<   2015年 12月 ( 80 )   > この月の画像一覧
2015-12-31 馴染んでいる人には美味しいのでしょうねぇ
TVのグルメ番組で、渡辺文雄が発明したという言葉がこれである。
「この味わいは、好きな人にはたまらないのでしょうねぇ」。
要するに、「まずい」もしくは「うまくない」という事を遠回しに言っているのである。
庵主が、そういうお酒をいうときの言葉。

「いいお酒ですねぇ」。「いいお酒」の前の「どうでも」という言葉はぐっと呑み込むのである。
そのあとに続く「二度と呑む気はしませんねぇ」という言葉も口には出さないのである。
「これは、本当に(しばし無音)いいお酒ですね」と言ったことはないのが幸いである。
そういう言葉の新手で、もっと遠回しな言い方がこれである。

アメリカ人の作る、味気ない料理というのも、アレはアレでいいわけです。
勝手にケチャップや塩をかけて食べる。味付は個人の責任でお願いします。
スリランカのカレーは旨かった。スパイスが、ナマです。裏庭で摘んできたばかりみたいな
スパイスを使うので、アレは真似できない。

どこの国にも、それぞれ料理という文化がある。それを「理解」できなくて、不味いと評する
のは勝手だが、その国の人々は、それを美味しいと思って食べているのが、文化というもの
です。
』(典拠)。
「この味わいこそが文化なのでしょうねぇ」。美味いも文化なら、不味いも文化に違いない故。
[PR]
by munojiya | 2015-12-31 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-12-31 見極められますか
見た目は同じようなお酒である。
だから、どっちを呑んでも大して変わりはないのである。
実用上は。
しかし、その二つのお酒は、一つは純米酒であり、もう一つはアル添酒なのである。

内質は全然異なっているという事は良くある。鰹節の本枯節と荒節、高い塗箸と安い塗等々。
同じ言葉でもその依ってくる所が異なることがある。
仮に同じ言葉で、慰安婦問題に関する批判をするにせよ国を壊したい意識で、それを言って
いるのか、憂国の意識で言っているのか、冷静に見極めたいと思います。
』(典拠)。

さあ、その言葉がどっちなのか見極められますか。
庵主には、お酒同様、その言葉だけでは見分けられないのである。
発言者の日頃の言動〈ふるまい〉と照らし合わせないと判らないのである。
お酒も、そのお酒を造っているのが誰なのかという事を見ないと判らないのである。

純米酒と称して、醸造アルコールを混ぜたお酒を売っている蔵元もあるのである。
新酒と称して、古酒を混ぜて売っている場合もあるらしい。
そのお酒だけを呑んだだけではその正体は判らないことが少なくない。
日頃の信用が事を決するのである。堅気な生き方とはその信用を養う生き方をいうのである。
[PR]
by munojiya | 2015-12-31 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-12-31 それは逆「日本人の好意」
あーあ、またやっちゃったのである。岸田外傷は。外相だ。いや、日本政府は、と言うべきか。
南鮮に、ただ騙されるのならともかく、それにお金を払ってしまったのである。
紳士〈ちえしゃ〉はお金の話をしないのである。しかも、そのお金は、払わなくてもいいお金の
三重払いなのである。日韓基本条約で払い、村山基金で償い、そして重ねての捨て金である。

南鮮がでっち上げて難癖を付けてきた実態のない、あったところで既に時効の域に達している
「従軍慰安婦」にまた10億円くれてやった(とか、くれてやる)というのである。
下世話にいえば、ヤクザに際限なく毟り取られている状態とまったく同じである。
10億円出して基金を作るというのなら、安倍家と岸田家で個人的に拠出してほしいねぇ。

この人の読みが賢い。庶民でも分かる事が、賢明な外相にはなぜ判らないのかというのだ。
日本は玉虫色の解釈で今までどおりの声明出したつもりで、これで終わりだからかった
つもり/韓国は売春婦に日本政府が関与したという言質とって世界でプロパガンダの
大キャンペーンをする/10億円はそれに使う
』(典拠)。

