「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 02月 ( 76 )   > この月の画像一覧
2015-02-28 明哲
ユダ金からロシアを取り戻したプーチン
ユダ金に日本を売り渡す安倍
正反対だな
』(典拠)。
「目明き千人、盲千人」という。

目明きには、ちゃんと様相が見えるということである。
「ユダ金」は世界中から嫌われているのである。
しかし、金と権力があるから逆らうことができない。
「連中」が標榜する旗は「グローバリズム」である。

環境破壊のことである。
住める所が住めなくなることである。
ユダヤ人は世界に散っているという。
知恵者がいた。それらを一カ所に集めてあとは、と考えた人達である。

集めておいて何をするのかは、庵主が知る由もないが、今、欧州各国に散っていたユダヤ人が
どんどんイスラエルに向かっているのだという。
出て行ってもらった各国は喜んでいるようである。おっと、ほっとしているようである。
家庭内にいたアル高の家族が進んで施設に入るようなものだからである。

-----

もともと住んでいた地元の人達より頭の“賢い”人が多いため、世界中の人達から敬遠されて
いる、いわゆるユダヤ人とは、歴史的には「偽ユダヤ人」の事なのである。
聖書に出てくる神様が愛したユダヤ人ではなく、もとは全然異なる地に住んでいた改宗した
カザール人のことを、今は「ユダヤ人」と呼んでいるのである。

「ユダ金」の「ユダ」もそっちの偽者の事である。
では本物のユダヤ人はどうなっているのか。
イスラエルでは、本物は敬虔故に二級市民という扱いを受けているという。
ユダヤ人(偽者の方)が嫌われる、おっとっと、敬遠される理由である。

-----

ISILの一件見て分かっただろ。
もう国家的に成熟しきったアメリカは地上戦は世論が怖くてできない。
兵士が1人死んでも大騒ぎになるからな。
空爆でチマチマやるしかできない。かと言って核は使えない。対してロシアはなんでもやる。

地続きの欧州なんてロシアがその気になったらどうにでもなるよ
』(同)。
『↑世論の前にもう金が無い
今までアメリカに戦争させて儲けて来た戦争屋が
アメリカがもう動かないから日本を戦争に引きずり込もうとしてるのが今の状態
』(同前)。

-----

今の世界は「恨み」で動いているというのである。
新自由主義者といい、ネオコンといい、共産主義者といい、中身はみな同じなのである。
アメリカで騒いでるネオコンの皆さん[は]、かつてロシアで散々苛められた
農奴の子孫です。よくて金貸し。

アメリカに逃れた人たちでトロツキーに影響を受けて「世界革命」=革命の輸出を唱えた
ものの、トロツキーが暗殺されたんでやむなく新自由主義に転向、新自由主義革命を世界に
輸出することとなりました。革命の為の社会不安の造出(ショックドクトリン)、先導、革命
の前衛による一元的指導。

スターリン主義の一国社会主義を外してネオコンによる世界革命に看板替えした人たちです。
しかし、ロシアそのものに対する恨みは骨の髄までです。ロシアという国家だけでは足りず
ロシアそのもの、その文明自体を破壊したいのです。
』(同米)。
では、「恨み」の果てには何があるのか。

恨みが成就したらどうするのかということである。実は恨みは成就したら困るのである。
恨みは、恨んでいる時が一番楽しいのである。恨みは恨みを呼ぶということである。
お酒と同じで、酔っている時が一番楽しいのだ。
酔いが覚めた時の虚しさをまぎらすためにまた呑むようなものである。

[PR]
by munojiya | 2015-02-28 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-02-28 きちんと報道しないからこうなる
川崎で、13歳の“まじめそうな”(顔写真を見ての庵主の心象にすぎないが)の13歳の少年
をリンチして殺害した「川崎少年虐殺事件」の犯人が逮捕されたという知らせが庵主の所に
はいってきたのは27日の午後の事である。
やっぱり「犯人は在日韓国人のガキだったのか」というのが、これまた心象である。

その心象が正しいかどうかは情弱の庵主には検証のしようがないのだが、なぜそういう心象を
抱くかというと、マスコミのこれまでの報道がそうだったからである。
犯人が在日チョウセン人だった時は、そのことを報道しないという暗黙の了解によるのである。
そういう報道が不安を煽るのは、凶悪犯罪とされる事件の犯人は決まってソレだからである。

