2017-05-05 キムタクの映画がコケたという情報
SMAPという犯罪者集団で売るグループが解散してバックボーンがなくなった木村拓也が
主演した映画「無限の住人」がコケたという情報が流れている。木村拓哉、だった。
真実の報道なのか、ためにする報道なのか、それも宣伝なのか、庵主には判じ得ない。
庵主はそういう映画があるという事も知らなかったから、大方の人も知らないのではないか。

コケたというより、その映画が知られていないというのが真相なのではないのか。
広告は打ったというが、庵主は知らなかったからである。予告編を見ると結構良くできている。
それがクライマックスなのか、その一つ前に置かれたシーンなのか、300人をぶった切ると
いう場面の、殺される方がみんな青い着物を着ているという色設計が心地よいと庵主は感じた。

ならば、映画の評判はと思って「無限の住人 感想」で検索したら、それがコケたという話に
しては評判がいいのである。と、よく読んだら、原作の30巻に及ぶ漫画本の方の評判だった。
一言で言うと絵が本当に汚らしいです…… 要するに絵が雑過ぎて読みにくいです
許容範囲のレベルを超えているのでこの評価で…… また戦闘シーンも酷くつまらないですね

時代モノ作品としても魅力を何も感じませんでした』(典拠米2012/12/01)という感想
の直後に(前か)『作画のクオリティ。構図でいうと、ここまで完成度の高い作品は他にない。
拷問フェチの作者による、他では見られないような強烈な描写。』(同2011/07/04)
という感想がある不思議な漫画だ。辛口のお酒を旨いというか、不味いとするかの違いか。

-----

原作は19年掛けて、作者の成長とともに延々と続いた気の長い復讐漫画だという。
復讐心は馬鹿にされる感情だが、結構生き続けるための原動力になるのである。
少なくとも、漫画を描き続ける気力の淵源にはなるということである。
ただ、恨みを晴らすというのは、成就した時に夢がなくなってしまうというむなしさが伴う。

生きる意味を失ってしまうのである。そんなことで人生を棒に振ってしまってもいいか、という
事だが、多くの人はそんな事にでも情熱を傾けないと暇が余ってしょうがないという事である。
健全娯楽とは復讐心を伴わない時間つぷしの事なのである。凡人には自分の人生を自由に使い
こなせないのだ。逆か。自分に与えられた人生を生かすことができない人を凡人というのである。

才能がない人が凡人なのではないのである。凡人に徹しきれる人は非凡だからである。
原作はすでに完了しているという。作者の成長が楽しめる傑作だというのである。
しかしこの作品が傑作なのはだれた後の爆発力が素晴らしい。まるで蛹が蝶に孵化するかの
ような前準備としてくどさやだれた展開が続く様。

この作品を始めてみた時そして最終回にいたるまでこの作者は大きく様変わりした。
この作者は書いてて成長している。それゆえ良く成長の前段階としてだれた展開になる。最終巻
読んで、1巻を思い返すとこんな話を描ける人だったかな?と強く感じてしまう。
(典拠2013/03/23)。

-----

で、肝心の映画の出来はどうか。2016年11月11日の予言はこうである。『長編時代劇
エログロありバトル漫画として出来が秀逸。名作の域かと。内容含めてしっかり完結しているの
で、来年映画化予定(質量ともに実写化は困難で酷評の悪い予感しかないが)というタイミング
もあり、現在こそさらに薦められる作品。評価は「最高」に近い「とても良い」で。』。

お酒と同じで、下手な酒呑みはお酒を貶す。
上手な酒呑みはお酒を褒めて楽しむ。
そして賢い酒呑みはどうでも言いお酒には近寄らないといったところか。健全娯楽みたいである。

原作は知りませんでした。男性が好きそうなストーリー、演出だとおもいます。もちろん女性
が見ても。大スクリーンで観るべきエンターテイメントです。木村くんの殺陣も素晴らしい。
福士蒼汰くんも新境地開拓の作品になると思う。最後戦わないでと感情移入してしまった。海外
で評価されて、木村くんの代表作になる作品です。』(典拠)。なるほど。

