<   2015年 05月 ( 76 )   > この月の画像一覧
2015-05-31 それは逆「アメリカは日本を民主化した」
アメリカは大きな勘違いをしているというのである。それは逆なのだと。『ビジネスの世界で
「成功体験に縛られる」という言い回しがある。一度、成功体験を経験すると、それが自己の
中で唯一の正しい方法だと確定してしまい、それがまぐれ当たりのたった一度の成功であった
かも知れないという懐疑の精神を持つことができない。

普遍的な成功体験なら再現性がある。ただし挑戦者達は成功体験を乗り越える新たな戦略を
模索し挑んでくる。その結果がもたらす時代の変化が、かつての成功体験を過去の遺物として
無価値にしてしまうこともある。本人だけがそのことに気がつかない。本書を読みながら、
戦後のアメリカこそがそうなのではないかという感慨を抱いた。

戦勝国アメリカが、戦後日本を民主化へと導いたというあのおとぎ話だ。
その再現を夢見たアメリカが、世界の各地で死屍累々の敗北を重ねて来た歴史を我々は同時代
人として傍観してきた。挙げ句の果てに米国大統領オバマは、「もう世界の警察官はやめた」
と放言し、世界をさらなる混乱の坩堝に陥れた。
』(典拠・評浅野正美)。

アメリカの誤解である「蛮人の民主化メソッド(←わざと外来語使用)」はその相手が日本人
だからこそ有効だったのである。つまり、アメリカ人は日本人にかつがれたのである。
一方、日本の「後進国開発メソッド」は、台湾、朝鮮、満洲と実績を重ねているのである。
お酒のうまいも、お酒の側にあるのではない。それをうまいと判断する呑み手の側にあるのだ。

-----

最終行の「お酒のうまいも」の「うまい」は「うまさ」の誤植ではない。
「うまい」というのは「それをうまいと評価できる味わいの価値」という意味である。
「うまい」と書くと、形容詞みたいに感じるので違和感を感じるかもしれないが、この場合の
「うまい」は名詞なのである。

-----

上掲のリンク先にこういう言葉があったので引用しておく。
故・福田恆存〈ふくだ・つねあり〉の言葉だという。
「秩序を守るために(中略)当然犯さなければならない悪というものがある。それに耐えて
ゆく、それが思想というものだ。だから物事を「解決」したいと思わない方が良い。

日本の歴史は既に存在しているということを、今の歴史家たちはどうやら忘れている。つまり
歴史は親みたいなもので、私達は日本の子供なのであります。その子供の立場から過去の歴史
を捌いていこうというものの考え方が既に間違っている。歴史をして私達を仕えしめてはなら
ない」
』(同)。「歴史認識」とやらも、歴史にあるのではなく、今生きている人にあるのだ。

[PR]
by munojiya | 2015-05-31 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-05-31 笑い話「日本は安全な国じゃなかったか?」
兵庫県西宮市で[2015年5月]26日、韓国籍の女子大学生趙ウナさん(23)が暴行
を受けたとみられる状態で発見され、死亡した事件で、韓国政府は日本の捜査当局に厳正な
捜査を要請した。
』と韓国の聯合ニュースが伝えたという。
それを聞いた韓国人が『嫌韓日本人がやったことなら、絶対に許さない』と憤っているという。

「日本は安全な国じゃなかったのか?」』(典拠)というコメントが笑えるのである。
いやこれルームメイトの韓国人2人が一番怪しいのに先走って日本叩きするとブーメラン
刺さるぞ。
』(同15)。
「毎日新聞」の記事によるとこうである。。

『[死亡した]趙さんは、韓国人の男女と3人で暮らしていたとみられ、県警はこの30代
男性と20代女性から事情を聴いている
』。どうやら犯人は同居していた韓国人らしい。
>[冷静な韓国人のコメント]「犯人が韓国人だったら、大きな恥をかくことになる」<
そのとーり。
』(典拠17)。

先のコメントの何が可笑しいのかといって、日本は、韓国人がいなければ本当に安全な国だと
いうことなのである。ちっとも安全でないのは、あんたらがいるから。
アル添酒の何が可笑しいのかといって、アルコールを造るのが醸造酒である日本酒の特徴なの
に、それに醸造アルコールを混ぜたらお酒を造る意味がなくなってしまうという所なのである。

