<   2017年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧
2017-05-25 反安倍ブログ
旗幟鮮明という。岸信介総理大臣は明白に朝鮮系だという意味ではないので為念。
主義主張がはっきりしているという事である。
それが間違っている主張でもかまわないのである。
お酒は純米酒に限るという主義主張もある。純米酒原理主義と呼ばれる。

宗教でも、イスラム原理主義とか、キリスト教の聖書原理主義とかがあって、
その二つの宗教は確か一神教で、別の神様の筈だから、一つが正しければ、もう一つは間違って
いるという事になるのだが、世の中は便利なもので、それが両立しているのである。
ということは、どっちも間違っているということである。

原理主義とは間違っていることを声高に主張することとしておけばいいのだろう。
以前は、マスコミに官邸機密費をバラまいておけばよかったが、今はネットで嘘がばらされて
しまうので、各陣営ともネット工作に力を入れているという。
安倍総理ヨイショをネトウヨと呼ぶみたいだ。その逆の反安倍〈あべにくし〉もある。

反安倍のブログではこうなるのである。郵便ポストが赤いのもみんな“安倍”が悪いのである。
安倍首相が韓国のノービザをやめないから韓国人が[犯罪を]やりたい放題』(典拠
つか、安倍のせいじゃん……』(同)。旗幟鮮明なのである。安倍さんは岸さんの孫だっけ。
長州(チョウセン人系)が日本の政治を壟断している図だと見えるのだろう。一つの主張である。

-----

安倍晋三チョウセン人説というのは当然存在しているのである。
日本人は自分が気に食わない奴をチョウセン人認定して憂さを晴らすのが健康法だからである。
しかし、聞くと、安倍総理はかみさんがチョウセン人風で、周りがみんなチョウセン人で、選挙
のスポンサーがチョウセン人だという噂がひょっとして本当ではないか思われてくるから怖い。

噂というのは、もしかしたらそうかもしれないという疑心を暗鬼させられるところにその面白さ
があるので、情弱な庵主などは素直にその噂を信じてしまうのだ。その方が面白いからである。
間違っていることは、誰が信じようと信じまいと、それが事実になる事はないのではあるが。
噂を信じる人を嗤うが、南鮮人はその噂(嘘の歴史)を信じる人達の実例だろう。笑えないのだ。

噂がそこでは「真実」になっているからである。
中韓は、嘘が前提の社会なのである。日本はそれとは逆に嘘はいけない文化なのである。
両立しないのである。日本人の庵主は日本の文化になじんでいるからそれが好きなのだが、
中韓人から見たら馬鹿にか見えない筈である。両立しないところに友好なんかありえないのだ。

日韓議員連盟とか、日中議員連盟は、ありえない友好を推進するという嘘つき団体なのである。
前提が嘘なので、その本当の目的は友好推進ではなく、その口実に伴って発生する、もしくは
政治的に発生させる利権のおこぼれを求めて集まった議員たちというのが本当のところだろう。
真実は数で圧倒する嘘には敵わない。旨いお酒がそうでない数多くのお酒に及ばないように。

[PR]
by munojiya | 2017-05-25 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-25 あれ「無限の住人」は無限の彼方へ
2017年5月20日(土)から5月21日(日)の週末映画興行成績(興行通信社)である。
1位はディズニーの「美女と野獣」で売上げも上々だという。興行収入が100億円を突破する
勢いの大ヒットだという。この映画は世界的にヒットしているという。
庵主は全然触手が動かないのである。世界の動きから取り残されているようである。

2位はアニメの「コナン君」だという。庵主は予告篇しか見たことがないが、人気があるようだ。
題名は「名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)」である。「紅の」か「唐紅」なのか判らん。
発動城で3位になったのが人気コミックの実写映画の「ピーチガール」だという。
週末2日間で動員12万人、興収1億4300万円を記録したという。
ちなみに「美女と野獣」は動員30万7067人、興収4億3456万円である。