日本人は「10億円」を好意と思っているが、チョウセン人はそうは思わないのだという。
その好意は却って為にならないのだというのだ。その好意こそが仇を呼ぶというのである。
そしてお金の事を切り出した時点でこの外交〈ゲーム)日本の負けだというのだ。
庵主にお酒を送ってくれる事は時によって好意が却って裏目になる事があるのと同じである。
[PR]
by munojiya | 2015-12-31 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-12-31 もう一つのそれは逆「国際的信義」
野球で、9回裏、2アウト満塁、カウント2-3と追い込まれて、おっと、今は3-2という
のだったかの瀬戸際で、一発かっ飛ばしてさよなら勝ちすると、新聞の見出しは誰でも分かる
のである。「一発逆転サヨナラホーマー」。
2015年というか、平成27年というか、皇紀2675年というか、年の瀬のそれがこれだ。

日本人には思いつきもしない逆転一発ホームランである。
国際関係において、一度決まった約束事をキチンと守るというのは、はっきりいって
世界の中で日本くらいなものです。
』(典拠)。米国なんか国連の会費すら払っていない。
それを称して、「日本の常識〈がいこう〉は世界の非常識〈わらいもの〉」だというのである。

先のオリンピックの時に世界銀行から借りた建設資金を日本はきちんと返済したので、
世界中から称賛〈ばくしょう〉されたものである。「日本は馬鹿の見本だ」と。
踏み倒すのが常識なのである。
日露戦争のときに起債した債券を全額償還したのはつい数年前の事である。

戦前の日本国債すら紙屑になったというのに、国際国債は律儀に返済したというのである。
それ故に却って湯田金にカモにされ続けているのである。日本の外交は間違っているのである。
いな、ルール違反を続けているという事なのである。外務省が害務省と呼ばれる謂いである。
お酒が不味いと思っている人もそれは非常識なのである。本当のお酒は美味いものなのだから。
[PR]
by munojiya | 2015-12-31 00:01 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2015-12-30 南鮮の難癖の慰安婦問題の「最終解決」
南鮮が執拗に騒ぎ立てる「従軍看護婦」の問題で日韓が最終解決を見たという。
おっとっと「従軍看護婦」ではなく、いわゆる「従軍慰安婦」だった。
庵主のワープロは「じゅうぐん」で「従軍看護婦」に変換するようになっているから、
うっかり誤変換してしまったのである。ここは「じゅうぐんいあんふ」の事である。

その「最終解決」については、例によって、庵主は何も聞かされていないので、マスコミ様の
記事に頼るしかないのである。本当の事を書いているのかとい疑念を抱きながらもである。
NHKのニュース原稿でその経緯を聞いたのである(欄外)。尚、ネットで見ただけです。
ここには明確に「最終解決」であって、不可逆的〈むしかえさない〉と書いてある。

「最終解決」というのは、歴史的には、ナチスドイツがユダヤ人問題を解消するためにとった
最期の、いや最後でいいのか、最後の手法の事である。韓国は、それでいいものらしい。
庵主にはその解決方法を殊更に否定する理由はないからながめているだけである。
当事者が好き好んで決めた事だであり、庵主には何の影響もないからである。

解決した以上は、あのいやがらせの「慰安婦像」はすぐに撤去されるのだろう。
ならば、それは南鮮政府が主導していたというがバレバレになるから笑えるのである。
その手法は中共が指導し、それを米国が唆しているというのが裏の構図なのだろう。
三増酒造りは蔵元が好んでやったのではなく、実は大蔵省が裏でそれを唆していた様なものだ。

-----

日本と韓国の外相会談がソウルで行われ、慰安婦問題を巡って、日本政府は責任を痛感し、
安倍総理大臣が、心からおわびと反省の気持ちを表明するとしたうえで、日韓両政府は
韓国政府が設置する財団に日本政府の予算からおよそ10億円の資金を拠出し、元慰安婦への
支援事業を行うことで合意しました。