-----

2,3年前も韓国人の母娘が殺されて「日本人は許さん! ちゃんと捜査せぇよ、ボケ!」
と言われてちゃんと捜査したら、犯人もキッチリ韓国人だったって事件があったな。
韓国メディアのみならず、アホほど騒いでた日本のメディアも犯人が捕まった途端に急に黙り
こくったっけ。
』(同76)。日本から韓国人がいなくなったら犯罪が激減しそうである。

[PR]
by munojiya | 2015-05-31 00:03 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2015-05-31 そんな本を読むことを「無気力」という
本を読んだら利口になるか。
なる人もいるのである。
庵主の場合はそうではなかったのである。
人には器というのがある。

庵主の器の容量ではそれらの本の立派な内容を取り込めなかったのである。
読まないよりは読んだほうがいいのだろうが、本を読むことをもって気力があるといえるか。
新聞の書籍広告を見ていると、「あなたの運気を上げる本」だとか「風水で家に幸運を呼び
寄せる」とかの類いがゴマンと発刊されているようだ。

みんなそんなものに頼る。また頼るのが当たり前みたいに思っている人が多いのだろう。
現実を見ない、現実を捉える方法を学ばない、そんな無力な人間が多ければ多い程、わが国の
前途は暗い。
』(典拠)。そういう本を読むことは「無気力」というのだという。
本屋が舞台のTVドラマ「戦う!書店ガール」で、売上増を要求された店員が本にすがる。

自分が売っている「売上を増やす企画力」とか「こうしたら売上が上がる」といった書名の本
を読むのだが、そんなものを読んでもちっともいいアイデアが湧いてこないというオチである。
お酒を呑む行為は現実を逃避しようとする「無気力」の証〈あかし〉と見るべきか。
まずいお酒を呑むのは無気力、うまいお酒を求めて呑むのは意欲的な行為としておこう。
[PR]
by munojiya | 2015-05-31 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-05-30 こじつけ篇 NHKの隠れ嫌韓ドラマ「64」
いま、NHKで「64」というドラマをやっている。いや、もう終わったのか。
その第1回を見た。
そのドラマの評判を見たらなべて好評なのである。それで、5話構成になっている全篇を観て
みたら、実は各回に韓国を揶揄するテーマをちりばめた骨太の嫌韓ドラマだったのである。

原作は警察小説の第一人者である横山ビデオ、じゃなかった、秀夫の小説だから重厚である。
今NHKは、外国人職員が、具体的には韓国系の職員が増えたものか、その番組は反日的な
気風にあふれた番組が増えていると聞いている。すなわち、下品で、くだらない、嘘ばかり。
しかし、その中にあって「64」は反韓感情を抱いている職員による作なのかもしれない。

フジテレビが、その番組の中にさりげなく反日メッセージを折り込む様に、「64」には、
あからさまな蔑韓メッセージが折り込まれていたからである。
その5文字には笑っちゃった。もっとも、その5文字は原作にあったものだろうとは思うが、
それがドラマの脚本で書き加えられたものなら、その隠し心に拍手しちゃうのである。

主人公の広報官の娘の病気が「醜形恐怖症」とかで、当の娘は何でこんな顔に産んだのよと、
ピエール瀧のあの顔をにらんで喚くのである。そして、こんな顔なんか整形してやると。
整形好きな韓国人に対する皮肉になっている。制作スタッフには他意はないと思うけれど。
「64」というから焼酎のお湯割りかと思ったら、韓国を揶揄する際物ドラマだったのである。

-----

さらに、第2話では、「ひきこもりの息子」が出てくる。
それもまた自分の妄想に引きこもって外に出ようといない韓国人をからかっているのだろう。
「64」はうまい焼酎を呑んでいるようなドラマなのである。
焼酎自体はうまい酒ではない。しかし、それがもたらしてくれる酩酊感が爽快なのである。

「64」は、表向きは硬派の刑事ドラマである。韓国勢力が跋扈しているNHK内ではその
勢力をあからさまに揶揄するドラマは作れない。それは裏テーマとするしかないのだ。
だから、刑事ドラマの裏では、日本を敵視する隣人の病理を突いて、その振る舞いを生温かく
見守っているのである。悲劇を装った喜劇になっているのである。ヒネタ爽快感ではあるが。

