「ほっ」と。キャンペーン
2017-02-11 「政権末期というより国体末期」
それを『国体末期』だという。うまいこというものである。
ネトウヨ稲田[朋美防衛大臣の話が出たのでその関連で]ということで。
「日本初で唯一の神道の小学校」。
同校の名誉校長は安倍晋三首相の妻・昭恵氏。

国有地を内緒で1/10で売っちゃうとか。
財務局もグルなのね。
これはヤバイよな。
公務員凄い凄い偉い偉いから許されるのかな?

政権末期というより、国体末期だな。[それに続く2行はあえて省略]』(典拠米)。
稲田を批判してるあほがおるが、あれ多分アフリカで[自衛隊員が]死んだ時に辞任させる
ためのお人形だろ』(同)。
で、昭恵氏は『人柄はいいと思うんです。ただ、バカなだけ。』 (典拠)なのだという。

石原慎太郎元東京都知事もなにかとゴチャゴチャやっていたようだが、
さすがに総理大臣の安倍晋三総理は格上でそれを上回るゴチャゴチャをやっているようである。
神道なんてのは親が子にその後ろ姿で伝えるもので学校〈がっこ〉で教えるものじゃないのだ。
お酒の呑み方は学校で習うものではなく居酒屋で習うように。尤も飲酒の小学校はありえないが。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-11 10:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-11 総尺80分
「カメラ」の事を「キャメラ」という。
映画の業界用語である。
「レンズ」の事を「玉〈たま〉」と呼ぶ。長焦点レンズなら「長玉〈ながだま〉」という。
映画の長さを、時間ではなく「尺〈しゃく〉」でいう。尺はフィルムの長さのことである。

上映時間が長い映画は長尺の映画というわけである。
上映時間を時分でいうのではなく、フィルムの長さでいうのである。
時に「長尺」はだらだら長い映画を揶揄するときにも使う。
適当な上映時間にきちっとまとめる事ができない下手くそな監督だというわけである。

昔の、二本立て時代の映画は1本が90分前後だった。
その尺数でないと映画館で4回上映できないからである。
上映できる回数が少なくなると映画館の売上げが稼げないからである。
今の映画は1本立てなので、上映時間が2時間前後である。内容にかかわらず、である。

庵主は映画は90分で十分だと思っている。逆に印度映画はわざと長尺に撮ると聞いた事がある。
それがおいしい映画だったら、そのあと、余韻を駆って早く旨いお酒を呑みに行きたいから。
庵主の冗談である。「映画は90分で撮ってほしい。それ以上煙草が我慢できないから。そして、
上限は2時間にしてくれ。それ以上おしっこが我慢できないから」と。総尺80分とはこれだ

[PR]
# by munojiya | 2017-02-11 08:15 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-02-11 今週の誤植「期待にそぐわないご飯」
『[その電気炊飯器を使った時の]使用内容:
        米 = 南魚沼産コシヒカリ(奮発してみました。)
        量 = 1合 
見た目では輝きが“ゆめりか”よりも輝いていて、味も文句のつけようがないという感じです。

当たり前のことだと思いますが、米によってこんなに違うと改めて実感させられました。
使用する米は“ゆめぴりか”以上だと期待にそぐわないご飯が炊けると思います。
この炊飯器のお陰で最近ではご飯に合うおかずを考える日々になりました。』(典拠)。
同じ電気炊飯器なのに、この機種は、いいお米を炊くと俄然おいしく炊きあがるというのである。

お酒の場合は、その逆で、同じお酒でも、それを呑む器によって味が変わるのである。
いや、その炊飯器と同じか。酒盃が同じなら、中に入れるお酒がよくなると旨くなるのだから。
で、最初の「“ゆめりか”」は、勿論、「“ゆめぴりか”」の誤植である。
それは、誰が見てもすぐ分かるからどうでもいい誤植である。

