2017-10-19 核廃絶を叫ぶのは馬鹿というよりキチガイ
高度に文明化した(している筈である)アメリカにおいてすら、それは不可能なのである
不可能なことを要求するのは馬鹿というよりキチガイと言った方がいいのだろう。
自動車事故で死なせてしまった人を生きたまま返してくれといわれるようなものである。
JALが乗客が乗っている飛行機を墜としたことがある。

多数の乗客が死んだのである。
遺族は、死んだ娘や、息子や、父母やの係累を返してくれるというのである。
それって、無理なのである。
死んだ人間を生き返られることはできないのだから。

その気持は分かるのである。
核兵器があったのでは、いつそれが使われるか分からないからである。
金聖恩とか、正恩か、トランプ大統領やプーチン大統領や、はたまた習近平酒席が核のボタンを
握っているのだから、その顔を見たら怖くて眠れなくなるのである。

しかし、一度ぶちまけられたパンドラの箱は元に戻せないように、一度まきちらされた核兵器も
元には戻せないのである。死んだ人を生き返らせろというようなものだからである。
できない事を執拗に要求するのは、嫌がらせやタカリを恥とも思わずに繰り返すチョウセン人の
振る舞いと同じである。キチガイである。おっとっと、酒席は主席の誤変換だった。

-----

「キチガイ」は「気違い」ではないので誤解なきよう。
「気違い(別表記は、基地外)」は、気が狂っている人間のこと。
「キチガイ」はそこまではいってないが、一緒には暮らしたくない人達のことである。
関わりあいになりたくない人達ということである。

関わり合いになることがなければ、ソレが存在していても全然皮舞わないのである。
この世界には毒蛇という迷惑な生き物がいるが、向こうから襲ってこない限り問題はないのだ。
しかし、毒蛇が襲ってくる時には自分の身を守るために「排除」しなければならない。
チョウセン人は、日本人の方に向こうから寄ってくるのである。ストーカーなのである。

小池百合子・希望の党代表は、正直に「排除」という言葉を使ったものだから、チョウセン系に
汚鮮されているマスコミから総スカンをくらっているのはご存知のとおりである。
マスコミもまた正直に、というか思わず自分の身に照らし合わせて反応してしまったのだろう。
はからずも、マスコミの正体が炙り出されてしまったのである。ソレは異質なのである。

チョウセン人に関しては、ホモ・サピエンスに見えるがそうではないのだという説もある。
北朝鮮は自分たちの教科書の中で「我々は他の民族とは違う。我々は朝鮮半島に太古から
住んでいる民族であり、山葡萄原人と言うのだ」と堂々と言っています。今の人類がホモ・
サピエンスとするならば、山葡萄原人はホモ・サピエンスではありません。』(典拠)。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-19 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-19 選挙広報来る
10月18日、「衆議院(小選挙区選出)議員選挙公報(東京都第1区)」が投函されていた。
東京都選挙管理委員会が配布したのだろう。
庵主の選挙区のポスター掲示板には、松沢かおる(希望の党)、原口みき(降伏実現党)、
山田みき(自民党)、海江田万里(立憲民主党)、又吉イエス(世界経済共同体党)のポスターが。

その5人が立候補者の全てなのかどうかは、掲示板のポスターを見ただけではわからない。
全ての立候補者が、全ての掲示板にポスターを貼っているとは限らないからである。
ポスター貼りは、公明党なら創価学会の信者が、民進党は民団や総連の関係者が、自民党は統一
教会から派遣された信者がやっていると聞いたことがある。立憲は連合みたいだ(0:30)。

短時日で貼らなければならないから、そういう助っ人が用意できない候補者は貼りきれないのだ。
ポスター貼りの力が小さい候補者のポスターは、駅に近い掲示板には貼ってあっても、そこから
ちょっと離れた所にある掲示板には貼られていないことがある。
選挙公報を見たら、6人目の立候補者がいたのである。犬丸光加(犬丸勝子と共和党)である。