初登場で3位の「ピーチガール」はこんな感じだという。
ギャル風な見た目で誤解されやすい女子高生“もも”を山本美月、そのももが中学時代から
好意を寄せる“とーじ”を真剣佑、ももに興味を持つ学校の人気者・浬[読めない]を伊野尾慧
が演じ、10代を中心に熱い支持を集めているようす。』(典拠)。

「とーじ」ときたら「杜氏」という字を思い浮かべてしまうのは庵主のサガゆえにである。
で、キムタクの鳴り物入り映画「無限の住人」は10位の中に入っていないのである。
無限の彼方に消えていったみたいである。
コンピタの発達で興収の集計が速くなったのだろう。不入り映画には辛い時代になったのである。

[PR]
by munojiya | 2017-05-25 00:03 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-05-24 現行憲法に反旗を翻した現天皇
天皇陛下が日本政府に反旗を翻したというのである。
「憲法違反」行為をやっているというのである。
ボケの症状が出られた天皇陛下を唆しているのは皇后陛下だというのが専らの噂である。
噂の出所は、なぜか異常に皇室事情に詳しいこのブログである。庵主の情報源である。

そのブログを読むと皇室の構造が見えてくるのである。
今の皇后陛下は、まず立后していないというのである。
すなわち、贋皇后だという。世界的にも皇后陛下の扱いは天皇夫人なのだという。
加えて、今の皇后陛下は元の皇后陛下ではないというのである。

すなわち、贋本尊を見せられてきたというのである。
庵主には噂を検証する能力はない。面白ければそれを信じるしかないのである。
庵主にはそのお酒をどう造ったかを調べる術はない。美味しかったらそれを認めるしかないのだ。
今度の反旗は噂は「わがまま」だと言っている。

『[2016年]11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」
などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い
不満を漏らされていたことが明らかになった。』(典拠)。
まったくその通りで、祈っていてくださればいいのである。なんの異論も庵主にはないのである。

-----

宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を
知らないのか」と話す。』(典拠)。
その、やってきた事は世間ではこう見られているのである。
だから、それが要らぬこと。わがままなんです。』(典拠)。

祭祀を手抜きして外遊ばかりしている。外遊は国事行為ではないのに。息抜きなのである。
しかも、護衛艦をタクシー替わりに使ってのうのうと外遊しているらしい。
体力が衰えて国事ができない筈なのに、その後ますます外遊が増えるというタフネスぶり。
跡継ぎに祭祀能力なしという子育て放棄のだらしなさ。やってきた事を知っているから故なのだ。

個人的不満を表に漏らすなど、天皇にはあるまじきお振る舞い。』(典拠)。
日本人の嫌味は「あるまじきお振る舞い」という言い方で極めるのである。
庶民の言葉で言えば「みっともない」ということである。
日本人は我慢できる内はなんにも言わないのだという。

しかし、いったん忍耐の限界を超えたときは容赦しないのだという。
本当にそうなのかどうか、日本人にあるといわれている武士道同様、庵主はそう振る舞っている
日本人の姿をまだ見たことがないのである。
シナは眠れる獅子といわれたが、目を覚ます事はなかったように、である。

[PR]
by munojiya | 2017-05-24 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-24 つい「か・みゆ」さんと読んでしまった話
記事はこうである。庵主は「夏美優」さんを、つい「カ・ミユ」さんと読んでしまったのである。
2017年5月11日、韓国・聯合ニュースによると、日本の作詞・作曲家がこのほど、
韓国を応援する歌を発表した。
[“日本の”策士・作曲家である事は間違いないのだろう。だからといって日本人とは限らない]

韓流ファンである夏美優さん(60)は11日、聯合ニュースとのインタビューで、韓国を応援
する歌「チングヤ(友よ)」を発表した理由について「昨年から政治や外交などで困難な状況が
続いている韓国の人たちを元気づけたかった」と説明し、「日韓関係は悪化しているが、韓国を
友達と考える日本人も多いということを歌に込めた」と明らかにした。』(典拠)。

