<   2016年 06月 ( 71 )   > この月の画像一覧
2016-06-30 年金基金が溶けている
本当に、年金基金が溶けているようなのである。その損額は『30兆円』だと言う人もいる。
つまり管理責任者が、基金を株に投入して大損を出しているという事である。
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、その損額を選挙が終わるまでは公表しない
という事から、巷間ではかねてから多額の損失を出していると噂されていたものである。

塩崎恭久厚生労働大臣がそれを暗に認める発言をしたという。
イギリスのEU離脱問題で日本でも急激に株安が進み、年金積立金の運用に損失が出ている
のではないかという指摘について、塩崎厚生労働大臣は「短期的な評価損はありうるが、長い
目で見ることが大事」という考えを示しました。

「短期的な変動に伴う評価損は十分ありえる。長い目で見て年金受給者にとって必要な資金を
確保できるかどうかという観点でやっている」(塩崎恭久厚生労働大臣)
』(典拠:TBS
ニュース原稿)。
生活資金を博打(株式)に使ってしまったのだ。犯罪行為である。このぬけぬけとしたCM

GPIFは2年前に運用資産の半分を国内外の株式に投資するなど株式の割合を大幅に
増やす見直しを行っていて、昨年度の運用実績は参院選後の7月末に公表されることになって
います。(
[2016年6月]28日14:40)』(同)。
呑み終わってから、それはアル添酒ですよと教えてくれるというのである。殆ど騙しである。

-----

日本はいま雁字搦め〈がんじがらめ〉になっているという。
安倍総裁が前回の都知事選で舛添要一さんを推しておきながら、製造者責任を負わないのも、
今、年金の基金を株で溶かしてもそれを選挙後まで隠蔽するのも、
福一の爆後処理では「アンダーコントロール」と明言して放射能を垂れ流しているのも、

雁字搦めになっている総理ゆえの振る舞いなのだろう。TPP断固反対だったのも、か。
その集大成が自民党が今回(2016年7月10日)の参院選のために作ったCMなのである。
みんな嘘である。しかし、乙武洋匡氏を立て損なった総理が立候補を強く要請した人がいる。
それらの嘘を突破しようとして立候補した人の、マスコミ完全黙殺の記者会見の映像だという

いやぁ・・・全く素晴らしいね。初めて本音の純粋な政治家を見た。初めて投票に行きたい
と思った。
しかし地域が違うのが残念。
』(同前米)。?
比例区なんで全国民が〇〇さん[伏せ字は庵主]に投票出来ますよ!』(同前米)。

比例は政党名ではなく、【〇〇〇〇[同]】と名前を書いて一票を!』(同前米)。
比例区の当選者は、これまでは政党が作ったリストの上位から当選するという博打方式だった
が、今回からは比例区で立候補者した人の個人の得票数によって当選者が決まる入れ札方式に
なったという。そんなこと、選管から送ってきた投票場入場券の説明に書いてあったっけ。

-----

このキャッチフレーズが分かりやすい。
日本征服を企む悪の組織が朝鮮[かぶれの]民進党、
世界征服を企む悪の組織が中国
[かぶれの]共産党』(典拠米)。
だれも表立っては否定できない事だろう。肯定するのも同じぐらい困難ではあるが。

みんなで、応援しよう。
比例には〇〇〇〇
[伏せ字は庵主。以下も同じ]と書こう。
自民党と書かいたら、〇〇【青山】さんの票には成らないので
〇〇〇〇と書こう。
』(同前米)。庵主は実は「繁」という字が書けないのである。

[PR]
by munojiya | 2016-06-30 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2016-06-30 日本人のユーモア「仏の顔も三度まで」
「仏の顔も三度まで」という。
日本人なら誰でも分かる言葉である。
自分は、三度までなら、仏さんになれるというのである。日本人のユーモアである。
その発想が凄いのは、自分を仏様にしてしまうということである。