第3話では、ついに、通名をやめると言い出したのである。
「今後は匿名報道をやめるのだ」と。そういう事は間違っているというのであるる
これは、在日韓国人の通名に対する断固拒否の決意表明なのではないのか。
もっとも一方が決意を表明しても相手がその通りに動くとは限らないのだが。

第4話は、朝鮮人記者と県警の若手課長という構図で、いわゆる「マスゴミ」の醜態を暴露
するのである。「人の嫌がることを進んでやる」連中に不快感を抱かせるように作られている
のである。このドラマは表のストーリーと裏に隠された心情が並行して進行しているのである。
ひょっとして、題名の「64」は「碌(6)でなしに死〈4)を」という暗喩なのではないか。

-----

第2話に出てきたのは、日本酒で「魅寿」だった。酒銘の解題は分からない。
で、「64」のオチはこうである。
県警が14年間隠蔽してきた秘密がバレたらマスコミとの関係は死ぬ、というのである。
そうなった時にどうやって関係を再構築していくか、おのおので考えてほしいというのである。

それは、暗に数十年間に渡って日本人に嘘をつき続けてきたチョウセン人に言う言葉だろう。
日本では、騙されていた人よりも、騙してきた人の方がより罪が重いのである。
騙してきた方にどんな激震が起こってもそれは自業自得というものだろう。
それに耐えられるかどうかは、チョウセン人達の気力と体力にかかっているのである。

そして、「醜形恐怖症」の娘は、どこかに行ったきりでドラマは終わるのである。
その手の異常を抱えた煩わしい存在は、願わくは日本人の視界からは消えてほしいという願望
を残して話は終わる。しかし、いなくなったことで却ってほっとしたものの、しかし、その
存在は最後まで不安感として消えることはない。ラストシーンのコール音は不吉である。

ドラマの中に歓楽街の看板が出てくる。当然、それは実景ではなく作り物だが、ひょっとして
何かの隠喩になっているのではなかとメモしておいた。その店名はこうである。
「カラオケ リリー」、「クラブ ろびん」、「スナック アミーゴ」、「スナック 麻衣」、
「ナイトサロン ウルワシ」である。今、そのこじつけを考えているところである。

[PR]
by munojiya | 2015-05-30 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-05-30 身も蓋もない真実
戦後歴代政権は、進駐軍が整えた傀儡政権である。
これを謂うならば、明治政府は
欧米金融の傀儡政権ともいえる。
』(典拠)。そう書いている人は若くはない。老人である。
自由民主党の結党資金がどこから出ているかを知れば異論のないところである。

昔は、大家族制度で、大家族でなくても、食事は家族が食卓に揃って同時に同じ物を食べる
のが常〈つね〉だった。「サザエさん」の世界である。
今は、個食の時代だという。家族がばらばらな時間に食事をする。しかも、それぞれの食べる
ものはその人の好みのものでばらばらだというのである。家族がいない一人飯は孤食ともいう。

そういう時代は、年寄りの知恵は同じ家族のおじいさんやおばあさんから直接聞いたのである。
いまは、核家族化で、年寄りがいない家庭が多い。
おじいさんやおばあさんの知恵や知識や見識はネットのブログで聞くのである。
冒頭の事実も、昔なら自分のうちでおじいさんが教えてくれたことである。

たとえば、朝鮮人に対する心構えも口伝で伝えられていた筈である。
それが今ではブログで伝えられものだから、生々しいのである。
庵主も老生だが、後生の役に立つことをどれだけ伝えられかは分からない。
ただ一つ、本物のお酒は本当にうまいものだから一度は味わって欲しい、と言うのみである。

-----

年寄りの目は、視力は劣化して衰えているが、その眼力は鋭いのである。こんな具合に。
ベトナム戦争の混乱の中で、日本は沖縄の施政権を奪い返した。
つまり、この時代からサンフランシスコ講和体制を否定する。つまり米軍戦後支配を脱する
戦いが、白日の下に芽生えてきた。