昨日観てきたが、爽快感と興奮で朝方まで眠れず未だその興奮は続いている。
とにかく、木村拓哉は“万次”だった。納得と嬉しい驚きに満ちていた。配役は適材適所……
どれも魅力的だったが、何せ木村拓哉の臭い立つような貫禄とオーラに圧倒された。そして勿論、
殺し合いの殺陣も凄まじく良かった。

実写化する意味のある映画は殆どない見当たらないが、この「無限の住人」は、実写化する意味
も観る価値もある極めて稀な作品だと思った。
興行収入に関係なく、これは間違いなく「成功例」と言えるだろう。』(典拠)。ふ~む。
お酒同様、先入観なしに映画を楽しめる人は達人なのである。否定の人生では味がむなしいから。

以下、タイトルと一部抜き書きだけ。『体調が良い時に観て「疲れます/手塚治虫のどろろを
彷彿とさせるような肉体バラバラから再生の繰返し/出演者の血反吐を見るたびにめまいが
しました』、『どっかで見たような……』、『一番最後が「最後の最後のセリフが決め手。物語
のすべてを表している。」』、『結局なんだったの?』。疲労型の健全娯楽みたいな映画り様だ。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-05 00:01 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-05-04 日本人の教養としての朝鮮史
昔は歴史などの知識は学校で習ったものだが、今は、ネットが教えてくれるのである。
というよりも、そんなことは中卒程度の学歴があれば、自分で学習するものだという事である。
お酒の呑み方も学校では教えてくれない知識だから自分でやるしかないのである。
つまり、酒呑みは自分で学習する能力がある人だという事である。学習しないと楽しめないよ。

そうしないと、旨いお酒に出合えないからであるが。
日本人にとって教養程度の朝鮮史をこの人が教えてくれる
朝鮮史なんか知っても何の役にも立たないが、うるさい隣人なので軋轢予防のためである。
まず、チョウセン人は、日本人と決定的に違っているのが、「きったない」という事である。

それが、日本人がチョウセン人と相容れない決定的理由である。大チョウセン人も同様だが。
『[チョウセン人は]毎朝小便で顔や体を洗い、小便でうがいをしていたこと(とくに乳児の
小便は清潔とされていた)』(典拠。以下同じ)。
小便壺が家の中にあって、客がいても平気でそこで小便をしていたこと』。今もである。

小便や糞が混ざっている水でも平気で飲んでいたこと(味噌も糞も朝鮮人にとっては一緒
だった)』。日本人の想像力の範囲を越えている人達なのである。人でないという説もあるが。
コリアン(朝鮮民族)を嫌っていたのは日本人だけではないこと(コリアンを知ったロシア人
もコリアンを嫌った)』。日本人の嫌韓は間違ってはいないという事である。世界標準なのだ

-----

肝心な事なのではあるが、当のチョウセン人に憚って、欄外に書いておく。
朝鮮民族とは日本民族に「恩をあだで返してきた」民族であること(歴史的に敵性民族)
上記は歴史を直視しているので韓国に遠慮はいらないこと(韓国の外相が「日本は歴史を直視
せよ」と発言している)』(典拠)。

チャイナ国、南鮮、北鮮のように日本を敵国視している国とは友好はありえないという事である。
逆に特アが言う言葉は信用せずに、常に用心をしておくにしくはないのである。
日本人にとっては笑い話にしかならない南鮮事情だが、しかし、油断は大敵なのである。
反日感情を持っているのは一部のチャイナ人、南鮮人だというが、戦争は国が仕掛けるのである。

“善良な”人達が起こすのではないのだから、そういう一部の感情こそがより危険なのである。
狂気とは交渉も会話もできない相手だからである。
それが独善的に危険な発想なので、庵主はそれを忘れないためにいつも南鮮ネタを物にしている。
安全なものなら見流していればいいが、危険なものは常に目を向けておく必要があるからである。

