<   2013年 11月 ( 70 )   > この月の画像一覧
2013-11-30 恥の上塗り
5000万円の領収書だという。
思えば、庵主がこれまでに見たことのある高額領収書の最高額はいくらだったろうか。
そんな高額の領収書などは見たことないような、見たことがあったとしてももう忘れてしまう
ぐらい昔の話である。コピーでもいいから、即席のそれを一度じっくり見てみたいものである。

遠く方にインスタント領収書が写っている写真ならあるのである。
それを見て、庵主の脳裏に浮かんだ言葉が「恥の上塗り」。
利息なし、返済期限なし、担保なしの五千万円を受け取った翌日から泳がされていたという。
都知事選挙でこのおっさんに入れた奴いる?』(典拠151番)。選挙は近いかも。

親切な人が心配して言っているという。
敬天新聞さんによれば「猪瀬都知事へのお願い」という事で、
一度見つかってはいけないものが見つかったら、揉み消せるものは揉み消す。
それが駄目なら謝罪する。それが駄目なら潔く辞める。これしかありません。

辞めてしまえば追われる必要もなくなるし、楽なものですよ。とにかく思い詰めて死を選ぶ
ことだけはしないで下さい
』(典拠)と。「下っ端」と書いて「おっさん」と読むらしい。
猪瀬都知事にとっては、ここが器量〈うつわ〉を磨く見せ場である。3の線を選ぶ所ではない。
庵主の酒量〈うつわ〉は、さいわい、人に見せるほどの大きさではないのである。

-----

自称右翼の溢水会(上手の手から水が溢れる)でなかった一水会も下手を打ったものである。
賄賂の仲介で飯を食っているというのだから。
深見東州〈くわせもの〉上がりにタカっているのも一水会である。類は類を呼ぶというが。
商売左翼のシノギもセコイが、商売右翼の大義も切ないものがあるようだ。世は不景気故に。

[PR]
by munojiya | 2013-11-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-11-30 美術界とフィギュア界
実名が出てこないのは、そのファンは品がいいからなのだろう。
観る方は品がいいのに、その業界は品がないというのである。
おそらく、現段階でマトモに得点を出してしまうと、さすがにアレに対して「銀河を超えた」
点を「ご用意」しなければいけなくなりますからね。

それだと、さすがにノーミスだけでは騙せない(今も興味ない一般人以外騙せてない)、
「何か(例えば4回転/苦笑)」も必要になるでしょうからね。
あと、福岡GPF開催も、アレが出る予定だから決まったのではなくて、出易いお膳立てを
して「女王様をお出迎え」する手筈だったのではないか?とさえ思えて来ます。

(そこは我が侭な女王様に振り回された形ですが、しっかり福●富江の美談にすり替える事で、
カムフラージュ出来ましたし)
』(典拠米欄)。
「美術家評価年鑑」といった本がある。画家などの美術家の作品の値段の目安が載っている。
それが作家の自己申告(広告代)にそって掲載されるらしいのである。真偽は未確認である。

それで何が起こるかというと、その評価金額をそのまま信用すると、名前も知らない作家の
作品が、三山、五山の市場価格を「銀河を越えた」値段になってしまうということである。
品がいいファンというのは相撲の八百長同様、そこを弁えて楽しんでいるものなのである。
庵主も、お酒の中身を弁えて、うまいお酒だけを楽しんでいるのである。

-----

三山というのは、平山郁雄、杉山寧、東山魁夷をいう。
その作品が驚異的な値段で取引されている日本画家のことである。
その作品は現金と同じという揶揄でもある。故に、賄賂替わりに使われているとも聞く。
さらに、加山又三と、高山辰雄を加えて五山と呼ぶ。庵主は加山の作品ならほしいな。参考

[PR]
by munojiya | 2013-11-30 00:01 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-11-29 鏡餅
ラジオの受け売りである。
まだ11月なのに、お正月用の鏡餅が売り出される季節だという。
心はもうお正月なのである。
一年が速すぎるというのが庵主の実感だが、年寄りはみんなそういうものらしい。