残念なことに、今、まともな日本人で南鮮人を友達だと思っている人はまずいないのではないか。
生理的に合わないのだから友達の範疇には入らないのだ。知り合いの域を越えないのである。
その夏さんを、てっきりミウさんだと思い込んでしまったのである。
それが違っていたのだ。よくみたら「策士・作曲家」も違っていた。「作詞・作曲家」である。

夏美さんは11日、聯合ニュースの電話取材に対し、昨年から政治や外交などで様々な困難に
直面している韓国の人たちに元気を与えたかったとし、韓日関係は冷え込んでいても韓国のこと
を友達のように感じている日本人も多いということを歌で表現したと説明した。』(典拠)。
夏美さんは男だったのである。吟醸酒だと思った呑んだ「鳥飼」が焼酎だったようなものである。

[PR]
by munojiya | 2017-05-24 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-23 「平成」という元号の解題
「平成」という元号は、チョウセン人が日本を支配したぞという勝利宣言なのだという説がある。
日本は乗っ取られたというのである。チョウセン人に。
確かに、日本〈にっぽん〉の大金持ちの上位10位はみんなチョウセン人なのである。
一、二、日本人がいたかもしれないが財産を相続した人で実業家ではないだろう。

そして、国会議員の多くがチョウセン人、もしくはその親派であるという現実。      
南鮮や北鮮にお金を貢ぐ政治家がいい政治家だとみられている現実も。
日韓議員連盟というのがあるが、日米議員連盟というのはあったっけ。
北鮮は統一協会、南鮮は創価学会、アメリカへは日本政府が送金窓口という事でいいのか。

送金というのは日本人の血税を相手側に送るということである。垂れ流すともいう。
送ったお金に対する感謝の言葉もそのお金も戻ってくることはないとされているお金である。
お酒なら、いっぱいお腹に送り込めば、たっぷり戻ってくるのである。嘔吐するのである。
そもそも「平」のつく元号は呪いの元号なのだという。それを敢えて採用した奴は誰か、である。

日本人〈にほんじん〉ならそんな元号を付けないというのある。
その毒に当たったのだろう、小渕恵三総理は。
「金正日」は「金征日」なのだという説がある。宇野正美先生の説である。座布団5枚。
「平成」は「平壌・金日成」だというのである。それを提案したのは山本達郎ではないかと。

-----

安岡正篤という陽明学者がいる。
最後にくっついていた女は細木数子だったという。チョウセン人だとされている女である。
安岡にボケが出ていて気がつかなかったか、最後は同胞の誼だったかは庵主には知る由もない。
加えて安岡はその出自がはっきりしないのだという。生徒の名前を見れば、見当がつくか。

その生徒というか、塾生というか、信者には長州さんが多いのである。
長州といえば暗にチョウセン人と見做すのが歴史業界のしきたりになっているようである。
チョウセン人だと疑え、という程度なのだろうが。そこに住み着いたチョウセン人が多かったと
いうことなのだろう。昨日今日の在日コリアンではなく土着化したチョウセン人という事である。

安倍総理の下関の事務所もバチンコ屋が持っているビルの二階にあると聞いたことがある。
統一協会からの出前サービスによるものなのか、同胞の誼なのかは知る由もないが。
出前サービスというのは、統一協会がやっている国会議員に只で秘書を貸し出す事である。
勿論、善良な秘書が送られる来るわけではないのである。見返りはいうまでもない。

それを無批判に受け入れるのも同胞の誼によるものだと見れば奇異なところはないのである。
チョウセン人が日本で好き勝手なことをやっているという事なのである。
それよりも、今は、天皇陛下が政治に口出しをするという異常な事態が起こっているという。
天皇陛下と書いたが、操っているのは皇后陛下だというのが専らの噂である。その背後は尽紙数。