共産党は花の東京都第1区に候補者を出していない。先日、共産党から選挙葉書が送られてきた。
海江田万里候補を推薦するというのである。談合で、立候補者を出さなかったのだろう。
原口、又吉、犬丸は、いわゆる泡沫候補だから、選択肢は3人の中から一つということになる。
今回も苦渋の選択を迫られるのである。「みき」候補が二人いて、つい神酒を思い浮かべる忸怩。

-----

本文中の「降伏実現党」は「幸福実現党」の誤変換である。
打っている時には間違っていることに気がつかなかった。あとから読み返して気づいたのである。
「希望の党」も、ひょっとして「毀望の党」になっていないかと改めて確認したが大丈夫だった。
選挙広報も杜撰で、まず立候補者の性別が書かれていない。LGBTに配慮しているのか。

年齢も一見して判らないのである。年齢を書いていない候補者もいる。判断材料にならないのだ。
立候補者の顔写真(正面写真で)、党名、氏名(振り仮名付きで)、年齢、最終学歴、現在
職業(前議員、無職ならその旨)、最低でも過去五年間の経歴、帰化人か否か、そして前年年収
といった基礎項目は一目で判るようにしてくれないと、折角の選挙公報が役に立たないのである。

非礼代表選出の選挙公報はもっとひどい。おっとっと、比例代表だ。
我が党に投票してくれと言っておきながら、投票したらだれが議員になるのか、名簿を掲載して
いない党があるのだ。
選挙公報の第1面の全面を占領している希望の党からしてそれである。

自民党は、東京ブロック比例代表名簿登載者として「安藤たかお・高木けい・与謝野信・前川恵・
西田ゆずる」を載せている。合格である。社民党、日本維新の会、日本のこころも名簿あり。
しかし、幸福実現党、公明党、支持政党なし、立憲民主党は名簿を出していない。
名簿がないと、うっかりその政党に投票したら誰が議員になるのか判らないのである。不見転だ。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-19 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-18 腹を括るという事
そもそも世界最強の米軍が、外国軍の指揮命令下で動くとでも思っているのか。ましてや、
指揮を執るのは韓国人司令官ですよ。若い米兵の命を、そんな輩に預けるわけないでしょうが。
しかも、米軍最新兵器の詳細を公開せねば作戦の遂行は無理。米軍が最高機密を公開すると
思いますか。ないよ。

だって、普通に北朝鮮や中国に情報が洩れますから。要は韓国は信用されていないのです。
ですから、韓国が執拗に「有事作戦統制権」の韓国への移管を米国に求めたなら、在韓米軍は
韓国から引き揚げるしかないのですよ。したがって、日本としては北朝鮮主導で南北が統一
されるという想定はしておくべきです。

それは、つまり南北が統一されれば、核弾頭ミサイルが、対馬や九州北部の目と鼻の先にある
釜山あたりに配備されるということでもあります。とにかく、南北とも反日なんですからね。
そして、核をちらつかせた恫喝外交が始まるということでもあります。
「日本よ、分かってるな?とにかく金を出せよ!」という外交です。

これまでの過去の経緯をみる限り、朝鮮人は間違いなくそうするでしょう。在韓米軍撤退とは、
そういう想定をしておかねばならないということです。したがって、今回の総選挙は日本の未来
がかかった大事な選挙です。日本人は腹を括ないといけないように思います。』(典拠米)。
旨いお酒を呑むのか、苦渋の酒を呑まされるのか、腹を括れという事である。朝鮮難題である。

-----

在韓米軍撤退
北朝鮮軍南下開始

韓国軍兵士敵前逃亡続出&残った兵士も使えない兵器群で自滅
ほぼ10:0か、韓国軍が意外と粘っても8:2くらいで北朝鮮の圧勝

その後、韓国人は北朝鮮の身分制度の一番下に組み込まれ賤民扱い
もし本当に在韓米軍撤退となれば、ここまでは確定事項だと思うが。』典拠米)
『やったー。まじ嬉しい。2015在韓米軍撤退予定が3年も遅れた。
これで日本は朝鮮戦争は中立宣言できるな。

