<   2017年 03月 ( 71 )   > この月の画像一覧
2017-03-29 賢母の忠告
「賢母」は「ご賢母」とするべきなのかもしれない。他人のご母堂のことだからである。
ここで賢母という言葉を使うと、ご子息を暗に愚息(裏意でない方の意味で)だと言っている
ようなものだから失礼になるのか。「忠告」も「諫言」とした方がいいのかもしれないが、
高位の方に対する慨嘆なので、その非をかざすような言葉を使うことをあえて避けたのである。

安倍総理が国会で狼狽して口走ってしまった『もし私や昭恵が森友学園の土地取引にかかわって
いたら、総理も議員もやめる』(典拠1:56)という発言に対して、母親の安倍洋子さんが
総理大臣ともあろうものが、軽率に進退について口にするものでありません』(同2:06)
と強く嗜めたという。政治家は「身体〈けんこう〉」についても口にしてはいけないのだという。

でも、それを書いている人は、一家内〈いっかうち〉の出来事をどうして知っているのだろうか。
引用したサイトでは『強くたしなめたそうです。』とあるから、その人も亦他の人から聞いた事
の受け売りなのかもしれない。つまり、最初はだれかが流した真偽不明の噂が、もしくは
ためにするネタが、こうして何度もコピーされて広がっているという事である。

総理のご母堂である洋子さんは、岸信介に仕え、安倍晋太郎を支えた女傑である。
その眼力はたしかな筈である。しかし、息子の教育は失敗したのである。天は二物を与えず。
自分が馬鹿だと思ったら、別の所に美点があるのだと思えばいい。天は救いを残してくれている。
このお酒は不味いと思ったら、別の観点からそのお酒の美点をさがして呑めばいいのである。

-----

そうして呑んでも、どうしてもうまくないお酒だったら、それは試練だと思えばいいのだ。
この苦痛を乗り越えることで未来が開けると希望につなげればいいのである。
失敗は成功の元。不味い酒を知らずして、旨いお酒にはたどり着けないと思えばいい。
最後はそんな酒はどうでもいいから、口直しに真っ当な旨いお酒を呑むことである。

「このお酒、いかがですか」
「気に入って貰えましたか」
「……(どうでも)」。

-----

感のいい人は、一家内の話を誰が流したものかが判るという。最後も感のいい人のものである。
大体そろそろかなぁ〜って思ってたら ほら出た!って感じでしたよ そう思ったのは自分だけ
ではないはず[当然、全部が事実ではなく、自分に都合のいい角度から見た話になっている筈だ]
昭恵さん このような状況を安易に周辺に漏らすこともおやめになられたほうがよろしいですよ

あなたは首相夫人として見られているのですから[米の投稿日は2017年3月26日。次のも]
魑魅魍魎の野党に攻められる空き[ママ]を与えてはいけないことくらい充分承知でしょう?
典拠米)。皇室に代弁ライターがいるように、昭恵夫人にもそれがいるということである。
その一方で麻生は大笑い。今週になって麻生さんはだんだん元気になっている。』(同前米)。

-----

面白いけど、デタラメすぎて笑える。総理の母親と昭恵さんは仲がいいですよ。よく会って
いますし、食事をともにすることも多い。自民党議員とか官邸関係者って誰?名前を書かなきゃ
確認が取れない。自民党は参考人招致もする気がなかった。しかし、左翼の菅野という公安監視
下の人間と籠池氏が組んだので証人喚問としたのです。』(典拠)。

さあ、今度は安倍家の嫁姑は仲がいいという話が出てきた。それもどうして知っているものか。
籠池泰典国会証言と安倍昭恵ツイッター弁明みたいにどっちかが嘘をついているという展開に
なってきたのである。どっちの言い分に軍配を挙げたらいいのだろうか。で、夫婦仲は如何。
ただ、総理の夫婦仲もツーカーだとしたら安倍夫人は総理の“共犯”になってしまうけれど。

