2018-01-16 「こうしてみんな業者に騙される」
庵主はTBSラジオを聴いている。それしか聴かないから北鮮状態なのである。
朝は、森本毅郎〈もりもと・たけろう〉のニュース番組から聴き始めるのである。
今朝(2018年1月15日)のネタは成人式の晴れ着だった。
今、成人式では、女は振り袖を着るのが「常識」になっているというのである。

着物は買うと高いのと、成人式にしか着る事がないので、レンタルですます人が多いという。
レンタルでも数十万円かかるという。そんなにするなら買った方がいいという人と、そんなもの
にお金を使うなら、そのお金で旅行などの他のことに使った方がいいという人もいる。
成人式に振り袖を着ない人は肩身が狭いのだという。

森本はいう。昔はそんな事はなかった、と。そりゃそうだろう。多くの人は貧乏だったからだ。
今は誰もが着物が着られるように豊かになったと言えないこともないのである。
なにも成人式に振り袖を着る事はないのに、最近のそういう風潮は着物のレンタル業者にみんな
騙されているのだ、というのである。そういう発想を古い常識と言えないこともないのである。

森本毅郎さんがやっている仕事も、また、レンタル業者と同じだからである。
自分たちにとって都合のいい情報をリスナーにバラまいて、間違った常識を植えつけているから
である。みんなが晴れ着を着たのでは個性がないではないか、というのである。みんな同じ情報
を信じるというのもそれだろう。今ではお酒はアル添酒が常識なのである。常識は変わるのだ。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-16 12:49 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-16 齢をとったら目がかすむ
庵主は老齢である。
会社勤めや公務員などで生きてきた人は定年で職を失ったあとはどうやって生きていくのか。
働かないと生活ができない人はまだいいのである。働いて時間を潰せるからである。
しかし、働かなくても生活ができる老人はどうやって時間を潰すのかという事である。

人は齢をとっても、いつまでも自分は若いと思ってしまうのである。
本当は肉体は、そして精神も、確実に老化しているのである。
女性なら、「劣化」しているという事実はいくら贔屓目に見ても否めないのである

庵主の場合は、まず目の劣化が進行しているのである。
右目と左目の視力が、言うなれば同い年なのに、極端に差が出てきたのである。
いまでは、劣化が進行している左目では字が判別できない状態になっている。
右目はまだ健在で、かろうじて読書生活を支えているのである。

右目が駄目になったら、活字からの情報が取得できなくなる。
本は、若いうちに沢山読んでおけという意味が分かったのである。
そんな目なので、それが「毒法」に見え、それも「怒仁」に見えてしまったのである。
なのに「本醸造酒」はちゃんと「アル添酒」と読めるのだ。若いうちに沢山読〈の〉んだから。

-----

【それが】とはこれである。
その最後にある「憲法」が「毒法」に見えてしまったのである。字が小さかったからである。
教授「攻めてきたからやり返すといって、そこで止められますか? そこが問題。それがある
から最初からやらないほうがいいというのが憲法の姿勢。」[憲法のその解釈が狂っている]
大学生「戦争は何があっても行ってはならないと言うんだったら、自分の命よりもこの概念の
ほうが大事だといい切れるんだったらそれでいいと思います。僕は死ぬというところまでいって
いないので、やり返したほうが自分の安全は守れるわけじゃないですか」 なんだか髪の毛が
アフロのように見えるこの女性は長崎大学で憲法を専門に研究する井田洋子教授。』(典拠)。

庵主は、最近はまずその人の耳を見る癖がついてしまったのである。
血液型性格判断法のように、朝鮮耳というのはよく当たっているように見えるからである。
血液型性格判断がお遊びと思われているように、朝鮮耳もお遊びなのだろうが。
で、井田洋子教授である。アフロヘアは耳を隠すためなのかもしれない。

【これも】である。悠仁が読めないのでいつもユウジンと読んでいるから、ついドジンと誤読。
眞子内親王殿下、佳子内親王殿下が学習院大学を避けられたのは、障害がおありの愛子内親王
殿下にあわせて、学習院が愛子さま仕様に変わってしまったからです。
悠仁親王がお茶の水へ行かれたのもその為です。』(典拠米16)。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-16 12:47 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-15 正論
明治神宮で結婚式したら、離婚できなくなりそう。(罰が当たる)』(典拠米)。
正論〈もっとも〉である。
でも、出雲大社は逆で、神様が認めない間違った結婚はそれが維持できなくなりそう。
そんな気配があるのである

