<   2017年 04月 ( 60 )   > この月の画像一覧
2017-04-30 アニメの影響力
日本人で、百人一首のカルタ取りをやった人がどれだけいるものか。
全人口の50%は越えないのではないだろうか。
とはいっても、麻雀のように絶滅危機遊戯ではなく、
かるたクイーンがいるほどにきちんとその伝統は引き継がれているのである。

弓道人口と百人一首人口はどっちが多いかといった稀少伝統なのではないだろうか。
半径5メートルで生活していると世の中の全体像が見えなくなるのなるのである。
麻雀も、弓道も、百人一首も隆盛なら御免、である。
おそらくは多くの日本人にはなじみがないだろう百人一首にハマる外国人かいるのだという。

そもそも国内秘蔵遊戯としか思えない百人一首をどうして外国人が知っているのか。
アニメで見て知ったというのである。そしてカルタをやりたくなったというのである。
漫画の「ちはやふる」がアニメ化されて、それが外国で放送されているというのだ。
カルタのアニメを見て、外国人は分かるのか。面白いのか。どうやら面白いらしいのである。

アニメの影響力は凄いのである。「キャプテン翼」を見てサッカー選手になったり、
「ひかるの碁」を見て碁に興味をもった子供も少なくないという。カルタもまたそうなのである。
さすがに、お酒のアニメは、世界的に子供の飲酒は禁止されているから、作られても外国では
放送されないだろう。「夏子の酒」などはまだアニメにはなっていない筈である。

[PR]
by munojiya | 2017-04-30 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-30 南鮮はトイレの「先進国」でもある
「先進国」とは書いたが、漢字は「ユーモア」と読んでいただきたい。
南鮮の、先取的なトイレ事情がこれだという
「先取的」というのは、「先ず、仕切りを取ってしまった便所」という意味である。
「的」は「てき」ではなく、どちらかという「まと」で、的に向かって出すのだという。

国旗に対する敬意のさらさらもないお人柄がよく見てとれるのである。
南鮮の国会議員は、日章旗を踏んで進まないと議員になれないのかと思ってしまうのが
いつもの、この写真である
国旗を踏みにじって行進しているのは南鮮の国会議員なのだ。

それは「南鮮人の一部の人だけだ」というのが南鮮人の反論らしい。
しかし、「議員〈エリート〉」にしてこうなのだから、それ以下は推して知るべしなのである。
先取的の本来の意味は、時代を、流行を、思想を先取りしているという事である。
凡人の斜め上をいく発想だとすれば、南鮮のトイレは十分に先取的なのである。

南鮮には、トンスルなる酒が、本当にあるというのである。
普通の日本人なら、間違っても飲めない筈である。
否、日本人にも、健康法と称して自分のオシッコを飲む人がいるから、そうでもないか。
そういう健康法を実践している人は実はチョウセン系日本人〈にっぽんじん〉だったりして。

-----

毎度の笑韓ネタなので、笑い飛ばせばいいのである。
そもそも外国の便所事情はそんなもの、もしくは中国のニーハオ便所のように、
日本人の発想の斜め上の遥か上をいくようなところが多いのだという。
南鮮に憧れ、チャイナ国を訪れ、印度で放浪する人、そういう便所に強い人達なのだ。

「恩という概念のないヒトは人間じゃない」と言っていたのはシナの古書だったか。
ずばり、どこかの民族を、多分そのころから馬鹿にしてそう書いたのにちがいないと思われる。
昔からちっとも変わっていないという事である。
識者によると、本文で引用したサイトには罠があるらしい。

なんこか嘘のやつもあるね。』(典拠米)。それを含めて笑い話である。
聞いていて違和感を感じさせない嘘を混ぜるというのは聞き手を喜ばすためのテクニックである。
故・永六輔師がよく話を膨らませていたのである。時に嘘をまじえて面白く話していたものだ。

紙流せないのは世界の普通だよ』(同前米)。
自分の時間を韓国に費やしてるだけ笑
あなたたちは本当に韓国のことが大好きなんですね!』(同前米)。可笑しいから好きなのだ。
笑い話の宝庫だからだ。笑う事は百薬の長である。南鮮は日本人の健康増進に寄与しているのだ。