また、両政府は、この問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されたことを確認しました。
日本と韓国両政府は、両国の関係改善の大きな障害となってきた慰安婦問題の最終的な妥結を
目指し、
[2015年12月]28日、韓国のソウルで、岸田外務大臣とユン・ビョンセ
(尹炳世)外相による日韓外相会談を行いました。
』(典拠/NHKニュース原稿)。


-----

思えば岸田外務大臣は、一度南鮮の言葉に騙された実績のある外相ではないのか。
そんな人に交渉を任せても大丈夫なのかと心配になってくるのである。否それ故に適任なのか。
相手は、なんと大嘘つきの尹炳世外相だという。また、10億円毟られたのである。馬鹿が。
今度は本当に最終解決なのか安倍総理の知性が試されるところである。

これでまた南鮮に話を蒸し返される様なことがあったら、
趙博の「怒アホ鱈経」できっと揶揄されるに違いない。
「安倍総理にゃ、子供がない、知性がない」と。
で、尹外相が大嘘つきというのはその頭髪のことである、為念。虚髪の人である

岸田外相に対する世間の人物評は厳しいのである。
いや、逆か。騒がれるほどに愛されているということなのかもしれない。
『70年騙されてまだわからんか、このばかちんが』(典拠20)。
オレオレ詐欺に掛かり続ける老人と一緒』(同前77)。

いや、岸田外相は、あんがい策士かもしれないという穿った見方もあるのである。
知ってたのになぜ何回も何回も何回も騙されるの?
騙された振りして実はわざと韓国に貢いでいるんじゃねーだろーな!?
』(同前14)。
自民党は、最大の反日組織と揶揄される日本政府の基盤政党だから、その辺がビンゴかも。

-----

日本政府の高官よりも、庶民の方が南鮮をよく分かっているのである。
盗んだ仏像の、指を折って返してくる国だぞ
外交での裏切りくらい当然
』(典拠90)。騙されたとほざくのは無知だというのである。
韓国を信じた時点で馬鹿なんだよ』(同前91)。馬鹿の定義はそれだったのか。

価値観を共有できない相手を信用するなんてのはムリ
信用できない相手とは交渉できんわ
』(同前109)。
南鮮人にとっては、最終解決とは次の難癖のための出発点なのである。次は何でくるのか。
次も「騙された振り」をする日本政府の猿芝居〈キックバック〉を見る事になりそうである。

これによると、今回の“最終解決”はかなりいいかげんなものみたいである。
【ソウル=森藤千恵】岸田外相と尹炳世外相は[2015年12月]28日の会談後、
慰安婦問題の合意を並んで表明したが、会談の正式な合意文書はなく、記者からの質問も
受け付けない異例の形式となった。

日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で
最終的に見送られた。
』(典拠)。
新たな火種を作った様なものらしい。口約束も相手が日本人ならともかく、ねぇ。
4月1日の先取りか、中身のはいっていないドッキリお年玉なのかもしれない。

[PR]
by munojiya | 2015-12-30 00:04 | Trackback | Comments(0)
2015-12-30 ピーク
年末の帰省ラッシュは、飛行機は12月29日の火曜日がピークだという。
この日は予約率が90%を越えているという。
大相撲は、入場者が95%以上の時は「満員御礼」というのだという。
その伝でいえば、航空機の予約率90%というのは、実質満席だということである。

来年は1月3日が日曜日である。4日から仕事が始まる人が多いのか。
JRは12月30日が帰省ラッシュのピークなのだという。
飛行機に乗れるお金持ちは29日から休めるが、貧乏人は30日からしか休めないと
読むのは庵主の認識が間違っているのか。

正しくは、大して社会の役に立っていない職業の人は29日から休めるが、
社会が本当に必要としている職業の人は30日にならないと休めないと見るのが正しいのか、
もしれないのである。
六曜は差別だ」と言い出した「差別」を食い物にしている団体があるという。

