2017-05-16 BM伝「笑い話・両サイドに抜かれる」
関係者なら「両サイドに抜かれる」で分かってしまうのである。
今、大変なことが起こりつつあるということが。
顔が小さくて、足が長い三人娘のことである。
この動画を見たら吹き出してしまった。

しばらく見ないうちに大変なことになっていたのである。
業界では、タレントの老化現象のことを「劣化」と呼ぶのである。
しかし、これを「劣化」と呼んでいいものか。
背が伸びるのは自然現象ではあるが、その自然現象をしてはいけないのが業界の掟なのだ。

自然現象に逆らうために、少なからずの努力をしているタレントも多いのである
顔で売る商売の弱みがそこに集中してしまうのである。
ファンを絶句させてしまうからである。
顔で売る商売と言えばヤクザもそうである。タレントもヤクザも人気商売なのだ。

肉体から発する人気という気を売っているのである。自分の肉体を売るという点では売春婦と
同じであり、また人気を長く維持する事が難しい故に堅気の商売とはみなされない。
味で売る商売であるお酒造りはもっと厳しくて、感度の高い舌の持ち主が、一口で酒質の劣化を
いい当ててしまうのである。造り手の気を一瞬で敏感に察してしまうのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-16 01:00 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-05-15 キムタクのタブー
キムタクといえば、今や「いじられタレント」の代名詞化している。良く言えばおいしい肴だ。
どんなに馬鹿にしても誰もそれに異存を唱える人がいないタレントという事である。
どんなにその欠点をあげつらっても誰もそれを制しようしないという事である。
それを褒める事がかえってそれを馬鹿にしていることにもなるというタレントの事である。

『この役はヤバい! 木村拓哉「無限の住人」主演で隠せなくなったタブーな部分とは』
典拠)。あの神聖不可侵のキムタクのタブーに迫るというのがツカミである。
大手映画配給会社の広報担当者が語る。「この作品の実写化自体は十分あり得る話なのですが、
木村さんが主演を引き受けたのは正直、意外でした。

私も原作のファンなのですぐ気づきましたが、木村さんが演じる万次はいつも雪駄を履いている
んですよ。『この役はヤバいんじゃないか』と、発表後、社内でもざわついていましたね」
(同)。さあ何がヤバいのか。なんでヤバいのか気になるのである。どうでもいい事なのに。
要するに、身を切らせる話題作りなのである。策士がメディアにお金をばらまいているのだろう。

メディアとはスポンサーからお金を頂いて「記事」をでっちあげるのお仕事だから、金主次第で
記事の内容はどうにでも変わるのである。白を黒にしちゃうことも可能なのである。
キムタクのタブーとは。欄外に引用。でもそれよりも、キムタクは足首に刺青がなかったっけ
金主の要請で「不味い」を「旨い」に変えたお酒の記事は一口呑めばその真偽は判るのである。

-----

「百聞は一見にしかず」とはお酒の事をいう諺みたいである。
その記事がいうキムタクのヤバいとはこれだという。
キムタクが雪駄を履くと何が問題なのか。「以前から都市伝説のように語られていますが、
木村さんには昔から『足元のタブー』があるんです。

公称身長176センチはウソで、いわゆるシークレットシューズを履いているのではという噂
です。[時代劇なのだから、高下駄というものがあるのでなんの問題もないではないか]
この噂のせいで、業界でも『上げ底できない履物や裸足の役』は木村さんには絶対に
キャスティングできないという共通認識がありました」[なのにそうなったのだからネタなのだ]

まことしやかに囁かれるキムタクの身長詐称疑惑。かつてなく「足元」に注目が集まる作品と
なりそうだ。(白川健一)Posted on 2015年10月10日』(典拠)。
白川健一さんほか各位の金主に忠実な人々の努力にもかかわらず、2017年4月26日に
封切られた映画「無限の住人」は空母信濃のように戦わずして大コケしてしまったのである。

