<   2014年 09月 ( 66 )   > この月の画像一覧
2014-09-27 呑み直しの映画「バルフィ!」
インド映画「バルフィ!人生を唄えば」を見てきた。
「さまよう刃〈やいば〉」の口直しに見たのが「フライト・ゲーム」だったが、
「バルフィ」は、同様の仕掛けの映画である「舞子はレディ」がそれだけではちょっと
呑み足りなかったのでもう一杯呑みたいという気分で観た映画である。満足した。

インド映画というと歌と踊りでバカ騒ぎというイメージだったけれど、それとはだいぶ
イメージが違う。音楽の幅広さと豊かさは、各シーンを盛り上げ、素敵な余韻に浸らせて
くれた。歌もまた美しくて切ない詩が心をゆさぶる。
』(典拠)。
音楽が映画を奏でるという意味ではこれはミュージカルである。

聾唖者と自閉症というマトモに描いたら辛気臭くなる話を、ミュージカルという形式を上手に
使って和らげているのである。舞子の世界を描くにもそれは好都合だったのである。
唄って踊るインド映画という固定概念がこの映画によって覆された。』(典拠)。
さらにもっと昔のインド映画といえば「大地のうた」のような陰気臭いイメージだったのだ。

「きっと、うまくいく」もそうだったがこの「バルフィ!」も、インド映画は音楽が唄っている
から楽しいのである。楽譜を演奏するための音楽ではなく、気持を演奏する音楽である。
聴いていると心がうきうきしてくる。演奏も、本当に楽しんでやっている気持が伝わってくる。
楽しいから演奏しているのだという感情に満ちあふれた生きている音楽だからである。

-----

同じ映画がこういう風に見える人もいるのだから世の中は面白いのである。
ど貧乏な聾唖者は、身代金誘拐や電柱切断、自動車の走行障害(パンク)など、犯罪行為
オンパレードの男。その知的障害者とも思える男に、美女ふたりが夢中とは、馬鹿馬鹿しい
作品にもほどがある。
[中略]

観賞後、たいへん不愉快になる作品。哀れな唄が聴きたい人にはお薦めします。』(典拠)。
一方、『あらゆる点においてレベルの高いインド映画。
いや、インド映画というジャンルに収まらない、エンターテイメントとして、傑作映画でしょ。
あぁ……彼らにまた会いたいよ……

更に言えば、普通にめちゃめちゃうまい。映画として。
序盤で出てきたある映像が、終盤にうまく活用され、物語的、感情的にリンクさせてくれると
いう作りが実に巧み。
靴の使い方なんて印象的だよね。
』(典拠)。観た方が得する映画であることは間違いない。

まぁしかし、長丁場の中でも維持されるインド映画の高い表現力や脚本力、内容の濃さには
今回も驚かされた。で、(毎度、毎度のことですっかり書き飽きているのだが、)振り返って
邦画の状況を見るにつけ、それはもう……
凹むよね
』(典拠)。

[PR]
by munojiya | 2014-09-27 00:02 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2014-09-26 古典
ネットなんて出来る前からある古典だぞこれ』(典拠米56)。
「これ」というのは、いまでは「とりあえずお疲れ」という題名が付いている話の事である。
知っている人は「またか」で終わってしまうので、落ちに困るのである。
知らない方は、リンク先で、古典の勉強に勤〈いそ〉しんでください。

30年以上前にジャンプに連載していた
ドーベルマン刑事に
全く同じ話があったよ
』(同米91)。
すくなくとも30年前から流布していた話だということは分かった。

30年以上前の事件だな。作家の深田氏もコラムで述べていた。』(同米81)。
しかも、実話らしいのである。
オチがないのにまとめんなよ無能ゴミカス』(同米77)。話はオチがその人の才能なのだ。
アフィ用の自己投下ネタかよ。くそつまんねえな。』(同米50)。古典の活用というか。

そもそも、嫁か旦那が黒人だったという落ちじゃないのか?』(同米86)。ヒネリはある。
今の日本酒の殆どは、日本産の米と外国産のアルコールとのハーフだから、そんなことを気に
して呑んでいる人はいないのである。一部の、極一部の純米酒原理主義者を除いては、である。
酒の世界では、カクテルはかえってもてはやされるほどなのである。混ぜる事に抵抗はない。
[PR]
by munojiya | 2014-09-26 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2014-09-26 映画作家の想田和弘さん
「神奈川新聞」が、誰も知らないニューヨーク在住の映画作家を引っ張り出してきて、
「朝日新聞」の捏造慰安婦記事を擁護させているという。
神奈川新聞なんて、ほぼ、神奈川版朝日新聞じゃん』(典拠米183)。
神奈川新聞は朝日と心中するつもりなんだろう』(同222)。せつない心中であるが。