[PR]
by munojiya | 2017-03-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-03-29 トリセツ
エンタメ、アンコン、トリセツ。
日本語は4文字にすると語調がいいのである。
エンタメはエンターテインメントのことである。
アンコンはアンダーコントロール(官邸機密費ばらまき)のことなのだろう。

アンコンは最近出合った言葉なので庵主はよく意味が分からないのである。
そしてトリセツは取扱説明書のことである。
トリセツは、取説と書いた方がいいのか。
誰も読まない“壮大な”文書のことである。

企業がまとめて百台のパソコンを買ったという。
その一台一台に、分厚い数冊の取説がついてきて、取説の山ができたという。
取説は状況によっては壮大なゴミなのである。
外国人旅行者向けの京都のそれは「京都のトリセツ」と片仮名で書くのである。

ここで“見る”ことができる。
お酒の取説がないのは、それは日本の文化なので親が教えるものだからということなのだろう。
親の流儀によっては「そんなもの呑むな」という取説もあるから、である。
実は、当ブログこそは、そのお酒の呑み方の取説なのである。
いいお酒と旨いお酒の違いや、旨いとおいしいの違いなどを懇切に伝授しているのである。

-----

観光で経済成長を考えてはいけない。移民に繋がる観光はやめた方が良い。』(典拠米)。
同感です! 此処は花街の伝統ある職場の筈で、ご商売やさんも「来てもろうたら迷惑どす!」
公共の電波で、はっきり言っておられましたが、そりゃそうでしょう、文化財の様な櫛・笄・簪
を盗む輩が入って来ているのですから、何とか対策を練って頂かねば堪りませんね。』(同前米)

ちなみに、「櫛」は「くし」、「笄」は「こうがい」、「簪」は「かんざし」と読みます。
庵主は「笄」が読めなかった。「かんざし」は字が書けないのである。
どうやら、庵主も「来てもろうたら迷惑どす!」の範疇に入っているようなのである。
日本人度が低いのだ。京都は敷居が高いおますなぁ。言い方はこれでいいのだったか。

「京都のトリセツ」はまず、便所の使い方から説明してあるのが親切なのである。
観光客は文明国から来るとは限らないからである。
むしろ後進国の人が日本に憧れてやってくるのである。
逆に、庵主などは南北朝鮮やチャイナ国にはお金を貰っても行く気にはなれないのである。

行ってもなにも得られるものがないだろうからである。そういう国に好んで行くような人は、
日本では得られない「不自由」が沢山味わえるという非日常的スリルが面白いのかもしれない。
文明国から来た人でもウォシュレットを初めて見るという人が少なくないから、その使い方を
記したトリセツは有用なのである。そのトリセツがどこで手に入れる事ができるかは知らないが。

[PR]
by munojiya | 2017-03-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-03-28 春三月の燗酒
春。三月、四月、五月。
夏。六月、七月、八月。
秋。九月、十月、十一月。
冬。十二月、一月、二月と四季を割り振る。

春三月である。
この年(2017年)3月27日、春とはいえど、あたかもこれから冬に向かうのかと
まごうような寒い日になった。まもなく桜の花が咲く時期だというのに。
肌寒いを通り越して身が竦〈すく〉むのである。

厳寒の燗酒もうまいが、春冷えの燗酒もうまい。
うまいというより、その時分の燗酒は身にしみるのである。
身にはしみるのだが、なかなか燗をつけてうまいお酒がないのが現実である。
「旨い」というレベルではなく、燗にして「うまい」といえるレベルのお酒すらないのである。

「旨い」はいつ呑んでもウマイと感じる鉄板のウマサをいう。
「うまい」は必要して十分なレベルに達しているこれなら呑めるというウマサをいう。
今どきのお酒はすっかりモダンになってしまって、“燗”に堪えるものがなくなってしまった。
と言いながら「桜正宗」の山田錦の純米酒を猫舌燗で嗜んでいるのである。ああ身にしみいる。

