<   2015年 06月 ( 74 )   > この月の画像一覧
2015-06-30 TVに出る人が三流なら、ラジオに出る人は
たまたま庵主が聴いたラジオに出ていた「青木理」氏はジャーナリストなのだろう。
新国立競技場の建設費が2520億円に決まったというニュースを解説していた。
ジャーナリストなのだから、手放しでそれは良かったと言うものかと思ったら、その逆で、
建設費が異常に高いのはおかしいというのである。自衛隊の米軍機の購入価格みたいに。

ジャーナリスというのは、「マスゴミ」に寄生してその論調にヨイショする「ヨイショマン」
のことかと思っていたが、反骨の人もいるのである。暗にそれは公金横領だと示唆したのだ。
最近の五輪の酒競技場の建設費はギリシャで280億円、最高のイギリスで650億円だった
という。その程度で作れるものなのに、なぜ日本では2520億円もかかるのかと憤る。

ジャーリストとは、「反骨マン」のことだったのかと、認識を改めようとしたところが、
その先がやっぱり「ヨイショマン」だったのである。全くTVやラジオに出る人というのは。
それを決めた責任者は二、三人だと分かっているがその名前が表に出てこないと指摘する。
そして、私はその名前を知っているがここでは言わないというのである。安藤忠雄らだろうか。

知っているのなら、はっきり言うのが「ジャーナリスト」というものじゃなかったのか。
田中角栄が逮捕された時、お付きの記者達が嘯いた。「そんなことはみんな知っていた」と。
じゃ、なぜそのことを報道しなかったのか。読者に媚びるヨイショマンだったのである。
ラジオに出て、語れないというのなら、どうして声だけしかないラジオに出演したのだろうか。

-----

「メイン競技場」と打とうと思って「メイン」の部分を「主」に変えたのである。
「しゅ」と打つと、庵主の酔っぱらいワープロは「酒」と変換してしまったという事である。
「青木理」は、反言の評論家〈むせきにんもの〉なのかもしれない。
「沖縄の2紙を潰すしかない」と発言した作家の名前も、評論もする価値がないと言い切った。

幸い庵主は、その作家の名前が「大江健三郎」で、その中身はムニャムニャだということを
知っているからいいが、ニュースに疎い人なら、作家の名前の想像もつかない事だろう。
自民党が、「大江健三郎」を呼ぶわけがないから、その名前は間違いだろうとは見当がつくが
ではその作家とは誰だったのかということを庵主なら推定できないのである。

また、沖縄の保守派が自民党に対して抱いている不快感に関して、かつての自民党の幹事長の
中には、沖縄のすべての島を訪れて、住民と会話を交わしてきた人もいると、その報道番組の
司会者である荒川強啓さんがラジオでいう。庵主はその人の名前を知らないのである。
TVなら、その名前を口にしなくても、さりげなく画像で示せばすむのだが。

そのテクニックを悪用したのが、韓流TV番組である。
番組の中に、さりげなく反日ネタの画像を流しているというのである。
ドラマの中に、ひそかに韓国製の自動車とかお菓子を置くとかいった手法である。
知らずにそれを見せられた人が吐き気を催したという、のは嘘だが嫌韓をそそったのは確かだ。

[PR]
by munojiya | 2015-06-30 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(2)
2015-06-30 日本人の知性
太陽が地球の周りを回っているという考え方を天動説という。
逆に、地球が太陽の周りを回っているという考え方を地動説という。
じつは、どっちでもいいというのが本当の所らしい。
だから、庵主は安心して天動説に与〈くみ〉しているのである。

どう見たって、太陽が地球の周りを回っているようにしか見えないからである。
なのに、地球が太陽の周りを回っていると認識している人がいたら異常としか思えない。
同様に、世の中は自分を中心に回っているのである。知った風な事を言う人が「世の中はお前
を中心に回っているんじゃ意」というが、自分が中心に捉えれない人は精神異常ではないのか。