その鏡餅が年々小型化して数は同じように売れているが、売上はどんどん減っているという。
当節の「鏡餅」というのは、プラスチック容器にはいった鏡餅型の餅に小さなプラスチック製
のみかんが乗っかっているものだという。
ブラウン管テレビの上に置かれることが多かったが、当節のテレビは薄くなってしまった。

本物のみかんを乗せてこそ鏡餅なのである。正しくは橙を乗っけるのだったか。
プラスチックみかんは偽鏡餅である。今流行りの食材の不適切表示と同じである。
そんなものは鏡餅じゃないのである。
鏡餅を売っている会社は、平安時代以来の日本の伝統を断絶させたくないとは言っている。

しかし、やっていることはその意に反して贋物を普遍化することなのである。
お酒も今ではアル添のそれをいうから、時代は進んでいるのである。
“進化”しているのである。
ねっ、その中身はどんどん劣化しているでしょう。
[PR]
by munojiya | 2013-11-29 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-11-29 カテゴリーは「笑い話」
なるほど、事件はこうやってでっち上げるのかと感心するのである。
猪瀬直樹都知事の「五千万円借用書事件」である。
すでに、事件の枠を大きく逸脱して「笑い話」の世界に踏み込んでいる。
韓国ネタに匹敵する展開になってきたのである。

その一行一行のコメントに溢れるユーモア、揶揄に、都知事に対する日本人の優しい眼差しを
感じるのである。みんなは解っているのに、都知事だけが見えていない可笑しさをこらえて。
辞めなきゃ自殺するまで叩かれるだけ
辞めたら社会的に死ぬけど
』(272番)。ここは腹を括るよりないよと諭すのである。

作家としての猪瀬さんだったらこのような都知事の釈明を納得できますか、と
質問して欲しい
』(206番)。客観的に自分を見て体勢を建て直せと励ますのである。
橋下と石原からコメント取れよ!』(351番)。
援軍を頼めと忠告してあげているのである。『猪瀬、もう楽になれよ……』(135番)。

これって石原が自分の太いタニマチ紹介したって話だろ?』(338番)。
師匠に責任を押しつけて、早く肩の荷を降ろせと教えてあげるのである。
秘密保護法案を通す為の国民の目くらましに使われたな。』(266番)。
猪瀬直樹都知事を肴〈ぎせい〉にして、うまいお酒で乾杯している人たち、だーれだ。

-----

嘘を嘘で塗り固めてもう訳わからんことになってるな』(4番)と大笑いしながらも、
目が泳いでて笑える そろそろ政治家得意の病院に雲隠れしそうだけど
徳洲会だったりして
』(327番)と、逃げ場所まで教えてくれる日本人の親切心には
心が暖まるのである。頑張れ都知事、踏ん張れ猪瀬、日本人なら朝鮮人なんかに負けるな。

猪瀬叩き=朝鮮人な
朝日新聞を筆頭にゲンダイなど売国マスコミがここぞとばかりに必死に叩いてる
何故叩くかって? 猪瀬が自民よりだから、オリンピック招致の嫌がらせ
自民に責任転嫁、あわよくばオリンピック辞退させろ!とか言ってくるぞ

ぶっちゃけこんなの全然大した問題じゃない! ほっとけよ
とにかく朝鮮人&売国マスコミが必要に猪瀬叩きをして見てるこっちが呆れるよ
』(292番)。
『[中国・朝鮮にとって都合が悪いことは]報道しない自由』(典拠58番)が叩いているの
だから、「猪瀬叩き=朝鮮人な」という言葉には妙な信憑性があるから可笑しい。

都からの補助金7億5千万のうち
半分リターンされてるのだな
ウインウインな関係やね
』(22番)。
親分が『三億円』(19番)、子分が「5千万円」といったところか、と人の財布の皮算用。

-----

子分が5千万円なら、元社会党、社民党だったか、存在理由が分からない不思議な政党にいた
阿部チャン、おっと阿部知子議氏は300万円だったという。
猪瀬閣下は5000万、阿部議氏は300万というのが世間の相場だということである。
庵主の見立てと合致するのである。T資金は、男を下げる金なのである。女もまたである。