そもそも、2015年にもうこういう記事が書かれていたのにもかかわらず、庵主がその映画の
事を知ったのは、封切後のことなのである。独善的にいうならば、そんな映画があることを誰も
知らなかったという事なのだ。知ってすぐ「無限の住人」の感想を検索したら好評なのである。
が、よく見たらそれは原作の漫画の評価だったのである。公開時期を間違えたのではないのか。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-15 00:04 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-05-15 モランボン狂い
「モランボン」というのは北鮮語なのか。
漢字で書くと「牡丹峰」である。
日本では焼き肉のタレを造っているメーカーに「モランボン」というのがあるが、
その会社も北鮮系の会社なのかもしれない。

で、ここでいうモランボンは美人の宝庫といわれているモランボン楽団のことである。
一見して、予備知識なくても、それを見たらこう思うのである。
北朝鮮のモランボン楽団が可愛すぎてヤバイ』(典拠)。
ということは、観ていて楽しいということである。

庵主は、チャイナ国と南鮮と北鮮の物にははっきり言って申し訳ないが欲しいと思う物がない。
国産の商品には数限りない魅力的な物が多いというのに、である。
つまりそれらの国は、庵主の生活にとってはなくてもいい国だということなのである。
だがしかし、何事にも例外ある。

南鮮の映画は得難い。日本人にはないあのエグサと逆に大嘘の美しさがたまらないのだ。
北鮮ではこのモランボンが庵主は好きなのである。「美人ってホントにいいものですねぇ」。
チャイナ国の商品では、書道用の墨が気になるのだが、幸いなことに庵主は今は字を書かない。
そうそう、南鮮のヘイトビールが造る本ビールの「プライムドラフト」も庵主の好みである。

-----

以下は、北鮮は「第二大日本帝国」だという説の流れである。内容を保証するものではないが。
ポツダム宣言受諾以後、海外にいた日本軍人は続々と日本に帰ってきました。しかし実は
かなり多数の日本軍人が海外にとどまり、対米大東亜戦争を継続し、その国の独立と解放のため
に戦ったのでした。インドネシアが有名ですね。

朝鮮もその例外ではなく、その数、数千人と言われる日本軍人が朝鮮半島にとどまり、朝鮮の
独立と自由のために戦ったのです。現在の北朝鮮は日本人が建国した国と言っても過言では
ありません。』(典拠米)。
「朝日新聞」の「朝」が実は朝鮮の「朝」であるように、金日成の日は日本の「日」だという。

「朝日」の「朝」が朝鮮の「朝」であることは、旭日旗である朝日新聞社の社旗が旭日旗に執拗
に難癖をつけてくる南鮮人から華麗にスルーされていることで判るのである。お仲間だからだ。
金日成も金正日もその名前のなかに日本の「日」を用いています。これは彼らが日系人、いえ
日本人そのものであったことを表しているのです。[「日ユ同祖論」ならぬ「日北鮮同祖論」]

モランボン楽団の愛らしい女性たちの容貌、その哀愁を帯びた歌声のなんと心ゆさぶることで
しょうか。拳を振り上げ勇ましい歌を唄っていても、どこか「桜の国、日本」の娘のはにかんだ
唄声ではありませんか。端正な顔立ちも自然に美しく、桜の花びらのように可憐です。それも
そのはず私達日本人の実の娘なのです。』(同前米)。

-----

確かに牡丹峰楽団も素晴らしいけど、個人的には功労国家合唱団や普天堡電子楽団の方が好き
だなあ。功労国家合唱団だと朝鮮人民軍歌、金正日将軍の歌や、普天堡電子楽団だと攻撃戦だ、
統一列車は走るなどいい曲ばかり。普天堡電子楽団については解散せずに存続させても良かった
と思うんだが……』(典拠米)。消息通がいるのである。

チャンネル名が、「日本のために」。そして、北の戦略に簡単にはめられ、「モランボン楽団
がかわいい!」かい?
チャンネル名を「北朝鮮のプロパガンダのため」に変えなさい!』(同前米)。
ちゃんと物事が見えてる人もいるのである。誰がアップしているかを考えればそうなるのだ。