そのうち七曜にも難癖をつけそうである。たしかに893には「6」も「7」もないけれど。
七曜をやめて、日曜日をなくして、休まずに働けとでも言い出しかねないのである。
庵主は既に七曜とは関係ない生活をしているので、七曜生活の世間の動きは光景でしかない。
うまいお酒を呑んでいるのは貧乏人差別だと言い出さないことを祈るだけである。
[PR]
by munojiya | 2015-12-30 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2015-12-30 笑い話「夫婦別姓」
「夫婦別姓」を認めろと主張する人達がいる。
結婚したら、夫か妻の姓を名乗るのが当たり前じゃないか、と思っている多くの日本人から
見れば、この人達は何を言っているだろうかと、怪訝を通り越して不審をいだく人達の事だ。
夫婦別姓とはそういう人達の事をいうのである。

朝鮮人(形容詞)と呼んでも大差ない人達の事をいうのである。
朝鮮という漢字は特定地名を思わせるので、同音の挑戦人とでもしておくか。
世間のしきたりに敢然と敵意をいだいて挑戦する勇敢な人達のことである。
勇敢過ぎて、庵主なら近寄りたくない人達のことである。

「部落」という言葉がある。
現在では、その言葉は多くの場合、集団の形態を言うためではなく、そういう振る舞いをする
人達をいうために使われている。毛嫌い用語として使われる事の方が多いのである。
「夫婦別姓」もそれと同じ言葉である。「あの人は夫婦別姓だから」といった塩梅である。

性に関しては、「夫婦同性」を唱える人達もいて、耳で聞いたら紛らわしい。
しかして、夫婦別姓には、「創氏改名」同様、隠された意味があるのだという。欄外で引用。
汚鮮の一現象なのだというのである。
お酒では「アル添」(アルコール添加酒)が、一部の人には毛嫌い言葉となっているのである。

-----

日本の女だって好き好んでチョンとなんか結婚したくないけど、
親同士というか、会社どうしの政略結婚っていうのもあるだろう。
女だって無理やり9センチをねじ込まれて半エラ人を出産しなければならない
ように追い込まれて。。。悲痛な人生なんだよ;;;

で、仕方なしに結婚するけどやっぱりキム性には死んでもなりたくない・。。。。
そういう事もあるだろう
』(典拠)。多重句点等の表記は原文通り引用した。
キムチに無理やり強姦されて人生を諦めて地獄のような半朝鮮人を出産するという
逃げられない道を歩んでる日本女の苦しみを少しは理解してやれ
』(同前)。

-----

ネットでは、「HAGE」といえば孫正義さんのことをいう。舛添要一さんにも使われるけれど。
「馬」は誰の事なのかと思ったら、「元皇族」と偽称するタレントの竹田恒泰さんの事らしい。
伝統文化の利権で金儲けしてる武田[庵主校正:竹田]が保守になるのは理解できるけど
何の利権もないネトウヨが保守になる理由がよくわからない……
』(典拠)。

自分は結婚して旦那の姓になって嬉しかったけどなあ
ああ結婚したんだ!という幸せ感いっぱいで新婚旅行にいった
仕事上での別姓は認められてるわけだし
書類上だけ同姓になって何が問題なのかさっぱりわからんわ
』(同前)。事情のある人もいて。

夫婦同姓は日本の古くからの伝統かと思ったら、多くの平民は明治になるまで苗字がなかった
のだという。
庵主の生活は半径5メートルといったところだから、日本の古来の伝統というものが、明治に
なって始まったものであっても全然問題ないのであ。そこまで逆上れれば十分古いのだから。

農民たちも苗字はなくとも、皆さん「屋号」をもっていました。いまでも田舎で人の家を
探すのに苗字よりは、屋号を言った方が分かり易い土地は少なくありません。
』(同前米)。
庵主の「むの字屋」も、屋号〈それ〉(ハンドルネーム)なのである。
本名を言っても、皇室芸人の竹田〈うま〉さんと違って、何の御利益もないからである。