出雲大社のご利益は他でもない“縁結び”
もし、今挙げられた証言が本当であれば、全く笑えない話になりますが、
事態は殊の外、重大な局面を迎えているようです。』(同前3:31)というのだ。
アマテラス系(東宮)も、オオクニヌシ系(国麿)も次代の子育ての失敗だという事である。

普通に考えたら、いずれも神罰なのだと思うのが普通だろう。不肖の息子達としておこう。
日本は神に見捨てられたか。堕落を切って新生の第一歩を目指していると見るかは別れる処だ。
文字を流すのが動画と勘違いしているサイトが主流だが、静止画に文字を流すのが動画とかは
誰も思わない。

本物の動画を流して下に字幕をつけるのが動画である。こんなのは即観るのを止める。
典拠米)。正論である。
紙に書いてあれば一瞥できるのに動画ではそれができない。時間泥棒なのである。
神前結婚はアメイジングだという。解題は欄外。お酒もまたアメージング(ヤバイ)だ。同欄外

-----

もし、別居・長期療養・閉塞感
・離婚などのキーはワードが
お二人に当てはまるなら、   
報道のとおり、離婚という選択肢も現実味を増してきますね。』(典拠5:44)。

東宮夫妻といい、千家国麿夫妻といい、奇しくも同じ状況をかかえているのである。
そのご様子は、まるで神様のご意志のようにもとれるのである。
神の精神を引き継げない、すなわち反日勢力には任せられないから切るというご判断である。
堕落した精神にこの日本は任せられないという決断を下されたという事なのだろう、か。

-----

【欄外】
なんてアメイジングなんだ、とコメントした人、「あ、メイジジングー[」]、と
言いたかったのかな。』(典拠米)。
お酒もアメージングである。

「アメージング」とは「クール・ジャバン」に対してよく発せられる言葉である。
日本語に訳すと「ヤバい」という言葉が一番近いかもしれない。
「すごい」とか、「自分の理解を超えている」とか、「こいつら狂っている」という、賛嘆と
侮蔑が同時に含まれている言葉である。というより語彙が貧しい人が使う安直語なのである。

「アメージング」は「ヤバい」と同様に利口な人は使わない言葉であるところもよく似ている。
お酒も賛嘆と悲嘆が同時に味わえる世界だという意味で「アメージング」なのである。
今の日本酒は、より洗練されて、最先端のお酒は、すでに芸術の域に達している。
お酒の味わいが美になっているのである。感性があれば、お酒を呑んで深く感動する事ができる。

その感性がない人でも簡単に酩酊〈かんどう〉することができるのがお酒のいいところである。
賢愚を問わない呑み物なのである。しかし、その実態はその9割方がアル添酒なのである。
堕落という以外に言葉はないのである。いや、手抜きのお酒としておこう。
そういうお酒を捧げられて神様はお喜びになるか、ということなのである。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-15 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-14 「最も悲しい写真」
これは私が今まで見た中で
最も悲しい写真だよ。』(典拠6:43)。その写真
アメリカ合衆国が一枚岩だと仮定すれば、アメリカはとんでもない間違いをしでかしたのである。
日本に、義理堅い日本人に二つの大きな贈り物を落としたからである。

一つは片仮名で「ヒロシマ」書かれる、そしてもう一つは「ナガサキ」と書かれる贈り物である。
アメリカ人にとって運が悪かったのは、それが本当に爆発してしまったという事である。
以来、アメリカ人は日本からのお返しに恐怖しながら生きる地獄の日々か始まったのである。
昭和天皇は、当時日本で進められいた核爆弾の開発を制したという。

「そんなものを使ってはいけない」という極めて人間的な判断によるのである。
しかし、“鬼畜”米英にはそういう弁えはなかったのである。いや、ないのが白人なのである。
幽霊の正体見たり枯れ尾花、という。
白人の正体もそれで見えてしまったのである。それを「鬼畜」とはうまいこといったものである。

日本の核爆弾の技術を知っていた湯川秀樹はそれを米軍にペラペラ喋ったののだろう。
それで、日本人で初めてのノーベル賞受賞者となった。ご褒美にくれたものだろう。
弁えのあるのが人間である。人の形をしてそれがないのをヒトモドキとか鬼畜というのである。
お酒みたいな見掛けをしているけれどそれがないお酒がある。それが見分けられるか、である。

