「ほっ」と。キャンペーン
2017-02-15 降伏の化学は「朝鮮系」宗教集団だった
庵主はのワープロは「幸福の科学」と打とうとしたら、「降伏の化学」と誤変換してしまった。
直すのが面倒くさいのでそれをそのまま標題にしたのである。
故・大宅壮一〈おおや・そういち〉は、原稿を書いていて、今書いている事が間違っていると
気付いたときに、それまで書いた原稿を書き直さなかったという。

ではどうしたのか。
それまでの部分をそのままにして、「という意見もあるが、私はこう思う」とつないだという。
創価学会という宗教集団がある。
その宗敵だった藤原弘達〈ふじわら・こうたつ〉が亡くなったときには「祝電」を送ったという。

その話には尾鰭が付いていて、創価学会の信者だったか関係者から送られてきた「祝電」は
段ボール箱いっぱいになるほどだったという。その段ボール箱の大きさが判らないのであるが。
その話を聞いているものだから、人の悪い庵主は、もしその名誉会長が亡くなるようなことが
あったら、名誉会長は信者からどれほどの「祝電」を受け取るものか期待しているのである。

その熱心な、いや真摯な、おっと敬虔な信者から寄せられる「祝電」は、ジャニーズに送られて
くるバレンタインチョコ同様トラック数台分になるのだろう。信者の思いが量られるのである。
幸福の科学もその振る舞いは創価学会に見劣りはしないという。「朝鮮系」宗教のようである。
ただ、両教団の公式宗団酒がマッコリかどうかは、庵主は寡聞にして知らないのである。

-----

幸福の科学は確か一夫婦が教祖をやっている宗教集団で、その活動の一端はこうだという。
幸福の科学といえば、「FRIDAY」(講談社)1991年8月23日・30日号が
大川隆法総裁の結婚写真や過去に関する証言を掲載したことで、大規模な抗議行動と訴訟を
起こされた事件は有名だ。

この事件では、雑誌が発売されてから約3週間後、同誌編集部および発行元の講談社に対し
幸福の科学信者が押し掛け建物内を占拠、警察が出動する事態にまで発展した。
電話やファックスによる営業妨害活動も行われ、抗議文や大川総裁の著書のコピーなどが
ひっきりなしに流されたという。

さらに、この件に関してはその後、幸福の科学や教団関係者が講談社を相手取っての訴訟も連続
して行われ、講談社は大きなダメージを受けた。』(典拠
大川相殺の得意芸が確か個人の過去を暴く霊媒芸だと思ったが、その伝で自分の過去が暴かれた
ときには如上の集団抗議活動を行なったという。得意芸にはどんどん抗議していいものらしい。

いや、大いに抗議した方がいいようである。それが教祖様の言葉に対する敬意になるからである。
自分が気に食わない相手方に集団で押しかけて「抗議」するというのがチョウセン人の行動様式
である。故にそれを得意とする宗教団体を「朝鮮系」宗教と呼ぶのである。迷惑宗団ともいうが。
そうか、幸福の科学も朝鮮系宗教だったのか。新興宗教に疎い庵主は知らなかったのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-15 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-15 「今の皇后陛下は『売国奴』のお嬢さん」
物事は、見る角度でその見え方が異なることがあるのである。
真ん丸の球のようにどこから見ても同じにしか見えないものもあるけれど。
その場合は、影の位置が異なるとでもいえばいいのか。
すなわち、物事は見る位置で見え方(その人の認識)が異なるものだということである。

見る位置ということでは、その人の年齢もまた一つの位置なのである。
若いときには見えないものがあるのだ。
逆に、若くないと見えないものもあるのだろうが。
皇后陛下、おっとっと、現在の皇后陛下は『下品』に見えるという人もいるのである。

皇后がなぜ下品なのか、それは企業のトップとは言え、所詮戦勝国アメリカ、GHQと癒着
して、いわば日本を「売った」形でのお家のお嬢さん。』(典拠)だからだ、というのである。
日清製粉という家柄が悪いというのである。そこのお嬢さんだから所詮は、というのである。
それにしてはよくやっているとは思うのである。もう83歳なのだ、年寄りイジメはやめようよ。

