<   2013年 09月 ( 70 )   > この月の画像一覧
2013-09-30 金沢のお酒「鳶姫」
金沢のお酒で「鳶姫〈とびひめ〉」という酒銘のお酒を知っているだろうか。
TVの有名番組で、その出演者が口にした、とっておきのうまいお酒の名前である。
今(2013年の9月ごろ)なら聞いたことがあるという人が少なくない筈である。
今世紀最高のドラマ視聴率42.2%を叩き出した「半沢直樹」に出てくる酒銘である

『[半沢直樹が]日本酒を間に 常務と相対するシーンがありましたね。
「鳶姫(とびひめ)」だなんて、
有りそで無さそな、無さそで有りそな、いかにも金沢らしいネーミング。
あったらワタシも飲んでみた~い!

・・・ってホントにあったらゴメンなさい。
』(典拠)というお酒である。
金沢のお酒ということで、福光屋〈ふくみつや〉の「加賀鳶〈かがとび)」と「菊姫」を
足したようなうまいお酒という設定なのだろう。
映画に実在するお酒が出てくることがあるが、その場合は映画のスポンサーであることが多い。

高倉健の「ぽっぽや」には「北の錦」がラベルを見せてさりげなく卓上に置かれている。
アニメの「サマーウォーズ」に出てくる「御園竹〈みそのたけ〉」はスポンサーなのか、
長野県が舞台なので、作者の思い入れのお酒なのかは判らない。
庵主は映画のストーリーは理解できない質なので酒が出てくるシーンだけを見ているのである。
[PR]
by munojiya | 2013-09-30 00:07 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2013-09-30 朝鮮人版「半沢直樹」
狂ってんのかよ』(典拠16番)。
その女のことである。
子供の写真さらすとかさぁ……』(同上)に続く一言である。
女店員に土下座をさせた女クレーマーがいて、それがやっぱり朝鮮人だったという話である。

「やっぱり」は「案の定」とするところか。「想像どおり」というのが正しいのかも。
やることがエゲツナイなのである。品がないということである。みっともないともいう。
要するに美的でないということである。別の言葉で言えば汚らわしいということである。
その女、自分の子供の写真をネットに上げていたものだから、冒頭の一言になったのである。

それを見ると、可愛い朝鮮少女の写真だったのである。
その写真を見て、「やっぱり」が「案の定」に変わったというわけである。
ネット社会というのは、高度監視社会のことをいう。身元が割れるのに時間はかからない。
盗撮社会でもある。しかもフォトショップ(画像加工ソフト)で嘘画像は容易に作れる。

尤もらしい写真も、「それはフォトショで作った嘘画像なんでしょう」で、チョンである。
人に土下座を強いる女は、いうならば半沢直樹の女版といったところである。
ドラマの科白で言えば「倍返し」ということになるが今は朝鮮人の立場は厳しいものがある。
お酒が呑める人なら盃の倍返しは嬉しいだろうが、呑めない庵主にはそれは迷惑なのである。

-----

今月、その最終回で大いに盛り上がったTVドラマの「半沢直樹」も、月が変わると波が引く
ようにその熱が消えていくのだろう。数か月後にこの話を読むと、半沢直樹って何だ、という
ことになる筈である。流行り物を文章に取り込むと後で読んだ時にその部分が古臭く感じると
分かっててこれを書いているが、そういう意味でこれはカテゴリーは「時局物」なのである。

そして、今流行りの朝鮮人ネタもまた、それである可能性もあるのである。←この未来予測は
不吉に過ぎるというためらいを感じながらの「あるある」。
しかし今は、日韓戦争中なのだという認識に立って韓国を見ないわけにはいかないのだ。
この戦争は韓国の軍資金(パチンコ)が豊富なだけに日本は劣勢を強いられているのである。

-----

今月はまた、日本中を沸かせた最終回がもう一つあった。
NHKの朝の連続TV小説、おっと今は連続ドラマと呼ぶのかな、「あまちゃん」である。
庵主はたまたま1、2度みたものの、全然その話に親しめなかったのは、それが今は反日番組
を流しているNHKがやっている番組だという先入〈ふけつ〉観があったからなのだろう。