-----

「犯人よ、今夜は震えて眠れ!」という粋なフレーズがある。
出典は雫井脩介の警察小説「犯人に告ぐ」である。
「粋なフレーズ」というのも和洋折衷で落ち着かないので、「粋な言い回し」とでもしておこう。
キャッチーな洒落た言い回しということで「粋言〈すいげん〉」とでも呼ぶことにするか。

罪を犯した人は、それが露顕する前夜は、否その日までずっと怯えて眠る事になるというのだ。
日本人は、イロイトさんがそれを制してくれたお蔭で、今夜も怯えることなく眠りにつけるのだ。
間違った本を読むと間違った認識を持つことになる。
世の中には、そういう嘘を書いた本が少なくないのである。

今の日本人が教えられている日本史を「薩長史観」と言う人がいる。半分は嘘だというのである。
「明治天皇は本物ではない」という惹句で人を惹きつける歴史観のことである。
庵主は、酒の選び方がそうであるように、歴史も真実よりも、面白い方を選ぶのである。
だから、反薩長史観が好きである。

同様に戦後、日本の学校で教えられている日本史を「日教組史観」という。
GHQの手先となっている日教組が書いた大嘘だというのである。
嘘はそれと知ったときの後味がよくない。まずいお酒もきっとそれなのだろう。
日本酒はまずいと思っている人は、最初に出合ったお酒が嘘のお酒だったということなのである。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-14 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-14 見てはいけない映画
ネットによくあるこの手の映画は著作権法上はどうなっているか分からないが、日本国憲法の
精神に則〈のっと〉って、世の中には悪い事をする人はいないということを信じて、庵主は遠慮
なく拝見させてもらうが、現行憲法を信じずに気を使われる人は見ない方がいいのかもしれない。
映画は見ないで、そのコメントは読むだけなら差し支えはないだろう。

そのコメント欄がすごいのである。
全部、いや、殆どが英語の書き込みなのである。
外国人がこの映画を見ても分かるのだろうか。

This is one of the best Movies I have ever
 watched!』(同米)。
この映画を見て、そこまで感動できる人もいるというのである。
「自分は何をやりたいのだろうか」という自分でも分からない不安感が共感を呼ぶのだろうか。

目標がはっきりしている映画というのもある。これである
『絶対泣かないって決めたのに
泣いちゃった』(同前米)。この映画を見ると別の意味で泣くことになるかもしれないが。
庵主は泣ける映画が好きだ。同様に泣けるお酒も好きである。勿論いい意味で泣ける方である。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-14 00:03 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2018-01-13 反移民・反イスラム・反グローバル
いま、EUで起こっていることが「反移民・反イスラム・反グローバル」なのだという。
TBSラジオがそう言っていた。異民族との共生を嫌悪する感情が露になってきたという。
異民族というより、移民族か。では、なぜこれまで移民を受け入れてきたかというと、労働力が
欲しかったからである。しかし、隣にそんな奴らが住んでいるのは嫌だという感情の高まりだ。

すなわち、おいしいものは欲しいが、異民族は嫌いだという自然感情である。
移民なんか受け入れてはいけないのだというのだ。
異宗教は、というより異文化の共生は社会生活をの安定を乱すという事である。
グローバリズム(拝金主義)はためにならないというのである。

それがEUが身をもって体験した結論だという事である。
日本でも、例えば隣に異人が住んでいたら不気味なのである。違和感が拭えない。
そして、まだ日本語が話せる人ならともかく、チャイナ語や朝鮮語しか話さない人達だったら。
流暢な日本語を話す在日チョウセン人にさえ閉口しているというのに、である。

日本酒は、反移民・反イスラム・反グローバリズムなのである。
原料は国産米に限定し、米麹の原料は国産米に限るとしているのである。共生を排除している。
だから、「安心して」呑めるのである。と、思っていたら、密かに移民を受け入れてたのだ。
水増し用の醸造アルコールである。その正体が外国から輸入した粗留アルコールなのである。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-13 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-13 それは逆「NHKの住基ネット不正利用」
「一定の条件の基に住民票の移動を確認することは法律で認められており、一般的に行われて
います」
NHKの担当者はこう答えたというが、自治体で個人情報を入手し不明者を追跡するなど、多く
の国民は知ることはない。

それだけではない。この担当者は「住基ネットも視聴者・国民のコンセンサスが得られれば、
NHKの受信料制度をより効率的に維持することにつながります。活用したいのは確かです」と
言い、住民基本台帳の閲覧について関係省庁や地方公共団体に働きかける動きさえあるという。
典拠)。NHKはそこまでして視聴者に追い込みをかけているという。TVを見るのは怖い。