これに恐怖した米欧などは、日本に対して金融を中心にした、世界構造改革の新たな戦いを
仕掛けてきた。金融工学とかいう、トリックにより企業の経営権を奪う。たとえば日産などが
好例で、フランスの紙幣印刷で日本の企業が買われてしまった。つまり、日本の企業経営者が
どれだけ、金融とか企業統治にボンクラだったのかが露呈した。

その他の自動車産業や、家電情報もあらかためぼしいモノは、米欧の金融その手下の、朝鮮系
の操る株屋の手に落ちてしまった。これで、沖縄の施政権は取り戻したが、日本金融の大手は、
あらかた敵側に鹵獲
〈ろかく〉されてしまった。』(同)。
21世紀は20世紀の嘘が次々に暴露されていくスリリングな世紀だというのが庵主の言だ。

もっとも身も蓋もない事実はこれである。
わが国における最大の反日団体は、総聯や民団や共産党ではないのだという。
それは、だれもが知るところの日本政府こそが一番の反日団体なのだ、という指摘がある。
その事を認めるのは悔しいが、状況証拠に鑑〈かんが〉みれば頷かざるを得ないのである。

[PR]
by munojiya | 2015-05-29 23:57 | Trackback | Comments(0)
2015-05-29 お金を貸せるというのも不幸せ
『[何人かにお金を貸したことがあるが]今まで一度も、一銭も返ってこなかった。でも、
催促はしない。自分でやったことだから仕方ない。考えるとイヤになっちゃうから考えない。
そのことを忘れて前を向くしかありません。
』(典拠)というのは、『20代で億稼ぎ』『40代で借金
返済の日々
』を送ったという俳優の野村宏伸の述懐である。

普通は、どうしてもお金が足りなくなって他人にすがるしかない場合が多いのだが、野村宏伸
はお金を貸せる境遇なのである。人もうらやむお金持ちだということである。
余裕がある恵まれた人だということである。
しかし、お金は借りる方も苦しくて悔しいかもしれないが、貸す方も哀しいのである。

信用していた友人に裏切られるという不幸を実体験させられる事になるからである。
友人に1000万円ほど貸してしまって。週明けに返すアテがあるからって言葉を信じてね。
その人を友人として信頼していたし。まあ結局、返ってこなかったわけです。
』。
お金を貸すと、友人を一人なくすということである。人間不信に陥るのである。

「お金を貸してくれ」と言われる人は、自分がその相手に軽く見られているという事なのだ
という賢察があった。庵主にも、お金を貸してくれと言ってきた人がいたのである。無念。
お金を貸せる余裕があるという事は、自分のお金で高い不幸を買わされかねないのである。
お酒が呑めるという事も、呑みすぎて体を壊すという不幸を囲っているようなものなのだ。

-----

運転資金なら貸してもいいが、生活資金なら貸してはいけないという人もいる。
生活資金は絶対戻ってこないからだという。その人もきっと苦渋を嘗めたのだろう。
たとえば、日本が買っているアメリカの国債が生活資金に当たる。
それを分かってアメリカ国債を買っている財務当局は確信犯なのである。未必の故意だ。 

そして言える事は、お金を貸すと間違いなく友達を一人減らすことになるという事である。
加えて、人が口にする言葉の虚しさを実感することになる。“性奴隷”の証人だけでないのだ。
お金を借りたがる人の言葉はいかに真実味が感じられようが、それは全く根拠のない言葉だ
ということである。言葉に対する信頼ががたがたと崩れていく音が聞こえるのである。

[PR]
by munojiya | 2015-05-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-05-29 通名の危険性
大韓民国人、もしくは朝鮮民主主義人民共和国人の、日本国内における通名の危険性について
である。
ふつうは、日本人にとって外国人の通名が、とりわけチョウセン人の通名は危険であるという
観点から語られるが、ここでは、当の通名人の立場における危険性についてである。

平時は問題ないのである。
問題は合っても表面化することはないのであるる
しかし、一旦戦時状態になったときには、通名はかなり危険な事だというのである。
かりに、日韓か敵対状態になったら、通名故に裁判なしに殺されても文句がいえないのだという。

武力衝突時、通名は、日韓敵対関係にあるときに、国籍それもよりによって敵の国籍を偽装
する行為であって、これ一つでアウトということだ。
あまりにも危険、認識が甘すぎる。
』(典拠)というのである。
民主党は朝鮮政党であるとの認識が日本人には定着してしまった、と思われる。