「狂う」というのは、自分の立場が判らなくなった状態をいうのである。
自分が立っている位置なり、場所が分かっていれば他者との位置関係は測れるからである。
庵主の立ち位置は甘口である。アルコール度数は17度である。香り吟醸ではなく、味吟醸
である。それが分かっていればどんなお酒が出てきても位置関係は判るのである。

さて、日本人の知性である。甘口の酒と辛口の酒は両立してない。好みならどっちを主張して
もいいが、事実に関する事なら、相対する二者があれば片方は間違っているのである。
放射線の影響は、一度に大量に浴びた際に出るもので、蓄積された放射線の影響が後に出る
なんてデータは実はない
』(典拠)という考え方に同意できるかということである。

-----

一方、サヨクは、いや、「サ・ヨ・ク」と書くべきかもしれないが、決まって「放射能悲観説」
なのである。すなわち、まもなく被曝による健康被害者が多発するぞというものである。
新聞社の商売原理がそれなのである。読者を脅して儲けているのである。
世の中が平和で、みんなが幸せだったら、新聞社は商売にならないからである。

新聞とは、戦争を好み、不幸を人のせいにして、世の中に対する恨みを使嗾することで
儲けているのである。「サ・ヨ・ク」の商売原理もそれなのである。
自分が儲かればいいという分かりやすい原理で生きている人達のことである。
もっともそれが普通の生き方だが、サヨクの人達はその傾向が人一倍強いのである。

サヨク商売の第一歩は、まず、耳目を集めるために、人々を脅かすことである。
福一の爆発による放射能のダダ漏れに対して『被曝には5年という潜伏期間があり、
死者が激増するのは五年後、ピークは7・8年後に来る
それから半世紀以上、恐ろしい被曝障害が続く

死者は数十年に渡るのだ
』(典拠)というのである。
この人はサ・ヨ・クというより、創造力が豊か過ぎる人とされているらしいが。
毎年、3年後に、4年後に、5年後にと言い続けているらしい。
「中国経済は今すぐ崩壊する」と、毎年言い続けている評論家みたいなものかもしれない。

-----

福一が漏らして、すでに制御できなくなった放射能程度の被曝は、果たして有害なのか、
その程度なら、人間は耐えられるのかどうか、という事が、日本人の知性で正しく判断できる
のかという事なのである。
有害と無害は相反することだから、一方は間違っているのだ。

銃を突きつけてお前を殺したいという人があった時に、そうなった時でも自分は死にたくない
と思う人があったら、両者は両立しない。自分が生きるためには相手を殺さなくてはならない。
「平和を愛する諸国民」を信じて、自分は何も自衛手段をもたなくてもいいという生き方に
同意できるかということである。

爆発事故が起こった時に、放射能漏れの制御ができなくなる原発を容認する事に同意できるか
ということである。事故が起こらなくても発生する放射性廃棄物の処理ができないのである。
トイレのないマンションと言われている。昔の朝鮮人の住まいが本当にそれだった。
その生きざまはご存じの通りである。そんな生き方に日本人は同意できるかということである。

原発はブレーキの付いていない快適な自動車に乗っているようなものなのである。
そんな車に乗りたいかということである。その快適というのは錯覚なのではないのか。
日本人の知性は、果たして正しい事と間違っている事とを見極めることができるのか。
そして、正しい判断をできるのか。知性というものがあるものなら見てみたいものである。

[PR]
by munojiya | 2015-06-30 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-06-30 「仏罰」というのは本当にあるのだなぁ
庵主は、宗教が理解できないから「仏罰」とか、「神意」という概念がよくわからないのだが、
それが分かるという人には、そういうものが実在すると認識できるようなのである。
庵主には見えないものが、ちゃんと見える人がいるということなのだろう。
多くの人には見えないうまいお酒が、庵主にはちゃんと見えるようなものかもしれない。

お酒に興味のない人には、うまいお酒が目の前にあっても気がつかないのである。
ならば「仏罰」も本当にあるのかもしれない。
今、韓国を襲っている不幸は「仏罰」と言われている。
韓国人が、対馬の寺から盗んだ仏像を、韓国は国を挙げて返そうとしないからだというのだ。