問題は次の部分である。
期待にそぐわないご飯が炊ける』。ここでその書き手が言いたいことは、「いいお米を炊いた
ときには期待を裏切らないうまいご飯が炊きあがる」という事である。ならば「そぐわない」は
そぐわないのである。意味が逆になる。「期待に違〈たが〉わない」と言いたいのだから。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-11 07:59 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-02-10 黒田勝弘氏賛
[黒田勝弘氏曰く]「それはそれ、これはこれ」の政経分離が難しくなった。<
何言ってるんだ? こいつ。
韓国が一方的に嫌がらせを仕掛けてきてるのに、「韓国人は割り切ってるのに、
日本人が粘着してる』みたいな言いぐさだな。』(典拠7:55)。

ソウルの帝王こと黒田勝弘記者の南鮮事情の真摯のレポートもいまや形無しなのである。
韓国の情報が少なかった昔は、黒田氏の記事、著作にはそれなりの価値があった。
今や単なるチョーセン人の味方だが。』(同8:24)。時代は変わったのである。
本質をかわして、南鮮人の本当の危険性の認識を疎かにさせる記事だというのである。

暗に、今では、却って有害なレポートになっているという指摘である。
「来日南鮮人500万人[突破]」の実態にはこういう邪推もあるのである。
韓国売春婦が3ヶ月ビザで、年に2~3回繰り返した結果としてのべ人数500万人突破した
とも推察できる。ビザ無し入国禁止と売春と疑われる女の入国禁止しないといけない。

2014年以降、国内で増えている性病は、韓国からの旅行者が増えてきていることに符合して
いる。日本政府には、早く断交を決意してほしい。[リンクは庵主が張ったもの]』(同米)。
断交は政府が決めるのではない。断交するかどうを決めるのは有権者である自分なのである。
「政府は早く断酒を決意してほしい」。断酒は自分が決める事で政府が決める事ではないように。

-----

黒田のおっさんよ。お前が韓国人の代わりに友好ムードを演出しても何の解決にもなりません。
肝心の韓国人は日本人を憎むことをやめてないだろ。
日本人は虚偽友好お断りです。』(典拠)。解決になる記事とはこういうのをいうのだろう。
ここに、一つの予言がある。

近いうちに日本のシンポ派弁護士の有志がアベタンに対して、韓国圧殺策動は憲法前文に違反
する悪辣な意見行為だと阻止ようを起こしそう』(典拠8:41)。
「シンポ派」という片仮名書きは弁護士の正体がソレだという意味合いなのだろう。
「アベタン」も亦その含みだったりして。

て、ゆうかさ、もう何かで不利益を被ったとしても
もう韓国を嫌いな気持ちを隠したくないんだよね』(同前8:47)。
多少の不利益よりも、関わらないという利益の方がずっと大きいということなのである。
黒田の論調はいつも「ウンコはそれほど臭くありませんよ」だもんな』(同前9:15)。

その見事な譬えに、座布団10枚。
『[南鮮人の]あまりに酷いご都合主義に反吐が出ます。昔の日本人的な考えは通用しない
一度嫌えば二度と振り向かないのが日本人だ』(同前米)。
相手はストーカー国家だから、関わり合いにならなくても警戒は怠れないのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-10 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-10 安倍総理の正体
安倍総理は杜撰な男のようである。間が抜けているということである。
それゆえに、やっていることがどうにも頼りないのである。
亭主が「本気で」南鮮の不誠実を決然と非難しているときに、そのかみさんは亭主とは反対に、
南鮮と仲良くしようと公言しているというのである。

ならば亭主は自分のかみさんも説得できない無能な男なのか。
あるいは、かみさんに見透かされているように、その信念は空っぽだということなのか。
総理のかみさんは天真爛漫である。
「知日派」といわれる人がなべてうさん臭いように、その夫人は「知韓派」なのだという。

韓国紙、東亜日報は[2017年2月]7日、安倍晋三首相の昭恵夫人のインタビュー記事を
掲載した。慰安婦問題などで日韓関係がこじれる中、「どんなことがあっても韓国は日本に
とって大事な国」と語った。韓国では、歴史問題などで強硬姿勢が目立つ安倍首相への好感度は
低いが、昭恵夫人は日韓交流行事に積極的に参加するなど「知韓派」として知られる。