一部の韓国人にはまともな人がいても、全体の趨勢はご存じの通りである。
人類史も21世紀になって、よくまあこんな酷い民族がいるものだと感心するほどである。
アフリカでは今でも異部族同士で殺し合いをしているというから、上には上があるが。
そのアフリカ人からも馬鹿にされているのが韓国人や中国人である。反面教師にもならない。

仮にNHKの番組の一部にまともなのがあったとしても、反日に舵を取っているという趨勢の
前にあってはそんなものは何の意味もないということである。それにのめり込んでしまうと
相手の全体の姿が見えなくなってしまうということである。
お酒がそれである。そのうまさに騙されるとアルコールの毒性を見失ってしまうのだ。

もっとも、お酒がそうであるように、うまい所だけを楽しむ分にはかまわないけれど。
「あまちょん」は、おっと打ち間違い、「あまちゃん」の熱狂〈ブーム〉もまた、放送中だけ
で、月が変わるとあの盛り上がりは一気に衰弱していく筈である。
NHKの悪いを聞くにつけ、現在の戦争は情報戦なのだと実感するのである。

-----

噂に聞くと、「あまちゃん」の最終回もひどかったらしい。
「韓HK」の「あまちゃん」のステマは、最終階で最大となったらしい。なんと、最終回で
は、かの韓国の統一教会(偽キリスト教)の「合同結婚式」が出たようである。
』(典拠)。
庵主は「あまちゃん」の最終回を見ていないので、この部分はその噂について感想である。

その「合同結婚式」が本当なら、よくやるよと感心するだけである。「あまちゃん」では以前
にも、さりげなくタクシーに韓国車が使われていたり、NHKが気を使って番組を作っている
という話を聞いたことがあるが、NHKの病も膏肓に入っているようである。御愁傷様。
韓国人視線で見ればまた別の「あまちゃん」が見えてくるのかもしれない。

-----

つくづく日本人に生まれて良かったと思う。』(178番)。
それは、うまいお酒を呑んだ時にいう科白〈せりふ〉であるが、こういう使い方もあるのかと
感心したのである。言葉の使い方も進歩するのである。それも劣化といえないことはないが。
これだけ美意識が異なる民族が共生するのは難しいのではないか。日本人の我慢次第だろう。

存外、境雅人は実は朝鮮人なのかもしれない。芝居〈うそ〉が達者すぎる。
日本の芸能界は朝鮮系の人でないと活躍〈しゅっせ〉できないという話を聞いたことがある。
「倍返し」という言葉も日本にはない発想だという人もいる。花札から来た言葉だという説も。
しかも朝鮮TVと呼ばれているTBSだから、本心は親日であるわけがないという邪推も。

[PR]
by munojiya | 2013-09-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-09-30 笑い話「職がない人が職を賭した判断」
10月1日は、誰も知らないだろうが、日本酒の日である。これからお酒がうまくなる。
夏過ぎてすぐ出る冷やおろしを一、二か月おいたあたりが美味くなるのである。
しかし、日本酒造組合中央会は何を考えているのか、それを世に公言することをしていない。
よく言えば、お酒は有害なのでビールのように飲酒を誘うことはしないという大人の態度だ。

お酒は本当は美味いものだ、ということに気づいた人だけが呑めばいいという余裕の態度だ。
確かにうまいビールを工場で大量生産できるビールと違って、うまいお酒はそれができない。
宣伝しても、肝心なうまいお酒が供給できないのでは呑み手に迷惑がかかるというわけだ。
いまや、大箱居酒屋の「わたみん家」でも、うまい日本酒が呑めるようになっているのだ。

旅館ホテルで出てくるお酒を暗黒大陸と呼んだのは勝谷誠彦氏だが、大箱居酒屋のお酒はそれ
に匹敵する世界だと庵主は思っていたが、先だってたまたまそこを利用したら一変していた。
大箱居酒屋のお酒は猫またぎではなく、人が呑めるお酒が用意されているようになったのだ。
当然そのその手のうまいお酒は量が少ないので、知っている人が呑むだけで十分なのである。