で、普天堡電子楽団がこれである。ちなみに北鮮はこういう感じの見事な国である。
あなたがいなければ祖国もない』(典拠)。
絵柄の金正恩の顔は肖像画のようである。ならば、そのモデルは影武者ではなく本物の筈だ。
すなわち、本物の金正恩の耳は耳たぶがあるという事である。耳たぶがないのは影武者だ。

日本人の駄洒落がこれである。
あなたがいないと空腹もない。
あなたがいないと餓死もない。
あなたがいないと不幸もない。』(同前米)。日本は大日本帝国をやめて正解だったのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-15 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-14 話を引っ張る人
話の上手な人には敵わないのである。「お前の常識は間違っている」というのである。
それを「香具師の口上」とでも呼ぼうか。日常の正常判断をひっくり返してしまうのである。
なかなか本題にはいらずに延々と前説で引っ張る話し方の事である。しかもそれが面白いのだ。
2、3分聞いて話が進まなかったら、そんなもの聞くのをやめればいいのにそれができない。

こんな感じの話し方のことである。
早く結論を言えと思っていても、ついつい聞き耳を立ててしまうでしょう。
そして、いいところで次回に続くとなるのである。馬鹿高い布団を買わされる心配はないが。
アラビアンナイトの「千夜一夜物語」もこれだったのかもしれない。

それからどうなるんだ、と期待させておいて、次回に続く、なのである。
語り手の声がいいというのである。『声が安心する』(同米)。「ラジオ深夜便」調なのである。
SHINGENさん[陰謀論の伝道師の名前]のトークは本当に超一流ですね!』(同米)。
心霊とかそういうのよりこう言った話が私的に1番怖いです。』(同米)。真実が一番怖い。

それは『人類の99.999993%が気づいていない驚愕の事実』(同)なのだという。
スピルバーグは知ったから[「未知との遭遇」を]作ったのではなく、その後の作品含め、
知らされ、作らされている人物の一人です。』(同米)。
旨いお酒が本当にあるという事も99.999993%の日本人は知らないのではないだろうか。

-----

日本の人口は1,2700,0000人だったか。
そのうちの0.000007%といえは889人になるが、旨いお酒を口にした事がある人は
もっといるだろうから、本文のオチはヒッカケオチということになる。
うっかり頷いたら、嘘だったというオチである。次のもヒッカケオチの実例である。

昔、不作で飢餓に直面している北鮮に人道援助で米を送ろうという我が国の政治家がいた。
日本人なら、人道援助に異論はない筈である。「糞」北鮮であっても人道援助なのだから。
その米の量が25万トンだというのである。その程度ならいいだろうと思ったら大間違いだった。
米の現在の標準販売価格1キロ400円で計算すると、なんと1千億円に相当するのである。

-----

1848年のアメリカのゴールドラッシュは民族浄化だったというのである(バート3から)。
話に聞くゴールドラッシュの実態は、すなわち真実はインディアンの大虐殺だったのだ。 

[PR]
# by munojiya | 2017-05-14 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-14 ハーフの悲劇
日本人と外国人との間に生まれたハーフは美形が多いとされている。
日本人×黒人、日本人×特ア人の場合もそうなのかは聞き漏らした。
どうやらその外国人というのはもっぱら白人を指しているようである。
というのは白人にはこういう発想があるというのである。

白人特有の思想に、自分たちの仲間が他民族と結婚したら、その子が自分たちよりもましてや
相手よりもずっときれいになる。だから、自分たちの遺伝子は偉大なんだ、と考えるというもの
がある。つまり、白人ハーフになると、非常にきれいだから、どんどん相手の娘をものにして子
を作れ。そういう思想がある。』(典拠)。

しかし、それには罠があるという。
ところが、さらにその先になった場合に、知的面で非常に障がい児が多く誕生してしまうと
いう未知の、未解明の問題が存在するのである。
見た目もいまいち、知能もいまいちの、なんとも言えない子が登場するのである。