鳩山[由紀夫]や仙谷[由人]に代表される「世界は善意で成り立っており、日本さえ善意
で対応すれば、戦争や悲劇は回避出来る」という類の性善説は世界に通用しない。
もはや日本を貶める政党の考えだと日本人はみんな認識している。
』(同)。
アルコールも平時は何の問題はないが、一旦その毒性を発揮した時には手におえないのである。
[PR]
by munojiya | 2015-05-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-05-28 生きるのが楽になる言葉
生きているのが地獄という人もいる。
庵主などは、なんにもしていないのに、なぜかお酒だけはうまいものに恵まれているのである。
しかも幸いな事に、お酒の量が呑めないという体質なものだから、アルコールで身を持ち崩す
ということもないのである。

だから、お酒の、有害なアルコールの部分ではなく、その上澄みともいえるうまい部分だけを
味わっているものだから、本当の贅沢を味わっているのである。
その一方で恵まれない境遇の人がいるということである。
一生懸命に生きなければならないと気負ってしまうと人はめげることがあるのだろう。

そんなときに聞いたら心が楽になる言葉があった。
草稿でもいいから送るべきだったね、きっと黒澤は返事があれば喜んでいたと思う
二人とも死んでいるから最終的にはさほど重要なことでもない
』(典拠2)。
そんなこと言い出したら重要なことは何一つ無くなるじゃないか……』(同)。

スタンリー・キューブリック監督が、黒澤明監督から手紙をもらっだが、その返事を書くのに
何か月も掛かったために、返事を出す前に黒澤監督が亡くなってしまったという逸話である。
要するに、世の中に重要な事など一つもないのだから、安心して「ありのままに」生きていい
んだよ、という話である。生きていればそのうちちゃんと死ねるのだからという悟りである。

-----

庵主が、一番気持を助けられている言葉は、故・小沢昭一が言っていた言葉である。
「生きている 証〈あかし〉に今日も 恥をかき」である。
自分が抱いている自分のカッコいいイメージとは裏腹に現実は大きく異なるのである。
そんなときに、まあこんなものかと、苦笑できる心の余裕をもたらしてくれるからである。

[PR]
by munojiya | 2015-05-28 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-05-28 一言ギャグ
一発芸というのがある。
それに倣〈なら〉って、一言で笑わせる芸を「一言ギャク〈ひとことぎゃぐ〉」と呼ぼう。
たとえば、これである
最後の一言で、映画館の中にドッと笑いが起こる。 

庵主はこの一言には笑っちゃった。
プロ被害者』(典拠27)。
次の一言も、別の意味で可笑しいのである。
警察へのデモが、何故朝鮮系に向けられたのか考えた方がいいんじゃ?』(同前59)。

それを受けて、
本当になんで矛先がそっちに向いたんやろ?』(同前63)。
その答えはちゃんと分かっているのに、わざととぼけた一言に、それまでは笑ってはいけない
のだと理性で噛み殺してきた笑いが一気に爆発してしまうのである。

これはギャグではないが、一発恐怖である。この動画は、本当に怖い。
絶対に見ないほうがいい。改めて言おう。絶対に見ないほうがいい。』(典拠)。
人の忠告は素直に聞いた方がいい、というしかない。
「うまいお酒は本当にあります」。庵主の言うことも、素直に聞いた方が得をするのである。

-----

ビックリするだけで怖くない』(同米27)。
『飲酒運転を戒めるためだったかのCMで、
の子が若くて美しい自分の顔写真を持って語ってるんだけど、
その写真で女の子の顔が見えないの

そんで最後に写真を下した時に事故で醜く変わり果てた現在の顔が露わになる、
ってCMがあったと思うけど、あれが一番ゾッとしたCMだったわ
』(同米39)。
目に訴える「恐い」と、創造力に訴える「怖い」の違いである。
恐怖は許容量を越えるとこうなる。『なんかワロタ』(同米35)。これも一発芸か。