-----

紙数は尽きても、余裕はあるのである。
天皇クーデターです。
国民の選んだ代表者官邸の言うことも聞かず、勝手な論や気持ちを言い放ち[皇后が、ですよ]
国民を混乱に陥れ、内閣より自分の権力誇示をしている。

秋篠宮殿下が「公務は受け身です」と話された御意志とは真反対、
こんな皇室がありますか? [以下も原文通りである]
バカ天アキ天エロ天、最低天』(典拠米)。
それを読んだら、庵主はうまい天ぷらを食べたくなってしまったのである。

女性週刊誌では飽き足らずNHK、そして新聞報道
女帝と創価の専横極まれりという感じ
これではっきりしたのは
今の日本はこんなおかしな勢力に牛耳られているということ

ラスボスは間違いなく皇后[GHQから送り込まれた方]
秋篠宮は女帝の実子でない確率が高いことです[なるほど、邪推はそういう風にするのか]
歴史的に見て、後鳥羽上皇とか白河上皇など上皇が権力奪回や不倫でやりたい放題した時代は
大乱や内戦が起こります。』(同前米)。庶民の直感でもこれだけ分かるという事である。

-----

電車デート画像について。
腕輪の処理が甘い。
指輪の陰影おかしい。
女性の向かって右の腕の接続部分の位置がおかしい。

肩幅45cm?
左腕の肘の位置がおかしい。
髪形が変。2016年夏は前髪は薄かった。
髪の毛の生え方も変。

頭が大きすぎ。眞子さま、5頭身ですか?
隣の男性は愛子と同じで天辺が長いし、顔全体がでかい。
相変わらず下手な処理と、画像処理のプロの旦那が言ってます。』(典拠米)。
これがそのイカガワシイ写真らしい。な、何なんだ、このデタラメな写真は、である。

週刊誌は昔よく心霊写真を作っていたが、けっこうそういう写真を作るのが上手なのだ。
いや下手なのか。簡単に見破られしまうのだから。
今ほどにはフォトショの使い方に慣れていなかったという事なのだろう。
庵主が、映像のCGとか、画像のフォトショはつまらないというのはそういう事なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-05-23 01:20 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2017-05-23 「男は黙って嫌韓」騒ぎ立てるまでもない
日本人は「男は黙って嫌韓」でしょ? マッコリはおろかモランボン・ロッテ品も買わないし、
わざわざ韓国みたいに「運動」しなくても買わないでしょ? 知り合いの女性なんかスーパーで
買い物するときは、「生産国」中国・韓国と書いてあれば衛生面でも危なくて見向きもしない
との事。』(典拠米)。

まあ、あの手の人に係わり合いたくなる日本人は少ないのではないか。
あの手の人に関わり合いになったフジテレビは今日本人から今そっぽを向かれているという。
一々「あの手の人」と書いたら字数がくうので「ソレ」と書くが、日本人にはソレが苦手という
人が多いのである。声がデカい、体がデカい、態度がデカい、で小日本人は敵わないからである。

世の中は毒蛇なるものが存在しているが、東京暮らしをしている庵主にはその存在はないと
言っていい平和な状態である。関わり合いになることを避けているからである。忌避してる。
毒蛇屋にわざわざ寄って行ってそれを相手にしたのでは噛まれたら死にかねないのである。
同様に、チョウセン人も苦手な人は関わり合いにならないのが身の安全だという事である。

しかし、毒蛇と違って、ソレは向こうの方から日本人に擦り寄ってくるから怖いのである。
子供の自分から「反日教育」を受けてガチの反日気違いになっている人達なのだから。
模様が奇麗だからと思ってうっかり触ったら毒蛇。人が良さそうだと思ったら、おっと尽紙数。
ちなみに庵主はロッテのラムレーズンチョコとヘイトビールの「プライムドラフト」は贔屓だ。