キムチも危険な漬け物だという。おっと、日本人にとっては、である。南鮮人は慣れている。
キムチが人糞を混ぜて発酵させる食品だったこと(人糞の臭みを消すために唐辛子をどっさり
入れた)』(典拠)。『キムチに使われる白菜も日本から伝わったこと(大正時代に名古屋の
野崎徳四郎が栽培に成功した)』(同前)。南鮮は日本が作り上げてしまった鬼子なのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-04 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-04 三大エリカ様
日本三大エリカ様という笑い話がある。
一は、勿論、沢尻エリカである。
二は、沢尻に勝るとも劣らない戸田恵梨香らしい。
そして、三が、将来、その二人をしのぎかねない石黒ERICAである。

「エリカ様」というのは、並の男では手に負えない女のことをいう敬称である。
〈ぎょ〉するのは並大抵でない個性的な美女のことである。
故に、敬して遠ざけるのである。
石黒ERICAは、今はここまでだが、将来は侮れないのである。

それが2015年の話だから、今はもっと色っぽくなっているのかもしれない。
瞬きするところなんかはチャーミングである。
これとオリエント工業のボディが合わさると。いや、そんなことを考えてはいけないのである。

そんなことを考えてはいけないお酒の実例がこれである。どこか違和感を感じるという事である。
お酒造りにワイン酵母を使う事がある。
酸味が良く出るので、日本酒の酵母を使うよりは目鼻だちのいいお酒になる。
でも、なんかハーフっぽい味わいになるのである。旨い“お酒が”呑みたいと思うのである。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-04 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-03 日本人でよかったと思うもう一つの事
日本人に生まれてきてよかったと実感する事が二つある。
一つは旨いお酒を呑んだときである。
日本人なら、そういう気持ちが自然に湧いてくるのである。
「ああ、この旨さ。日本人に生まれてきてよかった」と。

で、もう一つがこれである。
日本人でよかった〜』(典拠米)。
全部慣れじゃない?
きついと思うのは自分が恵まれている証拠。感謝しましょう。』(同米)。

昔は日本だって柔らかいトイレットペーパーじゃなくて再生紙の落とし紙(便所紙)或いは
新聞紙を揉んで柔らかくして使ってたんだからね。[今の新聞は昔と違って糞の役にも立たない]
もっと古くは使い古しのワラ縄、糞かきべら なんて記録も。これだけ清潔に保てるのも豊かさ
のお陰。』(同米)。そんな日本があるのも特攻隊員のお蔭、と続くのである。

客船のトイレの話、料理の美味い船は、トイレが汚い。トイレがきれいな船は、料理が不味い、
両方良いのが、日本の船。』(同米)。
今月もアメリカに行くけど、ウォシュレットの無いの思い出した。小便器も、高い。
中国と韓国に行けないよね。便秘になりそう。』(同米)。中韓を特アと呼ぶのはそれでかも。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-03 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-03 「変態新聞」の躍如
「毎日新聞」は、ネットでは「変態新聞」と呼ばれて愛されている。
南鮮人の振る舞いを見て笑うことを笑韓という。日本人の密かな楽しみになっている。
素直に笑えるといっても、人の事を笑っちゃいけないので、声を殺して笑うからなお可笑しい。
ああはなりたくないという反面教師として、南鮮人を師とみたたて尊敬しているのである。

世の中のあらゆるものの起源は南鮮にあるというから、「反面教師」の起源も南鮮なのだろう。
で、南鮮から日本に来るもの日本人の体質には合わないというのである。
地産地消というが、遠くから持ってくるものは同じ白菜でもなんでも日本人の体質には合わない
物があるというのである。外国産果実なんかは防カビ剤の有害性をいう本が出ているほどである。

お酒だけは、主成分がアルコールという猛毒だから、世界中のどこから持ってきても大して違い
はないので怖くないのである。国産のウイスキーだろうが、英国のそれだろうが体にゃ良くない。
とはいえ、南鮮の焼酎は別の意味で怖いのである。怖い理由は欄外で。
日本ではなぜか報道されないが、南鮮産キムチは寄生虫で有名である。米中では輸入禁止なのだ。

キムチから寄生虫の卵が次々検出されたことがニュースとなり、寄生虫キムチとして日本でも
韓国産キムチの売上が大幅に落ちた時の日本のメディアのクソっぷりも酷かった』(典拠
という。とりわけ『2005年11月19日には変態新聞が』(同)さすがに「変態新聞」と
呼ばれるにふさわしい社説を載せたというのである。変態度は欄外で引用した。