[PR]
by munojiya | 2017-04-30 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-30 「これはマジならすごいわ」
小学校の父親参観のとき、児童たちが「将来の夢」について作文読んでた。
まだ低学年ということもあり、夢いっぱいの子どもたちが「大きくなったら中村俊輔みたいな
サッカーの清酒になります」とか「大きくなったら、お母さんみたいな看護婦さんになります」
とか言ってる中「大きくなったら総理大臣になります」と言う子どもがいた。

その子の作文の内容が「大きくなったら総理大臣になります。そして、子どもに変な名前を
つけちゃいけないっていう法律を作ります。変な名前だと子どもはイヤです。
大人は、子どもがイヤなことをしたらいけないと思います。子どもに変な名前をつけた大人は
罰金にします。それから、変な名前の人は自分で変えてもいいっていう法律を作ります」

と宣言してて、今日いつ中居゛しーんと静まり返った。
作文を読み始めるまでは、教師の制止も無視してビデオ撮りまくって「こっち剥いてー。
もっと大きい声で読んでー」とかやってたその子の両親がビデオカメラ止めて無言で
うつむいているし。

その作文を読んだ子の名は「恋獅子(れんじし)」君だ。』(典拠4:13)。
これはマジならすごいわ』(同4:52)。
ラジオを聴いていたら、クラフトビール事情が話題だった。その中で、ヤッホーブルーイングの
「よなよなエール」がうまいビールの一つだと。言うならば、ビール界のキラキラネームである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-29 2017年4月の園遊会
今年(2017年)の春の園遊会の映像である。TV局が撮影したものである。
当たり前だが、手プレ映像と比べたら格段の差である。カメラは動かすなが映像の基本なのだ。
カメラをちょろちょろ動かすような事を「奇をてらう」という。見ていて疲れるのである。

カメラは動かさずにどっしりしていなければならない。
お酒もそれが基本である。香るお酒とか、超すかすかの辛口酒というのは奇をてらった酒だ。
呑んでいて疲れるのである。
やっている方は進取なことをやっているつもりなのだろうが。

さて、園遊会では、皇室は麗しいのである。出席者は晴れやかなのである。
一人だけ、奇をてらった人がいるのである。あれっ、と目が行くのである。
こちら影武者なのか、突然性格が変わったみたいなのである。
今まで、間違っても着物を召されることがなかった人が突然着物でのお出ましなのである。

動画1である。
そのタイトルが可笑しい。
【天皇家の秘密】美智子さまもお喜び! 雅子さまが大きな壁とも言われる園遊会に和装で
挑まれる』(同)。「臨まれる」ではなく「挑まれる」なのである。奇跡が起こったというのだ。

-----

『和服を着ることが何故、そんなにご負担なのですか? 美容師が着付けもするでしょうに。』
典拠)。出自が日本人ではないので、和服を着ることに精神的抵抗感があるか、信仰上の都合で
皇室のしきたりには馴染めないのか、皇室を破壊するために送り込まれた工作員なので、我が国の
伝統をないがしろにする振る舞いをわざとやっているか、といったところなのかもしれない。

まさか、とは思うが、その任にたえる能力がおぼつかないということはあるまいが。
御名は「まさこ」だから、その名のとおりに「まさか」だったら、本当に困るのである。
祭祀の継続が皇室の本来で、それができないというのだから、そっちの能力を疑わざるをえない。
武家では「三年子なきは去れ」とされたらしい。皇室なら「三年祀りなければ去れ」だろう。

[PR]
by munojiya | 2017-04-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-29 左巻きの発想は自己否定なのである
左巻きの発想というのは自己否定の事をいうのかもしれない。(欄外参照)
左巻きというのは、アカと呼ばれるちょっと変わっている人達のことである。
正義の見方である。正義の「味方」ではない、「見方」である。
庵主の正義の定義はこうだ。「自分にとって都合のいいこと」。左巻きはそういう見方をする。