-----

お前嫌いって言ってる相手を好きになる奴がいるか?
日本人は、人が良いから随分努力もしたし、我慢もしたよな?
韓国の奴らは、温厚な人間怒らすのが、
一番怖いって事をこれから身に染みて理解すると思う。』(典拠米)。

『[2017年5月21日にアップされたこのネタは]一体何年前の話です……
最低でも三年くらい前では……』(同前米)。
それが違和感がないほどに南鮮人の振る舞いは少しも変わっていないという事なのである。
逆に、その間も反日の呪いはさらに濃縮されて臨界点に達しつつあるのではないか。桑原桑原。

-----

リンク先の記事の概要『視聴率低迷のフジにまた逆風! 若手に広がる「月9敬遠」の声
ソレと関わってから番組が左傾化、じゃない佐韓(韓国を佐〈たす〉ける)化したフジテレビは
日本人視聴者から反韓を買い、おっと反感を買い、視聴率の低落となってそっぽをむかれるよう
になっている。頼みの月9も売れっ子からは敬遠されて、悲惨な状況になっているという。

[PR]
by munojiya | 2017-05-23 01:06 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-22 金正恩が影武者なら、わが皇室でもまた
金正恩には複数の影武者がいることは、素人の庵主が見ても分かるほどに明白だが、
さらに、今のプーチン大統領や、ヒラリー・クリントンにも影武者がいるというのが定説に
なっている。先だって来日した“プーチン大統領”と会った安倍総理は一体誰と会見したのか。
そして、わが皇室にも影武者疑惑はあるのである。

というまでもなく、毎日のように体形が変わる愛子内親王には間違いなく影武者がいる。
さらに、皇后陛下も、時代によって背の高さが違っているという指摘がある
もしそうだったとしたら、こちらは影武者ではなく、いうならば背乗り〈はいのり〉であるが、
女の人は靴の高さが変わると見掛けの背の高さも変わるから、どんなものか。

さらに、最近突然、これまで着ることができなかった着物をきて人前に出てきた雅子妃とか、
なぜか品がよくなった皇太子とか、その娘さんの愛子内親王の日替わりの影子さんを見ると、
皇太子一家は総取り替えされたのかと目を疑いたくなるような最近の変わりようである。
それを知ってて真実を報道しないマスコミは読者をわざと欺いているのである。

マスコミの信用が急激に低下して、一部ではすでに「マスゴミ」と呼ぶ事が定着しているのだ。
むべなるかな、である。
純米酒にアルコールを混ぜてそれをお酒だと強弁して売ってたら信用をなくすのと同じである。
庵主は旨いお酒が呑みたいように、本当の事が知りたいのである。

-----

入内後から、耳の形や位置、骨格、身長などのちがう複数の「正田美智子」が確認され、
入内前から実に巧妙に「ある目的をもって」組織的に運営されているようです。後日記載します
が、この女性のチームは同父異母姉妹の可能性があります。』(典拠)。
今の皇后陛下は、GHQが皇室に押し込んできた女〈タマ〉だから、さもありなんではある。

第二子がブドウ状に奇形化したため掻把し、その後半年間の長期静養にはいりますが、長期
静養があけて世間に姿を現した「美智子様」は別人のように顔が小さくなり、別人のように背も
高くなり、別人のように耳が小さく高い位置に移動し、別人のように猫背やO脚が正されすらり
としたプロポーションになり別人のようになりました。』(同前)。なるほど。

[PR]
by munojiya | 2017-05-22 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-22 今、南鮮人がいだいている疑問の闇の部分
南鮮人は、初めて自らの歴史に疑問を持ったという。
世界には少なくても100年以上続いている祭りがあるのに、なぜ南鮮には祭りがないのかと。
その疑問の闇は深いのである。
半万年の歴史を持つ[庵主補注:と自認している]民族だというのに、