在韓米軍撤退後の、朝鮮戦争は日本は中立宣言、南北朝鮮の船舶航空機は、日本領空領海侵入で
撃破撃沈。日本国内は在日朝鮮韓国人は帰化人含む、南北朝鮮国防動員法で軍属となり全て戦争
当事国人として即死刑逮捕拘束強制送還。通名使用者も便衣兵扱いとなり即逮捕拘束強制送還。
(同前米)。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-18 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-18 メイドインチャイナ
メイドインチャイナが、というより、チャイナ人の売り方がいかがわしいのである。
信用ができないということである。その振る舞いがチャイナ人の全てである。信に足らない。
物が粗悪で、売り方が杜撰なので、日本人はチャイナ物を忌避するのである。
縁起でもないからである。日本語で言えば、「関わるのもけがらわしい」のである。

当のチャイナ人も、わざわざ日本にまで飛行機賃を掛けてやってきて、日本で安心の商品を
爆買いしているのである。チャイナの商品では安心できないからなのである。愛国受難だ。
物を買うということは、安心を買うということなのである。
お酒を楽しむということも、安心を呑むということなのである。

チャイナやロシアのように、この酒にひょっとしたらメチルアルコールが混ざっているのでは
ないかと不安を抱きながら飲んていたのでは、ちっともおいしくないのである。
食べ物も実はその安心を食べているのである。
日本人が、輸入食品を嫌うのは、とりわけ中韓の物を嫌うのは安心できないからなのである。

うまいキムチを食べていても、「韓国直輸入品」だと聞いたら気分が悪くなるのである。
「ウ〇」や、「ウ〇〇」や、「ツ〇」が混じっているのではないかと不安になるからである。
伏字で読みにくい実例になってしまったが、読まない方がいいのでこれはこれでいいのだ。
知らない方が幸せな事だから。知らないで梅干や辣韮や蕎麦を口にする事ができるなんと幸せ。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-18 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-17 ムカツク「月桂冠」
「月桂冠」とか「松竹梅」を知らない日本人はまずいないだろう。
「十四代」とか「獺祭」さえも知らない人でも、その酒銘は知っている筈である。
それがナショナルブランドの威力である。
「菊正宗」などは、「キクマサ」と呼ばれて親しまれているほどである。

その「月桂冠」のTVCMがムカツクというのである。
呑んで、いや、見ただけでムカツクほどの不味いお酒を売り出したのかと思って見てみたら、
キャンペーンのCMがムカツクというものだった。
昔、南鮮のラーメンが、鍋の蓋でラーメンを食べるTVCMを打って物議を醸した事がある。

きったねぇ食い方だな気持ち悪い』(同米)。
何ですか、この食べ方は。日本人からは下品としか言いようがない。』(同米)。
各々の国によって文化・マナーの違いがあるとはいえ日本向けに公開する動画で日本の食の
マナーに真っ向から喧嘩を売るような食べ方するのはちょっといけないんでは』(同米)。

といった塩梅である。チョウセン人が作ったTVCMなのだろう。
今度の「月桂冠」のTVCMもおそらくはそれじゃないのか。チョウセン人のセンスなのだ。
「きったねぇ」(きったねぇ言い方ではあるが)、「下品としか言いようがない」CMである。
日本酒だけは汚鮮されていないだろうと思っていたが、アリの一穴があったのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-17 00:05 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2017-10-17 読みようによってはこの記事は
エダノ由紀夫、と誤変換するから、このワープロは皮肉屋なのである。
辻元清美前衆議院議員(今失業中の人)が、これまた今は失業中の枝野幸男立憲民主党代表は、
「見かけによらず気遣いの人です」と言っているという記事である
安倍晋三現総理の場合は、次の内閣が成立するまでは失業者ではなくその地位は継続中なのか。

閣僚以外の衆議院議員は、解散とともに瞬時にして全員が失業者になってしまうのである。
いま立候補している人達の多くは、失業者の求職活動ということになる。
ということは、有権酒は、会社でいえば面接担当ということだ。
しかし、選挙は求職応募者は勝手な事を発言できるが、面接者は質問ができないのである。

今の選挙制度はかなりオカシイのではないか。いや、デタラメに過ぎるのではないか。
下手すると、立候補した人を一度も見ることなく投票を強いられるのである。
どんなお酒を置いてあるのか分からないお店でお酒を選べと言われているようなものである。
不味いお酒は呑めないのに、置いてあるお酒が純米酒なのかアル添酒なのかも判らないのである。