そういうのを自画自賛と言って生温かく見守ってやるのが日本人の優しい所である。
「自我自賛」と書いた方がいいのか。
自分の中に、まだ誉める所があるのはマシなのである。
チョウセン人はそれがないのだという。南鮮人の自画像はこんな感じなのだという。

傍で見ていると不安定な人達なのである。
正しく言えば、他罰的な、言い換えれば攻撃的だから、怖いのである。
迷惑である、と言い換えておこう。
南鮮が、『韓日通貨スワップ』(典拠:中央日報)に色目を示してきたたという。

仏の顔も三度までというが、お金の無心では、南鮮は、日本人の顔を三度ならず、その何十倍
も、いや何百倍も、踏みにじってきたのである。もうその嘘芸を真に受ける日本人はいない。
南鮮が日本にたかってきた、そして借金を踏み倒して来たリストは壮観である。
そのリストを見せられたら、折角呑んでいたうまいお酒も、怒りで味がしなくなるのである。

-----

仏の顔も三度まで、である。
それを超えるようなできそこないはもう「ほっとけ」というのが日本人の駄洒落である。
そもそも『韓日通貨スワップ』を結んでも、日本にはそんなものを利用する必要が全くない
のである。それどころか下手すると日本の持ち出しである。ドブにお金を捨てることになる。

朝鮮に対する持ち出しは、日韓併合の時だけで十分なのである。こと南鮮に関しては、お金を
出せば出すほど恨まれるのだからたまらない。それが日本人の正しい歴史認識である。
福沢諭吉先生に始まる「脱亜論」は、朝鮮に対しては、今「教えない、助けない、関わらない」
という非韓三原則となって、やっと日本人の間に定着したのである。今は除鮮の時なのである。

『韓国銀行の出番? ないない。そもそも、日韓通貨スワップ協定があったときから韓国から
出せるのはウォンであって、「こんなもんケツをふく紙にもならねえのによぉ!」ってヤツ
です。もし、日本が通貨スワップ協定を必要とするような事態になったら、その時点で韓国
銀行なんて木っ端みじんに砕け散ってますわ。

大瀑布をテンガロンハットで汲み上げようとするようなものです。
韓国人もなにを勘違いしているのか、「日本が必要とするのであれば、協定を結んでやらない
こともない」なんていうコメントをこういう記事
[「中央日報」の記事]に残していることが
多々あるのですが。この6つの銀行の前じゃ、韓国銀行なんて塵芥も同然ですわ。
』(典拠)。

[PR]
by munojiya | 2016-06-30 00:03 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2016-06-29 明々白々
自動車はガソリン(乃至電気)がないと走れない。
自動車が走っているということは、それを支えているのはガソリンだということである。
「パソコンはソフトがなければただの箱」という言い回しがある。
物事の核心を衝いた言葉のことである。

「あっ、危ない。その候補者は民主党」というのもある。
物事の核心を衝いているのである。
「そのお酒、パックを見たらアル添酒」という言い回しはない。
そんなもの当たり前だろうという事からである。バックにはいった純米酒もあることはあるが。

では、新聞やテレビが報道を続けているということはどういうことか。
それを支えているのはスポンサー(金主)だということである。
新聞の読者はスポンサーではないのだ。それは新聞社にとってはただのカモである。
では、では、日本共産党のスボンサーはだれなのか。

『政党規模から言えば国から20億円台はもらえるのに拒否。なぜなら、財政報告を秘密に
したいからだ。彼らは妙な理屈で政党助成金を拒否しているが、そうまで出来るのは、支那や
北朝鮮、ロシアあたりからの資金援助があるからなのは明々白々である。
日本共産党は主に中共の意図に沿って反日、反政権をやらかしている。
』(典拠)。なるほど。