そして今年の10月は消費税増税が決まる月である。しかし、安倍総理はそれを阻止するので
はないかという一縷の可能性も残っていることはないのではないのであるが、ないのである。
増税は決まりだと「無職の政治評論家」は読んでいる。今の記者は読みが浅いと。
日本人の知性が消費税増税は無謀だと指摘する中でアホ、おっと安倍総理がそれに踏み切る。
[PR]
by munojiya | 2013-09-30 00:01 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-09-29 中沢啓治は「マジキチ」らしい
「マジキチ」の出典から。
天皇陛下に戦争責任はないことは明白だが、マジキチの中沢啓治は、天皇陛下を「最高の
殺人者」呼ばわり
』(典拠)。
庵主のところにやってくる情報がこういうものばかりなのである。

要するに、左翼が言っていることは嘘だというものである。アホだというものである。
ただし本当にアホなのではなく、頭がいいからわざとそれをやっているというものである。
庵主が縁あって出合うお酒というのが概〈おおむ〉ね美味いお酒であることから、その機縁に
倣って、庵主が出合う情報もきっと品質がいい方の情報なのではないかと邪推するのである。

この場合も、「はだしのゲン」は子供には刺激が強過ぎる漫画なのだと思う。
普通の子には読ませない方がいいという意見が正しいようである。
読書指導としては「よく勉強して、大人になってから読んでごらん」といったところか。
中身はプロパガンダだという。その手の本を先に読むと今の韓国人みたいになる。

韓国の歴史教科書がそれである。あんな嘘で塗りたくられた内容を子供の時から繰り返し
読まされると、今日〈こんにち〉の韓国人みたいになるということである。
大人が読んだら判る嘘が、上手なストーリーの前にあってはそれが本当のことであるかのよう
に思えてしまうのである。上手な広告〈うそ〉で、まずい酒を呑まされてはかなわない。
[PR]
by munojiya | 2013-09-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-09-29 恋するフォーチュンクッキー
「恋するフォーチュンクッキー」にはまってしまった。
最初に見たのがこれである(リンク先は映像。音が出るのでクリックする時はご注意を)。
サマンサタバタなる庵主には何をやっているか分からない会社のCMだと思ったのだ。
しかし、その正体がAKB48の新曲だと知るのに時間はかからなかった。

振りがいいのである。
見ていて楽しくなってくる。
自分でも、ちょっと踊ってみたくなる。
乗りに乗っている佐賀県がそれをやっている。今の知事は古川康知事である。

税金の無駄遣いだといえばそれまでだが、庵主が佐賀県民ならそれを許す。
乗りに乗っているというのは、佐賀のお酒のことである。
「鍋島〈なべしま〉」の快進撃と、じわじわと呑み手を誑かせている「東鶴〈あづまつる〉」、
そして、うまいお酒が好きな人なら欠かせない「東一〈あずまいち〉」と絶好調なのである。

佐賀県の古川知事はこの映像で有名である。「変態新聞」、おっと「毎日新聞」
在日記者を相手にして、そのアホな質問を“鮮やかに”いなしてしまったのである。
おっと、「アホな」と言ったのでは語弊があるから「マヌケな質問」としておこう。
「恋するフォーチュンクッキー」の本家はこちらこれも出たもうどうにもとまらない

-----

コイチュン』(同前米欄)は韓国人の、日本人思いを揶揄しているような歌詞が可笑しい。
おいおい、毎日新聞のの在日朝鮮人の記者[「のの」は原文のまま]
頼むから朝鮮に帰ってくれ?』(映像米欄)。ここは日本なのだから。
その在日記者は場違いなのである。懇切丁寧に説明する知事の忍耐力に感心させられる。

-----

こういうバージョンもある。ねっ、楽しいでしょう。
カメラが固定されているので、これが、振りが分かりやすい。
これは香港の女の子か。音声が弱いので折角の映像の力がそがれている。これは歌がいい
日本語が嫌いな人にはこれか。フォーメーションを楽しむのならこれ。歌詞はこれ

-----

サマンサタバタでなくて、サマンサタバサだった。
カタカナはホント読みにくい。
ところでフォーチュンクッキーって何なのか。
カタカナはホント意味が分からない。

-----

追加。コイチュン神奈川県バージョン

[PR]
by munojiya | 2013-09-29 00:01 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2013-09-28 日本の新聞社も韓国人並
言っていることと、やっていることがほとんど気違いに近いという意味で、日本の新聞社の
振る舞いは韓国人によく似ているのである。日本人には理解不能という意味でも。
案外、日本のマスコミは朝鮮人に支配されているという説は当たっているのかもしれない。
それなら、両者が似たような振る舞いをする理由も納得できるのである。