マスコミからは少年法だの人種差別だの持ち出す左翼人権派の言論人たちの声だけしか
聞こえてこない。
子供でも悪は悪、朝鮮人など大嫌いだと思っている日本人一般の声をなぜ取り上げようと
しない?
』(典拠米)。まともな日本人は新聞やTVを見ていないというのがオチだったりして。

お酒の場合もそうである。アルコールを大量にまぜた紛い物酒を「普通酒」と呼んでいる。
まともなお酒は、普通酒ではないという事を明確にするために特定名称を表示して売っている。
つまり、なんにも言わずに売られている「お酒」は普通酒だということなのである。
なんにも表示されていない時には、それは普通酒だというのが暗黙の了解事項なのである。

-----

在日くらいしか
ここまでやらないと思ってたけど
マジだったのか
これでも在日援護する都知事ってなんなの
』(同米)。都知事は安倍総理の“友達”らしい。

川崎そんな酷いとは?
だいたい、警察は何してんの?
あれだけ証拠あって、少年方
[庵主校正:少年法]だかそんなの許せる範囲超えてるだろ!
この事件色々おかしくないか? 在日だかなんだか親の顔が見たいね!
』(同米)。

金嬉老
[一行省略]
ナントカ
[苗字は省略]慎毅郎[「しんきろう」と読む]』(同米)。
と続くと、つい森喜朗(シンキロウ)の名前が浮かんできて困っちゃうのである。

もう逮捕されたのだから、
マスコミは即座に実名報道し、
司法は、この輩全員を死刑に処すべき!
』(同米)。
韓国の検察官なら、船長裁判の様に庶民の期待に応えて本当に「死刑」にしちゃうのだろうが。

-----

今回、ネット界が突き止めた犯人情報の正確度はこれぐらいだったという。
ネットが「マスゴミ」化しているという。
それを、マスゴミにならって「ネッド」化とでも呼ぼうか。
「マスゴミ」はわざと嘘情報を流す事である。もしくは、本当の事を伝えないことである。

一方の「マッド」は何とかして本当の情報をさぐる事であるから両者の方向は逆なのである。
向きが異なるものを、同じ天秤に掛けてもはじまらないのである。
悪意が人を傷つけた事と、善意が結果的に人を傷つけた事を比べて、結果は同じだから善意を
否定するというのも実際的ではないように思える。善意は結構人を傷つけるものなのである

フジテレビの容疑者の父へのインタビュー
被害者が家に遊びに来たことあるっていってた。
』(典拠2)。
マスコミはちゃんと犯人(現時点では容疑者だが、慎重に捜査を進めてきた神奈川県警がドジ
を踏むことはあるまいから犯人としておく)を知っている典拠192)のである。

『【4行空白]当該事件の犯人はすぐに判っていたのに、神奈川県警が逮捕をわざと遅くした
のは、国会の献金疑惑報道の目くらましにするためじゃないのか、という邪推〈コメント〉を
見かけたので、それを引用しようとしたのたが、それをどこで見たのか思い出せないので、
後日見つかり次第補充する。探している途中でこういうサイトをみつけた。】』(典拠)。


-----

「日本人」はチョウセン人を悪用していないかという。
しかし不思議なのは、この手の醜聞沙汰が起きると何でもかんでもとにかく朝鮮人のせいに
して、日本人は悪くない、日本人は正しい、日本人はただの一人といえども絶対にイジメ殺人
など犯さないとでも言わんばかりの偏狭で傲慢なヘイトスピーチが殺到することだ。

やはり在日朝鮮人・韓国人という存在は、日本人にとって心の安全弁、自分に都合の悪いもの
は何でもかんでも棚上げにしておける責任転嫁用の心の棚なのだなとはっきり認識させられる。

(同前6)。チョウセン人という補助線を引けば事件が簡単に解明できるから重宝なのである。
「日本人」というのはそういう凶悪な事をしない人をいう美称なのである。矜持なのである。