同紙によると、インタビューは[2017年]1月19日、首相官邸で行われた。昭恵夫人は
山口県下関市と姉妹都市の韓国・釜山市の交流に触れ「政府間で問題があっても国民同士が
仲良く過ごすことが大事」と強調した。』(典拠)。亭主の面目が丸潰れである。 
総理が「ビール税を下げる」と断言しているときに、夫人は「上げるべし」と言うようなものだ。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-10 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-09 南鮮では「旭日旗」が愛国心の試金石
南鮮人には、特異な嗜好癖があるという。
「嗜好癖」というより「ヘイト癖」と言った方がいいのかもしれない。
私は旭日旗を見ると鳥肌が立ち、
恐ろしいと感じる』(典拠5:56)という南鮮人が少なくないというのだ。

ニンニクを嫌悪するドラキュラみたいな性癖なのである。
しかも、それが発症したのはつい数年前のことである。(欄外参照)
それまでは旭日旗を見てもなんともなかったのに、である。
ただし、それは南鮮人に共通の癖〈へき〉ではないようである。

若い人は旭日旗を見ても嫌悪感なんかないのだという。
すなわち、旭日旗を嫌悪する性癖は、南鮮の老人特有の病気のようなのである。
病名は「愛国心」である。ならずものの最後の砦とされている病気である。
古い世代はその性癖に忠誠を誓うが、若い世代は気にしないという。

愛国心というよりも、世代間の矜持の違いなのかもしれない。
愛国心が生きがいの人は古い価値観に生きているということである。
日本でも、古い人は三増酒に忠誠を誓っていたが、今の若い世代はそれよりずっといいお酒を
ためらいなく楽しんでいるのである。古い世代の呑み手はおいてけぼりを食らっているのである。

-----

2011年のアジアカップの日韓戦で韓国サッカー選手・キ・ソンヨンが日本人への猿真似を
してFIFAの人種差別に違反する行為をして
その言い訳に旭日旗を利用したのがキッカケだよ。』(典拠米)。それは南鮮のしきたりなのだ。
組織的に反日を煽っている部署なり団体があるのだろう。それをやると儲かる人達である。

日本の嫌韓は、組織的発生ではなくて、自然発生だから本物である。
南鮮人は誰かに騙されている反日だが、日本人の嫌韓は韓国人嫌いがふえつつある世界の潮流に
も合致する歴史的必然なのである。人のいい日本人にも嫌われるようじゃ南鮮人は世も末である。
もう関わることもないが。しかし、南鮮人の狂気に対する警戒は怠ることはできないのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-09 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-09 一番困るパターン
うまいだろうと踏んで、一升瓶でお酒を買ったものの、それが期待外れだった時も困るが、
一番困るパターンはこれだという。
認知症ボケボケでアタマが腐っているのに、身体だけは健康そのものって、一番困るパターン
なんだけどね』(典拠)。

認知症は製薬会社が作っているという説である。
製薬会社が病気を作る、という話なんだが、高血圧マフィアが騒いだせいで、基準になる血圧
が昔とずいぶん違ってきたわけだ。昔の基準では「年齢プラス90」と言っていた。
60歳だったら150。それが今では「年齢関係なく130」とか言う。

20も基準が下がったら、年寄りの半分くらいがみんな高血圧認定されてしまう。そこでやたら
降圧剤を投与、結果として、「血圧下げたら痴呆になりました」というわけで、世の中、認知症
だらけです。』(同)ということになるのだというのである。
夏の生ビールは気温が1度上がると、売れる量がそれに比例して増えるのだという。

降圧剤は、血圧の上の数字を「1」下げると同様に売り上げが伸びるのだろう。
医者が、製薬会社のセールスマンに、おっと、今はセールスパーソンとでもいうのか、製薬会社
の手先となって、いや、結託して病人を増産しているというのである。儲かるからである。
血圧医者にとっては、患者が痴呆になっても血圧下がればそれでいいんだろう。』(同)。