[PR]
by munojiya | 2013-11-29 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-11-28 21世紀は暴露の世紀
「暴露」の「暴」は「あばく」、「露」は「あらわれる」である。
同じ意味の漢字を重ねたものである。すなわち、「馬から落馬」なのである。
「悪い悪人」というようなものである。「犯罪を犯す」という天下御免の言い方もあるが。
その「悪い悪人」というのに相応しい人が徳田虎雄だという。おっと虎雄前理事長である。

何の因果か、いや悪因悪果(仏教用語で、庵主の言葉〈はっそう〉ではない)なのだろう、
虎雄氏はキンジスで、すなわち全身の筋肉が動かなくなる難病に見舞われていているという。
そんな状態なので、今は悪いことをしても逮捕も、責任の追求もされない地位にあるという。
そういう地位のことを、ある人は『無双』(典拠)と呼ぶ。恐いものなしという意味である。

「21世紀は20世紀の嘘が次々に暴かれる世紀だ」というのが庵主の口癖である。
「天皇性」(左翼用語)の「万世一系」という嘘〈じょうだん〉も、今の皇統は明治王朝だと
知る人が増えてきて既にファンタジーとして認識されるようになっている。
今度は、猪瀬直樹(今は都知事)の嘘が晒され始めたのである。嘘がどんどん崩壊していく。

「20世紀の夢が次々に壊れていく世紀でもある」と言い換えても同じである。
原子力発電は21世紀に明るい未来を開く夢の技術の筈だった。その結果を今見ている。
原発なんかと心中なんかしたくないのである。庵主も、とっておきの嘘を暴こう。
お酒にはとんでもなくうまいお酒があるという真実である。知らない人は損をしているぞ。

-----

この件では、猪瀬はむしろ下っ端の使いっ走りであって、本丸は別。猪瀬は政治家としては
経験が浅く、裏ガネの扱いに慣れてなかったので、ボロを出してしまった。返しに行かなけれ
ば、裏は裏で、検察に聞かれても、「知らぬ存ぜぬ」で終わったんだろうが
』(同上)。
猪瀬さんの都知事職〈きもの〉は前知事のお下がりだが、残念その器に合わなかったのである。

[PR]
by munojiya | 2013-11-28 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-11-28 すげぇ
すげぇ』(3番)。
日本人なら、たぶん、それを見たら、だれしもその言葉しかないだろう。
その一言は、日本人なら、なべて共通の感慨なのである。
これである

そもそも、それを知っているのは日本人しかいないので、
日本人でないと、その面白さが分からないからである。
いや、いまでは、それは海外にも輸出されているのだったっけ。
日本人で、それを知らなかったらモグリ(偽日本人)だというわけである。

それは日本人の国民感情の発露だからである。何度食べても飽きないご飯みたいなものだ。
しかし、最近は、それに少し韓風がかかってきて美味しくなくなってきたとも聞いている。
何にでも唐辛子を掛けて混ぜ混ぜにしてしまうことを、日本人は嫌うからである。
それに馴染めるのが日本人感情というわけである。異人はたぶんなじめないことだろう。

それを見た時の庵主の第一印象は、「なんだこれは」という可笑しさだった。快哉である。
一番目で何をやっているのか一発で分かってしまう。「すげぇ」。職人芸とでも呼ぶべきか。
うまいお酒を造る人がいる。こういうことをやる人もいる。
日本に生まれてきてよかったなぁと思う一瞬である。

-----

くそう
あろうことか今年一番感動した
』(58番)。
感動という点ではこれが一番だろう。笑いながらもゾーッとするのである。
人の「歴史観」なんていうのは、いくら頑張ってもそれだということを思い知らされるのだ。

これが深いのは
意見が割れる所やろなあ
』(159番)。意見が割れるのが「歴史観」というものである。
話は突然変わって、これが一番凄い。『外人声優のクヲリティーがガチ』(同前54番)。
正義を争う歴史観より、万国共通の萌えアニメの方がずっと平和的だということである。

-----

これまた話は変わるが、酒祭りのよしあしを見分けるときに、そこに並んでいる酒銘を見て
判断するように、アニメの場合はこんな感じらしい。
攻殻[機動隊]入ってたから異論はない』(同前24番)。
よかった。庵主も「パプリカ」と「攻殻機動隊」はちゃんとスクリーンで見ているのである。