彼ら新聞社の主張をわかりやすく3行にすると。
消費税増税を絶対にやらせよう!
消費税増税で景気悪くなるんで新聞が売れなくなったら困る
新聞にだけは特別に軽減税率を適用するべきだ!
』(典拠)。

その落ちに笑ってしまった。『勝手に潰れろと言いたいです。』(同上)。
新聞が、消費税増税で直撃されることが分かっているのなら、なぜ、紙面で増税を煽るのか。
新聞が、庶民の味方だと謳うのなら、庶民と共に増税の痛みを共有するのが筋だろうに。
日本の新聞とは

主に天ぷらやフライなどの油を吸わせたり、濡れた靴の中に丸めて入れて水分を吸わせたり、
引っ越しなどの際の梱包の緩衝材に使ったり、そういった用途のために存在する物です。
たき火の種火などにも効果抜群です。
』(同上)。新聞の文字は模様だというのが可笑しい。
もう一つ、お酒を保管する時に瓶を包んでおく時にも重宝なのである。
[PR]
by munojiya | 2013-09-28 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-09-28 笑い話「韓国人は悪人に自己投影する」
2013年の夏から秋に掛けて、TBSが「半沢直樹」というドラマをやっていた。
最終回の視聴率が、だれが調べたものか判らないが、42.2%を叩き出した番組である。
今時、デジタル化で、視聴率なんかリアルタイム(同時間)に集計できるはずなのに、
今でも鉛筆を嘗めて数字を出しているようなのである。

放送日の翌日が祭日だったら、視聴率の発表は放送日の翌々日になるというのである。
鉛筆を嘗める担当者が祭日は休みだからなのだろう。TV業界は意外と遅れているのである。
韓国紙の記者がそれを見て『「韓国の理不尽を黙って忍耐してきた日本人が報復を公言し始め
た」
[と]無慈悲になった日本社会の変貌に韓国記者が恐怖』(典拠)しているという。

日本人は半沢に自己の理想を重ねてるんだが、下朝鮮の連中は半沢の敵に自己投影してる
のか
』(25番)。
ていうか「不道徳な上司的」振舞いをしなければ
何の問題もないことでは?

自覚があるということは解ったけど。
』(16番)。
うまいお酒は、その美味さに自己投影できるからうまいのである。気持ちがいいのである。
清澄なその味わいに同化することで気持が安らかになる。邪念が払われるからである。
造り手が連綿と醸し続けてきた精華に同調できる日本人に生まれた幸運を味わえるのである。

-----

韓国紙「中央日報」日本語版ウェブ記事(原サイト
朝日新聞の論評がおもしろい。ドラマの中の名セリフ「倍返し」は、80年代の恋人同士で
使っていた冗談だったという。「バレンタインデーにプレゼントをもらったらホワイトデーに
倍返ししなければならない」という意味だった。

だが今の日本は、余裕にあふれたこのセリフが正反対のすさまじい意味で使われる社会に
なってしまった。一時、「配慮」や「忍耐力」で象徴された日本人たちはどこへ行って
しまったのか。『半沢直樹』の絶叫を目にするたびに、近頃せっかちで無慈悲になった
日本社会の一面を見ているようで、心中穏やかではない。
』(1番)。

-----

>「配慮」や「忍耐力」で象徴された日本人たちはどこへ行ってしまったのか<
我慢には限界というものがあるのだよ。朝鮮人どもは調子に乗りすぎた
他の国に対しては配慮も忍耐力も持ち合わせてるよ。
お前ら朝鮮人にはもう必要ないと悟っただけ
』(394番)。それは不浄と知ったのである。

[PR]
by munojiya | 2013-09-28 00:01 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-09-27 れ、れ、れ、の、れのNHK
最近のNHKニュースは凄〈ひど〉いらしい。
これじゃ、受信料を払いたくないという人の気持も分かるのである。
NHKは、「自称韓国人」が靖国神社に放火しようとしたニュースを流さなかったという。
関東ローカルでは流したというが、全国ニュースでは放送しなかったというのである。