いま、立会演説会では人気絶頂といわれている枝野幸男代表は辻元清美(は立候補しているのか
どうかは庵主の所には伝わってこない)さんと親しいというホロホロ記事であるが、辻元清美が
北鮮のスパイといわれているときにそんな記事を書いたら、エダノ由紀夫も、おっとっと、枝野
幸男もやっぱりそっちの方の勢力〈おなかま〉だったのかと邪推したくなっちゃうのである。

-----

『◆朝三暮四、面従腹背、権謀術数ーーそんな言葉に支配された日本の政界で数少ないまっとう
な“男”に見える枝野幸男。その実際は?「週刊プレイボーイ」44号([2017年]10月
16日発売)「今こそ、知りたい!“THE MAN”枝野幸男 初志貫徹の男気伝説」では
関係者の証言を掲載。そちらもお読みください!』(典拠。週プレNEWS)。

「週刊プレイボーイ」はお色気系の週刊誌かと思っていたが、硬派な記事もあるみたいである。
北鮮からお金を貰ったものか(ここは庵主の妄想)、枝野と辻元という、かなりアヤシイ議員
をヨイショしているのである。お金を貰って(この部分は庵主の邪推)議員のスキャンダルを
暴く週刊誌より品がいいのかもしれないが。立候補者の出自を書いてくれれば多言は無用なのに。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-17 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-17 「伏字、読む気にならん」
伏字、なんで使うの。読む気にならん。』(典拠米)。
そのサイトに書き込まれたコメントである。
もったいぶって伏字なんか使うな、というのである。
というより、そういうのは読みにくいという事なのである。

それは、こんな感じである。
日本側がかけているのはプライドじゃなくてトルコ人の●●だろ
韓国と違う』(同9:08)。
ここだけ取り出しても意味が分からないけれど、確かに読みにくいのである。ウザイのである。

読みにくいということでは、引用部分を斜体の文字にするというのもそれである。
これが実例である。それが読みにくい。庵主には非常に読みにくい。補足情報
アルファベットなら、斜体文字は引用部分を目立たせるには有効なのかもしれないが、
日本の患児かなでそれをやると可読性が一気に落ちるのである。

そういう読む気が失せるダサいセンスを見ると、チョウセン人認定したくなるほどである。
この人は日本人なのだろうか、という疑念がわいてくるということである。
庵主は、文中に詩文が入ってくるとその部分が読めなくなる。生理的な拒絶反応が起こるのだ。
うまくないお酒も、庵主は生理的に呑めないのである。うまいお酒ならちゃんと呑めるのに。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-17 00:02 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-10-16 下関ではパトカーにも駐禁ステッカー
下関の駐車監視員はちゃんと仕事をしているというのである。
確か、安倍総理の選挙区である山口4区は下関ではなかったか。
総理の選挙事務所はパチンコ屋のビルの2階だと聞いた事がある。
事務所の下がたまたまパチンコ屋だったのか、2階を只で貸してもらっているのかは判らないが。

安倍総理は、なぜかその周辺の人がパチンコ屋とか、統一教会とか、チョウセン人に恵まれて
いるのである。そのかみさんも、南鮮狂いなので、チョウセン人だと見做されている。
鳩山元総理のかみさんもソレだったから、その振る舞いとよく重なるからでもある。
安倍総理のかみさんは森永製菓の社長の娘さんだというからその邪推には信憑性があるのである。

ロッテもそうだが、戦後、砂糖を自由に手に入れられた会社はチョウセン人系とされている。
森永製菓も砂糖で発展した会社だというわけである。だから、当然その社長は。なので娘さんも。
邪推は、そうやって強引に関連付けて信憑性〈それらしさ〉を高めていくのである。
というより、変な方向に走ると言った方がいいのか。邪推は自由な空想を楽しむゲームだから。

下関で駐禁ステッカーを貼られたパトカーは公務ということで切符は切られなかったという。
罰金を払っても、結局それは自分の懐に入るものだから、行って来いで無意味故にである。
下関に、その脱税を監視するパチンコ屋監視員がいたとしたら、パチンコ屋は大変だろう。
同様に贋酒監視員がいるとしたら。「獺祭」は全量純米酒なのでアル添酒の誹りとは無縁である。