庵主には、残念ながらその「仏罰」は見えないが、見えるという人がそう言っているのだから、
「仏罰」という言葉だけは使わせてはいただいているのである。
周り回った言い方をすると嫌味にしか聞こえないのがなんであるが。
旱ばつ[旱魃]、疫病、各種の大惨事。国が滅びていく』(典拠1:24)。韓国の悲鳴だ。

MERSの次は124年ぶりの大干ばつ』(同)と韓国はいろいろ大変らしい。
賢明な現職の大統領が言う。『正しい歴史認識を基にした誠意ある行動を見せることで周辺国
の憂慮を払拭し、地域と国際社会で正しい役割を果たすことを期待する
』(典拠)。なのに、
過去の歴史から何も学んでいなかったということだ』(同)。みんなよく観察しているのだ。

-----

>指導者に徳がないから災害が絶えない。<[と、韓国人がいっているという。]
「天人相関説」ってやつだね。
未開人が信じてる考えなんだけど。
』(典拠2:39)。
宗教が理解できないのは、未開を脱しているからだと安心していいものか、迷う所である。

MERS、口蹄疫、旱ばつ、賠償金連発、踏み絵
どうするつもり
』(同前2:48)。ん
なんでも誰かのせいにしなければ気が済まない』(同前3:00)。
みんな、よく見ているものだと感心するのである。

1882年から1910年まで続いた旱ばつ、ってのに
誰もツッコミいれねえのかよ。
何で朝鮮総督府が治水インフラに注力したか
これでハッキリ分かった。
』(同前3:06)。

「歴史を忘れた民族に未来が無い」は元々朝鮮の民族主義者の言葉で、
朝鮮民族自身に言った戒めの言葉なのに、それを忘れて
日本に対して使っている時点でまさに歴史を忘れてるんだよね。
』(同前3:42)。
韓国人のいう「歴史認識」は狂っているから日本人には理解できないのである。

[PR]
by munojiya | 2015-06-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-06-29 段々手が込んでくるアッチ系議員リスト
それが判らないと選挙で投票もできないというのに、有権者である庵主の所には全然通知が
ないのが、中国系もしくはチョウセン系の国会議員リストである。
選挙権はあるとはいっても、候補者の出自も判らない選挙は片手落ち選挙なのである。
「片手落ち」という言葉はマスコミが嫌いな言葉だというからド盲選挙と言い換えておく。

お酒を呑むときは、即ち、どのお酒を選ぼうかというときには、そのお酒が純米酒なのか、
本醸造酒なのか、吟醸酒なのか、普通酒なのか、はたまた合成清酒なのか等をを確かめてから
選ぶのである。
なにがなんだか判らないお酒が並んでいたのでは選びようがないのである。

せめて、その議員の心情なり信条が、日本人なのか、チョウセン人なのか、シナ人なのかの
違いは教えておいてもらわないと投票のしようがないのである。
本がないときは、自分で作れという。帰化人議員やアッチ系議員のリストを、である。
福山哲郎議氏が、元「陳哲郎」だったということは本当らしい。

白眞勲議氏が、偽装帰化人だということはよく知られている通りである。
それ以外のアッチ系議員の名前がよく判らないのである。マルティ議氏は帰化人だと判るが。
土井たか子は本当に李高順だったのか。福島瑞穂議氏は趙春花なのか。
帰化系議員のリストを作った新聞があるというが、今度はその信憑性がねぇ。
[PR]
by munojiya | 2015-06-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-06-29 韓国ロッテホテルの奇妙
韓国人の得意技に、自分が加害者なのに、いつのまにか被害者面して居直るというのがある。
あの一流(と思われる)の韓国のロッテホテルもそれなのだという。
ソウルのロッテホテルは昨年[2014年]7月、3階のサファイアボールルームで自衛隊
創設60周年の記念行事を開催する予定だったが、前日になって会場の提供を取りやめた。

ソウル都心で自衛隊関連行事が開かれることが一部メディアで報じられ、市民からの抗議が
相次いだため、客の安全が脅かされる恐れがあると判断したのだ。
』(典拠)。
それ以来日本政府はロッテホテルの利用を止めたという。
それが、なんとロッテホテルに言わせると日本の「報復」だということになるのである。