一途、という生き方がある。評価は二分する。それしか見えない生き方のことでもあるからだ。
庵主などは、毎日呑むお酒が違うという浮気な生き方である。
例えば「酔心」一筋といった一途な呑み方ができないのである。
「朝日新聞」一筋といった一途な生き方ができないようにである。

「朝日新聞」では効かなくなった人は「東京新聞」を読むようになるというのである。
その愛称は「頭狂新聞」である。「毎日新聞」が「変態新聞」と呼ばれているように、である。
報道業も商売だから、読者が喜ぶような記事を書くのである。お人が悪いという言い方もある。
そういう記事が書ける人を記者にするから、正義とほど遠い人が読むと違和感を感じるのだ。

どこがオカシイというのではないが、やっぱりオカシイという感覚のことである。
庵主は知らなかったが、政府から「空襲注意報」が出ているらしい。庵主は聞いてないのだ。
それに対して、「頭狂新聞」の賢明記者は、核ミサイルを日本に打ち込むといっているならず者
の北鮮ではなく、無辜の日本政府に文句をつけているというのである。アホか、いな頭狂だから。

-----

たとえば、福島の原発が大爆発して、首都圏は放射能汚染で住めなくなったのですぐに避難しま
しょうと言われても、庵主には即座に逃げる術がないのである。
1千万人が速やかに避難できる方法がないからである。飛行機・電車・道路などはそれを満たす
容量がないからである。まして、瞬時の核ミサイルなら避難の方法すらないのである。

ということは、そうなったら、ここで死ぬというのが庵主の生き方である。
その日のために、最期に呑む旨いお酒を確保してあるのである。
それは、すなわち命と引き換えの旨いお酒なのである。
庵主の、最後の花道である。夢の実現が絶望との引き換えというよくある事の実現である。

弾道ミサイル落下時の香道について』(典拠。以下同じ)だという。
フェイクかもしれないが庵主に判断できない。そのブログ主を信用するしかないのである。
〇弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。[すなわち、逃げきれないよ、と
いうことを言っているのである。以下の説明は暗に核ミサイルの事を想定していのである]

〇ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラート[日本語を使えよと思うが]
活用して、防災行政無線で特別なサイレン音[どんな音なのか効いたこともないのた]とともに
メッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。』。
「東京新聞」はその危険性があるので核防衛をすれと暗に言っているのだ。金主は湯田金かも。

-----

見掛けと中身が逆ということはよくある事である。
今はもう流行らないが、昔は左翼雑誌というのがあった。
左翼の論者が熱く持論を語っていた評論雑誌である。
同様の熱意に映画雑誌というのがあるが、左翼雑誌もそれに似たようなものである。

真に受けると騙されるという所が同じである。
映画は端から嘘と分かっているからいいが、もう一つの方は身を危めることがある。
映画で死ぬ馬鹿はいないが、左翼思想で死ぬ人は少なくないのである。
それどころか、左翼思想で殺される人の数の多いことは想像を絶するのである。

文化大革命で殺されたチャイナ人数千万人とか、ソ連でン千万人、カンボジアでは国民の半分
だったが殺されたと聞いている。チャイナは数千万を五、六千万と見るか、二、三千万と見るか
は別れるところだが、どっちにしても、庵主の想像力を越えている数字であることに変わりない。
庵主が使いこなせる数はせいぜい百万である。それを超える数字はもはや狂気というしかない。

その左翼雑誌は見掛けは左巻きだったが、金主は総会屋(左翼とは対極の最右翼)だったのだ。
その雑誌に論評を寄せる人達は超右翼にからかわれていたということである。
言葉を換えれば、馬鹿にされていたのである。勿論、投稿者も、それは知っていた筈である。
左翼はしのぎが下手くそだから、稼いだ人にタカルしかないのである。自立心がないのだ。