>米国ニューヨーク在住の映画作家想田和弘さん(44)は今の日本を眺め、言う。
「民主主義をやめたがっているようだ」。<
米国在住なら米国の現実を批判すれば? なんで日本なの?
この人、日本人? 日本をネタに食べている人の一人だね。
』(230)。

こいつらこそ日本人の名誉を傷つけている
日本人は売春婦(慰安婦)がいなかったなどと主張してはいない
国・軍による強制連行はなかったと言ってるだけ
日本人であるのなら、この単純なことを韓国人に認めさせる主張をすべきだ

そのうえで、女性人権などの普遍的な課題を論じるべきだ。日本人もおおいに参画する

(同234)。「売春婦」を、英語では「セックススレープ(性奴隷)」というのだろう。
「お酒」を「気違い水」と呼んでことさら蔑〈さげす〉むようなものである。
折角アメリカいるのなら、米国における韓国のプロパガンダ活動を映画に撮ったらいかが。

-----

庵主は、想田和弘監督の「選挙2」を見たことがあるからその名前を知っているのである。
しかし、多くの日本人にとっては無名の人だろう。
アメリカで作家活動をしているという話は聞かないから、余程日本に住めない事情があって
アメリカに身を寄せているのだろう。日本人と肌が合わないとかの理由で。

[PR]
by munojiya | 2014-09-26 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2014-09-25 今週の駄洒落「紙面楚歌」
「四面楚歌」という言葉がある。
故事来歴はともかく、「周りは敵ばかり」という情況になることをいう。
「朝日新聞」が、いま、それなのだという。
川柳に曰く。『「遅すぎた取り消し陳謝に紙面楚歌」』(典拠)。

ただ、それが「朝日川柳」に載っていたことで、朝日の居直りと取られてしまったのである。
戯画的な展開になっているとすら思うのは、15日「朝日川柳」欄でのおわび。吉田調書を
題材にした句を載せたことがあり、「投句者、読者、すべての関係者の皆さまにおわびします」。
そして7句ある同欄の川柳を、すべて誤報問題に関するもので埋めているのである。

「遅すぎた取り消し陳謝に紙面楚歌」「年表に載る木鐸(ぼくたく)の壊れた日」「ついでに
詫びて隠す慰安婦」など。まじめに謝罪する気があるのかとすら感じる。
』(典拠)。
川柳自体も皮肉ではあるが、それが掲載された情況が輪をかけての皮肉になってしまった。

傍から見ていると、二重に笑えるのである。
「朝日新聞」だから「紙面楚歌」だが、「毎日新聞」なら「紙面創価」になるのだろうか。
「朝日」はまだ読者が相手にしてくれるが、「毎日」はもう誰も見向きもしないのである。
「朝日新聞」に相応しいお酒はアサヒつながりで「獺祭」か。落ちの切れがよくなかった。
[PR]
by munojiya | 2014-09-25 00:04 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2014-09-25 淫乱女
「貧すれば鈍する」という。「淫すれば窮する」か。 
現在40代のある女性神経内科医は、35歳で第三子を授かった。東尾[理子]より1つ下
の年齢だが、周りの医師仲間は一様に「どうするの?」と心配顔だったという。
』(典拠)。
淫に過ぎませんか、という事だろう。高齢出産は医療事故の発生が多くなるというのである。

庵主がいう「変態」そのものである。やればできるけれどやってはいけない事をやる事である。
ある私立大産婦人科の主任教授は「高齢出産が増えてからは、医療事故も増えて現場は悲惨
だよ。マスメディアの報道も少し考えてほしい」とこぼす。
』(同)。
東尾理子(36)の子供が血液検査でダウン症の可能性があることが分かったという。

生まれてくる子供が病身だと分かったときにどうするかである。親の幸せが子の不幸だったら。
昔なら産婆さんが気をきかせて上手に処理してくれたのだろう。
それを、いまは平気で産んじゃうからその親御さんは長い苦労を背負う事になるのである。
「苦労」が好きな人もいるのだろうから、庵主はそこまでとやかく言うことはしないけれど。