[PR]
by munojiya | 2017-03-28 00:05 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2017-03-28 お笑い番組化する「森友劇場」
シリアスドラマと思われていたミステリー番組「森友劇場」が俄然お笑い番組化してきた。
前例のない処置をいくつも重ねて、時価14億円とも、安く見積もっても1億円は下らない土地
実質200万円で籠池泰典という学校経営者に売った「国有地激安取引」が発端である。
財務省という官僚中の官僚である財務省がその矜持をかなぐり捨てて何故か安売りしたという。

官僚の習性からして、前例のないことをやりたがらないのが普通なのに、今回の事件では、
ありえない事がいくつも起こっているのである。
すなわち、そういう事を官僚がやったのは自主的な判断ではなく、上からの命令ないし無言の
圧力(忖度ともいう)があったからだと思う以外に考えられない事なのである。

土地を売った近畿財務局の上はだれか。財務省である。財務省の上は、トップなら麻生財務相
であり、その上は安倍総理なのである。さすがに天皇陛下は政治に口を出すまい。     
事件の核心は何か。
チョウセン人が、もしくは手先となったソレが日本で跋扈しているという事なのだ。

安倍総理はそのことを蒙民〈しょみん〉にも判るように教えてくれるピエロでしかないのである。
ピエロは親切にだれにも分かるように、実行犯の谷査恵子を外国に飛ばし、今度は昭恵夫人の
携帯を水没させた。それが裏目に出たというのである。長閑な国日本〈にっぽん〉である。
「米だけの酒」。小さく「これは純米酒ではありません」というお笑い日本酒もあるけれど。

-----

あの堅物と思われている菅儀偉(だったか名前の記憶が曖昧であるが。菅直人もチョウセン人と
されているから、その伝で菅姓はソレ系なのかもしれない)も堂々と嘘を吐く役柄なのだという。
『[安倍昭恵内閣総理大臣夫人付の谷査恵子が発信した]ファクスの文面にあった〈当方として
見守ってまいりたい〉の〈当方〉は誰か、と問われた菅官房長官は[その答を聞いて驚くな]

「当然、谷さんです」と答えていた。[菅官房長官はなんと日本語が理解できない人なのだ]
だが、なぜ、霞が関の一官僚が森友学園の小学校建設の推移を見守る必要があるのか。
誰がどう考えてもあり得ない話だろう。』(典拠2)とこれまた異常に南鮮と親しい元文科省
の官僚だった寺脇研が発言している。文科省の役人がその答では0点だと指摘しているのだ。

そういえば、東京オリンピックのシンボルマールの盗作で名を馳せたネットではチョウセン人と
看做されている兄弟の弟の方の「佐野研二郎」も名前の漢字は「研」である。
両者に関連があるものかは分からないが。聖、徳、研、星とチョウセン人は目指す所は高いのだ。
盗作の佐野さんとは書いたが、盗作役を命じられたと言った方が正しいのかもしれないが。

安倍政権は総力を挙げて女性職員に全責任を転嫁し、森友問題を葬り去ろうとしている。
これほど卑劣で愚劣な政権は見たことがない。
その一方で、渦中の昭恵氏はきのうもまた、北九州市で講演だからイイ気なものだ。』(同前)。
女性活用促進は安倍総理の政策だが、総理はその“活用”例の模範を示してくれているのかもね。

[PR]
by munojiya | 2017-03-28 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-03-28 「アベジョンイル」
安倍晋三総理のことを「アベジョンイル」と呼んでいる人がいるのである。
「ためにする」という言葉があるが、その一言でそれがためにするものだと判るのである。
実は、かつて「エビジョンイル」と呼ばれた人がいて、その時に学習したからである。
当時NHKの会長だった海老沢勝二がそれで失脚してその後、NHKが乗っ取られたからである。

日本人の手から「外国人」の手にである。
エビジョンイルこそは日本人の最後の防波堤だったのだ。善人ではないという事はない人だ
安倍昭恵が「軽率」だとか「粗忽」だというのはアタラナイトと思うんだが、
そう見えてしまうというのは、安倍昭恵を操っている人物が「軽率」で「粗忽」だからだ。