-----

自立心があっても庵主のように、稼ぐ能力がない人もいるから、左翼だけが惨めなのではない。
ただ、庵主の場合は、左巻きを笑って見ることができる能力があったのが幸いだったのである。
人生〈このよ〉の「主役」を張らないですんだのである。
馬鹿の主役を、おっと言葉を換えよう、愚か役の、否、注目という名の蔑視を受けずにすんだ。
スポットライトを当てられることがない地道な、堅気な生き方をしているという事である。

竹槍でB29を落としましょうという感じのミサイル対応策はこうである。
『メッセー死が流れたら、おっとミスタッチによる誤変換、メッセージが流れたら、直ちに以下
香道をとってください。庵主の日頃の優雅な生活をさりげなく漏れ伝えさせてしまうような
誤変換である。行動をとってください、である。

【屋外にいる場合】
〇近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
〇近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。
[物陰に身を隠すとか、地面に伏すというのは気休め以外のなにものでないだろうと思われるが]

【室内にいる場合】
〇できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動する。
~行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください~』(典拠)。
これをギャグと受け取るとか、適切な指示だと見るかは別れるところだろう。

-----

(欄外)
我が身を犠牲にして、他の人を生かすのではない。
もし左翼がそれだったら、特攻隊員もそれだったので左翼がそれを糾弾する理由がなくなる。
しかし、真の左巻きとは、自らの思想を持って我が身を滅ぼす人の事をいうのである。

頭がいい人はなぜ左翼思想にハマるのか。
それは馬鹿だからである。
庵主の言葉でいえば、「いいお酒を知らないからであある」。
ここ日本〈にっぽん〉では、お酒というのは他人に対する感謝の固まりなのである。

国民は、自由にお酒を醸してはいけないのである。旨いお酒は他人が醸してくれたものなのだ。
焼酎に梅を漬けて梅酒を造ることすら禁止されていたのである。
いまでも、ドブロクを造ってはいけないことになっている。
自分で呑む分にはお目溢しだが、人から頼まれて造ったり、売ったら犯罪になるのである。

ドブロクは酒造免許を持っている人が造ったものが時々売られているが、その殆どは大して
うまくないのである。例外は重武酒造の「十二六」である。ドブロクは自分で造るに限る。
反戦を掲げて戦うのが左翼の詐翼たる所以で、即ち思想の基盤が嘘なのだが、敵がミサイルを
撃ってくる状況を防げと言うのだから、こちらも核防衛をすれという事になる。自己否定なのだ。

[PR]
by munojiya | 2017-04-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-28 金正恩の影武者の顔の見分け方
金正恩には、影武者が15人いるといわれている。
否、正しく言うと、15人いると書いているものを読んだことがある。
その人はどうやって15人という人数を確認したものかは、庵主には分からないが。
しかも、本物の金正恩はあの体形故に高血圧か何かでもう死んでいるという説もあるのである。

それが事実なら、今、庵主が見ている金正恩の写真は、どれもが影武者だということになる。
せんだって、ロシアのプーチン大統領が来日したが、その大統領も以前の人はすでに暗殺され
て今のプーチン大統領は贋者だという人もいるのである。どうやって確かめたものか。
それが事実だとしたら、先に日本に来たプーチン大統領は何番目の影武者だったのだろうか。

違いを知るためには、まず二つの物を比べてみるということである。
お酒も味わいを覚えるためたには二つのお酒を飲み比べてその違いを会得することから始まる。
影武者の判定もそうである。一見、よく似ている二つの顔の細部の違いから見極めていくのだ。
勉強動画はこれである

しかし、『残念ながよ[庵主校正:ながら]、同じ耳の形だなぁ。左の写真は太りすぎで耳たぶ
が引っ張られているが…… 同じ人物にまちがいし。影武者にしては証拠が薄すぎ。ガセネタ
っぽいね』(同前米)とも見えるのである。
吟醸酒と本醸造酒と純米酒と普通酒の中から本物の1本を見極めるようなものか。さあ、どれだ

-----

まず、この顔から(その0:42)から見てみよう。
穏やかな性格に見える顔の「金正恩(影武者番号不明)」である。
整形をしても、耳の形は変えられないというから、まず耳の形に注目するのである。
そして、髪形が特異なのでその生え具合を見るのである。