-----

名指しの件は、よく知らんけど、まあ裏付けのとりようのない情報には距離を置くべきだね。
第三者のいたずらとかかもしれないし、関係者の攪乱とかもあるかも知れないし
』(同前58)。
ネットに流れている本当みたいに聞こえる嘘情報も、マスコミから流れてくる眉唾ものの本当の
情報も、情弱な庵主にとっては裏付けの取りようがないから等価なのである。

-----

こういう抜け穴的な理屈もあるのである。
角にあるふなっしー[「ふなっしー」は主犯格の少年の事]の家に犯人が住んでいるのか?
ここは、少なくても2世帯の家族構成と糞爺か糞婆の暇な年寄が居る
頭入れで止めてる軽自動車が一台か……

少年法で名前や写真が出せないと言ってもその親や保護者などの身内は成人なんだから晒して
も問題無いだろ。
仮に、加害者の親族も晒せない法があったとしても何親等以内までかを見てそれ以上離れた奴
からマスゴミの餌食にしてやれば良いのに
』(同前64)。親になるには覚悟がいるのである。

弁護士の中には少年法で食っている人もいるということなのだろう。
少年法が制定された戦後のドサクサ状態で、親も無く食い物に困った孤児がカッパライして
た状況じゃないんだから
いい加減に少年法と精神病の無罪は廃止したほうが良いな。犯人は死刑でいいだろ。

10歳のガキであろうが、キチガイであろうが、犯した罪に相応しい罰を負うべき。
それにガキの時に殺人を犯した連中は成人してからも殺人を犯すからな
』(同101)。
精神病の場合は、責任が負えない人格なので、責任を追わせる死刑ではなくて、当人に責任は
ないが社会的にみて危険だから殺処分にするということになるのだろうが。

[PR]
by munojiya | 2015-02-28 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2015-02-27 笑い話「日本人の馬鹿の人数」
利口が約2割、凡庸が約6割、馬鹿が約2割という割合を自然曲線というのだったか。
それに従って、5段階通信簿(最近の通信簿は絶対評価になっているのかもしれないが)では
5が約1割、4が2割、3が4割、2が2割、1が1割ぐらいに按分されていた筈である。
どんな社会でも約0.6%の気違いが発生するという説もある。どうやって調べたものか。

冒頭の数字で按分すれば、現在1億2700万人の日本においては、利口な人は2540万人
もいるということになる。そのおこぼれを有り難く只で頂戴している庵主のような凡庸な人は
その3倍もいるのである。余談だが、著作権は頭のいい人達の中だけでやってほしいものだ。
で、今時の馬鹿の実数は229万7000人(重複があるからこれより少ないが)だという。

韓国観光公社が発表した暫定集計結果によると、昨年[2014年]1~12月に韓国を
訪れた日本人は約229万7000人。これに対し昨年、日本を訪れた韓国人は275万
5300人(日本政府観光局調べ)で、過去最高を記録した。訪日韓国人が増加したのは、
長引く円安により日本でショッピングをするメリットが大きくなったためとみられる。
』(典拠)。

反日なのに、のこのこ日本にやってくるキチガイ韓国人の数はそれを上回る275万にもいる
というのである。韓国の反日教育は成果を上げているのかと心配しちゃいたくなるのである。
お酒の世界では、醸造アルコールを知恵付け成分としたなら、純米酒は全生産量の1割程度で、
利口が1割しかないのである。あとは凡庸なアル添酒といった所か。凡庸酒とでも呼ぼうか。

-----

人間でも、頭のいい人が必ずしも魅力的だとは限らないように、お酒も利口な酒だから
うまいかというとそうはいかないのである。
凡庸酒の中にも少なからずの魅力的なお酒があるから、凡庸酒を馬鹿にするものではない。
人々が呑むお酒の多くは凡庸酒が普通なのだということである。凡庸が一番。凡庸で十分。

-----

『[韓国は]不潔、ぼったくり、嫌がらせ、犯罪被害……
観光も大したことないし、わざわざ金出して嫌な思いをしに行く理由がない
』(同12)。
一方『朴大統領はといえば「関係改善のためには慰安婦問題の解決を」とこればっかり。
(同14)。『もう呼び名は「女ルーピー」でいいと思うんだ』(同104)。

-----

単に一回海外旅行に行ってみたい、国は近くでいいや。
っていう層が一巡したんじゃね。
あとは、リピーターが掴めたかどうかだけ。
結局ダメだったんだろうけど
』(同121)。なるほど、分析はこういうようにするものか。

