
その対処法は、無視することである。相手側に連絡をとってもいけない。
下手にメールをすると、そのメルアドが鴨のリストに登録されて後々禍の種になる。
エロメールとか遊んでいてお金を儲ける方法を教えますとかいメールがどっとやってくる。

自分のウェブサイトにアマゾンの広告を張ると商談が成立したらキックバックが入るという。
アマゾンもそのプライム電話から多額のキックバックが入るのだろう。
消費者を騙すような商売はまともな商人がやることじゃない。
アマゾン、グーグル等は出血覚悟で付き合えということである。相手は善意でないのだから。

その点、「むの字屋」の酒情報は善意である。本当にうまいお酒を只で教えているのである。
ブログ内の広告はエキサイトが勝手に出しているものだから庵主には一銭の実入りもない。
かりにその広告に騙されても庵主には補償する義務もいわれもないので無視してほしい。
とはいえ100%善意でもないのである。その利益はどこにあるかは既に書いた通りである。
[PR]
by munojiya | 2013-05-30 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-05-29 「週刊ビール族」第8号「プレミアムブラック」
ビール界の新製品が続く。今度はヱビスの「プレミアムブラック」である。
プレミアムということで、値段は高い。350ML缶が254円だった。
あと6円で「よなよなエール」に届く。さらに20円加えると「伽羅」が買えるのである。
それで満足感が残らなかったら目も当てられないが、ヱビスにその心配はない。

その値段でどこまで深い味わいが味わえるかということである。
その味わいをうまい味とは書かない。
うまいというのは呑み手の期待値を越える造り手の洒落っ気をいうからである。
ヱビスビールに予想外の味わいはあり得ないからである。

期待通りの範囲で上質な味わいを楽しませてくれる。その安心感がいいのである。
正統とはこういう味をいうのだという格調の高さがその信条である。
うまいわけがないのである。味わいに遊びがないから飲んでいてつらいのである。
ヱビスが時に遊ぶと失敗するのである。

プレミアムロースト麦芽がもたらす、上質で芳醇なロースト香が特徴の、麦芽100%本格
黒ビールです。

シックな味わいである。飲むだけの価値はある。
それを横目に見て、庵主は「よなよなエール」とか「伽羅」を飲むのである。

-----

「Premium YEBISU PREMIUM BLACK」
ブレミアムヱビス ブレミアムブラック。この名称は馬から落馬じゃないのか。屋上屋か。
2013年5月22日発売
●原材料:麦芽・ホップ ●アルコール分:5%』。本物の原材料は簡素である。

プレスリリース『デザイン 上品なツヤ消しの漆黒の缶体に、金文字で「YEBISU」、
オレンジ文字で商品名をデザインし高級感を演出/参考小売価格 オープン

ツヤ消しの漆黒は現物を見るに値する重厚感がある。で、参考小売価格がオープンというの
では参考にならないのである。1缶500円といわれても文句をいうなという姿勢である。

[PR]
by munojiya | 2013-05-29 10:05 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2013-05-29 アメリカ軍に対する憎悪をいだけ
日本人はそれを黙っているだけなのである。
アメリカ軍の名誉のためにである。
韓国の日本に対する「従軍慰安婦(=千田夏光〈せんだ・かこう〉の造語」によるたかりに
加担するなら、アメリカ軍のやってこともまた白日の下〈もと〉に出ることになるだろう。

韓国〈がき〉がだだをこねるのを、いいかげんに黙らせませんか。
それより以前に左翼が、戦争によって女性の性が蹂躪されたのは許せないと過去形で語るのが
間違っているのである。
それって目の前にある現在進行形の事実なのだから。そっちの方が喫緊の問題ではないのか。

うまいお酒が目の前にあるというのに、それには目を向けず、昭和五十年代〈むかし〉のお酒
はうまかったと懐かしんでいたのではいつまでたってもうまいお酒は呑めないのである。
懐旧談にひたるよりも、目の前にあるうまいお酒を呑むのが先だということである。
左翼は今を戦わない。過去をネタにして食い物にするのである。それが左翼のしのぎである。