>ロッテホテルが昨年の自衛隊創設記念行事の会場提供を拒んだことに対する「報復」を
受けているとの見方<
またドタキャンされたらたまらないから避けられてるんだろ。
』(同11)。
ホテル側が拒否したんだから当たり前 「報復」なんて表現は不適切』(同17)。

報復っていうより、またドタキャンされる可能性があるからな
それが一番大きいだろ、招待客にも迷惑かかるし
ロッテホテルに対する信頼性がゼロ、これが回復することは今後も無い
』(同28)。
一度まずい酒を呑まされたら次はそれを避けるのと同じである。それを報復とは言わない。

-----

こういう思考回路の民族だから平気でひどい事出来るし
謝罪と賠償を受け取ってもすぐ忘れちゃうんだな
』(典拠40)。
「朝鮮人を見たら朝鮮人と思え」というのは至言みたいである。
発想が異常。いや、関わり合いたくない程に個性的、としておこう。

私が日本大使館の役人でもロッテホテルは使わない(笑) 信用できないもの。ある意味
世界のジョーシキだと思うけど。日韓の外相会談をニュースで見た主人が「あーイラつく。
またすり寄ってきたよ」ってマジギレしてた(笑)
』(同米221)。今や笑韓なのである。
で、お口直しに浴衣である

-----

一方、日本人の得意技はこれである。
サービス業は特に信頼が大切。
利用者側に落ち度があったわけでもないのに、前日キャンセルなんて論外。
二度と使われなくなって当たり前でしょう。

[中略]
他国の大使館なら、大騒ぎになって賠償沙汰になってたかもしれないところを、
日本大使館が大人しかったんでなめてたんでしょうが、クレームをうるさく言わない代わりに
黙って来なくなるのが日本人の気質ですよ。
』(典拠米256)。

正しい記事の読み方。
>国交正常化50周年記念行事に出席した日本側関係者らは、ロッテホテルに宿泊して
いる<
日本政府関係者ではなくて、日本側関係者ら。在・かな。
』(同米239)。

日本で儲けて金使うなら韓国でって云うクソロッテだろ? こんな企業に金落とすなんて
日本人として馬鹿の極みだわ。
』(同米256)。
もしかしてこのロッテってあのガムの会社? だったらもう買わない! お客様に対して
ドタキャンとかアホか?
』(同米242)。そう、そのロッテなのである。正しい行動である。

-----

単なる宿泊だってその日になって突然ホテルを使用できなくなったら
宿泊にすら困る状況だって考えられます。
日本大使館および大使館のスタッフ達がロッテホテルを使わなくなるのは
至極当然の対応です。それを「報復」などと書ける方がどうかしています。

常に悪いのは自分達ではなく相手だという思考が最優先に来るのが
あの半島の特徴だとブログ主は考えています。
日本でも長年綱領もろくになかった政党で政権まで取ったのに
全く同じ思考回路で同じ論法を使う連中がいますね。
』(典拠)。いわずもがなの引用だった。

[PR]
by munojiya | 2015-06-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-06-29 映画「地球防衛未亡人」
河崎実監督のSF怪獣映画「地球防衛未亡人」をGyaO!の無料配信で観る。
同監督のSF映画が下らないという事は公知の事実である。定評と言っていい。
それを知らないで間違って観てしまう人がいるのである。
GyaO!のユーザーレビューの一番目のコメントがそれだった。

見るに堪えない』(典拠米)がタイトルで、
本文は『良く製作費をかけてこんな下らん映画を作ったもんだ。』(同)。
二番目のタイトルが『なんだこりゃ』である。
冒頭少したってからの、壇蜜の「了解」「了解」のせりふ棒読みに参りました。[中略]

一つだけ褒めると、出演者全員のせりふが大変聞き取り易い、これって大事だよね。
えっ今何て言ったってなると流れ悪くなるもんね。
』。
見ている人はちゃんと見ている、いや、聞いているのである。
すなわち、ちゃんと、きちんと作られている映画なのである。その制作費に見合って、である。