>韓国を訪れた日本人は約229万7000人<
これって仁川空港での単なるトランジットも含んでるんだろうな
』(同131)。
年度別のデータで大雑把だけど、
韓国渡航者数
[の推移]

2002年2,320,820人
2004年2,443,070人
 ←冬ソナ効果出始め・ごり押し開始
2012年3,518,792人
 ←8月明博竹島上陸、天皇侮辱発言[ピーク]
2013年2,747,750人 前年度比22%減

2014年228万人
 ←4月セウォル号沈没[推移は一部のみ引用]
つまりマスゴミが韓流ゴリ押しを始める前の2002年なみに戻った。
2003年の180万人が在日の里帰り+ビジネスのみの実質的の数字だとして
仁川トランジットの上乗せも考慮すると今は観光という意味ではほぼ壊滅
』(同582)。

-----

どっちの情報を信じるかは知性の問題になるのか。
韓国の治安
比較的治安の良い渡航先ですが、歓楽街や夜間人通りの少ない路地など立ち入りは控え
ましょう。観光客への犯罪事例もありますので、特に夜間単身での外出は控えましょう。

そのほか観光客目当ての引ったくり、詐欺行為、違法タクシーなど思わぬ犯罪に
巻き込まれる可能性もあります。
事前準備を怠らず十二分に注意しましょう。ちょっとだけ注意すれば安全なんだよ。

(同米177)。

朝鮮半島の南に位置し、東京-ソウル間は約1,400km(飛行機で約2時間)の距離。
日本との時差はなく治安も安定しており、都市部は交通網などのインフラが整備されており
海外旅行初心者にも安心でオススメな渡航先となっています。
観光目的で訪問する場合、90日間はビザなしで滞在できます
』(同米179)。

『[177に対して]嘘は止めようね 韓国の重大性犯罪の発生率は日本の20倍
[中略]何より問題なのは日本人女性が被害に遭った場合は韓国警察は捜査しない事 特に
外国人女性の性犯罪被害者がここ数年で3倍にもなってて(日本人は含まないで)危険極まり
ない
』(同米185)。「姦国」と呼ばれる所以である。

-----

【参考】リンク先による韓国渡航者数の詳細
2000年 2,472,054人
2001年 2,377,321人
2002年 2,320,820人

2003年 1,802,163人 ←1月に小泉靖国参拝
2004年 2,443,070人 ←冬ソナ効果出始め・ごり押し開始
2005年 2,439,809人
2006年 2,338,921人

2007年 2,235,963人
2008年 2,378,102人
2009年 3,053,311人 ←民主党政権誕生+マスゴミ[中略]K-POPごり押し
2010年 3,023,009人

2011年 3,289,051人
2012年 3,518,792人 ←8月明博竹島上陸、天皇侮辱発言[ピーク]
2013年 2,747,750人 前年度比22%減
2014年 228万人 ←4月セウォル号沈没

[PR]
by munojiya | 2015-02-27 00:04 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2015-02-27 「目からウロコ」「胸糞」
「目からウロコ」という。「目からウロコが落ちる」を略したものである。
そういう言い方の先駆は「藪蛇」か。「藪をつついて蛇を出す」の略である。
「胸糞」という言い方がある。吐きそうな時の気分ではない。「胸糞が悪い」の略である。
知らない方が幸せな胸糞四事件だという。詳細は本当に読まない方がいい。特に最後のは。

・コンクリ
・名古屋
・北九州デスゲーム
・パイシャオイェン

この四天王は揺るがんなぁ
最後は国内じゃないけど梶原一騎が噛んでるから許して
』(典拠21)。
数ある県警の中でも、二雄は、神奈川県警と栃木県警だという。
栃木県警とゴーン日産の組み合わせは最強のようである

さて神奈川県警は栃木県警のように無能か否か』(典拠113)だという。
川崎で中学生が虐殺された事件のことである。
ネットがとっくのとうに割り出した“犯人に”神奈川県警が中々辿り着かないからである。
辻元清美議氏の言葉を借りれば、悪のデパート「神奈川県警」のルビは「ギャグ」なのかも。