-----

こういう、一言ギャグもあるから困るのである。
その132番の写真である。
べつにどうってことのない写真なのだが、
それでも、やっぱり可笑しいのである。

[PR]
by munojiya | 2015-05-28 00:03 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2015-05-27 いい啖呵だねぇ
日本に住んでいて、日本がら出て行くのでもなく、日本に住み続けようとしているのに、
日本や日本人の悪口を言い、反日の韓国や北朝鮮を賞賛し、弁護している。
人権や差別を利用して、在日コリアンに対する批判を力でねじ伏せて、批判自体を封殺しよう
として、わが身を振り返り、反省したり改めたりすることもない。

そんな外国人は憎まれたり、たたかれたりするのは当然だろう。
まだ、日本の左翼の批判が許されるのは、彼らが日本人だからだ。日本人でない外国人が、
日本で大きな顔をして日本をたたき続けていて、憎まれないほうがおかしいだろう。
どこの国でもそんな外国人は、自国からたたき出すのが当然だ。

在日コリアンは、自分たちの存在自体がおかしいことに気づかないのが異常なのだ。
狂っているのか、金目当てでわざとわめき散らしているのかどちらかしかない。
何世代も外国籍が住み続ける国? こんなおかしな国はない。国籍が国家の根幹である。
韓国籍の面倒は韓国がみるのが当然だ。

国籍がある国に忠誠を誓うのが世界中の国家の約束事なのである。
にもかかわらず、日本に感謝するどころか、いつまでも反日で犯罪ばかりやっているから本国
の韓国人までも日本から信頼されないのだ。
[以下、欄外]』(典拠米)。
安酒ばかり造っている蔵元は、高級酒を造っても安っぽく見られてしまう様なものである。

-----

現在のようなときに在日コリアンが、日本の主張を韓国に理解させ、懸命に説明すれば、
在日コリアンも見直される。
しかし、いつまでたってもしばき隊だ、川崎国だと日本国内で暴れまわったり、韓流や在日
芸能人をぐいぐい押すばかりで、百害あって一理なし。
[普通は一利だが、ここは如何]

それどころか、反日のネタばかり韓国に提供して、まさに関係悪化の根源が在日コリアン
[で]
ある。
日本人のお人よしにつけ込まれ、在日コリアンの問題を放置し続けてきたことが日本の最大の
失敗である。

韓国か北に帰るか、日本に忠誠を誓わさせて帰化させるか、はっきり在日コリアンひとり
ひとりに決断させるべきときが来ているのである。
今いる在日コリアンは、密入国か、朝鮮進駐軍だと日本で暴れまわった、朝鮮やくざの子孫
だ。

戦後、闇市を支配し、日本人から金や土地を奪い、女性を強姦し、戦争で疲弊した日本を
荒らしまわった。
そして日本中の駅前をパチンコ屋とサラ金にして、今も日本人から搾取を続けている。
ギャンブルであるパチンコを在日コリアンが独占しているのも、在日朝鮮ヤクザのしわざ。

人々を洗脳し手っ取り早く日本人から金を巻き上げる宗教も在日コリアンの新興宗教。
麻原も在日コリアンである。悪質商法の統一教会も韓国人と在日コリアンのものだ。
オレオレ詐欺やエロビデオ、風俗、サラ金なども在日コリアンが絡んでいるからなくならない
のだ。

これら在日コリアンの犯罪の温床が朝鮮学校である。
差別だ、人権だとわめき散らし、ギャンブルのパチンコで得た金で左翼を買収し、朝鮮ヤクザ
で脅し、日本に寄生してきたのが在日コリアンとその母国の韓国、北朝鮮である。
いい加減に日本人は目を覚まさなければならない。


いい啖呵である。
概ね間違ってはいないだろう。
在日韓国人の中には日本人から見てまともな人もいるから、その一部分を引っ張り出してきて
それは違っていると言えなくもないが、肝心なのは大勢においてどうなのかという事である。

大勢において在日コリアンは日本人にとって有害でしかなのである。益が全くないのだ。
まず日本人の和を乱す。そして、啖呵が指摘しているように、日韓・日朝の国際関係を悪化
させているということである。しかも、最大の問題点は、日本人とチョウセン人は文化の向き
が正反対なので親和のしようがないということである。水と油はまざらないのだ。

[PR]
by munojiya | 2015-05-27 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)