庵主には信じられないが、世の中には超辛口の酒がうまいという人もいるのである。
そんな酒は庵主の好みではないが、他人の好みに容喙するほど物好きではないのである。
ご自由にである。
そのかわり、そんな酒を人前に持ってこないでほしいというだけなのである。呑めないので。
[PR]
by munojiya | 2014-09-25 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2014-09-24 左巻きの作法
手品の種明かしをすることは下品〈やぼ〉とされている。
せっかく不思議な現象を楽しんでいる人の夢を無残に打ち砕くことが多いからである。
せっかくうまいと思って呑んでいるお酒の悪口をいう人がいるとしたらそれである。
「それ」とは「下品」のことである。「夢を打ち砕く」事ではないので為念。

一方、「夢を打ち砕く」下品は、左巻きの手口をバラすことだろう。
左翼脳は、右翼脳より優れているという幻想がある。
だからインテリはこぞって左翼脳に憧れるのである。
なんでこう日本の左巻きな人達っていつまでも同じ手なんでしょうね。

・レッテル貼りのための名称を作る
・元々レッテルの定義が曖昧なのでどんどん拡大適用していく
・結局、自分達が気に入らないものに片っ端からレッテル貼りをしてしまう
・あまりに拡大適用しすぎて意味が薄れてしまって効果が無くなる
』(典拠)。

最近のレッテルは「ヘイトスピーチ」だったか。
種が分かると、左巻きの振る舞いが利口に見えなくなるのである。
インテリの心の拠り所は、自分は頭がいいという優越感である。
それが馬鹿に見えるようなったら心の拠り所を失ってしまうのである。
[PR]
by munojiya | 2014-09-24 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2014-09-24 「舞妓はレディ」に関して恥を知る人
マイフェアレディのストーリーからタイトルまで、中国を笑えないパクリ。原点はギリシャ
神話のピグマリオンですが、アメリカのブロードウエイでロングランになりました。これを
オードリーヘップバーンが主役の映画が大ヒットしました。
マイコハレディ=マイフェアレディ。日本人として恥を知れと言いたい。

反論するならハリウッドで上映してみたらどうなるか?
こんな映画に,金をかける人、金を払ってみる人、バッカじゃなかろか!
』(典拠)。
周防正行監督の最新作「舞子はレディ」のユーザーレビューの一つである。
たしかに、「マイ・コア・レディ」と英語でやったらちょっとまずいような気はするのである。

この映画をパクリと見る人もいるのかと感心したのである。いや、恥を知る人としておこう。
お酒にアルコールを混ぜるという事を思いついた人がいる。
そういう考え方は昔からあったのだが、それを本当にやる人がいなかったのである。
そこで、純米酒原理主義というのが出てくる。

お酒にアルコールを混ぜたものなどは、本当の日本酒とはいえないとする考え方である。
庵主の体の感度では、純米酒でもアル添酒でもその違いが判らないのである。
故にオリジナルでもパクリでもどっちでもいい。ただし、それがうまいどうかはしっかり判る。
ところで、恥を知る人はこの映画がつまらなかったのだろうか。庵主は十分楽しめたけれど。

-----

最初は爆笑し、涙し、感動する。名作の定石をきちんと踏まえている。この作品は外国人に
日本文化の正しい姿(ま、日本人もよく分かっていないのだが)を伝えるのに役立つことを
期待する。そうなるでしょう。海外を含め映画賞を総なめにするのは確実だ。そうでなければ、
私の目が上白石萌音の魅力によって、狂ってしまったとしか考えられない。

大げさではなく、映画鑑賞歴50年の私は、この作品を日本映画史上の大傑作ミュージカル、
いや世界映画史上の大傑作ミュージカルとまで思う。
』(典拠)。
同じ映画の評価が180度(この場合は270度か)異なるという事はよくあることである。
庵主は辛口の酒なんか糞(いやションベンか)だと思っているがそれが好きな人もいるのだ。

-----

劇中では、囃子の生音や地唄舞の黒髪など、美しい音、日本語が数多く使われます。それは
とても音楽性に溢れていて美しいです。
しかし、肝心のミュージカル部分はあとから重ねた音で不自然に大音量。
楽曲もラテン系に偏り、振り付けは一瞬で解るくらい「パパイヤ鈴木」色。

黒髪の稽古してた女性が突然腰やお尻をフリフリってどうなんだろう……?
つながりとキャラクターを壊してないか?
』(典拠)。
見る人が見れば見えるものがあるということである。
全然気が付かなかったのがこれ。