そうか、サイパンの「バンザイ・クリフ事件」は、米軍の虐殺と陵辱を逃れるためだった
のだ。それで長年の疑問が氷解するとともに、あらためてアメリカ兵への憎悪が湧いてくる。

典拠)。韓流が却って韓国の実態を暴くことになったように、韓国の従軍慰安婦に託つけたたかりを
やめさせないと、ひいては米軍の実態を晒すことにことになりかねないのである。

-----

左翼は、戦争の見方が逆なのである。
戦争によって女性の性が蹂躪されるのではなく、そういうことが起こる状態のことを戦争と
呼ぶのである。すなわち、平時の規範が崩壊する状態のことを戦争というのである。
そういう局面において発生する一つ一つの出来事は平時の規範から見れば違法ばかりである。
         
それを戦争と呼んで、平時の規範とは別の規範で処理しようというのが人類が辿り着いた
戦争に対する収束方法だった。
韓国が「先の戦争で日本兵は数多くの人を殺したことに謝罪と賠償をせよ」と言っていつまで
も日本にからんできたら、こいつは馬鹿かと思うしかないだろう、はねのけるしかない。

もし、アメリカ軍がそういう韓国の振る舞いを認めたら、非人道兵器の使用を禁じた戦争規範
を逸脱して広島と長崎に落とした原爆の責任を改めてアメリカに問うことになる。
アメリカ人は、終生、いや永遠につづく日本人からの謝罪と賠償という責任追及を尤もなこと
だといって毎年毎年、何度も何度も日本人に謝り続ける忍耐力があるかということである。

アメリカの大統領が代わる度に、まず日本人に「広島長崎に原爆を投下したことの非人道的
行為の謝罪とそれにもとづく賠償を約束すること」を常としたいかということである。
先の戦争では、事後法で日本を断罪したのだから、原爆の投下を現在の規範で違法として、
それを行なったアメリカを断罪することは決して間違い〈アンフェア〉ではないのである。

[PR]
by munojiya | 2013-05-29 08:10 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2013-05-29 それは逆 スマホはスマート
スマホというのはスマートフォンのことである。
略したらスマフォになるのに、それがスマホと呼ばれるのは語尾にフがくると日本人には
発音しにくいからなのだろうか。スマフォがスマホになった経緯を庵主は知らない。
スタッフという言葉も、古い日本人は発音できずにスタップという人が少なくなかった。

シミュレーションをシュミレーションという人がいるのも、シミュというのが日本人には発音
しずらいからである。「きゃりーぱみゅぱみゅ」は若い日本人でも鬼門のはずである。
スマートいう言葉は、痩身という意味であるが、賢いという意味もある。皮肉で使うときは
狡賢いという意味にもなる。スマホのスマートは賢い電話機といった意味なのだろう。

ただし、スマートなのはそれを使っている人達のことではない。
そんなものをばらまいた方の人達のことである。
個人情報を、他の個人や、国内の野暮ったい企業に教えることに対して神経過敏な現代人も、
個人情報を全部グーグルに預けることを、最先端のおしゃれだと勘違いしている。

スマートなのは、スマートフォンを買う側でなく、売る側だけだ。
買う側は、スマートだと軽信させられている。
Gメールは世界で3・5億のアカウントが登録されている。
』(典拠米欄)。
そのうち、マイクロチップを入れていないとお酒が買えなくなるようになったりして。
[PR]
by munojiya | 2013-05-29 08:00 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-05-28 笑い話 混ぜるな危険
これには笑ってしまった。
結局混ぜるな危険てことだ』(新駄菓子本27番)。
移民のことである。
日本国内にも、移民を受け入れようという馬鹿な、いや、アホな料簡の“人”がいる。

庵主がいうところの「キチガイ」である。
移民は、21世紀になって欧州各国でその失敗が証明されることになった。
共産主義が、20世紀後半にその欠陥が証明されたのに遅れて、である。
今、スウェーデンが燃えているという。国内で武器を使わない戦争をやっているのである。