ただ、ご長男様とそのお妃様がアレだから、おっとあれだから、絶望感から、その親に目を
向けさせるのである。親の顔が見たい、と。
「アレ」と言っても、「あれ」と言っても、ここでは殆ど変わらないのが寂しいのである。
お酒も、「純米酒」でも、「アル添酒」でも、殆ど変わらないから困るのである。

-----

ただし、今の皇后陛下を「下品」と言っている人は超能力者みたいなのである。
なんだ、この花の生け方[活け方]。薔薇も多色の趣味悪さ。色のバランスもない。
(色盲の噂?)』(典拠
白黒写真を見て、薔薇の色が見えるというのである。庵主はその色が全然判らないのに。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-15 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-02-14 日本人のチャイナ国の心象とチャイナ人のそれ
日本人の中国人に対するイメージがおかしすぎる……どうにかならないのか=中国メディア
典拠)という記事である。日本人のチャイナ国に対するイメージは古いというのである。
そして日本人はチャイナ人を見下しているというのである。
今のチャイナ国がその記事のいう通りだとしたら、日本人がそれを見下すのは間違ってはいない。

近年目覚ましい経済成長を遂げた中国では、北京や上海の大都市はもちろんのこと、内陸部の
地方都市の景観も大きく変化した。一方で、日本国内には依然として「中国は貧しい国」という
イメージを抱いている人もいるようだ。』(同)。
庵主のイメージはもっと凄いのである。チャイナ国はハエもカもネズミもいない清潔な国なのだ。

最近、日本に観光でやってきたチャイナ人の第一の感想が「日本は道路にゴミ一つ落ちていない
清潔な国だ」ということである。ならば、そんな日本ほどにも清潔でないという国からやって
きたというチャイナ人はどこの国〈チャイナ〉からやってきたのか。嘘チャイナ人なのか。
では、当の嘘チャイナ人は自国であるチャイナ国をどう見ているのか。

ならば開発途上国と言うな。』(同米)。日本人以上に自分の国を見下しているのである。
今でも日本にタカっている事を恬として恥じないというのだから。自尊心のない国柄なのである。
アル添酒を見下す人がいる。見下されて当然なのである。純米酒と同等なわけがないからである。
アル添酒を見下すのはおかしいという方がおかしい。いつまでもアルコールに頼っているものを。

-----

庵主のチャイナイメージは、幼少の頃TVで放送されていた人民中国の映像によるのである。
その映像を、TV局はどうやって手にいたのだろうか。中共がスポンサーのCMだったのかも。
そこでは、人民中国は自力更生で、いまでは蠅も、蚊も、鼠もいない清潔な国に変わったという
洗脳映像が放送されていたのである。それと、通勤時の道路一杯に広がる自転車の群れも、だ。

今となってみれば、その映像こそ、中共がでっちあげた「南京大虐殺」に勝るとも劣らない、
見てきたような嘘映像だったのである。
それ故に、子供心に植えつけられた庵主のチャイナ国に対するイメージは遥かに美しいのである。
当時はそういう映像をTVが何の検証もせずに放送していたのである。全面広告だったのだ。

今、日本にやってきて、「日本の空は美しい」とほざき、「道路にゴミ一つ落ちていな」と
驚いて見せるそれらの、小汚い(と当人が言っているんですよ)国から来たという偽チャイナ人
の言う事を真に受けるほど今どきの日本人は、幼少の庵主のように愚かではないのである。
「サーチャイナ」だか「サーチナ」の言っている事のことである。

『毎度お馴染み中国国民の人気取りの創作記事だな。山間部には電気も水道もないのは事実。
寧ろ都市部のみを中国と言い切る「祖国は一つ」の方に矛盾と見下しを感じる。』(典拠米)。
長年どの国よりも援助したのに、ずっとODA援助金出せだのAIIBにシツコク参加しろと
言われ続けたんだもの。[中略]素直に大都市より未発展地が大半だと信じるよ』(同前米)。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-14 01:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-14 「売れるのと認められるのは同じではない」
歌がうまいと言われている福原美穂さんのことである。
庵主は、どんな歌を唄っている人なのか知らなかったのである。
試しに聴いてみた。
この歌からは庵主に伝わってくるものはなかった。

この子の歌唱力は本物
日本で認められないのが残念すぎる。』(典拠米)。
売れるのと認められるのが同じとでも思ってるのかよ』(同米)。
世の中は二律背反で成り立っているのである。売れている物が必ずしもいい物とは限らない。