眼鏡のツルの、肌に食い込んでいる感じにも注目である。良く写っている写真なら、手の指の形
や手相(実例0:26)も影武者番号を確定する要素になる。
同じ動画の3:02の金正恩は、目元が優しい影武者(影武者番号不明)である。
同じく11:34の影武者(影武者番号不明)はかなり目つきがキツイ。

『[北鮮からミサイルを]4発撃たれたとき、政府は2発しか撃ち落せないと言った。それも
100%ではないという。狙われれば、必ずどこかに着弾し、被害や犠牲者が出るとのことだ。
現状、日本は有事に関する避難対策を全くやっていない。災害時は自衛隊が頑張ってくれている
けど、有事は防衛のために自衛隊はどうしても手薄になる。

工作員が日本に潜伏してるので、あちこちでテロ勃発するだろうし、大丈夫か。』(同前米)。
要するに、北鮮から先にミサイルを日本に向けて発射されたら防ぎようがないという事である。
しかも弾頭に核爆弾とか毒ガスが使われていたら被害はどれぐらいの規模になるかも判らない。
北鮮が暴発する可能性が高いのなら、先手を打って危険を排除するのが政治じゃないのか。

-----

次はプーチンさん。
https://www.youtube.com/watch?v=rn-osSKRG6I
https://www.youtube.com/watch?v=KNDj0bmNbNE
さらに、ヒラリーさん、である。
https://www.youtube.com/watch?v=OiyvxcnaDVU


[PR]
by munojiya | 2017-04-28 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-28 尤もな思い
外国人に日本の聖地を汚されたくない。外国人に観光の土地にさせたくない。』(典拠米)。
どうしてそのような考えなのでしょうか? 個人的には日本のことを知ってほしいと思うし
外国の方々に日本の神社仏閣を訪れてほしいと思っています。少々偏屈ではないでしょうか。
(同米)。これでもそう思いますか。平和とは何か。異人と関わり合いにならないことである。

軋轢とは他人との関わりで生じる不快感をいう。異文化と接する事で生じるストレスの事だ。
それの大がかりな状態が戦争だろう。
「ストーカー」と読む人もいる「南鮮人」の、度重なる日本人に対する難癖の煩わしさも、
そのストーカーと関わりになったばかりに生じている不愉快なのである。

そんな外国人と交流しても何の利益もないということである。
そのスタイルを利用させてもらうことによる便利はあるかもしれないが、外国人と交流すること
で得られる利益はまずないといっていいのではないか。
風習や文化の違いによる軋轢が生じるだけなのである。

外国人が日本に来て「電車のダイヤが正確なのでクレージーだ」と言って驚くというらしいが、
そんなことはお前さんに関係ない事なのである。日本人の都合でやっている事だからである。
チャイナ人は「日本の道路は清潔だ」と口を揃えて言うのがお約束みたいだが、奇麗な道路が
本当に好きなら自分でやればいいのに。外国人に先に旨いお酒を呑まれたのではたまらない。

-----

観光で日本に来たチャイナ人が、口を揃えて「日本の道路はゴミ一つ落ちていない」と言って
驚くのは、あれは道路が奇麗だといって褒めているわけではなく、ただ単に自分が日本に観光に
やってこられたという証で口にしているのではないだろうか。日本に来たという証明に、である。
パリを訪れた日本人が、エッフェルト塔を見て「写真と同じだ」と言うようなものである。

神道は宗教ではありません。』(典拠米)。
神社庁は宗教法人ですけど宗教ではないとはどう言った意味なのでしょうか?』(同前米)。
「米だけのお酒」と謳っているお酒に、「これは純米酒ではありません」と注意書きが書かれて
いるようなものである。普通の人には何を言っているのか分からないのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-28 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-27 石破茂の「何が起こるか説明する能力」
政治家の資質には二つの条件が必要だとチャーチルは言った。
まず、これから何が起こるかを語れる能力が必要だという。
政治家というのは未来に夢をいだかせる商売だからである。
仮に、明日が地球最期の日であったとしても、楽観的に語れる能力のことである。