酒祭りなら、「王禄」や「正雪」が入っていればそれ以外の酒銘が知らないお酒であっても、
庵主はその選択眼を信用するのである。異論はないのである。同好を得て嬉しいのである。
悔しいが俺の好みのアニメばっか載ってやがる』(同前20番)と同じ気持である。
「悔しいが、庵主の好みのお酒ばかり並んでいるセンスのいい酒祭りだなぁ」と。     
[PR]
by munojiya | 2013-11-28 00:01 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2013-11-27 それは逆「中国・韓国の歴史」
日本では、「歴史」といえば、真実を語るものというのが常識である。
真実とまではいかなくても、すくなくとも事実を語ることであるという前提がある。
しかし、中国とか韓国の「歴史」というのは、そうではないのである。
それは「嘘」を語るものなのである。意味は同じだが、「夢」と言い換えておくか。

実は、日本の「歴史」も本当はそうなのだが、中国や韓国のように露骨な嘘は語らないという
暗黙の了解があるのである。
左翼が語る歴史はその前提を逆手にとって、上手に嘘を混ぜてくるからいけない。
右翼が語る歴史は、真実に沿っているから一貫性があるので安心して読めるのである。

歴史における真実とは、勿論その人にとって気持のいい物語という意味である。
事実とは客観的であろうという態度〈きょうじ〉のことである。
中韓の歴史の事実とはわざと曲解された解釈なのである。
自分達がやっていることを、日本人がやったとする論法も少なくない。

『[在日一世は]とくに女たちは、差別と抑圧が蔓延する日本の地で「どぶろく」の密造販売
をしながら必死に家族を守り、生きながらえてきた。
』(典拠)。
その「差別と抑圧」が行なわれているのは、現実には自分達の国でのことなのである。
「日本の地」などと嘘を言って自分を誤魔化しているというわけである。傍迷惑である。

-----

中国の文化大革命とか、韓国の保導連盟事件とかを見よである。差別と抑圧である。
日本なら、何を言っても殺されることはないが、今なお、中華人民共和国や大韓民国では、
思想で裁かれ、簡単に殺されてしまうのである。怖くて自国の非を糾弾できないのだ。
「日本の地」と書いてあったら、彼らの祖国のことなのだと読み替えればいいのである。

日本人が、いつ支那人や朝鮮人を虐殺したというのか。
今、実際に中国人を、中華人民共和国の人民を虐殺〈さべつ〉しているのは支那人であり、
今、朝鮮人を、大韓民国の国民を虐殺〈よくあつ〉しているのは朝鮮人なのである。
どれも自国がやっていることを日本になすりつけて語るから、日本人は迷惑しているのだ。

-----

韓国人の、黒人や台湾人に対する「差別と抑圧」に比べたら、
在日がいう日本の「差別と抑圧」なんか針小棒大の与太話だということがすぐ判る。
韓国人の場合は、「差別と抑圧」に「排斥」が加わるのである。
韓国内には黒人とか台湾人は住めないのである。みんないびりだしてしまうので。

韓国人にとっては、自国に異人がいないことが、とっても住みやすいのである。
それが判っているなら、在日〈いじん〉がいる国の人がどんなに困惑しているか
想像ができそうなものであるが、そこまでは思いが至らないようなのである。
「在日」も「罪日」と書く人がいるが、そのうち「ザイニチ」と片仮名書きにされるぞ。

-----

嫌韓デモって言うよりも、嫌在日朝鮮人デモであるという事実と向き合うべきだろうなあ。
ザイニチ人だとか主張する信恵みたいなキチガイの頑張りのお蔭で同胞コリアンドモに
「ザイニチは汚い」と嫌われつつある現実が一番危ないことだと思うが。
』(典拠29番)。
その「ザイニチ人」は祖国の韓国人を馬鹿にし、逆に本国からは侮蔑されているのである。

確か日本政府がやった調査で、「日本人の80%は中国人や韓国人を嫌っている」という結果
が出ていたものがあったと思うが、みんなそう思っているのかと知って安心したものである。
日本人の多くは、中国人や韓国人と接触がないだろうから、アグネス・チャンとかザイニチ人
の振る舞いに辟易している結果なのだろう。平気で嘘を言う人達が喜ばれるわけがないのだ。