どこの国の放送局だ、と憤る人は正しい。NHKは本当に腐っているようである。
ところで、「自称韓国人」という言い方も庵主には意味が判らないのである。
韓国から入国してきた韓国人ではなく、在日韓国人だということなのか。あるいは中国人が
日韓の軋轢を高めるために韓国人を詐称して火をつけようとしたということなのか。

「安かろう悪かろう」はかつての日本のキャッチフレーズだった。
いまのNHKは「高かろう悪かろう」なのだから始末におえないのである。
ぼったくりバーというのがある。今のNHKはそれと同じである。
出てくる酒の品質に対してその代金が馬鹿高過ぎるバーのことである。

健全なバーとぼったくりバーの境界線はどこにあるのだろうか。
酒の代金が原価の何倍以上は「ぼったくり」という基準があるのだろうか。
ないとしたら、銀座の高級クラブと場末のぼったくりバーはどうやって区別するのか。
八の人が集金にくるのがぼったくり、ホステスが土産を持って集金にくるのが銀座か、な。

-----

つかニコニコとかCSの民放ニュースのほうがよっぽど無編集で流してるよ。
JR北海道を熱心に「経営方針が問われそうです」とかほざいてるけどさ
NHK、お前らのほうがよっぽど問われてるんだよ。何、他人事のようにいってんだ。

(同上米欄102151番)。

JR北海道も、ようやく労組問題がちょっとだけ放送されたな
一番の癌なのに、全然出てないのが異常だったからな
』(同前102155番)。
こういう状況らしい。脇道にそれるが、リンク先のデトロイトレポートは悲惨である。元に戻って
読まれているのである。『このニュース、NHKは報道しないに100ペソ。』(典拠米欄)。

-----

今月22日、靖国神社に放火しようとした韓国人が逮捕された件は、ネットで情報を得て
いる人なら知らない人はいないでしょう。21日に来日し、22日の夜に犯行に及んでいる
のですから、最初から犯罪目的での来日なのは疑う余地がありません。
』(典拠)。
ということは、新聞TVはこの事件を、本当にちゃんと報道していないということなのか。

[PR]
by munojiya | 2013-09-27 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-09-27 その嘘、ホント?
これからは、韓国ネタはすべて「笑い話」のカテゴリーに入れることにしようかな。
庵主は、基本的には文中に「?」と「!」を使わないことにしている。
品がないからである。というより、目障りだからである。
もっとも、それゆえにそれを好むという人もいることだろう。それは人の好き好きである。

なのに、今回はタイトルに「?」を使ったのである。
「?」は語尾を上げるニュアンスを表すために便利だからである。
それを使わないとタイトルの字数が多くなるからである。
今回は苦肉の策で「?」を使用せざるを得なかった。

「その嘘、ホント」かと言いたくなる笑い話、としてもよかったか。
マスコミが大ボラをばらまいていたというのである。
報道によれば、アジアのハブ空港として活況を呈しているはずの仁川空港が、
実は大赤字なのだという。便利といえるほどに飛行機が飛んでいないのだという。

どーなっているのか。仁川空港ではなく、そういう法螺記事を書く記者の判断能力は。
仁川空港は今や「ハブられ空港」と呼ばれている。ハブには違いはなかったようだ。
新聞記事も商品だから、多少の装飾や、スポンサーに対する配慮も必要なのだろう。
その点、自由に書いているこの「むの字屋」の酒記事にはそういう粉飾はないのである。

-----

人は、齢をとると聴力が落ちてくるという。音楽家でもその運命からは逃れられないという。
人の味覚も多分そうなのだろうと思われる。ちなみに庵主の場合、朝寝起きの時は味覚はまだ
眠ったままで、暫くは味が分からないのである。明らかに味覚は経年劣化しているのである。
したがって、粉飾はないが、経年劣化は避けられないのである。それを熟成ともいうのだが。

[PR]
by munojiya | 2013-09-27 00:01 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-09-26 鬼畜のみずほ銀行
「むの字屋」というのは良くないネーミングなのである。
文章中で、平仮名の「むの」と、その一字前の平仮名言葉との区別がつかないことがある。
「うまいお酒を呑むにはむの字屋に出てくるお勧めのお酒を呑むにしかずである。」
呑むに、で切るのか、呑むには、で切るのか、一瞬とまどうのである。それが煩わしい。