公共放送局が国民の個人情報を自らの利益のために利用するという恐るべき発想だが、これは
人権感覚の欠如以上に、権力の乱用ではないのか。実際、NHKは全国の自治体を通じて受信料
の免除者情報を30年間にわたり入手し、問題になった過去さえある。』(同)。
これ、住基ネットの不正利用というより、住基ネット自体が間違っているという事なのである。

そんなものを作ってはいけないのである。NHKが悪いというより住基ネットが悪いのである。
情報を一か所に集中することは危険だという事より以前に、住基ネットは悪なのである。
やってはいけないことなのである。効率云々以前の問題なのだ。人と効率、どっちが大事なのか。
お酒を増量するために醸造アルコールを混ぜるという事も本当はそうなのだが。税収と、云々。

-----

「原理主義者」という言葉がある。
一般的には、「イスラム教原理主義者」とか、「キリスト教原理主義者」のように、ガチガチの
宗教中毒者をいう言葉である。
転じて、頑固一徹をからかうときにも使われるのである。

「純米酒原理主義者」というのは、勿論からっていう場合である。
「確信犯」という言葉がある。
一般的には間違った意味で使われるが、その間違っている方が大勢を占めている言葉である。
「確信犯」の正しい意味はこうである。

社会的には犯罪行為に当たるが、当人はそれを犯罪だとは思っていない行為をいう。
すなわち、当人にとってはその行為は正義であり、悪だとは思っていない場合をいうのである。
しかし、「確信犯」という言葉が使われる多くの場合はそうではなく、当人は悪いことだと認識
しているのに、わざと犯罪を犯している場合を指していうのである。

もし、ガチな共産主義者がいるとしたら、それは「確信犯」の「共産主義原理主義者」である。
しかし、多くのそれは共産主義を主張すれば儲かるからそれを口にしているだけである。
共産主義を口にする人には金をばらまく人達がいるということである。そういう人達はいわゆる
確信犯なのか原理主義者なのか別れる処だが、いずれにせよ悪だとするのが陰謀論の核心である。

-----

原理主義者の話は「反NHK原理主義者」につなげるためのツカミだったが長くなってしまった。
「反NHK原理主義者」というのは、「俺はNHKの番組なんか見ないから受信料を払わない」
という信念の持ち主のことである。「TVは持っているが、NHKは見ないから、見ないものに
受信料を払ういわれはない」と思っている人達のことである。

しかし、法律は「テレビが買えるお金持ちには一様に受信料を払え」と規定しているのである。
だから、テレビがない庵主には受信料を払う義務はないのである。
NHKは「公正な法の執行を行なうためだ」と言いながら、受信料の徴収を自分たちではやらず、
それを言うなれば「得た否認」(このワープロは日本語を変換できない)にやらせている。

受信料の徴収は「穢れ仕事だ」と認識しているので、それを下請業者にやらせているのである。
「反NHK原理主義者」は、本来の意味での確信犯である。
テレビを持っているのに、NHK受信料を払わないのは法律違反である。
しかし、その不法行為を当人は悪い事だと思っていないからタチが悪いのである。

「タチが悪い」というのはNHKにとってではあるが。傍目にはどっちもどっちなのである。
ならば、今はデジタル波だから、NHKを見た人だけから受信料を取ればいいのに、NHKは
なぜそれをやらないのかという意見がある。NHKはそうしたのでは困るからだろう。
庵主も、ついそれが合理的だと乗ってしまった事もあるがよく考えたらそれはヤバいのである。

-----

NHKは「テレビを持っている人は法律に従って、NHKの番組を見る見ないに関わらず受信料
を支払え」と言うのである。
一方反NHK主義者は、「テレビはあるが、NHKの偏向番組なんか見ないので、見ないものに
金を払ういわれない」と言うのである。

NHKは「NHKは公共放送なのだから、災害放送時の放送体制を維持することで、全国民の
安全を確保するインフラなのでテレビを持っている人は等しくその費用を負担するべきだ」と
言って「得た否認」を使ってまで、受信料の徴収に躍起になっている。
それに対して反撃の一言がこれである。

「交通機関も公共のものだが、乗らない人から乗車賃を取ることはない。だから、NHKも番組
を見ない人から受信料を取るのはおかしい」というものである。
だったら、NHKは、番組を見た人だけから受信料を取ればいいのではないのか。今はデジタル
波になって、それができるのようになっているのだから。