良かったのは、演出か地かは分かりませんが、[長谷川博己演じる]京野教授の人間的な
薄っぺらさは秀逸。それ故、エセ薩摩弁を話す際、最初はボタンが取れてるのに、角度が
変わるとボタンが戻っているシーンも人間的に薄いから気にならない(笑)
』(典拠)。
その摩訶不思議ボタンをこの目で確かめるためにも、もう一回見たくなってしまった。

素敵なミュージカルでした。アナ雪も良かったけど、上白石萌音ちゃんの歌声にドキ!
ホロっとして、軽快な和楽器が心に響きました。
[中略]
友達ともう一度観に行きたいと思える映画でした。
』(典拠)。
水商売の世界では、「また来るよ」と言って帰る客は二度と来ないという話があるけれど。

-----

で、この映画には絶対納得できない、というか得心がいかないセリフが一本あるという。
映画の最後の一言に「えっ?」となった。[ネタバレになるのでそのセフリは省略]「おい
おい、そうだったのかよ」という思いと「
[同じ理由で一部省略]も少々入っていたの?」
みたいな戸惑いが
』(典拠)。

-----

そこで展開される舞妓の実態は、大学院生のセリフにあるとおり「性的サービス業」に近い。
どれほど京文化を支えようとも、年端もいかない少女相手に酒のんで何が楽しいのやら、と
思ってしまうのが残念。
』(典拠)。
世の中には、映画のセットの裏側に思いが及ぶ人もいるのである。

庵主は手品が大好きだから、種明かしなんかに興味がないのである。
映画もその裏側を見ないで楽しい部分だけを見ることにしている。
庵主も、年端もいかない少女相手に酒呑んでも何がおいしいのか分からない口である。
それ以前に、京都には大きな蔵もあるけれど、庵主が呑めるお酒がないということである。

-----

落ち。監督も、作るまでもない肩慣らしの映画だとは分かっててやっているのだろうが。
しょーもない映画今年度ナンバーワン。
だいたい、着物で洋楽ステップを踏ませて躍らせるのがそもそも、裾がはだけて汚い。はした
ないというかなんというか……。
』(典拠)。しょうもない面白い映画を作って、という所か。

ミュージカル映画では劇中歌をナンバーと呼ぶらしいが、日本では訳して美曲と呼びたい。
「♪ 舞子はレディ 舞子はレディ 明日に咲きましょう」は、日本語の歌詞とメロディーが
ぴったり合っている美曲である。この歌を聴くことができただけでもこの映画は大収穫である。
日本語の耳を持たない恥を知る人には、きっとこの歌が耳に入らなかったのだろうが。

-----

スターというのは、あっというに綺麗になるのである。
これが最新の顔。華やかなオーラに包まれている。
これはちょっと前の録画だろうが、まだイモっぽい表情が残っている。
女は見られると綺麗になるというが、もともと性格がいいのだろう。

-----

「舞妓はレディ」の2番の歌詞まで聴けるが、歌がうますぎて、歌詞がよく聞き取れないのが
惜しい。庵主も歌を頭の中で唄う時はこれぐらい速いテンポで唄っているのだが。
踊り明かしても唄っているのはMarni Nixonだったのか。
「口パク」のパクはパクリのパクではないけれど、その映画は口パクだったのである。惜しい。

[PR]
by munojiya | 2014-09-24 00:03 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2014-09-23 遅い・古い・間違っている
朝日新聞(朝刊)の「ひと」欄に「週刊金曜日」の平井康嗣編集長が紹介されている。
「雑誌が売れず、ナショナリズムを刺激する記事があふれる時代」として、記事は続く。部数
は半減したが今も頑張っているという結論。聞きたいのはなぜ部数が半減したのかという理由。
新聞が書くべきはそこである。
』(典拠米欄)。新聞は焦点がぼけているらしい。

庵主が昔愛読していた雑誌で、今でもやっているのかという雑誌がある。「暮しの手帖」とか
「キネマ旬報」とか、この「週刊金曜日」である。懐かしさを感じるのである。
さらにジャーナリストなら「物語」ではなく、事実を書いてほしい。
「週金」の特徴。

(1)原稿料はスズメの涙
(2)編集部の意向は圧倒的で。センスはジャーナリストというよりも「活動家」
(3)編集委員の本多勝一は気難しく、椎名誠は自分の写真を表紙に使いたがる。
こんな理由で若手ライターの評判は悪い。
』(同)。(4)老人雑誌、が抜けてないか。