だから、そういう場面では括弧書きの「むの字屋」としたり、「呑むには、むの字屋」と句点
を入れるなどの処理をして読みやすいように工夫はしているのであるが。
庵主が、平仮名の社名や市名は良くないというのもそれだが、安っぽく見えるのも否めない。
平仮名はやわらかいから好きという人もいるだろうから人それぞれである。気に食わないが。

さいたまし、にかほし等々には恥ずかしくて住みたくない。長岡市が平仮名なら悲劇である。
読みにくいという意味では、みずほ銀行もそれである。
平仮名だから、やさしく、おだやかな感じを与える行名ということなのだろうが、やっている
ことは鬼畜なのだという。

ヤクザ商法で5ヶ年契約で絶賛花代要求中
なんもしないでも金が入る鵜飼契約が成立する鬼畜振り
』(典拠670番)。街金まがいなのだとう。
韓国がみずほ銀行に泣きついてきたという。その事情はリンク先に書かれている。その弱みに
付け込んだのがみずほ銀行だったという。ねっ、文中の「みずほ銀行」は読みにくいでしょう。

-----

鬼畜という点では、みずほ銀行はその国に劣らないようだ。が、日本のマスコミが最凶かも。
全然知らなかった
こんな鬼畜民族なのに手を差し伸べた日本は本当に罪深いわ
』(典拠米欄)。
これだけの大事件が日本のニュースにはならない不思議』(同前)。報道しない自由。

-----

ロイズはこの船員たちを「年間最優秀船員(シーマンシップGJ賞)」みたいなのに選出
してた。しかも法廷が狂っていて、証人の出廷を認めなかったり、積載スペースの97%が
油満載だったのに「油を移してダメコンしなかったニダ!」とか抜かしたりしたんだよ。
それで「世界船主組合」・「世界船員組合」みたいな機関がそろって韓国行かないと宣言した。

ロイズもサムスンが賠償せずに[、]するはずのない大損したんで、ロイズに投資する代わりに
保険金を支払う投資家たちから吊るし上げられたからなのか、韓国の海運保険を一切引き受け
ないつもりらしい。
保険屋たるロイズも逃げ出す国で商売なんて、無理。
』(同前)

米国に枢軸国家扱いされてる国でさえ韓国に油を売ってくれないほど信用ガタ落ち税金
補助してまで日本に泣き付く
日本企業に金やるなと国民が怒る原発停止等の件でさらに
ヤバくなる
みずほ登場』(同前)。まさにみずほ銀行は鬼畜である。
5、6年前の事件が今頃出てきたのは韓国の資金切れらしい。『いつ来るかな……

韓国がマスコミを買収する費用も払えなくなるのは……
……しかしな……よく考えたら在日も本土人も祖国を嫌っているんだよね……
ならそれでも韓国に媚びた報道をする輩は
な ん な の ?
』(同前)。その理由は日本のマスコミ人が鬼畜だからなのだろう。

-----

インド人船員には気の毒だが、韓国でのことだからしょうがないとしかいいようがない
問題は何よりもこんな国際的に問題に成った事件をお隣の国()日本が報道しなかったこと
何考えてくだらんニュース番組作ってんのか知らんが、こういうこと続けてるところは如実に
数字減らすぞ
』(同前)。

顛末は
みずほ銀行500億、韓国へ融資
辺りでググるとわかる。
保険元締めの英国ロイズを怒らせたらダメでしょ。
』(同前)。

-----

韓国の民族資本の海運会社は、湾岸諸国からの原油輸入に自国の保険会社しか加入できない。
保険会社には破綻間近の韓国政
[府]が債務保証(負担能に疑問アリ)。よって外国籍の会社
に原油輸送を依頼するも、韓国近海+沿海での事故保障
[補償]はロイズから除外超割高
の船賃を渋々受け入れる。結果
ガソリン・軽油が円換算で日本より高い』(同前)

政府直売はそうなんですが、市場を通す原油はもっと悲惨です。余程、石油メジャーを
怒らせることをしたようで、直接取引を拒否されて、100%日本の商社経由です。穀物も、
いくらかのスポットを除いては、日本の商社経由。なお、精製設備・技術の問題か、ガソリン、
灯油、軽油、ジェット燃料はすべて、日本からの輸入です。
』(同前)。これ本当なのか。

[PR]
by munojiya | 2013-09-26 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)