-----

知識というのは時に威力を発揮するのである。普段は何の役にもたたないのに。
知識の融合によって一つの観点を会得すると、次々に隠されている部分が見えてくるのである。
青雲和尚が日共の金主は特亜だと見通せるのはその能力を得ているからに他ならない。
庵主も、お酒に関しては、おおよそその裏側が見通せるようになった事から、それが分かる。

では、特亜の正体はとなると、背後は湯田金だろうというのが庵主の認識である。
日本人の発想とは対極的な発想をする人達がいて、そっちの人達が特亜を操っているのだろう
と見ているのである。当たっていたら、うまいお酒を呑みつづけた成果である。
いいお酒を呑むと邪心で汚れた心が洗われるから、相手の素性が見えてくるのである。

[PR]
by munojiya | 2016-06-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2016-06-29 日本人のユーモア「気化してほしい」
帰化しないでいいから気化してほしい』(典拠2:58)には笑っちゃった。
松元ヒロが、舞台で、やんごとなきご家族の話をして会場を笑わせるのである。
その時の口止めの法がこれである。
「笑ったということは、みんなもそう思っているということですからね、共犯ですからね」。

それでまた場内は大笑いになるのである。共犯になることを喜んでいるのだ。
ヘイトスピーチ禁止法だったか、法律名は知らないが、それに庵主も抵触するのかも。
気化してほしいと言われているのは、反日芸人・辛淑玉〈しん・しゅくぎょく〉さんである。
あいかわらず、日本人を馬鹿にした発言をして日本人を怒らせているのである。

ここは日本人が住んでいる平和の里日本なのだから、その平和をそっとしておいてね、という
のが日本人の思いである。静かな水面にわざと石を放り込むやんちゃが嫌われているのだ。
凄いよなこの人
年齢は分からんがおそらく死ぬまで大っきらいな国で暮らすんだろ

俺なら耐えられんわ
』(同3:02)。
酒が大嫌いな筈なのに、それがやめられなくてアル高を引きずっている人もいるのである。
それを思えば、日本が大嫌いなのに、日本中毒になっている人がいてもおかしくはない。
ただ、傍からそれを見ると不憫にしか思えないということである。
[PR]
by munojiya | 2016-06-29 00:03 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2016-06-29 観ないで語る映画評「葛城事件」
映画「葛城事件」が凄いらしい。
何が凄いのか。多くは「二度と観たくない映画だ」と言うのである。
何といっても「後味が悪い」映画なのだという。
しかし、それなのに「良作」だというのだ。今年上半期の最大の収穫だという。

観た後に救いがない映画の「傑作だ」という。
入場料を払ってまでもそんな陰気な映画を見るのは、映画の登場人物よりも、それを見る客の
方がおかしいのではないかと思ってしまうが、口を揃えてそれを面白かったというのである。
日本人の感性が狂い始めているのではないかと心配になってくるのである。

そして、とうとう、この映画は「神作」だという人まで出てきたのである。
居酒屋で、その隅で、一人でお酒を呑んでいる庵主は、連れでやってきた隣の呑み手の話を
耳にしながら、そこにうまいお酒の名前が出てくると、しっかり記憶に留めてくるのである。
「葛城事件」がうまいと耳にしたら、しっかり心に刻んでおくのである。神作のそれを。

三浦友和の妻役の南果歩〈みなみ・かほ〉はチョウセン人である。田中麗奈もそうだ。
三浦友和は奥さんがそうだといわれているから、案外三浦友和もそうなのかもしれない。もし
そうだったらこれは日本で作られたチョウセン人映画なのである。日本人が感じる全ての疑問
と不快感の正体が、その原因がそう考えれば簡単に解消されるのだ。そうはいかないだろうが。

-----

時系列がかなり前後しています。
基本的には田中麗奈が登場する現在を軸に振り返るような構成かな。
次男に死刑が求刑されたところから始まり、いったいこの家族に何が起きたのか? 次男は
どんな凶悪な事件を犯したのか!? というところが最後まで興味を引っ張る。