逆に、それを悲劇的に騙るのが宗教屋、おっと、宗教家の商売である。タチが悪いのである。
で、政治家に必要なもう一つの才能は、昨日語ったことがなぜ今日起こらなかったのかを説明
することができる能力だという。
露骨に言えば、上手に嘘をつける能力が政治家にとって必要な資質だということである。

ほら、チョウセン系国会議員や安倍晋三総理がそれにふさわしい資質を持っていることで、
政治家にふさわしい“人材”なのだということが分かるのである。
石破茂議員が第一の能力を開示しているのである。
金正恩が[2017年]5月9日まで動かないと言える理由』(典拠)を説明している。

5月9日というのは、南鮮の大統領選挙の投票日である。
親北派といわれている文在寅を支援するために、北鮮は動かないというのである。
下手に動いて、南鮮人が北鮮につながっている文在寅は危険だと思っては困るからだという。
庵主も将来を見通する能力はあるのである。今呑んだら、次には酔いが回ってくるだろう、と。

[PR]
by munojiya | 2017-04-27 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-27 南鮮次期大統領に関する専門家の分析
朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は、文[在寅]氏が次期大統領になる可能性が高いと
分析し、[中略]「韓国が中国に飲み込まれないようにするには、日本に頭を下げるしかない。
典拠4:13)と言っているという。
日本人はチョウセン人には見切りを付けたからその道はないと思われるが。

仏の顔も三度まで、を越えているからである。もうどうでもよくなっているのである。
松木所長も人が悪いのである。日本人はクールなことを知っているくせに相手に気をもたせる。
>日本に頭を下げるしかない<
いや、こっちにも拒否権があるよ』(同6:53)。

韓国滅亡は仕方ないとしても、
不良在庫の対流はたまらんぞ
廃棄含めて処分方法を
ハッキリさせてくれ』(同7:22)。

チョウセン人は『最悪のタイミングで
最悪の選択肢を採る
わらってしまう』(同7:38)。
呑みすぎてもう呑めないのに、目の前の美酒に目がくらんで、もう一杯呑んでしまう様なものか。

-----

うまい譬えである。
韓国という共産主義に防波堤が壊れ、
赤い津波が日本に押し寄せて
くるようになるだろう

そうなりたくなかったら、
防波堤を強化するしてないんだ』(同6:25)。
防波堤の役割を果たしているのだろうか?
むしろ、抜け穴の様になってないか?』(同6:42)。

[PR]
by munojiya | 2017-04-27 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-26 水道水が飲める幸せ
人口1億人を超える国家で、遍く水道水が飲める国は日本だけですよ。日本人として生まれた
だけでも、ある意味人類の中では勝ち組です。
日本人・日本人……を連呼すると、左翼・在日朝鮮人らは実に困惑するのです。
彼らの行き場が無くなるからです。

日本人が、日本人として誇りを持たれると、自らの虚偽性が、日本人に発覚するからです。
私は中国・韓国・台湾・タイ・フィリピン・ハワイ・米国本土カナダに行きましたが、いずれも
日本に勝てる国は無い!と自信を持って言えます。
海外の事情を知れば知る程に、日本人の愛国心が高まるのです。

と同時に、左翼・在日朝鮮人の虚偽性と、被害者利権を覚知することになります!』(典拠米)。
「被害者利権」というのは「被害者ビジネス」と言っても同じである。それが商売なのだ。
庵主は、妻子を養うための男がやる商売には何にも言わないが、しかし、人殺しと戦争商売は
その限りではないのである。そして被害者ビジネスもそれと同列に看做すのである。

日本が恵まれた環境にある事を理解してない人が多い。
だから某外国人に平気で水源地の土地を売ったり、買われたりするんです。』(同前米)。
麻生太郎議氏は、その水道の民営化を計画しているというのである。騙されちゃいけない。
お酒を呑むという事は水道水ではないが日本の恵まれた水を呑んでいるという事なのである。


[PR]
by munojiya | 2017-04-26 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)