-----

密入国に密造酒等の犯罪を自慢する神経が理解出来ない
というか、どぶろくなんて作ってねーでマッコリ作れよ
祖国の酒もって祖国に帰れよ
』(同前57番)
共産党とつるんでテロに明け暮れていた歴史はスルーですか』(同前52番)。

>一世から4世へと引き継がれてきた差別と抑圧に対する闘いを描いている。<
どれだけ、日本人に迷惑をかけてきたかも描いてほしい
』(同前60番)。苦笑。
>ヘイトスピーチがはびこる日本で、朝鮮人として「生きたい」「歌いたい」<
いや、そこは母国へ帰れよ どんだけ日本にしがみつきたいんだよ
』(同前63番)。哄笑。

-----

だんだん、その芝居を見てみたくなってくるのである。
>差別と抑圧が蔓延する日本の地で<
これは合っているが、差別していたのは朝鮮人の方な。しかもヘイトスピーチどころではない。
朝鮮進駐軍という殺人集団だ。
[庵主:それも逆か。日本人はよく生き残ったものだ]

>「どぶろく」の密造販売をしながら<
自ら犯罪者である事を認めてどうする
』(同前71番)。
なんでずっと被害者設定、日本で続けるんだ
大好きな祖国に帰ればいいことだろ
』(同前68番)

この手の記事は、絶対書かないよね。
「どうやって日本に来たのか」
「一番最初にどこに住み着いたのか(不法占拠)」
』(同前72番)。
駅前の一等地にパチンコ屋がある理由がそれだったといわれている。

日本人は、嘘つきが嫌い。正直者が好き。
朝鮮人は嘘つき
[庵主補注:中国人もそれに連なるのである]
だから日本人は朝鮮人が嫌い。
当たり前の事ですわな
』(同前94番)。結論が出たようである。これは嘘とはいわないか。

-----

まあ総連の機関紙なんぞにいちいち怒ってもアレなんだが、とにかく視ね』(同前95番)。
「総聯」とか「民団」と書いて「うそ」と読んでおけは間違いはないのだろう。
「総聯」+「民団」=「総民〈そう・みん〉」を逆から読めば「みんな、うそ」。
そんな芝居なんか「視〈み〉ね(ぇ)」と読みかけた。ネットでは「視ね=退場しろ」の意。

>当初、劇団が掲げた最大のテーマは「母国語による在日同胞の生き様の表現」だった。<
韓国でやればいいのに
』(同前183番)。この落ちが一番笑える。嫌われるには理由がある。
海外に向かって、日本語で日本人の主張を掲げるようなものである。
そもそも、使う言葉と使う場が間違っているのである。相手の国語を使え。

[PR]
by munojiya | 2013-11-27 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-11-27 手に汗握る大根演技
観てたけど この子手に汗握るくらいの大根演技だったよ。
今時珍しい。
』(典拠141番)。
この子というのは、われらがアイドルのあっちゃんのことである。
NHKTV開闢〈かいびゃく〉以来の低視聴率を叩き出したというのである。

見たこと無いから分からんが そんなに演技下手なのか? あっちゃんは』(131番)。
竹下景子の演技で引きずりこまれて、こいつが出てきて現実に戻される、の繰り返し
(137番)。
俺見てたけどばあちゃんと二人で泣いたわ』(112番)。

庵主は素直に、ストーリーに泣かされたと読んだが、ひょっとしてあまりにも芝居が下手くそ
なので、見ていて泣かされたという意味ではないだろうとは思うのではあるが。
20時台のNHKで4.3%[平均視聴率]とかすごすぎワロタ』(129番)。
番宣見ただけでも演技が下手くそ過ぎてビビるよな』(10番)。

それでも、あっちゃんはアイドルなのである。日本人の息抜きになっているのである。
松本人志の「R100」とか、あっちゃんとか、朝鮮人をからかうスレはどれも笑える。
知ってても、そこには触れないというかなり巧みな芸を要する揶揄だからである。
韓国の酒は、軽口でも、日本人の口に上らないようではまだまだだということである。