これは、むしろ白人の方がよく知っているが、表向きでは黙っていることが多い。』(同)。
印度の実例では、『白人と異民族が混血を繰り返した場合、最低カーストとして扱わなければ
ならないどうしようもないレベルの人間がどういうわけか誕生するらしいのである。』(同)。
国産の米と、外来の醸造アルコールのハーフである今日の日本酒の将来は如何、である。

-----

この白人ハーフ以降のリスクという問題は、まだほとんど知られていないのである。
ある種の遺伝の法則として、白人に見た目も知能も近い階層。あるいは、そのどちらかを保持
する階層。そして、両方の悪い面だけが増大してしまった階層。こういうふうになるらしい
のである。』(典拠)。

オチはこれである。ハーフには将来に禍根を残すリスクがあるというのである。
西洋人の白人[とのハーフ]ですらそうなのだから、朝鮮人ではなおさらである。
なぜなら朝鮮人の場合は、遺伝子上に救いがたい問題が蓄積されているからである。まあ、いま
ではかなり明らかになったが、その危険性は計り知れないものがあるのである。』(同前)。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-14 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-05-13 「学ぼう」
まずは『学ぼう』(典拠)。クリックすると音声が出るのでご注意。
記事はこちらである
なるほど自民党はそういう仕組みになっているか。
「自民党は日本最大の反日団体である」と言われているのもむべなるかな。

アメリカ合衆国の日本統治の下請け団体だと言っても同じなのかもしれないが。
南鮮人が自国の歴史を直視しないで馬鹿ばっかり言っているように、
日本人も同様に、歴史の現実から目をそむけて馬鹿なことばかりやっているのである。
「平和憲法護持」と称して日本の平和を阻害している人達の言うようなことである。

もっともあれはスポンサーからお金を貰っている都合上ためにする発言なのだとは思うが。
知性が困るのは、その国で本当に学んだから自国が間違っている事が見えてくる事である。
それが見えてきても黙っているのは処世術である。
本当の事を発言して強制収容所送りになったのではたまらないからである。

映画のように、セットの表面だけを見て、裏面を語らないというのが賢明な事だからである。
手品の種が判ったといって、それを得々として口にしたら馬鹿にされるのである。
種が判ることは賢いとはいわないのである。夢を壊すという。要するに馬鹿だという事である。
俺にはお酒に醸造アルコールが混ざっている事が判別できるという自慢もそれに似た様なものだ。

-----

(い)さらに、この北朝鮮を背後で動かしているのは、朝鮮名、金策(=日本人の畑中理)
などの倭人グループ。つまり、戦前に北朝鮮に残った倭人の末裔が本当のリーダーなのだという
のだ。』(典拠)。
北鮮とはこういう国だというのである。

★ネット上の噂で言われているのは、横田めぐみさんは、新羅系天皇(北朝)の血統(母が
華族)を持つ人物だから拉致され、金正恩は横田めぐみさんの息子という説。
★最初、この説を聞いた時、飯山一郎のジジイは何を妄想言ってるんだ!と思ったが、北朝鮮が
旧日本軍の残留者が創った国ならば、その可能性は大を超えて、それしかない。

大日本帝国は天皇を拝んでいた国だから。天皇を拝んで世界権力に忠実に従う国が大日本帝国
だったのであり、明治天皇とは世界権力と伊藤博文が創作したものである。
★国だった、という過去形ではない。北朝鮮に変身して大日本帝国はいまだに生きているんだ
から。

要するに、大日本帝国は北朝鮮となり、ナチスは米軍とイスラエルとその同盟組織になって
生き残っている。
★アルバート・パイクの預言どおり三回の世界大戦で世界を支配するために。』(典拠)。
読んだら分かるように、ネットの常識は世間では口にできないのである。

-----

「北朝」「南朝」という。北朝鮮、南朝鮮の意味ではないのである。
北朝鮮、南朝鮮をいうときは「鮮」の字を取るのである。「北鮮」「南鮮」と呼ぶ。
「北朝」「南朝」とは天皇家の系統に二つあるということだ。
実はそのことが横田めぐみさんが北鮮に拉致された理由だというのである。