新聞が売れなくなったという。「ニュースが遅い」、「発想が古い」、「記事の内容が嘘」の
三拍子が揃ってしまったからである。読者を啓蒙しようという発想がすでに古いのである。
読者の方が、記者のレベルより上になってしまったのである。だから読んでもつまらない。
お酒は呑み手の期待値や想像力を上回るものがどんどん造られているから面白いのである。
[PR]
by munojiya | 2014-09-23 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2014-09-23 キング オブ ジャンクフード
ジャンクフード(ゴミ食)の王様はラーメンだというのである。餌と訳すのが正しいのか。
ラーメンは炭水化物に油に塩分だからなあ。[思えば、ポテチもそうだ]
ジャンクフードのキングだよ。
[食えば食うほど体によくない]
美味いけど。
』(典拠以下同)。

「一個のリンゴは一日寿命をのばす」だったか。リンゴ屋の惹句である。
ラーメンは「一杯のラーメンは寿命を一日減らす」といったところか。
スープまで飲んだら塩分を取り過ぎるというのである。
豚骨&鶏ガラ&牛骨の三獸スープを称して、ラーメンマニアはそれをドブスープと呼ぶ。

その“成果”はこの通りだという。
ラーメン評論家 武内伸(48) 肝硬変
ラーメンの鬼 佐野実(63)多臓器不全
ラーメン評論家 北島秀一(51)胆管癌
』。

一般成人に勧められている1日の塩分摂取量は男性9g未満、女性7.5g未満とされて
います
』。ちなみに、砂糖は25gなのだという。缶ジュースを一缶飲んだら毒らしい。
袋ラーメン汁まで飲んで裏見たら食塩換算10g超えててワラタ』。
庵主のお酒の上限は一日一合、アルコール量にして約27MLである。ほどほどに、である。
[PR]
by munojiya | 2014-09-23 00:03 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2014-09-22 「朝日新聞」のしきたり
「朝日新聞」には、在日チョウセン人は本名ではなく通名で報道するというしきたりがある。
同様に、自衛隊の関係者が犯罪に関わった時に、しきりに「元自衛官」と書くしきたりがある。
暗に、「自衛官」は、元であっても悪い奴だという心象を植えつける手法である。
その手法が今、朝日新聞関係者に使われるようになってしまった。心象は最悪である。

元朝日新聞記者で帝塚山学院大学教授の清田治史氏が大学を辞めたとのニュースが飛び交い
ましたが、大学の意向で辞めてもらったのが真相のようです。
』(典拠)。
「元朝日」と見た時点で、それが悪役であることが瞬時に判るのだから便利な手法ではある。
「元朝日」には、つぎのような輝かしい顔ぶれがいるのだという。

慰安婦問題捏造の北星学園大学非常勤講師の植村隆氏、中央大学商学部教授の吉見義明氏や、
靖国問題に火をつけた同志社大学の加藤千洋教授などの去就が気になります。
』(同)。
さらに、このような事態になりましたから、信頼すべき情報筋が言われるように、朝日新聞
と深いかかわりがあった人たちは、今後は朝日との距離を取ると思われます。

しかしそれは、これまでの主張を全面撤回し、謝罪してからの話しです。そうしない限りは、
日本社会では受け入れられないことを助言しておきたいと思います。
[欄外に補遺]』(同)。
「朝日新聞」に尻尾を振っていた書き手は身の処し方が問われる情況になってきたのである。
ちなみに、吟醸酒のアル添は新手法であるが、「本醸造酒」は「元三増酒」なのである。

-----

(補遺)
例えば田嶋陽子先生は、「朝日」から「一抜けた」とやってしまったようである。
その身の処し方で男を下げて、おっとっと、女を下げてしまったのである。
人々は腹の中では笑っているが、それを表に出さないように必死に噛み殺しているのである。

もっとも、物書きで食っている人達にとっては、原稿を買ってくれるのは「朝日」みたいな
ところしかないから、生活のために売った原稿で人格まで否定されたのではたまらないだろう
が、原稿で「朝日」をヨイショした書き手は己〈おのれ〉の不明を恥じて、心を入れ替える
しかないのだろう。すでに「元朝日新聞投稿者」なのだから。口は禍の元である。

-----

「朝日新聞」と同じ論調の地方新聞社も身の処し方を改めざるを得なくなっているようだ。
反日の「琉球信奉」、おっとっと、「琉球新報」が折れたというのである。
そして、『・今後は、朝日と連携して記事を書いていた地方の新聞社が、朝日と微妙に距離を
置くようになります。
』(典拠)と。

[PR]
by munojiya | 2014-09-22 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)