ダンが「壇隊員」って(笑)』。映画の内容がその一言で言い表されている。
その本文は『いいじゃん適当で、オレは好きだな。だいたいタダなんだから』。
映画は、どんな映画でも「タダなんだから」で許されてしまうが、お酒はそうはいかない。
まずいお酒は、タダでも御免なのである。駄洒落が嫌いな人には勧められない映画である。

-----

見ているこちらが恥ずかしくなる』というのもあった。正常な感性の持ち主である。
その人がいうには『大野未来ちゃん。可愛いなー。』。
出演者中、ただ一人だけきちんとセリフが言えるという設定の配役を担っていた。
庵主も、未来ちゃんは歯並びが綺麗だなぁと感心して見ていたのである。

「祝典行進曲」に対し失礼』『この行進曲は、1959年当時の皇太子明仁親王(天皇)
及び美智子妃(皇后)のご成婚を祝して作曲され、祝典行事で演奏された格調高い名曲です。
このような映画に使うのはふさわしくない。映画の内容はコメントするに値せず。
』という
指摘もあった。よくそれが「祝典行進曲」だと知っていたものである。

[PR]
by munojiya | 2015-06-29 00:02 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2015-06-28 マスコミの報道をどこまで信じられるか
自民党有志が開いた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔党青年局長)の[2015年
6月]二十五日の初会合で、作家の百田尚樹氏が「沖縄二紙(沖縄タイムズと琉球新報社)を
潰さなあかん」、大西英男衆議院議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるの
が一番」などと発言したことが問題にな
』(典拠)っているという。

勉強会は新聞記者が傍聴できる開放的な会だったのか。しかし、そうではないらしいのである。
要はなぜ記者締め出しの会合の発言がこうもダダ漏れになったのか、ということでしょう。
政権批判は自由にしてよいがどこの国を想って言っているのか分からないような報道企業を
懲らしめるのは、正直「あり」だと思います。
』(同)。

出席者の中に、それらの発言とは意見が合わない人がいて、その内容を新聞記者にペラペラ
〈しゃべ〉ったということのだろう。口の軽い議員さん達である。
否、自民党の議員がそんな軽薄な議員とは思えないから、新聞が捏造記事を書いている可能性
も考えられるのである。いや、勉強会に出席したチョウセン系の議員が漏らしたのかも。

それを報道した新聞記者は、その事実を誰から聞いたものかを、訊いてみたいものである。
「二紙を潰せ」はオフレコの発言だったというから、それを漏らした出席者の名前が知りたい。
庵主は、「大手酒造会社が造るお酒は概してうまくない」と言うが、そしてそれは事実では
あるが、まさか当の大手酒造会社の前でそれを言うことはないのである。オフレコなのだから。

-----

問題は与党代議士が「マスコミを懲らしめよ」と発言したことです。[中略]この発言は裏
を返せば「政権批判を懲らしめよ」となり、その政権が民主党や日本共産党へ渡った時にも
適用されかねません。いえ、今でこそ寺田代議士は今回のことを涼しく批判してみせましたが、
自分たちが(もうないと思うが)再び与党になれば平気で政権批判を封殺にかかるでしょう。

[中略]現に民主党政権下で松本龍内閣府特命(復興対策担当)相が宮城県庁で「書いたら
その社は終わりだから」などと報道機関に圧力をかけました。ですから、このようなことを
与党議員が言うのは不適切なのです。
』(典拠)。
そういう時は、内閣官房費からお金を渡してマスコミ懐柔するのではなかったっけ。

[PR]
by munojiya | 2015-06-28 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2015-06-28 嫌韓、否、気違いの発想にはついていけない
彼の国では、「反日」精神が旺盛なのだという事が、韓流ブームを通じて伝わってきた。
韓国人というのは、まともな人間なのだと思われていたが、どうやらかなりオカシイという事
が伝わってくる様になったのである。
それを知ったわが国の反応が「嫌韓」である。

韓国人の振る舞いは、日本人の想像力と理解力を遥かに越えている事から、
その落差が「笑韓」となって日本人を笑わせてくれるのである。
普通、人間は進化する方向に向かうのである。
少なくとも、見た目が良くなることを目指すのである。