-----

本当は農民も名字を持っていたという。『田舎に行けば、代々小作人の家柄でも必ず名字と
屋号は持ってます。江戸時代以前でもそうです。武士とはもともと独立自営武装農民です。
徳川家や大名と専業的に軍事力を提供する道を選んだのが武士、年貢を提供する道を選んだ
のが百姓。どちらも古墳時代までさかのぼる各地の開墾団の血族集団の末裔です。

その後本家筋が庄屋(村役人)となったり、分家の又分家の次男、三男が零細小作になったり
しましたが、必ず本家筋があり、名字と屋号は維持していました。あくまで、公式の場で使う
権利を主として武家に限定していただけです。「名字帯刀」は「与える」ではなく「許す」と
いうのはそういった使用権を認める褒賞という意味です。
』(典拠米)。

-----

「創氏改名」も、「そうしかいめい」と読むから意味が解らなくなるのである。
そのまま「ちょうせんじん」と読めばいいのである。
民団がそうでないと困ると言っている。チョウセン人にとっては、正しく言えば、平和な日本
で暮らそうと企んでいるチョウセン人にとっては、それは背乗り(出自偽称)の事なのである。

[PR]
by munojiya | 2015-12-30 00:02 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2015-12-30 知力
人の知力とは何か。
抜群の記憶力の事か。否である。
瞬間処理力の事か。否である。
それらは才能とはいうが、それをもって知力とはいわない。

知力の一つは判断力があるということである。
目の前にある「写真」が、一枚撮り写真か、映像の一コマかの判断が正しくできるか。
直感と、経験則と、美意識がないとそれはできないのである。
その三位一体を備えていることが知力の前提である。よって子供には知力はない。

知力の核心は、他人に対する共感度なのだという。
『[皇太子の]国民の苦しみへの共感度の欠落。それは雅子妃も全く同じで、人他者の痛みへ
の想像力の不気味なほどの欠如。想像力はある面、知力に比例します。
』(典拠)。
才能だけで生きている人もいるから、知力がないから馬鹿だというわけではない。

しかし、それがないと皇室の仕事は、いや、役目は務まらないというのである。
現在の皇太子・同妃の不能力のために、祭祀が滞ること十数年になるから、もうこれ以上、
そのような状態を放置しておくはできないところまで来ているのである。
思えば、庵主は純米酒とアル添酒が判断できない。ということは知力が。いや考えるまい。

-----

それが事実なら、“コリャ”駄目だ。
『原爆記念日など国民が地獄を味わった日は「お慎みの日」として皇族は
静かに冥福を祈ることとされていますが、お二人は花火大会へレストランへと
遊び歩いておいでです。
』(典拠。以下も同じ)。先進的な事を翔〈と〉んでいるというが。

翔んでいるのは、『国民に衝撃的であったのは、東日本大震災のちょうど1ヶ月目の月命日に
皇太子と雅子妃が、東宮御所で「お楽しみ会」を開き、愛子様とその学友たちと
終日はしゃいでいらしたことです。よりによって、なんでこの日に? 震災もこのご夫婦の
意識からは飛んでいたからこその、この日のお楽しみ会企画なのでしょう。
』。何も言えない。

[PR]
by munojiya | 2015-12-30 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-12-29 南鮮に対して絶対やってはいけない事
それは、南鮮に対しては絶対にやってはいけない事である。
南鮮がいうところの「従軍慰安婦」の最終解決と称する妥協案のことである。
すでに解決済の問題を何度も蒸し返してくるというタカリ行為に応じることは、
「暴力団追放」のキャンペーンにも反するではないか。

暴力団は、一度その難癖に応じるとまたタカってくるという。
南鮮もそれと同じである。
そもそも、従軍慰安婦の最終決着は、河野談話で行なわれているのである。
更に村山富市総理時代に、元慰安腑救援寄金を作って「補償」しているのである。

日本側には、“暴力団”の難癖に応じなければならない理由がもうさらさらないのである。
警視庁によると、暴力団にはいかなる理由でもお金を出してはいけないのではないのか。
日本は、悪い相手との関係を断ち切るべきである。
この件に関してお金を出すというのなら、税金からではなく総理らが個人で出せばいいのだ。