(予告を観てなかったらイイけど、予告だと丸わかりだね。)
』(典拠)。
神作は、最低予告編賞の有力候補映画でもあるようだ。
映画のネタバレをやってしまう予告編を最低予告編という。
客の楽しみを観る前から奪ってしまうからである。

「葛城事件」は、本編は神作だが、、予告編は悪魔なのである。
人に嘘でもいいから夢を与えるのが神である。
人に真実を教えて夢を奪ってしまうのが悪魔である。
悪魔とは親切過ぎることをいうのである。知らなくてもいい事まで教えてしまうのだから。

最初は田中麗奈の存在意義が謎だった。
うん、全く理解しがたい変人としか思えないよね、あえて死刑囚と結婚するなんて。
』(同前)。
そういう人が現実にいるのである。少年Aを養子にするような人もである。
犯人がソレなので、そういうことをする人もきっとその仲間だろうと思うのは邪推に過ぎるか。

-----

本文で「日本人の感性が狂い始めているのではないか」と書いたが、逆のようである。
日本人は、これまで見えなかったことが見えるようになってきたのである。
特定の事件を描いたものでないとしても池田小学校の事件がモチーフとされていると言われ
ている。

家族の崩壊と事件をオーバーラップさせているのは、視点として間違ってはいないとは思うが、
犯人の出自の事実を覆い隠した作品と言うことであれば、本質は永久に見えないし、今後の
類似の事件にも教訓を生かせない。
この手の作品を見せられるたびに、靴の上から足を掻くもどかしさにさいなまれるのである。

いつになったら日本は在日問題を直視し、切り込むことができるのであろうか。
私はいかなる理由があろうと犯人の弁護にこのような映画が使われてはならないと思っている。
これは戦後のゆがみであり、政治の問題なのである。決して人権問題ではない。
』(典拠)。
日本酒(醸造酒)にアルコールを混ぜた酒(リキュール)がある。

それを醸造酒だと言って売ったら詐欺になるから、「お酒」という微妙な言葉を使うのである。
「清酒」と呼ぶのである。醸造酒とアル添酒は本来は別の酒なのに、である。
しかし、黙って呑むと、普通はその違いが判らないのである。確かにお酒には違いないのだ。
台詞が日本語の映画もそうである。黙って観たら、それらはどれも邦画に見えるのである。

[PR]
by munojiya | 2016-06-29 00:02 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2016-06-28 「イギリスのEU離脱の真の目的」
「イギリスはEUを離脱することはないだろう」という庵主の予想はあっさり外れてしまった。
利口な人は近未来に起こる事を予想しないのだという。
多くの場合、その予想が嘘だったということがすぐにバレてしまうからである。
そんな予想をする人は馬鹿(軽薄な人)だということが証明されてしまうからだという。

標題にカギ括弧がついているのは、庵主の言葉ではないからである。
真の目的は、『ドイツ、フランスの金融機関の全滅と財政破綻
ここで、英米のヘッジファンドには莫大な利益が転がり込むのです。
』(典拠5:10)。
すなわち、英国の離脱は湯田金が仕組んだものだというのである。

ヘッジファンドなる守銭奴が、自分達の金儲けのために独仏の庶民に悲惨な思いをさせると
いうのである。守銭奴という言葉が適切でなければ、賭場荒らしとでも言い換えておくか。
賭場のルールすらぶっ壊し、そこの有り金を全部自分の物にしようという業突張りなのだ。
新自由主義の行き着く末の光景と思えばいいのかもしれない。新自由主義者は気違いである。

新自由主義の政策を日本に導入した立役者が小泉純一郎と竹中平蔵というコンビである。
具体的には、郵便の資産300兆円をアメリカ(湯田金)に売り飛ばそうとしたのである。
その竹中を安倍総理が重用しているから、総理に対する疑念と不信感が拭えないのである。
陰謀論だが面白くはある』(同米)。お酒の7割はアル添酒であるという話みたいなものだ。