なぜ100年以上続く祭りがないのだろうか……』(典拠2:26)。
常識的に考えれば、100年に満たない歴史しかないからなのである。
まだ10歳の子供が、撲にはなぜ15年前の写真がないの、という疑問に準えればすぐ分かる。
もっと露骨に言えば、南鮮の前史である朝鮮は1910年から日本が造った国なのである。

それ以前の朝鮮半島の血はいうならば神話の時代なのである。
神話を否定する国は馬鹿だといわれるが、逆に神話を信じるのも同様なのである。
あるのは、今現在目下の自分の生活が全てだからである。
人は今という「過去」に生きているのである。

その「過去」(つまりたった今の状況)がデタラメだと未来に祭り(喜び)は生じないのである。
造り手は、今、真っ当なお酒を醸〈かも〉すのである。
故に、そのお酒は将来の祭りとなって呑み手を喜ばせるのである。
祭りがない国というのは自堕落な国だということなのである。

-----

祭りというのは、自分の歴史をリセットしたのでは生まれないというのである。
だって韓国って、続けることをしないやん、体制が変わればハイリセット、なかった事にして
しまうよね。そりゃ歴史が続くわけないわな。』(典拠米)。
昔のことを引きずって被害者ぶってるのにね[。]もしかしたらそれが祭りなんだろうね
(同前米)。よくわからないが、南鮮語では「被害者」と書いて「まつり」と読むのかも。

祭りは神様に対する感謝なのだという。
だから、感謝(恩)がなくて恨〈はん〉とかない人には祭りが成立する要素がないのだと。
祭りというのは神様に感謝を捧げる民衆の物。感謝を知らない人達がうわべばかりの物を
求めても無駄。

感謝の気持ちが無いから貧しいから出来なかったと言うのは言い訳に過ぎない。日本だって
貧しい時代から祭りはあったよ。
石投戦がチャングムの原作(テレビドラマには無い)はでてくるが、人を傷つける事しか
出来ない哀れな朝鮮人』(同前米)。日本人はそこに憐れを見ているのか。

祭りに必要な要素は、それに参加する人はみんな平等、というか同等という心情なのだという。
『[南鮮人の]諸君はせっかく儒教思想を取り入れながら、その核心的価値である
仁・義・礼・智・信をスッポリ抜かして、上下関係、年齢関係しか学ばなかったからだよ
(同前米)。お酒という神様に感謝する祭りは神様の前に呑み手はみんな平等なのである。

-----

素朴な疑問がこれだという。だったらなぜ祭りの継承が行なわれてこなかったのか、と。
デモを祭りだと言い張ればいいんだよ。これなら100年は続けられるだろう--国が存続
していれば……
つうか、高麗の末裔とか言いつつなぜか高麗の祭り文化とかは残ってない不思議。[たしかに]

[次の指摘は目からウロコである。ヒトは皆平等だと騙され続けてきたという事である]都合が
悪くなったらまた〇〇の末裔とか適当に言い出す始末--ただ半島に生きてた土人なのにな。
典拠米)。日本人は、チョウセン人をその見掛けから文明人だと誤解しているというのである。
奇麗な洋服を着て、立派な車に乗っているからそう見えてしまうが、中身はど人だというのだ。

またまた、庵主が使っているワープロの辞書は「土人」を一発で変換できないのである。
「めくら」も「盲」と変換できない、全く糞な辞書である。「糞」は一発で変換できた。
汚い言葉は一発で変換できるのだから、この字書は南鮮に下請けさせて作らせたものかもしれん。
MSのワードの字書はチャイナに丸投げして作らせたとか聞いたことがある。

その日本語の字書は日本人が作ったものじゃないというギャグが「ワード」の世界なのである。
わが富士通のジャパニスト2003の字書も、ひょっとしたら。
そもそも日本語のワープロの名称に「ジャパニスト」はないだろうが。長渕剛か、である。
ワードの字書は見掛けに反して中身はチャイナ人。南鮮人の中身も実は見掛けに反して。