それだからこそ人は救われるのである。
頭のいい人が全てだったら、庵主などは立つ瀬がないのである。
しかし、「欠点こそ人間の魅力だ」と思っている庵主はそれで生きていられるのである。
もっとも、正しくは庵主の思いとは関係なく「生かされている」のであるが。

お酒もいい米で造ったものだけが旨いのだったら世話ないのである。そうでないから面白い。
『[福原美穂は]ここまでの歌唱力持ってても提供される曲がこんなだとゆー悲しい現実
宝の持ち腐れ』(同米)。『いい歌でしょ。てか作詞作曲本人だし。』(同米)。
こんだけ歌唱力あるのに日本ではだめなんだなあ』(同米)。上手いだけでは旨くないのだ。

-----

歌が上手い方が海外でデビューしないといけない日本はおかしい。
だから早くアイドルとアーティストで
分けて欲しい!』(典拠米)。
面白〈ばかばかし〉いのがアイドル、肩が凝るのがアーティストという分類でいいのかなぁ。

この人の場合も歌唱力があると讃えられながらも、日本では売れなかったのである。
ね、この歌、上手いでしょうオリジナルを知っていると一層この歌の上手さが判るのである。
心にしみいるのである。歌を聴く喜びにひたれるのである。素直に聞きいることができるのだ。
でも、売れなかったのである。すでに故人である。その人が唄うこれも聴いてみたくなる。

3大ディーバ
朱里エイコ、しばたはつみ、前野曜子
合掌!』(典拠米)
庵主はその「ディーバ」という言葉を今初めて聞いたのである。故にその意味を知らない。

三人とも亡くなって何年も経ってから、ようやく正当な評価を与えられたような気がして
なりません。死去ではなく引退状態ですが、ちあきなおみもそうですし。』(同前米)。
旨いお酒同様、判る人だけが分かっていればいいのかもしれない。
分かっている人がいればそれは連綿と続くのだから。ちなみにその朱里エイコよりも“旨い”人

-----

朱里エイコが唄っている「あの鐘を鳴らすのはあなた」の話である。
オリジナルもすばらしいが、朱理さんの声は持ち歌として聞こえます。さらりとしながら
ズシーンと重みもあります。何回聞いても聞き飽きることがない曲です。』(典拠米)。
「朱理」はもちろん「朱里」の誤植である。

映像無しの「歌」だけで感動した。この歌が録音されてから、ネットが普及するまで、
ほとんど誰も知らずに埋もれてた。もっと多くの人がこの歌を聞いて欲しい。』(同前米)。
まったく 聞き飽きないなあ』(同前米)。
呑み飽きしないお酒同様、それは最高の褒め言葉だろう。なるほどのもう一曲。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-14 01:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-13 な、なんだ。アメリカ人のこの反応は
映像を観てたら涙が流れてきた。
国のために尽くしてくれた兵士たちに寒暑を。』(典拠5:49)。
アメリカ人(と思われる)の涙を誘った映像は何かというと、安倍総理がアメリカの「靖国神社」
であるアーリントン墓地を訪問して黙祷を捧げている映像のことである。

現在アメリカを訪問中の安倍総理は、[2017年2月]10日午前(日本時間同日深夜)、
日米首脳会談に先立ち、和親丼郊外にあるアーリントン国立墓地わ訪れ、無名戦士の墓に献花
されました。氷点下の中、安倍総理は19発の礼砲と儀仗兵に迎えられ、日米の国歌が演奏
された後、花輪を手向け、黙祷を捧げています。』(同0:14。以下も出典同じ)

その献花の様子をCNNがフェイスブックで生放送で伝えたという。
その反応が凄いのである。好意的なのである。そして感動的だったというのである。
ありがとう日本! 私たちのヒーローに敬意を表してくれたことに感謝します』。
私もこのセレモニー観に行ってきたよ。本当に感動的な体験だった。』。

これこそ他国やその国民に対する敬意の表し方だよ! 日本の首相に大きな拍手を送りたい!』。
その感動は普段接した事のない吟醸酒を初めて呑んだ時の感動と似たようなものなのだろう。
それは、心のこもっているものにを出合ったときの感動なのである。
シンゾーを観てたら涙が流れてくるのだ。その頭〈こうべ〉を靖国で下げる事はないのだから。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-13 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-13 「縷々」の実例
「縷々〈るる〉」という言葉がある。
お前は馬鹿だから、一つ一つ子細に説明してその非を教えてあげるね、という意味である。
その態度を、馬鹿にしているというべきか、親切の度が過ぎるというべきか、別れる処である。
いろはのいから縷々説明してくれるというのだから、教育的指導というのかもしれない。