-----

知っていると恥ずかしい言葉というのがある。
たとえば「トンスル」である。「朝鮮進駐軍」という言葉もそうだ。最近では「コンス」だ。
チョウセン絡みの言葉である。知って恥ずかし、知らないと怖いのが南鮮事情である。
日本関係の言葉なら、「テンガ」とか「オリエンタル工業」というのがそれだろう。

日本のそれは笑える恥ずかし言葉だが、知っていると怖いのが南鮮の焼酎である。
『[焼酎の原料となる]糖蜜を現役のバキュームカー(つまり糞尿運搬に使用されていた)で
運んでいたことがバレて、ニュースになった事があるのが韓国です。』(典拠)。さすが特ア。
ウオッカの「スミノフ」がそれだというのではないが、今はそれが南鮮で造られているのである。

さて「変態新聞」の躍如たるところはこの社説である。寄生虫キムチを讃えているのだ。不潔。
鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が
検出されたと話題の某国製[「韓国製」の誤植に非ず。報道しない自由の発露である]だったが、
炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。[中略]

寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科
歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑え
られる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。』(同前)。変態度大。
健康の為に自分のおしっこを飲む人がいるが、そっちの領域の社説が載っている新聞なのだ。

-----

10年ほど前に韓国料理屋に行ったら厨房のオバさんが、こちらを見て怒鳴り散らして(意味
不明)出てきた料理が腐った臭いで食べなかった経験があります。それからは焼肉含むアチラ系
の料理屋には行きません。』(典拠米)。
君子危うきに近寄らず、ということで。

外食のキムチを使った牛丼店などでは、コメや牛肉などの産地は壁に表示してありますが、
なぜか《キムチだけは》表示されているのを見たことがありません。訳ありの通名みたい
です。』(同前)。キムチは国産のでうまいのがあるからそれを選べばいい。外食ではキムチ
避ければいいだけのことである。「キムチ」が「気持ち悪い」の“起源”でないことを祈るのみ。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-03 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-02 BM伝「前史の抱きしめてTONIGHT」
なぜBMなのに田原俊彦なのか。
「見せる」を「魅せる」と書くことがある。
これはその魅せる歌である。

この運動量で生歌
今どきのアイドルじゃ絶対に無理』(同米)。
今これだけ口パクなしで
歌い踊れるアイドルがいない。やはり私の永遠にアイドルはトシちゃんだけだな~』(同米)。

もう二度と、トシちゃんみたいな歌って踊れるスーパーアイドルは、出てこないだろうね。
私の永遠のスーパーアイドル』(同米)。諦めることはない。すぅちゃんとゆいもあがいるのだ。
トシちゃんもいいけどバックダンサーの人も好き!』(同米)。
この歌が魅せるのは、歌とダンスの3人のバランスがいいからなのである。その絶妙な快感が。

その面白さを今に魅せてくれるのがBMなのである。3人でないと駄目なのだ。3人だから最強。
BMにハマる人なら、「抱きしめてTONIGHT」にもハマる筈である。
今ならユウツベに数多くの「抱きしめてTONIGHT」の録画があるがクセになるのである。
旨いお酒にハマってもクセになる。1杯ならず3杯呑むと非常にバランスがいいのである。

-----

「抱きしめてTONIGHT」はダンスがないとその魅力がなくなってしまう歌だ。
BMにゆいもあのダンスがなかったら、何かさびしく感じるのと同じである。
トシちゃんの後ろで踊っているのは木野正人と乃生佳之(めがねをかけている方)である。
ダンスのキレのよさと、トシちゃんの歌いながらもダンスがぴったり合うのは見事である。

すぅちゃんが、歌を唄いながらも、ゆいもあのダンスと同調しているのを見るのは驚異である。
下手なカメラマンは肝心のダンスの部分を撮り込めないのだ。歌い手をアップで撮ってしまう。
ビールから、アルコールを取り除いてしまうようなものである。何か物足りないのである。
庵主はそれを間抜けビールと揶揄しているが、BMからダンスを取ったらそれだろう。