-----

それに「天唾」を加えておこう。
TBSラジオの番組の中で、森本毅郎と小沢遼子が「漫才」をやっていた。
安倍総理は、多数党になったら好き勝手な事をやっていると二人して憤るのである。
「安倍総理に対する抗議デモが国会を取り巻いてもマスコミは全然報じない」というのである。

そのマスコミは、数千人の国民がフジテレビに対する抗議デモを行なった時もそのデモを全然
報道しなかったのである。一貫しているのだから立派なものだ。なんの違和感もないのである。
それよりも、二人はその「マスコミ」側の人間なのに、マスコミを難じたら天に唾するような
ものじゃないのか。庵主は笑って聴いていたのである。それって漫才のコーナーだったのか。

-----

当たるも八卦、当たらぬも八卦のネット界がつきとめた犯人の名前はこれである。
この殺人事件の少し前に起きた野毛山リンチ事件の加害者であるところの「R.F
「S.Y.」「G.T.」「M.T.」「K.H.」と重なるというのである。
殺人事件の経緯についてはこのサイトがわかりやすい。

[PR]
by munojiya | 2015-02-27 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-02-26 これはうまい「ミュンヒナーデュンケル」
庵主はセブンイレブンの回し者ではないが、セブンイレブンに急げ、である。
セブンでしか売っていないサッポロビールの「ミュンヒナー デュンケル」を買うために。
このビールはうまい。これなら飲めるのである。楽しんで飲める。味わって飲めるのである。
セブン&アイグループ限定販売のビールだという。本物のビールである。

欧州四大セレクション』と称する『ドイツ産麦芽使用』が売りの本物ビールである。
いまはアルコールを混ぜて造っているビールみたいなものが「ビール」を僣称してのさばって
いるものだから、昔なら、ビールといえば、本物のビールが当たり前だったのに、今は、本物
のビールを言うのにわざわざ「本物ビール」と呼ばなければならなくなったのである。

能書は、『ミュンヒナー、ドルトムンダー、ウィンナー、ピルスナー。欧州四大ビールとして
親しまれ伝統的なビールシリーズです。
』とある。
ということは、これに続くうまいビールが続々と飲めるという事である。
次が楽しみなシリーズである。これがセブンの企画だったらその企画力には一目を置くのだが。

ドイツ・ミュンヘン発祥の能職ビールタイプビール。デュンケルとは「ダーク」と言う意味
のドイツ語で、麦芽の香ばしさとコクが特徴のスタイルです。
』。
味わいや色つやは能書通りである。うまいまずいを論じるまでもないビールである。
体が、うれしそうに、頷いて飲むのだから。

-----

サッポロ「ミュンヒナー デュンケル」生ビール非熱処理  2015年1月20日発売
350ML缶218円(税税込) 缶影 飲んだ日=2005年2月25日
●原材料:麦芽・ホップ ●アルコール分:5.5% ●製造年月旬:2015.01上旬
サッポロピールの日本国内の工場で製造しています。「国産」

traditional Munlch style beer with a rich,
malty aroma and a distinctively complex 
premium flever.

このビールなら、また飲みたくなるのである。お勧めである。

[PR]
by munojiya | 2015-02-26 09:49 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2015-02-26 合理化が進むと人がいらなくなるから困る
速読術というのがある。
本を速く読む術だという。
それを笑っちゃいけないのである。
本当にやっている人がいるのである。別名、気違いだろう。

健康法の一つに、自分のおしっこを飲むというのがある。
それを本当にやっている人がいるのである。変態である。
もっとも、一様に「やっぱりまずかった」と言っているのが可笑しい。
健康法も人生を効率的に生きるという発想なのだろう。

いずれも、目的と手段を取り違えているのである。
しかも、その目的が効率的に死のうというのだから、正常な人には縁のない発想である。
いま、数多くの人がやっているウェブデザイナーは必要なくなるという説がある
ソフトウェア(中国語の「軟件」を使いたくなる)が進化するとそんな人は不要になるという。