彼女は言われるままに、忠実に行動しているのだろう。しょせんオンナだし、海千山千の
政治家秘書や政治ゴロではない。本来なら、こんな微妙なスキームを任せられるスキルはない。
100万円だって、ケチなオンナがポケットマネーで出すわけがない。
アベジョンイルの政治資金ないしは内閣機密費。

内閣機密費はマスコミ対策で使い切っているし、筋からして政治家安倍晋三の個人的な寄付なの
で、政治資金からだと思う。』(典拠)。
内閣機密費はマスコミ対策で使い切っているという事はどうやって確かめたのだろうか。
庵主のお酒情報は庵主が身をもって確かめたものだが、その人はどうやって確かめたのかなぁ。

-----

引用サイトのタイトルは『国民の大半が主犯格を核心している件』(典拠)となっている。
正しくは「国民の大半が真犯人を誤認している件」だろう。馬鹿でも分かる真犯人なら囮である。
主犯は、というより国有地激安取引を主導したのは「その人」である。今もなお、谷さんを外国
に飛ばしたり、昭恵夫人に携帯電話を水没させたりしている事からそれで間違いないだろう。

が、その背景は、すなわち真犯人といえるのはその人(別説に菅官房長官説も)ではないのだ。
どうやらその背景は、日本にはびこって暗躍しているのはチョウセン人人脈みたいなのである。
世界的規模で暗躍して悪さをする人を一般的に通称「ユダヤ人」と呼びならわしているように、
日本国内のそれは「統一協会」と呼ぶのがならわしである。実態は庵主には分かる筈もないが。

山口県のことを長州という。
「長州」というのは「ちょうせん」の訛りなのではないのか。
そもそもが山口県はチョウセン人部落だということはネットではよく知られている事である。
それが歴史的に事実なのかどうは、庵主は学者ではないので判じ得ないのである。

ただ「統一協会」と「長州閥」とはなぜか相性がいいみたいである。
気脈が通じるものがあるのだろう。勿論安倍総理も山口県の至宝である。祖父が岸信介だ
そして、長州藩の会津藩イジメでも分かるように、長州人の振る舞いは反日的なのである。
GHQの覚えめでたかったのも、日本の分割統治に都合がよかったからなのではないか。

[PR]
by munojiya | 2017-03-28 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-03-28 二義言葉「用を足す」
同じ言葉なのに、使い様によって反対の意味になる言葉がある。
話すときにはイントネーションや話し手の表情で意味が判るのだろうが、
文字にするとどっちの意味なのか分からない事がある。
「賢い」という言葉がある。英語に訳すと「クール」が近いのか。

普通は、頭がいいとか、賢明だというときに使う褒め言葉褒め言葉ほめことば</a>である。
しかし、悪賢い人をいう時も「あいつは賢いやっちゃ」と言うのである。
その時の「賢い」は否定的な意味である。
愛想のない人、すなわち鈍感な人、つまり頭の悪い人にも「クール」が使えるという

天才が作ると二義言葉はこうなる。嫌味の極致になるのである。笑っちゃいけないが可笑しい。
日本人「人がいやがることを進んでやる」
南鮮人「人がいやがることを進んでやる」。
庵主がいう「いいお酒」も二義言葉である。

勿論、表の意味通りで聞いていただいても全然問題はないのである。
二義言葉には表向きの意味とは別の意味が込められている言葉もある。
「用を足す」という。これは、普意のほかに別意があって、さらに裏意もあるから三義言葉か。
自衛隊ではこういう時にも使うのだという。又聞きの受け売りである。

[PR]
by munojiya | 2017-03-28 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-03-27 「刑事コロンボ的面白さ」
これも借題である。国有地激安取引は「刑事コロンボ」を見ているような展開だというのである。
まさに刑事コロンボ的な面白さだな
犯人は、安倍だと国民は皆知ってる後は、証拠がためで安倍が自白するまで追い詰める
典拠)。しかも、今度の事件は登場人物が全員嘘つきというドラマなので一段と面白いのだ。