庵主は図書館から本を借りて読む事はしない。本は買って読むものだからである。
今の図書館は、だれがどんな本を借りたかが一発で判ってしまうからである。
庵主はエロ本しか読まないので、それがバレてしまうのか気恥ずかしいからである。
NHKもそうなったら、下ネタ番組ばかり見ていると知られるのは恥ずかしいではないか。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-13 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-13 それは逆「NHKの住基ネット不正利用」
「一定の条件の基に住民票の移動を確認することは法律で認められており、一般的に行われて
います」
NHKの担当者はこう答えたというが、自治体で個人情報を入手し不明者を追跡するなど、多く
の国民は知ることはない。

それだけではない。この担当者は「住基ネットも視聴者・国民のコンセンサスが得られれば、
NHKの受信料制度をより効率的に維持することにつながります。活用したいのは確かです」と
言い、住民基本台帳の閲覧について関係省庁や地方公共団体に働きかける動きさえあるという。
典拠)。NHKはそこまでして視聴者に追い込みをかけているという。TVを見るのは怖い。

公共放送局が国民の個人情報を自らの利益のために利用するという恐るべき発想だが、これは
人権感覚の欠如以上に、権力の乱用ではないのか。実際、NHKは全国の自治体を通じて受信料
の免除者情報を30年間にわたり入手し、問題になった過去さえある。』(同)。
これ、住基ネットの不正利用というより、住基ネット自体が間違っているという事なのである。

そんなものを作ってはいけないのである。NHKが悪いというより住基ネットが悪いのである。
情報を一か所に集中することは危険だという事より以前に、住基ネットは悪なのである。
やってはいけないことなのである。効率云々以前の問題なのだ。人と効率、どっちが大事なのか。
お酒を増量するために醸造アルコールを混ぜるという事も本当はそうなのだが。税収と、云々。

-----

「原理主義者」という言葉がある。
一般的には、「イスラム教原理主義者」とか、「キリスト教原理主義者」のように、ガチガチの
宗教中毒者をいう言葉である。
転じて、頑固一徹をからかうときにも使われるのである。

「純米酒原理主義者」というのは、勿論からっていう場合である。
「確信犯」という言葉がある。
一般的には間違った意味で使われるが、その間違っている方が大勢を占めている言葉である。
「確信犯」の正しい意味はこうである。

社会的には犯罪行為に当たるが、当人はそれを犯罪だとは思っていない行為をいう。
すなわち、当人にとってはその行為は正義であり、悪だとは思っていない場合をいうのである。
しかし、「確信犯」という言葉が使われる多くの場合はそうではなく、当人は悪いことだと認識
しているのに、わざと犯罪を犯している場合を指していうのである。

もし、ガチな共産主義者がいるとしたら、それは「確信犯」の「共産主義原理主義者」である。
しかし、多くのそれは共産主義を主張すれば儲かるからそれを口にしているだけである。
共産主義を口にする人には金をばらまく人達がいるということである。そういう人達はいわゆる
確信犯なのか原理主義者なのか別れる処だが、いずれにせよ悪だとするのが陰謀論の核心である。

-----

原理主義者の話は「反NHK原理主義者」につなげるためのツカミだったが長くなってしまった。
「反NHK原理主義者」というのは、「俺はNHKの番組なんか見ないから受信料を払わない」
という信念の持ち主のことである。「TVは持っているが、NHKは見ないから、見ないものに
受信料を払ういわれはない」と思っている人達のことである。

しかし、法律は「テレビが買えるお金持ちには一様に受信料を払え」と規定しているのである。
だから、テレビがない庵主には受信料を払う義務はないのである。
NHKは「公正な法の執行を行なうためだ」と言いながら、受信料の徴収を自分たちではやらず、
それを言うなれば「得た否認」(このワープロは日本語を変換できない)にやらせている。

受信料の徴収は「穢れ仕事だ」と認識しているので、それを下請業者にやらせているのである。
「反NHK原理主義者」は、本来の意味での確信犯である。
テレビを持っているのに、NHK受信料を払わないのは法律違反である。
しかし、その不法行為を当人は悪い事だと思っていないからタチが悪いのである。

「タチが悪い」というのはNHKにとってではあるが。傍目にはどっちもどっちなのである。
ならば、今はデジタル波だから、NHKを見た人だけから受信料を取ればいいのに、NHKは
なぜそれをやらないのかという意見がある。NHKはそうしたのでは困るからだろう。
庵主も、ついそれが合理的だと乗ってしまった事もあるがよく考えたらそれはヤバいのである。