1965年の日韓基本条約で決着し、さらに河野談話で駄目押しした話をまたまた繰り返して
性懲りもなくお金をタカってくる国なんかは相手にしないことである。
年の瀬のどさくさにまぎれて、次のタカリの餌を南鮮に撒くようななふざけた「最終決着」を
付けられたのでは、新年にうまいお酒が呑めないのである。

-----

そもそもが解決を図る必要もない案件なのである。
解決を図る必要などなくて
「韓国人と朝日新聞と日本共産党(吉田清治)が嘘を垂れ流していただけ」
と積極的に世界に宣伝していくことが正解です。
』(典拠)。

日本は餌をまいてしまったのである。『少なくとも、日韓基本条約を実質的に反故にしていて
「慰安婦問題を認めてくれたらこの問題は決着させる」と
見え見えの嘘に引っかかって宮沢内閣で認めた途端に
彼らはこれを根拠として徹底的な日本へのたかり行為を始め
』(同前)たのだから。

[PR]
by munojiya | 2015-12-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2015-12-29 社長の人物像
一番いいバーテンダーとはどういう人か。
うまいカクテルを作る人ではなく、お酒の知識が豊富な人でもなく、客あしらいが上手い人
でもなく、それは、いつ行ってもお店のカウンターで会える人なのだという。
良く見るのは、「本日貸し切り」という札を下げているお店である。

せっかく楽しみにして訪ねたのに、無下に入店を拒まれるのが淋しい。
そういう時はせめて「本日は満席です」としてほしいのである。
大企業で一番いい社長とはどういう人か。
庵主は、大勢の雇用を確保している人だと思っている。それ故に経営者は尊敬されるのだ。

東芝が10600人の首を切るという。受け皿のない馘首だという。
さもしい社長である。どんな人なのだろうか思ったらこういう人だというのだ。
>このディール(売却)をできるだけ早くクロージング(完了)にもっていきたい< 
こんな意味不明な言葉をつかう社長じゃ先行き真っ暗だな
』(典拠)。

ひょっとして、「大企業」の社長さんだから、日本語が不得意な人なのかもしれない。
日本人でも、石原慎太郎さんとか、田中康夫さんは、そういう話し方をするから、
それだけで出自を疑うのはなんなのだが。で、「サザエさん」はどこに売却するのだろうか。
サザエさん存続の為にここまでの努力、血のにじむ苦労をしてるのは理解した。

-----

どうして原発が第一の柱なんだろ? ウエスチングハウス買うときに何かの約束でも有った
のか? 何があっても手放せないような。
』(典拠)。
当たり前じゃん 大きいカネが動く国家プロジェクト級の案件だった んだし
成長のヘルスケアより原子力をとったんだよ

それこそシャープは「うっせーAQUOS作ってんだ」だったのを
東芝は「うっせー原発作ってんだ」でヘルスケアに投資を惜しんだんだろ?
東日本大震災後に慌ててヘルスケアを柱に据えたけど、時すでにお寿司
』(同前)。
どうしてウエスチングハウスを買わされたのかまで逆上って考えてはいけないのである。

-----

東芝の場合は「リストラ」ではなく、新聞の見出しは「首切り」と書くべきなのである。
リストラは残る社員のモチベーションも著しく下げるのでやめた方がいい。
切る事業でも与えて分社する方がまだマシ。経営者、特にサラリーマン社長は安易に切るけど、
一番ダメな施策。

社員は切られるリスクを過剰に意識して冒険しなくなる。協力して手柄の帰属が不明確だと
協力体制が作れない。明確にするとセクショナリズムが横行する。こうなると次の事業の柱が
作れない。既存の事業で未来永劫回すなら別だが無理だろ? 人を切るのは最悪の施策。東芝
は来年以降安易な人切りにずっと苦しむことになるぜ。
』(典拠米1337520)。なるほど。

[PR]
by munojiya | 2015-12-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)