しかし、韓国人は進んで退化を目指すのである。
まず、漢字を捨てたのである。退化を選んだのである。それに対する抵抗勢力はなかった。
日本では、戦後、アメリカが漢字廃止を進めようとした。
そんなものを、日本人は、はなから無視したのである。進んで不便を託つのは馬鹿だから。

今度は、韓国語の中にある日本語を全廃しようとしていらしい
ますます利口からは遠ざかろうとしているのである。抵抗勢力〈ちせい〉はないようである。
現代中国語もそうだが、学術用語の多くは日本語由来なのだから、それを廃したら馬鹿になる。
韓国は、ビールも、日本製ビールを飲むのをやめるのなら、その信条に感服はできるのだが。

-----

韓国が国として競〈きそ〉っていいのは、日本ではなく、台湾だという指摘がある。
韓国と日本では、国の格(人口、経済力、歴史の長さ等)が全然違うというのである。
加えて、韓国は「信頼度」が日本人の要求水準に達していない事もあって、そういう低品質を
嫌う事をさして「報復」と言い出すのだから、話が噛み合わないのである。こういう発想とは。

今日初めて来ていくつか記事を読ませてもらったけど、このブログ主みたいな人が居るから
日韓友好にはならない事がハッキリわかった。
なんで日本で生まれ育ったのにここまで反日思想なのかほんとに不思議。
まさか朝鮮学校で教育受けて育ったの?親の教育の影響?
[以下、省略]』(同前米)。

[PR]
by munojiya | 2015-06-28 00:03 | Trackback | Comments(0)
2015-06-27 瀬名秀明→伊藤計劃→小島秀夫は別世界
この日、小島秀夫の名前を知る。人を笑わせる天才のある松元ヒロを見た翌日の事である。
そして、TVゲームなるものがここまで実写風になっているのかとびっくりしたのである。
庵主は、将棋とか、麻雀とかいったゲーム事が苦手だから、それは別世界の話である。
いま、庵主がうまい酒を食らっている世界を表としたら、それは裏の世界である。

表と裏を同時に見ることはできない。
庵主はどっちの世界を選ぶかと言われたら、ためらわず表の綺麗な方をえらぶからである。
うまいお酒とそうでないお酒のどちらかを選べといわれたらうまい方を選ぶように、である。
アニメでもなさそうだし、実写でもなさそうな、蒟蒻みたいなたよりない画質になじめない。

しかし、脚本は緻密なようである。
下手な映画のストーリーよりよくできているみたいな所は気になる。
思えば、庵主は大衆映画の映画のストーリーさえ理解できないことがある。
だから、緻密なゲームにはついていけるわけがない。要するにそれは別世界なのだ。

そもそも21世紀という、「夢の世紀」を迎えた今、相手を殺すことに血道を揚げるゲームと
いう発想についていけないのである。それって、やっている事は自己否定なのではないか。
生きている喜びではなく、破壊する快感に生を感じるというのは気違いの発想なのではないか。
恩に生きるのでなく、恨みに生きる朝鮮人が馬鹿にされるのはそれと同じ理由によるのである。

-----

出合いの足跡はこうである。そこに出てくる瀬名秀明ってだれだと思ってクリックしたのだ。
「安堂ロイド」の組織票(?)に「そういう場所じゃないんで」って言うのなら、
「【人物】瀬名秀明」でエントリーしてる瀬名さんにも「そういうの勘弁してください……」
っていうべきじゃないの? と嫌みの一つも言いたくなる。
』(典拠)。

名前だけは知っている伊藤計劃が出てきた。
瀬名秀明と伊藤計劃のおかげでSFが好きになりましたよ!』(典拠)。
そこから小島秀夫に至ったのである。
人を楽しませるのだから天才なのだろう。

有名なゲームデザイナーの小島秀夫と伊藤計劃は、1998年3月に開催された
「東京ゲームショー98春」に出会った。
』(典拠)。
小島秀夫は、その世界、すなわち、庵主のいう別世界では凄い人みたいだが、そういうものに
価値を感じない、というか理解できない庵主にはその凄さが判らないのは幸いである。