東京に、庵主はテレビを持っていないので見たことがないがMXというTV局があるらしい。
なんでも「ニュース女子」という番組があって、番組の中で、沖縄で米軍基地反対運動をやって
いる人達のことを報道したら、嘘を報道されたといって自称「従軍慰安婦」、おっとっと、自称
「被害者(のりこえねっと)」が憤っているという話である。

よほど反日ネタがなかったのか、「朝日新聞」と「東京新聞」が社説をあげて、誰も(庵主こと
だが)見ていないTV番組を取り上げて、反日報道をやっているというのである。
その両紙に、縷々、新聞報道の正しいあり方を説明しているのが、武田邦彦中部大学教授である。
ここで聞く事ができる。その大学がどこにあるのか知らないのは庵主の生活範囲の狭さによる。

外国人は日本の基地問題に口を出すなというのは正論である。沖縄の米軍基地反対運動に加担
して言いるのりこえネットの辛淑玉代表は外国人だから、武田教授の指摘は外れてはいない。
そして「朝日」と「東京」は自分が反日新聞だという立場を旗幟鮮明にせよというのも全くだ。
アル添酒はお酒(醸造酒)なのかリキュールなのか旗幟鮮明にせよというのと同じである。

-----

翼得意の被害者ビジネス。 やってることは言論弾圧。
反日左翼の在日は日本から出て行って欲しい。』(典拠米)。
『[武田教授がいうような]外国人がいるいないが問題ではないんだな。事実に基づかないデマ
を放送でヘラヘラ笑いながら垂れ流していることを非難されているのだから。』(同前)。

「事実に基づかないデマを新聞でヘラヘラ笑いながら垂れ流している」ところの「朝日新聞」が
他社の報道を非難してもなんの説得力もないということが問題なのである。
報道能力がある新聞が、事実関係を調べる事もしないで、調査能力がない情弱な読者に与太記事
〈デマ〉を押しつけるのはメディアの自己否定ではないかというなのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-13 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-12 そのコメント数・372
中国共産党が必至こいてその大嘘を声高に主張する日本軍による「南京大虐殺」は、アメリカ人
のたった一つの質問で崩壊したという。
今どき30万人虐殺と叫んでいる人は、南京問題だけで食っている左翼学者か、おそらくは
中国共産党からお小遣いを貰って糊口をしのいでいる売れないジャーナリストだけなのである。

その人達にとっては「南京大虐殺」は生活のためのしのぎなのである。
真実なんかどうでもいいのである。
大方は中共に唆されたチョウセン人なのだろうが、日本人でそれを叫んでいる人がいるとしたら
相当な馬鹿である。日本という地盤に立っていながらそれを突き崩すようなものだからである。

アメリカ人の質問はこうである。
「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。
この大虐殺は2~3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?
2カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。

日本軍人はわずかに5000人だったそうだが、中国軍はなぜ南京の市民を守らなかった
のか?」』(典拠0:27)。
軍服を脱いで我先に逃げたからである。日本軍による掃討が行われたとすれば、中国軍が便衣服
でゲリラ戦を行なったからである。「大虐殺」の原因はすべて中国軍の責任なのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-12 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-12 「菅直人」の読み方
庵主はつい最近まで、「温州みかん」を「おんしゅうみかん」と読んでいたのである。
「うんしゅうみかん」だった。
さらに少し遡ると、「飛島建設」を「あすかけんせつ」と読んでいたのである。
そして、元内閣総理大臣「菅直人」の読み方を、庵主は今まで間違って読んでいた様なのである。

潘基文が次期大統領レースから撤退し、
文在寅が次期大統領の可能性をさらに強めています。
パククネの次は反日かすごい反日か、さらにすごい反日かという選択肢だったのですが、
潘基文が撤退したためすごい反日の文在寅が有力と思っておくとよいかと思います。