[PR]
by munojiya | 2017-05-22 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-21 海の王子はチャラ男であるという推論の応用
海の王子がチャラ男であるという観相を先に掲載したが、あれは以前の類似例を今度の海の王子
に当てはめたものである。似ているから今度もそうだろうという推論である。
女の直感はよく当たるというが、海の王子みたいな男(指輪男)を女の感はどう見ているのか
聞いてみたい気もするが、どうでもいい気もするがマスコミがほめそやした時点で、以下省略。

男の直感というのもある。それが冒頭のように一応理論的な体裁で語られるのである。
自分が眞子内親王のような女の子の父親で、それが海の王子のような男をつれてきたら
どう判断するか、ということである。気に入るのか、気に食わないのか。
冒頭でその観相を紹介した人は、勿論、気に食わなかったのである。男の直感である。

女の直感もそうだが、男の直感も、その裏面は嫉妬なので、直感が麗しいとは言えないのだが。
過去の例から推論したらそうなるという結論は一つの見識なのだろう。
別の事例でこういう過去例もある。明治維新の資金は誰が出したか、という事である。
「歴史は金の流れを追いかけろ」との言葉は新鮮な驚きでした。

事実その通りであると納得しました。』(典拠)。“犯人”はスポンサーだというのである。
中・北鮮・北越の共産主義化を支援した資金は誰が出したのか。ソ連である。そのソ連の資金源
が湯田菌なのである。その湯田菌が推進するグローバリズムの正体は容易に推論できるのである。
お酒のラベルを見て、旨いかどうかを推論するのも同じ手法だ。結構当たるものなのである。

-----

これを読む前に、まず知っておくべき基礎知識がこうだという。
反共の防壁とは共産主義の軍事的拡大を防ぐため日本の軍事力を強化するということだけど
なんでロシア革命のメンバーはヤコブシフやウォーバーグの支援を受けたユダヤ人だらけなのか
は隠されてるでしょ

共産主義とはユダヤ教の計画に基づいて米国系ユダヤ人が作ったもので
スターリンも毛沢東も米国が操っていただけ』(典拠)。湯田菌の自作自演だというのだ。
基礎情報が間違っていると、推論の結果も間違ってしまうということは論を待たないのである。
庵主はその正確な基礎情報を教えて貰えない情弱なのである。お酒は現物で確かめられるけれど。

推論はこういうふうにやるのだという手法を教えてくれる人もいる。
庵主は、重要な基礎情報を教えて貰える立場ではないが、幸いなことに、そういうことを教えて
くれる人とは出合える立場なのである。
その手法を使えば、一人の男の正体は容易に分かるのだという。

小室圭の正体は、只のグルーピー(追っかけ)兼ストーカーだった。それだから、5年前後の
歳月を費やし、眞子様の留学先まで追っかけ、渡英した。』(同前)。
そして、その推論はさらに核心に迫るのである。『この眞子様の性格(オトコからの押しに弱い)
を逸早く、掴んだのがあの正田(堤)美智子。』(同前)と。堤美智子とは皇后陛下の事である。

-----

マスコミ各社は、“眞子さま婚約”関連の番組取材に奔走していますが、婚約者とされる
小室圭氏も、申し合わせたかのように、リーク報道の翌日には記者会見の場を設けています。
その映像には、随行している宮内庁職員の姿も捉えられており、本情報の信憑性を否が応でも
高めています。宮内庁公認ということになるのですから。

その一方で、小室氏の出自に関する情報に関しては箝口令が敷かれているようで、漏れ伝わる
情報も僅かに過ぎず、国民は、圭氏の父親の名前や出身地さえ知り得ません。』(典拠)。
マスコミが、犯罪人報道にせよ、善人報道にせよ、その人の素性を正しく報道しないときは
当人はチョウセン人だという経験則があるのである。