「犯人」は既にとんでもないミスをしてしまっているというのである。
まあ今回の問題は安倍晋三が自分と嫁が関与してたら総理も議員も辞めるって言っちゃった
からだな
誰もそんなん求めてないのに。』(典拠)。

犯人なんかどうでもいいというのである。真犯人を挙げろ、というわけである。
真犯人とは、今度の取引を企画した(に違いない=邪推)仲間に冷たい「あの団体」のことだ。
維新下地が火病りだして「松井知事がはしごかけてやったのにあんたが勝手に落ちたんだろ!」
ってのはすごかったよなぁ』(典拠)。語るに落ちた「下地」とは下地幹郎代議士のこと。

ちなみに、「火病」はチョウセン人特有の精神病とされているので、一般的にはチョウセン人に
対してしか使えない、もしくは使わない言葉なのである。書き手にそういう知識があればだが。
維新=自民党(安倍内閣)=日本会議=統一教会=チョウセン人、という構図だというのだ。
表は「本醸造酒」だが、裏はアル添酒だというのと同じ構図だ。本醸造酒自体が混ぜ物の事だ。

[PR]
by munojiya | 2017-03-27 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-03-27 「レスリング相撲」
テレビを持っていなかったので、長い間、相撲を見ることができない期間があった。
映像として記憶にある横綱は千代の富士ぐらいまでだったか、その記憶すらあやしくなっている。
最近の横綱の名前ぐらいは知っていてもその相撲を見ることができなかったのである。
入場料を払ってまで見に行くまでもないからである。

だから、相撲取りの名前を言われてもどんな力士なのか全然分からなかった。
がしかし、時代は移って、ネットで相撲の動画を見ることができるようになったのである。
それで再び動いている相撲を見ることができるようなった。
NHKTVは幕の内からの放送だが、相撲協会はネットで朝から土俵を同時配信している。

で、ネットのお蔭で見ることができるようになったのが宇良の相撲である。
この取り組みは幕下ということで「宇良対佐藤」と二人ともまだろくな四股名がついていない。
もっと出世したら、「宇良錦」とか「佐藤錦」という四股名が貰えるのだろう。
「佐藤錦」は先にさくらんぼうに取られてしまっているから、それはないか。

「宇良」のテーマソングは「ウララ、ウララ」ということで四股名は「山本山」か。
『[宇良の]レスリングの癖は早く直した方がいいと思う。
十両では通じても、幕の内では通用したない[ママ]、こんな相撲では。』(同米)。なるほど。
お酒には違いないが、「こんなお酒では」というお酒もあるな、と思いが及んだのである。

-----

レスリングと違って、引いて相手を呼び込むのは相撲では邪道ということなのだろうか。
たしかに、相撲は勝つのが目的のスポーツではないような気はするが。勝てない宇良
気合と気合がぶつかって、両者からほとばしり出る気合を客がもらって帰るものである。
ただ勝つことだけが目的の気迫がこもっていない陰気な相撲はつまらないという事なのである。

思えばお酒もそうで、ただ酔っぱらうだけのお酒は呑んでもつまらないのである。
大手酒造メーカーが大工場で造るお酒の多くがそういうお酒だから、旨いお酒が好きな人は
そういうお酒を見向きもしないのである。
旨いお酒はそこに込められている造り手の気迫がうまいのである。

[PR]
by munojiya | 2017-03-27 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-03-26 「あからさま」
今日の標題は借題である。借題というのは他人の言葉から題名を持ってきたということである。
庵主が言っているわけではないよ、という事である。その言葉を拾ってきたのは庵主なのけれど。
谷を海外へ飛ばし昭恵は携帯水没させ証拠隠滅
これで自民党が問題無い問題無い連呼しようが説得力ゼロ』(典拠)。

あからさまな隠ぺい[隠蔽]隠滅が多いですなあ
印象悪いよ~』(同)。
国有財産を安売りしたのは財務省なのだから、安倍総理は何もうろたえる事はなかったのである。
適正に仕事をしなかった責任者を究明して適切な処置を行ないます、ということでよかったのに。