どうせ過激なことを言っているのは選挙中だけだとか
そういう見方をしている人がいますが、菅直人を考えてみてください。
最悪の時に最悪の選択肢を採るのが韓国人です。』(典拠)。
そうなのだ。「菅直人」はそのまま素直に「カンコクジン」と読めばよかったのである。

ならば、内閣官房長官「菅義偉」の読み方は。庵主は、はなからその名前が読めないのである。
お酒に「本醸造酒」というのがある。「本物の醸造酒」と読んではいけないのである。
「本〈もと〉は醸造酒」と読むのである。本醸造酒というのは、醸造酒である日本を本にして、
それに醸造アルコールをまぜた混ぜ物酒なのだ。リキュールなのである。醸造酒ではないのだ。

-----

「菅直人」を「カンコクジン」と読んだが、ただ単にチョウセン系の人という意味である。
本当の処は、南鮮〈かんこく〉系ではなく、北鮮系なのかもしれない。
菅直人が多額の寄附金を捧げていた団体が北朝鮮系と思われる「政権交代をめざす市民の会」
だったということから類推するに、心情的には北鮮により近い人だと思えなくもないからである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-12 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-12 この時局に見てはいけない映画
日本のものは何もかも嫌い。
この時局に日本映画をみたい?』(典拠3:43)。
日本のものが嫌いな外国人は少なくない。
嫌いだけなら全然かまわないが、牙を剥いて襲いかかってきかねないから要注意なのである。

外国人が日本を嫌いだという気持ちはわかるようなきがするのである。
文化の違いである。美意識の違いである。
TVのバラエティバングを見ていると画面の色遣いが下品なことに辟易するのである。
辟易なら我慢できるが、原色を多用した派手派手の安っぽい色遣いは見ていると疲れるのである。

その色遣いは、ひょっとして、今やTV界を占領してしまったというチョウセン系日本人ないし
在日コリアンの感覚なのではないのかと邪推しているのである。
日本人なのに日本に馴染めないという人も、おそらくはチョウセン系の日本人なのだろう。
日本人なら、こんな暮らしやすい国はないからである。

『[この映画の]内容を理解できない人すごく多いみたい』(同2:12)。
映画のストーリーが理解できないことに関しては、庵主は南鮮人に勝るとも劣らないのである。
南鮮のオタクに肩を並べることができて安心したのである。それ以上は堕ちることはないから。
でも、庵主は、お酒に関しては旨いかどうか、またそのよしあしは分かるのである。

-----

「君の名は。」は南鮮人に贈る日本からの最後のプレゼントだという予言である。
日本の映画を見てくれる韓国の方には残念なお知らせです。
もう直ぐ反日、従北派の大統領が選ばれ日韓は断交に近い状態になり
韓国国内では日本排除と言論統制が始まります、

その上次期大統領はアメリカを排除して中国に場族した国家体制を作ろうとするでしょう
そうなれば今のトランプ政権下では簡単に韓国は見捨てられるでしょう
こうして共産圏に取り込まれた韓国の末路は北と変わらぬ藻になる
残念です、さようなら韓国』(典拠5:41)。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-12 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-11 「政権末期というより国体末期」
それを『国体末期』だという。うまいこというものである。
ネトウヨ稲田[朋美防衛大臣の話が出たのでその関連で]ということで。
「日本初で唯一の神道の小学校」。
同校の名誉校長は安倍晋三首相の妻・昭恵氏。

国有地を内緒で1/10で売っちゃうとか。
財務局もグルなのね。
これはヤバイよな。
公務員凄い凄い偉い偉いから許されるのかな?

政権末期というより、国体末期だな。[それに続く2行はあえて省略]』(典拠米)。
稲田を批判してるあほがおるが、あれ多分アフリカで[自衛隊員が]死んだ時に辞任させる
ためのお人形だろ』(同)。
で、昭恵氏は『人柄はいいと思うんです。ただ、バカなだけ。』 (典拠)なのだという。

石原慎太郎元東京都知事もなにかとゴチャゴチャやっていたようだが、
さすがに総理大臣の安倍晋三総理は格上でそれを上回るゴチャゴチャをやっているようである。
神道なんてのは親が子にその後ろ姿で伝えるもので学校〈がっこ〉で教えるものじゃないのだ。
お酒の呑み方は学校で習うものではなく居酒屋で習うように。尤も飲酒の小学校はありえないが。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-11 10:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)