-----

お酒の主成分は酒精だから、日本酒によく似ているアルコールを混ぜても同じ物だというのだ。
飲暴論だが面白くはある。ならば、ビールにオシッコを混ぜた物を飲む気になれるか、である。
さて、英国のEU離脱の解説である。『移民問題は大きいけれど、それを含めて、独裁者化
していく腐敗したEUから離脱して主権を取り戻すのが一番の理由。

EUは選挙でなく指名によって任命された官僚(commissioners)がポリシーを
作り、European parliament(選挙で選ばれた人たちの集まり)はそれを
承認するか訂正するだけで拒否はできない。
彼らのほとんどのポリシーは認可され、各国の法律となる。

イギリスの法律の7割以上がEUで作られたもの。これでは主権国とは言えない。
又、EUは2020年までに加盟国全部がユーロになるよう計画している。
EUの官僚(誰も辞めさせられない)がいかに腐敗しているかは以下のリンク参照。

[リンク先]』(典拠米)。

これが、英国がEUを離脱する理由がよく分かる画像だと評判になっている。
それに対する座布団は何枚だったっけ。
TPPは、それと同じ主権の放棄なのである。語るのも馬鹿らしいことだが、今の賢い日本人
はそれを真に受けて、否、それを推進している人たちは為にしているのか、論じているのだ。

[PR]
by munojiya | 2016-06-28 09:15 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2016-06-28 正解
今日の標題は掛け詞である。
しかも二重の。
「セイカイ」は「政界」と「性界」に掛けてあるのである。
ネットでは、舛添要一まだ都知事の性癖で盛り上がっている。

あれだけ都民を愚弄したのだから、何を言われても文句はいえまい。
人にモノを教える立場の教師が生徒の目の前でオナニーしだすのが朝鮮人だからな
地位がある人間がそんなことするなんて信じられないという価値観が通用しない事は
既に証明されている
』(典拠)。

『[舛添都知事は]普通に朝鮮人だな。批判するとヘイトスピーチになるよ。』(同)
下半身なら東国原のほうが上だろう』(同)。ならば東国原さんはソレではないという事か。
日テレの女が肉弾戦仕掛けたとか
それに乗った東国原ハゲとか

ハゲの下品さには目を見張る
こんなのと別れた元妻は正解
』(同)。
元妻は誤解にもとづいてそんなのと結婚してしまったというわけである。
オチが出てこない。ニッカ、サントリーという政治用語があるが、今回のオチには使えないし。

-----

政治家の秘書は大変な仕事なのだという。目が悪いと務まらない。
こういう話はよく聞くわ。
優秀な秘書なら、センセに股は開かない。
センセに股開いた女たちがわざと忘れていく「痕跡」を消してやって、一人前の秘書だわな。

カーディガン、ストール、髪の毛、ピアス……
政治家に限らず、情事のあとに見つけたら、その女には気をつけたほうがいい。
うっかりして忘れていったんじゃない。
わざとなんだよ。
』(典拠米)。

[PR]
by munojiya | 2016-06-28 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2016-06-27 ネットの真実
ネットは正直である。
「しょうじき」を「真実」と書いたら、ネットには「真実」の声が溢れているのである。
舛添要一都知事は、チョウセン人の鑑だというのである。
この場合は「鑑〈かがみ〉」とはいわないのか。「好見本〈こうみほん〉」と書き換えておく。

作家の百田尚樹によると、舛添要一さんは、そもそも『日本人では無い』(典拠)という
のである。その動画には日本人がしない仕草をしている都知事の写真が使われている。
日本人なら都知事にはなれないだろうから、舛添さんはれっきとした日本人の筈である。
百田尚樹の発言も、良く聞いたら「日本人のメンタルティーじゃない」というものだった。