世の中には、頭のいい人ばかりとは限らないのである。
そうでない人のために、合理主義者からいえば無意味な仕事が必要なのである。
映画を早送りで見て、映画を観た気になっている人や、呑んで酔っ払うのは時間の無駄だから
お酒は呑まないというような人は幸せな人である。庵主はそういう人達をキチガイと呼ぶが。
[PR]
by munojiya | 2015-02-26 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-02-26 それは逆「大学は学生を教育する所」
小中高までは、やっていることは教育と呼んでいいだろう。
教科書に書いてあることを信じて学習する態度を養うものだからである。
要するにね、「読み書き算盤」のできる子供を育てる事だからである。
もっとも、今は算盤を使っているかどうかは分からないが。

また、子供に電卓を使わせているものかも分からないが、算盤とは計算能力を身につける事だ
とすれば、江戸時代の教育はちゃんと核心を捉えていたという事である。
そこで、大学であるが、そこでやる事を教育と呼んでいいものかという疑問がわいてきた。
大学では、教科書に書いてある事を疑う感性を養うことだからである。

そういう態度を養うことも教育だとすれば、大学も教育の一環だから、学生のためにあるもの
だと思っていたが、今の大学は必ずしもそうでもないというのである。
そう、逆だったのである。教職員を養うために存在している大学もあるというのである。
文科省はそういう大学を見て見ぬ振りをしているのだという。自分の天下り先なので。

大学のレベルが低い、というんだが、こういう大学は「落選した自民党議員」とか、「天下り
の官僚」とか食わせるために存在するので、生徒のためにあるのではない。
』(典拠)。
同じ伝で、財務省は蔵元を天下り先にしているのか。そんなのを受け入れる事ができるのは
大手の酒造会社だろうから、庵主はそんなとこのお酒は呑まないからどうでもいいのである。
[PR]
by munojiya | 2015-02-26 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-02-25 「スーバードライ/スペシャルパッケージ」
缶ビール族は桜缶の季節である。
缶のデザインに桜の絵が使われている今の季節だけのビールのことである。
それは正式には「花見ビール」とでも言うのだろうか。
そういうデザインの缶ビールをいう業界用語を知らないのである。

「シーズンマーケティング」とか呼んでいたりして。
春限定スペシャルパッケージ』の桜の花をあしらって全面ほぼピンク色に彩られている
「スーパードライ/スペシャルパッケージ」を飲んでみた。
ピンクといっても、ショッキングピンクのような目に飛び出してくるピンクではない。

マッドピンクとでも呼ぶのか、地味な、いや、渋いというべきか、良く言えば重厚なイメージ
の、はっきり言って陰気臭い感じがする桃色なのである。
カラフルな、というよりは、控えめな、どんよりした桃色なのである。
そんな桃色缶の「スーパードライ」はうまいのか。

庵主は、「スーパードライ」の味をまずいと思っているから、仮にお金を貰ってもそれが少額
だったらお金よりも飲まない事を選択したいと思っているのだが、ひょっとして、パッケージ
の色が変わると、うまく感じるかもしれないと思って試しに桃色缶で飲んでみたのである。
しかし、その陰気臭い味わいは期待通りに不味かったのである。その変わらぬ所は良しである。

-----

春限定の「アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ」2014年2月24日発売
350ML缶 213円(税税込) 缶影 庵主が飲んだ日=2月24日
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ ●アルコール分5%
●製造年月旬(製造2015.02中X』『生ビール(非熱処理)


丸型のシールに『アサヒビールはビール売上No.1 2013年ビール課税数量
ドライを男酒、スイートを女酒と呼べば、ビンクの衣装を身につけた「スーパードライ」は
女装ビールである。口の悪い人は「スーパードライのオカマ缶」と言い出しそうである。
春先の変態ビールといったところか。見掛けはスイートだが、中身はドライなのである。

[PR]
by munojiya | 2015-02-25 00:12 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2015-02-25 庵主が効率主義に興味がない理由
効率とか、合理化を好む人達がいる。
合理主義者は『金曜夜に「因数分解」する』(典拠)のだという。
「だんどり君」とかいった漫画がなかったっけ。
人生の時間を一秒でも無駄にしないで生きようという“積極的な”少年の漫画だったと思う。

便所で雲古をする時は、口の方は何もしていないから、その時間が勿体ないというので、その
時に同時に飯を食えば、時間の節約になるといった「だんどり」のよさが売りの漫画である。
庵主はそういうのが苦手なのである。便所で飯は食いたくないから。
会社でよくやっている合理化運動も、庵主は苦手である。