-----

そういうのを商売熱心と言っていいものやら。
精神科医が新たな精神病を増やして患者獲得するのと同じ
こいつら治療が目的なのではなく
患者を増やすのが目的だから』(典拠)。

日本で1番売れてる薬は降圧剤
昔は180で高血圧認定が140以上は薬飲みなさいとなった
言わなくてもどこが絡んでるかわかるよな?』(同前)。
血圧学会[スポンサーは製薬会社じゃないのか][が]血圧を下げようとする目的は、

頭に血をめぐらさないように馬鹿化して血圧薬を大量に売ろうとすることだぞ。』(同前)。
コレステロールの基準値も不思議。
200mg/dlに引き下げられてから毎年基準値オーバー(210前後)なんだけど、
どの医者も「全く問題ありません」と言う。』(同前)。

たまごの大ウソがばれて基準も崩壊した感じだ』(同前)。
「気をつけろ! 減塩しすぎると「認知症」になる」週刊現代
「そして、さらに驚くべきことが明らかになりました。正常な血圧の人にとって、増塩は疾患の
リスクを高めないが、一方で減塩はリスクを高めると報告されたのです」』(同前)。

-----

医学界、というより、医療業界の三大大嘘はこれだろう。
「血圧を下げろ」。年寄りには惚けを促進させるだけなのだと。
「塩分を減らせ」。貧乏人は塩分でご飯を食うんだよ。
「糖質を摂るな」。糖質カットのビールや酒の不味さはご存じの通りである。

血圧高く、塩分過多、ご飯いっぱいの生活をしていた時は少なかった成人病は、それを制限した
結果、子供の世代にまで蔓延しはじめたのである。どんどん健康が悪くなっているのだ。
慢性の病気(高血圧、高脂血症、精神病)の薬はいったん病気と診断されると死ぬまで飲み
続けてくれるから製薬会社にとってはおいしい薬。』(典拠)。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-09 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-08 チャイナ国が世界で尊敬されない理由
チャイナ国はアフリカに多額な援助をしているのに、なぜ日本の援助の方が評価が高いのか。
その理由をチャイナ人が自己分析したというのである。長い文章で。
しかし、その理由を賢明な日本人はたった3行で解き明かしているのである。
答は簡単

シナチクは劣等民族であり、
日本のおかけで近代化されたのに
その恩ある日本にいやがらせばかりしてるからだろう』(典拠7:14)。
日本人は「恩」を知らない人間を人とは思わない民族なのである。そういう文化なのだ。

シナチクとは、キムチがチョウセン人の愛称であるように、チャイナ人の愛称である。
チャイナ人やチョウセン人を、その振る舞いに品位がないので軽蔑するときにはチャンとか
チョンと呼ぶが、恩も知らない人間性を見てそれを人間の別概念だとするときにはシナチクとか
キムチという愛称を使う。人間と呼べる水準にはいまだ遠いというときに使う呼称なのである。

犬や猫がどんな悪さをしても、それらに人間に対するような期待はしていないのと同じである。
見た目は人間でも、中身が異質なものを比べてもしょうがないということである。
見た目は同じでも、中身が異なるものを比べてもしょうがない例としてはお酒もそうである。
純米酒とアル添酒は本来異質な価値観なのだ。アル添酒を本醸造と呼ぶのは日本人のユーモアだ。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-08 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-08 格闘技も終わった
歴史的には、それぞれ見かけはどんどん美しくなっているが、中身はどんどん劣化しているのだ。
例えば活字である。日本では、書体は、昔は明朝体とゴシック体ぐらいしかなかったのである。
それで十分に日本語を支えてきた。今は、庵主では覚えられないほどの数多くの書体があって
華やかだが、それらの書体はハッキリ言って大変申し訳ないがゴミである。面白いけど味がない。