百田尚樹も、日本人なら「メンタルティー」なんて言葉を使わないだろう。
語るに落ちる、である。
これまた、正確には「多少とも日本語を大切にする気持がある日本人なら」であるが。
ここでいう「日本人」とは形式的なそれをいうのではなく、日本人の理想像の事である。

そういう意味では「日本酒」という言葉もまたあるべき姿のお酒をいうのである。
「お酒」といった時は、まあまあまあのお酒も含めて、みんなお酒の仲間だよというわけだ。
辞める舛添都知事の後には、蓮舫議氏が国会議員を辞めて立候補するという話も流れていた。
朝鮮系のつぎは中国系では、東京はどこの国の首都なのかということになってしまうのである。
[PR]
by munojiya | 2016-06-27 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2016-06-27 “日本人”のユーモア
選挙のポスターなのだという。
“サヨク”が作ったのだという。“日本人”のユーモアと受け取っておこう。
サヨクが想定する小学5年生のための問題なのだという。
日本人の年齢はたしか「12歳」だった筈だから、これはそれに満たない人のためのものだ。

問題
日本の国のみらいを、みんなで決めるために
ひつようなことはなんですか?
ひらがな5文字を入れなさい。

せん(   )に行く。
』(典拠0:00)。
「たく」は論外で、「そう」が間違いで、「きょ」が正解なのだという。
小学5年生といえば11歳だろう。
すなわち、見た目は日本人に近いけれどそうでない人たちのための問題だということである。

本当の答は「めつ」だったりして。「殲滅」である。
日本国内にいる日本人の最低水準に満たない人達の雑音を取り除かないと、日本に明るい未来
をもたらす日本人のための施策を安心してみんなで決められないというわけである。
うまいお酒を呑むなら、「せん(たん)」(先端)の居酒屋に行けばいいのであるが。

-----

“サヨク”の人たちは、こういう人達なのだという。
サムネの写真、よく見るとパネルをもっていない人、中指立ててるよね。品位のかけらも
ない。
』(同米)。
日本人はやらない仕草が得意な人たちなのだという。

そう勘案すると、
サヨクが作ったというこのポスターは
サヨクを揶揄するネタ(作り話)じゃないのか、
と思えてきたのである。

[PR]
by munojiya | 2016-06-27 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2016-06-26 「生きてる気配を感じない」人
総聯が怪しい活動を始めたというのである。
朝鮮総連が「聖戦」指示 反対勢力に総攻撃・総決死戦 金正恩氏への上納金も養成
典拠2006年6月21日「産経新聞」記事)というものである。
反対勢力とは誰の事なのか、よく判らないから怖いのである。

チョウセン人のやることである。「敵は日本人だ」という事になりかねない恐れがある。
朝鮮総連は5月14日、「金正恩元帥朝鮮労働党委員長推戴(すいたい)慶祝在日本朝鮮人
中央大会」を都内で開催し、朝鮮大学校在校生ら約2千人が動員された。この際、許
[宗萬]
議長は日本政府の弾圧に立ち向かうよう求めた。』(同)と、日本を目の仇にしているのだ。

キム[正恩]が暗殺されたことを誤魔化す芝居じゃないの。韓国は9月までは北朝鮮との
交流禁止らしいが、事実を探ってる状態だろう。
』(同288)。
上納金て。完全にヤクザのそれですがな。』(同19)。
落語の立川談志も、確か、弟子から上納金を取っていた筈である。談志はヤクザだったのだ。

キム[正恩]て生きてるの? 生きてる気配を感じないけど。』(同71)。
創価学会にも、そういう人が一人いたっけ。はっきりしない怪しい団体なのである。
大手酒造メーカーは、普段は安くてそれなりに品質が安定しているお酒を大量に造っているが、
本気で造ったらうまいお酒も造れるという。それもまた存在している気配を感じないのである。
[PR]
by munojiya | 2016-06-26 01:29 | 時局物 | Trackback | Comments(0)