人は、知らない世界が多い程幸せ感が高まるからである。
知れば知る程、自分の卑小さを感じて惨めになるからである。
安堂忠雄」から、「安堂ロイド」の表記を確かめたのが小島秀夫を知る切っ掛けだった。
知った所で別世界だったのだが。人の作ったゲームで遊んでみようという心の余裕がないから。

-----

人は、国に住むのではない。国語に住むのだ。「国語」こそが、我々の「祖国」だ。
-- ルーマニアの思想家、エミール・シオラン
』(典拠)で、そのゲームの予告編は始まる。
その予告編は英語と日本語で相〈そう〉が変わるという。
そのゲームはタブーに踏み込んだゲームなのだという。「タブー」は「不得手」と訳しておく。

僕は英語版をE3のカンファレンスライブ[この部分は庵主には意味不明]で見てた時、
「ん? なんだかずーっとナレーションが入ってるだけでそこまで刺激的なシーンはほとんど
無い、これがコナ??
[??は「ミの」の誤打か]圧力なのかなぁ。チョットがっかり」
なんて思ってました(語学力は皆無なので何言ってるかはわかりませんでした)。

すぐ同時に日本版もUPされる事は知っていたので暫くして見直しました。
するとどうだ。
愕然としました。震えましたね、チョット怖くなりました。
観ているものは全く同じ物なのに、ここまで惹き込まれるとは思いませんでした。

二つの言語のトレーラーを観終わった時、「国語」の支配力の強さを身を持って感じて
しまった。「彼」の計画する“奪う”行為の恐ろしさを感じた時、これはゲームの域を超えて
は行けない
[いけない]所まで来ている気がしました。
以前、監督
[小島秀夫]が言っていた「タブー」とはこれの事だったんでしょうか。』(同米)。

[PR]
by munojiya | 2015-06-27 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-06-27 「百田」姓は朝鮮人だという推論は正しいか
「百田尚樹」という作家がいる。
まず、それが本名(戸籍名)なのか、通名(ペンネーム)なのかを確認する。
といっても、庵主が調べることができるのはウィキ(半分は嘘と思えとされる情報源)しか
ないので、それに頼るのである。「ひゃくた・なおき」は本名みたいである。

その発言が勇ましいのである。
沖縄県の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の2つの新聞は
つぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば
目を覚ますはずだ」と主張した。日刊スポーツ(共同通信配信記事)
』(典拠)。

二つの新聞は誰が見ても左巻きの巣窟だから、潰すまでもないのである。
その論調の逆に真実があるということなのだから。
本当に潰す意欲があるのなら、黙ってやればいいことである。
で、百田氏の出自が怪しいということになって、『力道山の通名は百田』(典拠)だという。

ももクロの「百田夏奈子」はどうなるのか。戸籍係でもない庵主には知る由もないのである。
一説には、芸能界は在日コリアンか創価学会ばかりだという説もあるから当たっているのかも。
お酒は基本的には毒である。それを上手に使えば生きるのが楽しくなるのである。
ソレも日本人にとっては毒ではあるが、ソレを上手に使えれば生きるのも楽しくなるのである。

-----

チョウセン人が通名を作る時に、なぜか好まれる漢字があるというのである。
金さんなら、金田とか金本とするものが多いから、「金」がつく姓はチョウセン人だという。
「星」とか、「徳」とか、「聖」とかを使う例も多いという。「百」もその一つなのだろう。
では、そういう漢字を含む姓はみなチョウセン人なのかというと、そうとも言い切れないのだ。

「金子」さんとか、「徳川家康」はチョウセン人なのかなぁ。日韓併合前からの姓は別か。
つまりは、あまり当てにならないという事である。左右対称の漢字を好むという説もある
左右対称の漢字を使った姓名はソレだという。安倍「晋三」などはかなり怪しい事になる。
それでいったら「日本人」はみんなチョウセン人なのか、というのが庵主のくすぐりである。

[PR]
by munojiya | 2015-06-27 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(1)