面白いけど味がないお酒を呑まされたときはガッカリするのである。口直しが必要になる。
そういう新しい書体は見出し用の文字で、それで本文は組めない。読みにくいからである。
冗談でそんな書体で本文を組んだら、その書体の「薄っぺらさ」がすぐバレてしまうのである。
見出しでハッとさせるだけが限界の書体なのである。それなりに有用ではあるが。

いい絵とは長く見ていても飽きないものだという。パッと目を引くがすぐに飽きてしまうものは
中身がないという事である。広告写真にはそういうものが多い。引きつけるのも才能ではあるが。
結局ノアの面々が出て行ってから一時期全日本の方だけ見ていた時期があったなあ(苦笑)。
今は格闘技そのものを見なくなったけど。』(典拠)。

格闘技業界というのは、芸能界同様、日本ではチョウセン人のしのぎになっている。
選手や俳優というのは右を見てもチョウセン人、左を見てもチョウセン人状態なのである。
庵主は興味はないが、かつては面白かった格闘技も今は飽きてしまったという人の実感である。
映画も終わった、音楽も終わった、格闘技も終わってしまっているようだ。お酒だけは軒昂だ。

-----

もし、これを今若い人が読んでいるとしたら、自分はそういったもののカスをあてがわれている
のかと思ってはいけない。
これは、庵主のような年寄りの地点に立って見たときの風景だからである。
若い人が立っている地点で見たときには、映画はすごく面白い未知の世界なのだ。

音楽は高い可能性を秘めた世界なのだ。若い人は年寄りとは世界の見え方が異なるのである。
格闘技は男が、女でもいいが、自分の人生をかけるに申し分ない世界なのである。
フィルムからデジタルになってつまらなくった写真だって、南鮮の反日同様奥は深いのである。
それらの世界をまだ知らなかったらまずは味わってみるべきである。ただし未成年者は禁酒。

年寄りの言葉に騙されてはいけない。
年寄りの口癖は「近頃の若い者は」である。その口癖が出たら老化したという証なのである。
映画にしても、音楽にしても、格闘技にしても新しい流れに乗れなくなったという事なのだ。
そして、もう一つの口癖が「昔のものは良かった」である。今のものはつまらない、と。

〈とし〉をとると感性が萎えていくのだろう。新しいものが煩わしくなるのだ。
また若いころにはうまいと感じた味わいが、齢をとるとつまらなくなることがある。
子供の頃はあんなに美味しかった甘いものが、齢をとるとそんなにほしくなくなるのである。
すなわち、世界は、若い人の世界と年寄りの世界が並行して存在しているという事なのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-08 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-02-07 ご尊顔
庵主は観相(人相見)能力がないのだが、それでもこれはねぇと思うのである。
こういうご尊顔の面々である。日本はもう、本当に、ここまできているのかと。
会長のご尊顔は、庵主の脳裏では故・マルセ太郎の風貌に重なるのである。
その会長の会社は工場だったか研究所を南鮮に移した理由がそれで見えてきたのである。

会長以下の顔ぶれも、典型的なソレばかりに見えてくるから困るのである。
日本相撲協会が、実質モンゴル相撲協会であるように、
経団連も、日本のそれではなくソレのそれになっているのである。
アチャ、である。日本映画監督業協会(うろ覚え)の会長も今は崔洋一である。

庵主が、半径5メートルの範囲でしか見回していなかったところが、その外側ではそういう
大きな変化が進んでいたのである。目が明いていてもその目が見えなかったのである。
目が空いていると書くべきか。
社員の非正規化が進み、日本人がどんどん貧乏になっている理由が判ったのである。

日本に、「Kの法則」が確実に進行しているということである。実は嫌韓は正しいのである。
さいわいなことには、日本人は貧乏には強いのである。それを気にしない。
庵主は、ただ旨いお酒を嗜んで、清貧を味わうだけで十分に心は満たされるからである。
嘘の「真実」や、中身がすかすかの「本物」を手にしても、少しもうれしくないからである。

[PR]
# by munojiya | 2017-02-07 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)