やみくもに拉致されたわけではないというのである。
北朝 → 新羅系天皇
 南朝 → 百済系天皇』(典拠。以下も同じ)。
★創価学会は戸田城聖の頃までは北朝鮮カルトではなかっただろう。[中略]

しかし、三代目会長が池田大作になって北朝鮮カルトになった。』。
★日本の政治家は統一教会か?創価学会のどちらかの北朝鮮カルトの応援をうけなければ当選
しないシステムが日本で出来上がっている。[中略]創価学会は統一教会と組んで日本を支配
しているが、統一と創価は表面上は「対立のふり」をしている。

★[前略]北朝鮮が日本の宗教や思想を支配している。そして北朝鮮の背後には世界権力がある
ということ』。
大変面白い記事でした。ただし、創価学会に関してはもっと正しい認識をお願いします。
北朝鮮カルトではありません。』(同前米)。『部分的にはあり得るかな。』(同前米)。

-----

ネットで「畑中理〈はたなか・おさむ〉」の名前に行き着いたらいっぱしの陰謀論者といって
いいのだろう。こういう人だという
世間の常識からかなり逸脱しているということである。
ただし、世間の常識が正しいとは限らないことはいうまでもない。

それから畑中理さんの怨念です。「アメリカに原爆を叩き込んでやる!」というすさまじい
怨念です。この怨念が今出てきているのです。「アメリカに原爆を叩き込む」北朝鮮の目的は、
最初からそうなのです。それがずっと受け継がれてきて、今の北朝鮮があるのです。あの坊主
[金正恩]は「アメリカへ撃ち込む!」と言っていますが、これは畑中理さんの怨念です。

現代の北朝鮮の中核は、畑中理さんがつくったものなのです。畑中理さんは金日成の先生です。
金日成は駒にしかすぎません。みんな畑中理さんがつくったのです。この功績によって、金策市、
金策製鉄所、金策工業総合大学、金策軍官学校、金策航空大学、金策号もあります。
大変な功労者です。[中略]

畑中理さんが金日成の奥さんとできてしまい、それも公認です。できた子供が金正日です。
金正日は日本人なのです。その他のウワサがあります。横田めぐみさんと金正日の子供が金正恩
です。そういえば顔もちっと似ています。今は、人殺しをしているので人相がだいぶ変わって
しまいました。』(典拠)。ね、陰謀論って面白いでしょう。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-13 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-13 「全部ダメ」
そのイタリア産がダメなのではなくて、そもそもオリーブオイルが日本人の体にはダメなのでは
ないのか、というのが庵主の仮説である。食用油は大量に使うのでなければ胡麻油一択だろう。
上記で書いたとおり、とくにイタリア産オリーブオイルには偽物が多く、スーパーで売って
いるようなものは全部ダメ、だそうです。』(典拠)と結論が出ているようである。

これは、オリーブオイルのプロというべき専門家に私が直接確認した話なので確かです。ごく
まれに、まともなものもあるけれど、とは言っていましたが、相当品ぞろえのいい、そして
バイヤーに知識がある一部のスーパーの話でしょう。ためしに都内の高級住宅街のスーパーを
いくつか回ってみましたが、私の目からみてもこりゃダメだね、ってな品揃えでした。』(同)。

日本人の肌にアトピー症状が出てきたのは、食生活が原因なのではないかと思っている。
牛乳だの、バターだの、大量の砂糖など、日本人の体質に合わない食い物が増えたのである。
案外、食品添加物による複合汚染が原因なのかもしれない。
これまでの日本人が口にしてこなかったものを食べるのはリスクが高いということである。