移民が火を付けて回っているという。御愁傷様である。
意味を甘く見ていた結果である。
人口が減ることはもう何十年も前からわかってたこと
なのに何の対策もしてこなかった自業自得なのに

経済規模を維持したいが為に日本人の不利益になることをするなんて本末転倒
ここが日本人の為の国「日本」だということを移民推進者は忘れてる
』(77番)。
経済というのは「経世済民」と喝破した先人は偉い。金儲けが経済じゃないのである。
それがいくら経済的なお酒だといっても、うまくなければ意味がないののである。

-----

移民には、まず、フランスが音をあげ、ドイツがそれに泣かされ、日本では移民みたいな
朝鮮人や支那人に食い物にされと、原住民はどこでも移民に難渋させられているのである。
米国は移民で大成功しただろ
原住民大虐殺して新しい国作れって事だよいわはず
[文尾の意味不明]』(20番)。

向こうでヒスパニック系の移民の経済効果を計上していたが、それ以上の税金がかかるって
やってたね。
』(22番)。移民国家を標榜するアメリカでも元がとれないというのである。
米国の成功例を日本に適用したら、原住民〈にほんじん〉を皆殺しにして、新住民で新しい
国を作るということである。ここは日本だというのに。移民推進論者こそが異民なのである。

-----

移民の怖いところは、愛する場所(国)も失うものも無いから怖いもの無いんだよな
たとえば自分の家じゃない公衆便所にクソ塗るのが平気だったり、違法商売上等ってノリ

移民はその国の国民と移民自身両方が取り返しの付かない大ダメージを受ける。
移民を推進する奴隷商人は人類の敵
』(60番)。一つ前は39番からの引用。

島国で有史以来他民族と共生したことが無いに等しい日本で移民受け入れなんてムリムリ
(100番)。
土人やキチガイに文明的な生活をさせようというのがそもそもの間違い』(102番)。
朝鮮人にそれをやってみたがやっばり無理だったと分かったのである。前世紀の汚産である。

-----

>[2013年5月]9日夜から3夜連続で暴動が続いている。<
その後も続いて6夜連続だったような。
』(41番)。
これ、マスゴミは全く報道してないよね』(99番)。
マスコミにとっては都合の悪いニュースなのだろう。

[PR]
by munojiya | 2013-05-28 00:02 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-05-28 神の懲罰
それを幻滅と言うか、目からうろこと言うかは、韓国人に対するイメージによるのである。
韓国人の本性をどうみるかということである。
あれは駄目だと思うか、まさかそんなものだったとは知らなかったと思うかである。
少なからずの日本人はすでに「関わり合いになるな」と悟っているのである。一利もないから。

韓国の「中央日報」が広島、長崎への原爆投下を「神の懲罰」とする記事を掲載したという。
日本人にそれほどの憎しみ(ひょっとして羨望なのかも)をいだいている隣人が隣にいて、
いつも日本にたかることを生き甲斐にしているということである。
こっちが避けたくても相手がしつこくまとわりついてくるのである。絶望を感じるのである。

広島長崎では、多くの朝鮮人も被爆している。神学的には、あれは、朝鮮人に対する神の懲罰
だったのかもしれないのである。日本人はその巻き添えをくらっただけなのかもしれないのだ。
宇野正美先生の御宗旨はキリスト教原理主義だろうとされているが、先生は、「広島の原爆は、
薬研堀という穢れた場所に落とされたものだ」と言っていた。

その節が正しいとすれば、長崎の原爆は浦上天主堂(カトリック)の上に落とされたのである。
キリスト教という穢れの上に落とされたのだろう。原爆は淫と邪を拭ったというのである。
人は「神」という切り札を手にすると気が大きくなる様である。狂気促進剤みたいなものだ。
お酒も呑むと気が大きくなるから神を呑んでいる様なものである。気違い水と呼ぶ謂いである。
[PR]
by munojiya | 2013-05-28 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)