-----

チョット過激な表現で、とても恐縮なのですが。
日本人は韓国車には乗りません。
ましてや支那製の車になんて、冗談にもなりません。
』(典拠)。
確かに、日本人で、韓国車や中国車に乗る馬鹿はいないのである。

その引用には落ちがある。『ドアの厚さに、ご注目を』(同前)というのである。
この感覚が、ドイツ車とか英国製の車に乗る、
ハイソな人々にはあるのでしょう。
』(同前)。軽い車は恐いというのである。
命が大切な人は、値段や燃費なんかどうでもよくて、日本車には乗らないというのである。

[PR]
by munojiya | 2013-11-27 00:01 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2013-11-26 政治家がカジノに群がる理由
「理由」と書いて、「わけ」と読む。
いま日本の政治はカジノの合法化に向かって突っ走っている。
パチンコ賭博さえ有害なのに、なぜより有害なカジノの合法化を進めるのか。
その理由は単純である。

カジノに客じゃなかった、カモを連れて行って、負け分からリベートを貰う商売を「ジャン
ケット」と呼ぶんだが、なんでそんな商売が成り立つのかというと、そもそもジャンケットと
いうのは、接待用にVIPルームを使うという前提があるわけです。接待なので、負けるとは
限らない。時には、勝たせて儲けさせてやるのが「接待」だったりもする。

日本にも接待麻雀というのがありますね。カジノは裏金の受け渡しに非常に便利なので、たと
えば偉い政治家センセをVIPルームに接待して、ひと晩で何億円とか渡したりするのも容易
だ。カジノ立法に政治家が群がる理由。
』(典拠)。
すなわちマネーローンダリングである。悪銭をきれいにする仕組である。それがカジノ。

朝鮮人、といったら露骨なので第三国人といっておくが、その利権となっているパチンコを
カジノで日本人の手に取り戻すという含みかと思ったが、カジノにはしっかりマルハンなどの
パチンコ資本が食らいついているという。だとするとカジノの目的は上のとおりである。
そのVIPルームに高くてうまいお酒を持っていかれたのでは間尺に合わない。
[PR]
by munojiya | 2013-11-26 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2013-11-26 裏金オリンピック
2020年東京オリンピックのキャッチフレーズが、
「裏金オリンピック」になりそうである。
韓国の、雪が降らない平昌で行なわれる予定の冬季オリンピックでもそうだが、
金が動けばオリンピックが決まるというオリンピック貴族の実相が見えてくるのである。

1.辞任
2.逮捕
3.自殺
』(典拠3番)。
3の線なら、猪瀬都知事は折角自分が決めたオリンピックを見ることができないことになる。

「自爆オリンピック」でもいいか。『この件では、猪瀬はむしろ下っ端の使いっ走り』。
特捜部は毅氏陣営の公選法違反事件の捜査で、今年9月から関係先の強制捜査を実施。
虎雄氏の妻(75)の関係先を家宅捜索した際、紙袋に入った現金5千万円を確認した。
特捜部の任意の事情聴取に妻は「猪瀬氏から返ってきたお金だ」と話したという。
』(同上)。

『[帳簿にないお金だというのに]こっそり金返して事無き得ようとしてるからこうなった
地検に通じる人に頼んで潰してもらわないと
』(105番)。
東京地検特捜部は確かアメリカの手先〈つかいっばしり〉だというのが定説だったと思う。
あいつらの乾杯はどんな酒でやるのか知りたいものである。お酒なのか、バーボンなのかを。

-----

何しろ、カジノ方面への放火がありますといろんなものが待ったなしで炎上しますので、
収拾がつかなくなる恐れもあります。
』(典拠)。
石原→カジノ→カジノ議連といったところか。
ひょっとして、特捜の狙いはカジノ潰しということではあるまいか。そんなことはないか。

いや、徳洲会(読みにくいがこれもついでに)潰しだという『もう諦めろ
小沢潰しに動いた時と一緒
特捜はCIAが裏で操ってるから
保険制度と医師会を潰すためにまずは徳洲会を血祭にあげるのよ
』(典拠141番)。

[PR]
by munojiya | 2013-11-26 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)