-----

同じ山口の「雁木」も全量純米酒にしたという。
アル添酒を造らない蔵を「全量純米蔵」という。
アル添酒を造れという国に反旗を翻した勇気のある蔵元のことである。
走りは「神亀」だったろうか。今、全量純米蔵は百蔵近くあるのではないか。

先の「獺祭」にいたっては、全量純米酒であることのみならず、全量大吟醸酒なのである。
一番下のお酒が精米歩合50%で、極みは23%の酒を造っている。
精米歩合50%というと、米粒の50%を削り落とすことである。
原料の米を半分捨てるという事だから、庵主はそれを「罰当たり酒」と呼んでいるのである。

一粒のお米でも粗末にしてはいけないというのが日本人の躾けの第一なのである。
それなのに、「獺祭」は100俵の米を買ってきて、50俵を糠にして捨ててしまうのである。
それは狂気の酒造りだという事で、それを「キチガイ酒」と呼んでもいいのである。
「キチガイ水」ではなく、「キチガイ酒」である。

そういう酒造りを進化と呼んでいいものか。
技術的には、精米機の進歩と酒造りの進歩によるものだから進化と呼んでいいのだが、
それって、本当は劣化しているという事なのではないのか、というのが古い人の思いである。
庵主は、お酒は精米歩合70%で十分うまいお酒が好きである。ただ、実例は少ないのである。

-----

これ、フォトショじゃないのか。
と、思えるような「写真」がここにある
天下第一党の総裁の衆院選第一声の光景だというのである。
ひょっとして、「朝日新聞」のギャグかもしれないが。

その演説を聞いている人が誰もいないのである。
というより、第一声は、都内でやるのが当たり前だろう。
安倍総裁は何を考えているのか、ということである。
この写真はフォトショだろう。聴衆がいる演説風景である。馬さんと鹿さんだが。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-16 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-16 分かる人
大麻のニオイが分かる人がいるというのである。
庵主は分からない。
そもそも、大麻がどんなニオイなのかが分からないからである。
それが大麻のニオイであっても、それを断定することができないのである。

よく、ビールに、「麦の味わい」とか「麦の香り豊か」などと書かれていることがあるが、
実は、庵主はその「麦のニオイ」が分からないのである。藁のニオイでいいものか。
ビールテイスト飲料の、あの不味いニオイが麦本来のニオイなのか。
そんなものが臭うビールなんか飲みたくないのである。

今どき、米のニオイがするお酒なんてのがあるかということである。
あったら、相当造りが汚いお酒なのではないか。
生モト(モトという漢字がパソコンでは打てないので、「生モト」で「きもと」と読んで)の
あの生臭い、は魚だったか、陰気臭いニオイが苦手だという人がいる。

その生モトの匂いが米のニオイなのだとしたら、たしかに米のニオイはうまくないのである。
クセがあるので、それが好きだという人がいても否定はしないけれど。
庵主はアル添酒も分からない。アルコールが混ざっている酒はすぐ判るという人もいるのだ。
このご婦人も大麻のニオイが分かるんだろうなというのは、ただの厭味なのだろうが。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-16 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-10-15 「ハレンチ」
「ハレンチ」という言葉がある。本来は「破廉恥」だが、この場合はカタカナで書くのである。
年齢を理由に不採用になった女性は、恥じて口を閉ざします(ハレンチにもその体験を公表
するのは変わり者の私くらいでしょう)。この国の現状を、男性は単に知らないだけなのでは
ないかな、という気がします。

逆は可能でも、お金持ちが貧乏人の生活を想像するのは不可能だといいます。それと同じく就労
において優遇されている側は、差別されている側の現状にみずから気づくことは決してないの
です。』(典拠)。
立ち位置が変わると、相手が見えなくる事があるというのである。

見えない方は、見えていないのだからそれがあることに気がつかないのである。
旨いお酒もそれか。
旨いお酒が目に這いっこない人には、それがあるという現実に気がつかないのである。
お酒なんか、まずいものだと思っている人もいるのである。それを盲と呼んだら語弊があるか。