せっかく自民党の総裁の任期を伸ばしたというのに、それが無意味になりそうになってきた。
バカ安倍は失言が自分を追い込んるんだよ。
しつこい、しつこいと籠池を怒らしたり、
関わっていたら辞めるとか余計な事を言う。』(同)。「失言」のルビは「うろたえる」か。

籠池総裁に対する手の平返しで、総理の器が世に知れ渡ってしまったのだろう。
その人気が明日をもしれぬ顔を売る商売も大変だが、その器を売る政治家も大変なのである。
常に器を大きく見せておかなければならないからである。
その味わいを売るお酒も大変である。一口含めば旨いか否かがすぐ判るから。嘘がきかないので。

-----

本文中の引用文の「昭恵」は勿論、安倍昭恵内閣総理大臣夫人であるが、「谷」とはだれか。
内閣総理大臣付の「谷査恵子」さんのことである。
内閣総理大臣夫人の意向を忠実に忖度して動いていたといわれている、私人安倍昭恵のお世話を
していた公務員の名前である。

谷さんは計参照(庵主が使っているワープロ字書「ジャパニスト2003」は経産省が変換できないのである)の、おっと、(今“単語”登録した)経産省の役人で、このたび、何でも、海外勤務に飛ばされたという。証拠隠滅とも、口封じとも思われている異動によって。
ネットでは海外で暗殺されるのでないかと心配している人もいるほどの人気者である。

で、その「査恵子」と名前を見て庵主はこれは例のキラキラネームじゃなのかと思ったのである。
例のとは、そういう名前をつけるとこの子供が不幸になるといわれている名前の事である。
「さえこ」という読みは「ぴかちゅう」とか「てぃあら」などと違ってキラキラではないが、
「査」の字を名前に使うかということである。「捜査」の「査」だ。名前通りになったのかも。

庵主が書く酔っぱらい記事と違って、こういうのを意欲と気力のある記事というである。
その「谷さえこ」さんとはだれか、ということを詮索した、いや追求した、いや、探求したと
言った方がいいか、精力的に取材した、安倍総理風にいえば「しつこい」記事の事である。
谷査恵子さんの顔写真(昭恵夫人の妹さんみたいな横顔の)まで見つけてくるのだから。

[PR]
by munojiya | 2017-03-26 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-03-26 「在日」のルビは「きみん」
私たちが在日を韓国人と認めないのは、彼らがまったく祖国に貢献せず、
与えられた“特権”に胡座をかいているです』(典拠2:20)。
「在日」というのは「在日南鮮人」という意味である。
「在日南鮮人」を「在日」とぼかして言うのはチョウセン人である事を隠すためかと思っていた。

それとは別に、「南鮮人」と言えない事情があったのである。
在日南鮮人は祖国から南鮮人とは認めないと強く拒絶されているのだ。ルビは「きみん」なのだ。
日本では、日本人からの「差別」を口癖にする在日南鮮人が祖国を訪れたら、祖国の南鮮人から
「日本人の差別」以上の「差別」を受けるというのである。

そりゃ、ちゃんと“朝鮮学校”に通って朝鮮語を習わないからなのだろう。ここは嫌味である。
「私日本人です」といっても日本語が話せないというのでは、日本人なのか、チャイナ人なのか、
チョウセン人なのかが判らないのと同じである。同胞としての共感が感じられないからだろう。
しかも、南鮮は今大変な窮状にあるのに在日南鮮人は日本で特権に胡座をかいているのだから。

「在日南鮮人特権」はないという説がある。当の在日南鮮人が言っている。認識が甘いのだ。
「もっと特権を寄越せ」と甘えているようにしか聞こえない。祖国からも馬鹿にされるわけだ。
すくなくとも、本物の南鮮人から見ると特権に胡座をかいているように見えるというのである。
本ビールを「新ジャンル」と呼んで、何の新ジャンルなのかを言わないのも同様な事情なのかも。

[PR]
by munojiya | 2017-03-26 00:03 | Trackback | Comments(0)