-----

NHKは「テレビを持っている人は法律に従って、NHKの番組を見る見ないに関わらず受信料
を支払え」と言うのである。
一方反NHK主義者は、「テレビはあるが、NHKの偏向番組なんか見ないので、見ないものに
金を払ういわれない」と言うのである。

NHKは「NHKは公共放送なのだから、災害放送時の放送体制を維持することで、全国民の
安全を確保するインフラなのでテレビを持っている人は等しくその費用を負担するべきだ」と
言って「得た否認」を使ってまで、受信料の徴収に躍起になっている。
それに対して反撃の一言がこれである。

「交通機関も公共のものだが、乗らない人から乗車賃を取ることはない。だから、NHKも番組
を見ない人から受信料を取るのはおかしい」というものである。
だったら、NHKは、番組を見た人だけから受信料を取ればいいのではないのか。今はデジタル
波になって、それができるのようになっているのだから。

庵主は図書館から本を借りて読む事はしない。本は買って読むものだからである。
今の図書館は、だれがどんな本を借りたかが一発で判ってしまうからである。
庵主はエロ本しか読まないので、それがバレてしまうのか気恥ずかしいからである。
NHKもそうなったら、下ネタ番組ばかり見ていると知られるのは恥ずかしいではないか。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-13 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-12 「鉄腕アトム」は人間の虚しさを描いた漫画
さて、今ハタと思ったのだが、手塚治虫の「鉄腕アトム」を知らない日本人はいるのか、という
ことである。逆だ、はたして「鉄腕アトム」を知っている日本人がどれだけいるのだろうか。
庵主は古い人だから、その時代の漫画はよく知っているのである。
だから、「鉄腕アトム」を知っているのは日本人なら当たり前だと思い込んでいるのである。

「日本の常識は世界の非常識」と言われているが、同様に「庵主の常識は世間の非常識」なのだ。
庵主は、ワープロは仮名入力だから、みんなもそうなのだろうと思っていたが、しかし、世間の
多くはローマ字入力だったのである。考えれば分かることなのだが想像力が欠けていたのである。
でもローマ字入力で「ディズニーランド」はどうやって入力するのか、と心配しちゃうのである。

その「鉄腕アトム」は、科学の粋である鉄腕アトムが人類に奉仕するため、正義に加担してその
実現のために大活躍する人間の形をしたロボットの漫画だとされている。
しかし、庵主はそれを人間の形をしたロボットの悲劇を描いた漫画だと思っているのである。
そんなものは作っちゃいけないということである。なぜなら、それは虚しいからである。

女型ロボットは介護や看護、売春婦代わりとして使うには有用であるという考え方もあるだろう。
これはまだ知能(感情)を持ち合わせていないが、女型ロボットのプロトタイブである。
美形の女ロボットができた時に、いくら惚れてもロボットとはお酒を酌み交わせないのである。
そんな虚しい恋はないだろう。そんなものに恋してしまう自分が憐れになるからである。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-12 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-01-12 勘のいい人
男子フィギュアスケートの華、羽生結弦がどうやら、平昌冬季五輪には出場できないようだ。
練習中に傷めた足がまだ治っていないのという。五輪は確かこの(2018年)の2月9日から
の開催だったと思う。開催予定日まで、あと1か月もないのである。
出場できるかどうかの前に心配されているのは、平昌五輪は開催できるのかという事である。

『[平昌五輪が]まともに開催できるかの方が心配だわ。』(典拠9:05)。
庵主はスポーツに興味がないので、羽生選手がどうなろうとどうでもいいのである。
目が行くのは、こういうコメントの方なのである。
羽生結弦は在日でしょ?

3、4世とかで、日本生まれだろうから、出生直後から日本国籍なんだと思うけど、親類から
朝鮮半島に行かない方が良いと言われていたりするかも。
まぁ、かなり偏見のある意見なのは自覚しているけど。
フィギアスケートは見ていて楽しいけど、羽生結弦のスケートは何故か応援する気になれない。

浅田真央も応援する気にならなかったけど。』(同米)。勘が鋭いので違和感を感じるのだろう。
北鮮美男子と南鮮美人という顔立ちをしている二人だから。勘が当たっているとは限らないが。
庵主はお酒に外国から輸入してきた醸造アルコールがまざっていても気にしないのである。
それがお酒としての旨さを湛えているのなら。旨さがなくてただのアルコール味なら不可である。

[PR]
# by munojiya | 2018-01-12 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)