何事も起こらなければいいのではあるが。
輸入物の農産物も土が異なると見た目は同じでも実は日本人に合わないのではないのか。
朝鮮産の農作物なり海産物はそういう意味で日本人には合わないのだという人もいるのである。
お酒は日本人が昔から呑んでいるものだから大丈夫だとは思うが。当節のモダン酒は判らないぞ。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-13 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-12 「安部は日本人か」
『ヤクザって純粋な日本人とかいるの? 政治家にも言えるが、安部は日本人かと疑うわ。
売国奴これに尽きる』(典拠)。
そうなのである。個人情報秘匿法だか、保護法だかで、政治家の出自が判らなくなっているから
そういう疑問が拭えないのである。

その点、お酒は原料表示が明確である。
「米(国産)、米麹(国産米)」と明瞭に表示されているのである。
その伝で、例えばですよ、「安部普三(父日本人、母チョウセン人)」といった表示があれば
便利なのである。庵主なら、外国産米のお酒は呑みたくないのである。

なお、標題の「安部」は誤植ではない。引用なので、引用文のとおりに表記したものである。
「安部は日本人なのか」という人も、日本の総理大臣の名前を間違えているところを見ると
「あんたは日本人なのか」と訊きたくなるが、コメントを書き込んだ人がどこのだれかは
判らないのである。

これは庵主の提案で、非日本人の場合のそれは「ヤクザ」、日本人のそれは「任侠」と使い
分けたらどうだろうか。「任侠」は「やくざ」と平仮名表記にするのでもいいか。
庵主は顔を見ただけでは判らない特ア人と日本人を区別するために名前の色分けを考えている。
日本人は山葵色(緑)、チョウセン人はキムチ色(赤)。シナ人は黄砂色(茶)と。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-12 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-12 某業界用語「劣化」「爆死」
「劣化」という言葉がある。
お酒でいえば、熟成したらうまくなるに違いないという期待に反して味がへたってしまうような
場合がそれである。
しかし芸能界では、タレントの老化現象をいうのである。もしくは肥満化をさしてそう呼ぶのだ。

いまは素人でも平気で口にする「目線」という言葉、堅気の人は使わなかった言葉である。
それは業界用語だから、例えばヤクザの業界用語を日常生活で口にしたらどうかと思われるような
ものである。「殺〈と〉ったれ」などと口にしたら馬鹿だと思われるだけである。
ヤクザ用語もそうだが、ネット用語も同様と見られているのである。

芸能界には「爆死」という業界用語もあるようだ。
使い方はこうである
毀誉褒貶のキムタク〈おおもの〉のご臨終をいう言葉みたいである。
キムタクには味方〈ファン〉も多いが、敵〈アンチ〉も多いのである。

敵からのお祝いの言葉が「爆死」である。
ストレートな表現である。
不味いお酒に対するストレートな表現はあったっけ。庵主がそれを言う時は「いいお酒ですね」
と表現は柔らかいのである。その前に「どうでも」という一言を押し殺してはいるのだが。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-12 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-12 どんどん明かされる宗教の嘘
2017年5月13日。
宗教マニアには垂涎の日にちである。
ファティマの第三の予言が成就される日だからである。
宗教屋さんも数十年先を行っておけば一番信者の心をつかまえやすいと思ったのだろう。

2300年とか、3000年などの日付を持ち出しても、端から信じてもらえないが、
2017年なら、今生きている人間が想像できる範囲だからである。
しかし、月日の経つのは早いもので、黙っていてもその日が来てしまったのである。
世紀末というのはキリスト教の都合なのに、そう言われるとなんか意味があるように思えてくる。

で、20世紀末最後の年の7月何日だったかに、地上に恐怖の大王が降りてくるとして上手に
商売をしていたのがノストラダムスである。
日本人はそんな人知らないのである。いるのかどうかも判らない人の「予言」に夢中になった
ものである。勿論、月日の経つのは早く、ついにその日が来て予言が嘘だとバレてしまった。

さて、待望のファティマの予言である。
バチカンの総本部の金庫の奥に厳重に秘匿されているという事になっているその予言は果たして
成就するのか。秘匿されているからどういう予言なのかは分からないのではあるが。
そんな話を肴にして、旨いお酒でも呑みながらキリスト教の嘘を見守ってあげるのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-12 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)