現在公開中の映画「ドリーム」は、優位に立つ側が決して見ようとしない人種差別や性差別の
実態に対して声を上げつづけ、国を変えた女性たちの物語です。』(同)。
それはアメリカ映画の話だが、アメリカの人種差別は、優位者にはちゃんと見えているのに、
わざと見ない振りをしているのである。分かっているものだから、指摘すると怒るのである。

-----

キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)はNASAでコンピュータ(計算係)として働いて
います。電子コンピュータ登場前の時代、「コンピュータ」とは計算だけをする生きた人間の
ことを指しました。NASAで数学を駆使して働くなんてすごいことですが、これは上の指示に
従った計算作業だけに特化した職務であり、NASA内では見下されています。

それゆえ「コンピュータ」は全員女性です。その下流のコンピュータ部署でもさらに底辺の存在
が、アフリカン・アメリカンであるキャサリンたちがいる「Colored Computer
(有色計算係)」部署です。キャサリンたちは、ヨーロッパ系アメリカ人のコンピュータ女性が
いる部屋とは離れた地下室で働いています。』(典拠)。

白人はちゃんと分かってて、そういう人達をわざと地下室に押し込めているという事である。
日本の企業では、経営者と従業員が同じ食堂で、ときには隣り合わせで食事をするのを見て、
白人達は驚くという。
その食堂の風景にも、見える人には日本の身分差別が見えるのだろう。

日本人の方が狡猾だといえないこともないのである。
日本人はそれを知っていても波風を起こさないためにただ黙っているのである。日本は水が清い。
アメリカは、波風を起こして掻き混ぜないと水が腐ってしまうから掻き混ぜるのである。
掻き混ぜる係は弁護士と呼ばれている。弁護の人数が必要な理由である。

-----

“NASAでは小便の色は皆同じ”
[映画ドリームは]冷戦時代にアメリカが旧ソ連との宇宙開発競争を繰り広げていた時に人種
差別、女性蔑視などの様々な壁に立ち向かいながらHidden Figuresとして活躍
した黒人女性を描いた作品。

非常に痛快かつ見やすい作品。
当時の人種差別の現実をストレートに見せてくる。
人種によって働く建物を分けられ、非白人専用トイレ、非白人専用ポットまで。
そして黒人の方達に向けられる目。

それらを堂々それを正義として行う。その思い込みの正義に耐えながら常に変化をしながら必死
に生きている。それを思い込みだと気づき変化を受け入れる側の人達の行動にも心震える。
登場人物皆が主要3人の黒人女性達の行動や思いを汲み取る為の役割又変化を受け入れる役割を
果たしていて空気になっている人物がいない。

ファレルが手掛けた音楽が非常にマッチしている。あの音楽によってスッ〜っと映像に没入
させてくれ 気分を操ってくる。
泣かせにきたり感動を誘おうというような見た方でなく非常に爽やかに描いている。[中略]
もう本当に素晴らしい作品。』(典拠)。勿論、差別って素晴らしい、という意味ではない。

-----

予告を観て、女性がNASAで頑張って成功した話、とわかって「あーはいはい」くらいの
気持ちで観に行ったんだけど、これがとっても面白かった。
差別にも負けず、自分の仕事に誇りを持ち信念を曲げない女性たちの働きぶりに涙しましたよ。
明日から頑張ろう、と思える作品』(典拠)。

映画「ドリーム」は、観たら元気の出てくる映画なのだという。
そういう映画を作れる職人がいるということである。
旨いお酒もそうなのである。
呑んだら元気が出てくるのである。味わうということは作り手の元気を受け取る事なのである。

素直にいい映画。
NASAでは小便の色は同じ、ええ台詞や。』(同前)。
便所で泣かせる映画、なのだろう。
それにしても邦題がドリームとはピントこない。意訳を越えている。

うまく訳せないのであれば原題のままで良かったのでは。』(典拠)。それを「ドリーム」と
したのは日本人のユーモアだったりして。南鮮の歴史ドラマを「ファンタジー」と呼ぶように。
この場合の「ユーモア」は、うまく訳せないのであれば「厭味」と思えばいいのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-10-15 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)