それを極めたら、会社には庵主がいらなくなるからである。
自分の存在を否定する運動に精を出すほど庵主は酔狂ではないのである。
ということで、庵主は会社では使い物にならなかったのである。
お酒もそうだが、合理的なものは、味わいがないのである。つまらない。

つまらないというより、馬鹿馬鹿しいのである。だから庵主はそういうお酒は呑まない。
大手の酒造会社がそういうお酒造りに長けているのである。庵主は近寄らないが。
庵主には、合理主義者の目的が分からないのである。効率的に死を迎えたいとでもいうのか。
「効率的なら、生きる楽しみがなくてもいい」というご流儀には、つきあえないからである。

-----

効率好きな人や、合理主義者のやっていることは、時間を活用しているように思えるが、
裏から見たら時間に振り回されているようにしか見えないのである。あわれにしか見えない。
もっと自由に生きることもできるのですよ。
進んでストレスを掻き集めているようにしか見えないのは、庵主の流儀との違いなのだろう。

だんどりのいい人は、自分の致酔量をちゃんと弁えていて、これだけ呑んだら酔いが何時間
残るから、次の予定に備えて、今呑むのはこれだけにしておこうと計算して呑んでいるのか。
そんな器用な呑み方は庵主にはできないのてある。うまいお酒なら、それも可能かもしれない
が、まずい酒に当たったら必要量すら呑めないからである。まずい酒なんか呑みたくないもの。

[PR]
by munojiya | 2015-02-25 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-02-25 それを羨ましいとも思わず
人には色々な生き方がある。
脚光を浴びるという点からいえば、上はスター、下はホームレスということになるか。
昔は、いずれも河原者と一括されていたが。
良く言えば自由人のことである。何から自由なのか。税金から、である。

上を見たらキリがないが、下を見てもキリがないという。
自分は上の方だと思っていても、その上の人達から見れば、下賤の民なのである。
俺は下の下だと思っても、その下の人達からはいい暮しをしているように見られているのだ。
上に憧れず、下である不安を感じない所が自分が生き易いちょうどいい位置なのだろう。

お酒もそうである。
もっとうまいお酒が呑みたいと思ううちは、それは不味いお酒を呑んでいるからである。
ある程度のうまいお酒に出合うと、これで十分と思うようになる。
それ以上にうまいお酒は、実はいくらでもあるのだが、数が少ないから中々めぐり合えない。
「月13万円の生活保護を受けてひきこもり生活をしている人」がいるという※。羨ましいか。
助言は、『雨の日曜日とか、一歩も外出しなくても全然平気だ。遊び道具は部屋の中にいくら
でもある。まぁ、年取ったら好きなだけ引き籠もれるので、若い衆はちゃんと働いてくれ
』。
思えば、庵主の部屋の中にも、遊び道具はいくらでもある。加えてお酒もあるのである。

-----

「中々めぐり合えない」と書いたが、「中々」という焼酎なら容易にめぐり合えるのである。
いや、その「中々〈なかなか〉」も、酒縁の薄い人には出合えない焼酎かもしれない。
うまいお酒に容易にめぐり合える人は酒縁が豊かな人なのである。
ならばそういう人を羨ましく思うかというと、庵主は思わない。お酒がそんなに呑めないから。

日本酒はまずい酒だと思っている人は、不味いお酒の方を見て立っているからである。
くるりと後ろを向いて、美味いお酒の方を見ると、そこには、呑みきれないほどに、
うまいお酒がひしめいているのである。
不味いお酒の世界にこきこもっていないで、美味いお酒の世界に踏み出したらいかが。

-----

※「適応障害」のどこぞのお妃様を思わせる優雅な生活を送っている男の実例だという。
就職はしたが、子供の頃のイジメの記憶から対人関係に怯えて退職。30歳頃から引きこもり
になり、月13万円の生活保護を受けて、遊んで暮らしている男の話である。趣味は、汚れる
ので外に着て出ることはないという洋服集め。「適応障害」で20年間、抗鬱剤を愛飲中。

そういう生き方にはすでに病名が付いていたのである。
小和田病か 20年引きこもりて
信長なら天下統一しとるで

なんで天下統一と比べるんだよ』。
[PR]
by munojiya | 2015-02-25 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)