とりわけチョウセン人は、その日頃からの振る舞いから日本人に嫌われているからである。
嫌われているから隠すのか、隠すからますます嫌われるのか、悪循環の好見本なのである。
雅子妃と皇太子の結婚がそうだったように、今度の素性がよく判らない男と眞子内親王の結婚も
やめておいた方がいいように、庵主には思われるのである。“男の直感”ではあるが。

ようやく洋菓子店に勤務していたとされる母親の画像がネット上にアップされ、名前が
「佳与」さんであることが判明したそうですが、顔を隠すかのようにマスクとメガネをかけ、
ラフな普段着の姿は、近い将来、“元内親王”の姑となる立場の装いとも思えません。何から
何まで“ちぐはぐ”なのです。』(同前)。マスコミが褒めそやす素性の判らない人なのだ。

-----

観相というのは、手相、人相だけではなく、その人の体形や振る舞いまで含めて総合的に人を
観ることなのである。
★写真に撮られた、[小室圭氏の]母親のマスクに眼鏡の写真は「日本人離れ」したものを
感じさせる。

息子のおめでたが有っての取材ではマスクを外すのが礼儀ではないか?
「思考回路」や「生活習慣」に日本人的ではないものを感じる。半島系部落民か?』(典拠)。
男は水を飲むとき口元を隠し、女はマスクで口元を隠すのか風習なのかもしれない。
繊細な感覚の持ち主である日本人の直感は鋭いのだ。鋭いから当たっているかどうかは別だが。

[PR]
by munojiya | 2017-05-21 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-21 「朝毎中東信毎道新沖縄二狂」
標題は引用文を要約した見出しである。
アメリカやイギリスを米とか英と書くように漢字で文字数を圧縮したものである。
その原文はこうである。 
ちなみに沖縄二紙というのは「沖縄タイムス」と「琉球新報」のことである。

内容的には、納得するのであるが、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙
には、この本に書いてあることは、実態的にほとんど当てはまらない。
もちろん、いろんな噂だらけの?チャンネル桜にも該当しない。』(典拠)。
何の内容なのかは引用先でご覧いただきたい。

ありそうでないものという笑い話に、ピンクの乗用車というのがあると書いたことがあるが、
トヨタがピンクのクラウンを売っていたような記憶がある。買う人がいるのである。
で、たまたまGyao!で「リオの男」を見たら、そこにピンクの乗用車が出てくるのである。
勿論、ギャグのネタとしてである。利口な人、おっと堅気の人は乗ってはいけない色なのだ。

で、そのありそうでないものの一つが『また、[記者倶楽部制度の下で行なわれている]接待を
断った、ジャーナリストの話を聞いたことも読んだこともない。社説やコラムで接待を断った話
が載ったことがあったであろうか?』(典拠)。空気が読める日本人にはできない相談だって。
大手酒造メーカーが造っているという至上の美酒もその一つである。庵主は見たことがない。

-----

「リオの男」のリンクは期間限定で、2017年5月25日まで有効です。
しかもデジタルリマスター版で、半世紀も前の映画なのに画面がきれい。今見ても断然面白い。
若きベルモンドの魅力が全面開花した娯楽映画の名作です。ほぼ半世紀ぶりに観たのですが、
大拍手でした。[庵主も公開当時に北海道の映画館で見た記憶がある。爆笑映画だった]

相手役の女優フランソワーズ・ドルレアックは、カトリーヌ・ドヌーブのお姉さんです。
若くして亡くなってしまいましたが、この作品ではコケティッシュなパリジェンヌの魅力を発揮
しています。オススメの作品です。』(典拠ほぼ50年ぶり。存分に楽しみました。)。
「リオの男」は50年の風雪に耐えた映画なのである。昔靴磨きの場面で笑った事を覚えている。

[PR]
by munojiya | 2017-05-21 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)