今アップされている♪抱きしめてTONIGHTの動画では、一番のお気に入りです。
この歌番組の演出やカメラアングル…… とても良かったですよね。
上半身だけでなく、引きで全身を撮ったり、足元にズームしたり、シルエットでダンスの美しさ
を見せたり…… トシちゃんの魅力が存分に感じられて、好きでした。』(典拠米)。

こっちの映像の方がいいという人もいる。
この曲のテレビ放送ものは、この映像が一番いい。ザ・ベストテンは全身を映す映像が多いの
で、踊りもちゃんと全身を映してくれる。夜ヒットは上半身アップの映像が多いのでダメ。ま、
あれもあれでいいのだろうけど、この曲のように踊りを楽しむには向いてない。』(典拠米)。

-----

このバージョンが(3:21から)、ひときわダンスのキレがいい。
とりわけ4:53の3人の顔の位置と角度がピタリと決まるところなど観ていて気持ちがいい。
やっぱりこの赤い衣装でなくちゃ。
床に膝をつくところで微妙に振り付けがちょっと違っているバージョン全貌はこれがいい。

この曲の発売日は1988年だから、6年目のショーである。
ダンスもコクは出てきているが、当初の3人ときのトキメキはない。別の味になっているのだ。
「冬樹」がそれなのである。今も確固たるお酒ではあるが、当初のトキメキはないのである。

BMではベースギターのBOHが、3人と一緒に、ギターを弾きながらジャンプするのである。
ここではギターのギターの松川淳一郎がギターを弾きながら3人と同じステップを踏んでいる。
魅せるのである。
ジャンプしながら、あるいはダンスしながらギターが弾けるか、である。そんな器用な事が。

歌い方も当初よりは安定してよくなっているのではないか。『振りが違う……』(同前米)。
そして、この会場は、観客の女の子たち、というかお姉さん方の品がいい、というかファンに
落ち着きが感じられる。トキメキの会場の中にも節度が感じられて気持ちがいいのである。
この色気、世界レベル』(同前米)。そうきたか。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-02 00:03 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2017-05-02 嫌韓の基礎知識
常識的な日本人なら、あの南鮮人の難癖のつけかたのしつこさを好ましいとは思わないだろう、
と庵主には思われるのである。否、このように辟易しているのが普通だろうと思われる。
「朝日新聞」が捏造報道で火をつけて、南鮮がそれに乗ってしまったために引くに引けなく
なって暴走している「従軍慰安婦ネタ」はじめ「東海ネタ」、「旭日旗ネタ」としつこいのだ。

この場合の「ネタ」には「ビジネス」とルビを振った方がいいのかもしれない。
従軍慰安婦ネタは、日本からお金を引けるということでビジネスと化しているのである。
この「ビジネス」には「たかり」とルビを振るのである。
それが職業化してしまい、食っていくために必死で日本からお金をせびろうとするのである。

その営業スタイルは、話に聞く「ヤクザ」のしのぎに似ているのである。
今どきのヤクザは殆どが在日チョウセン人のしのぎだというから案外同根なのかもしれない。
そうであるなら、ヤクザを嫌うのはけっして非難されることではないように、南鮮人のたかりと
いうしのぎを嫌うのもけっして非難されるものではないのである。

チャイナ国では「愛国無罪」と言って反日活動は合法なのである。同様に南鮮では「反日無罪」
と呼んで日本に対するたかりは合法なのである。たかられた日本人がそれを嫌って「嫌韓無罪」
と叫んでも同様に何の非難の対象にはならない筈である。国際関係は互恵平等だからである。
特アとも関係は平等だが、国酒の旨さは多分日本がダントツだろう。酒は不平等なのである。

-----

「旭日旗ネタ」は南鮮人がつい最近でっちあげたネタなのである。
恵方巻と同じように、その起源が商売上のでっちあげだという事はみんな知っているのである。
嘘の強弁で自縄自縛化している。「朝日新聞」の社旗にはなぜ文句を付けないのか。統一教会の
マークはなぜスルーなのか。やっている人がその関係者なのだろうと庵主は邪推するのである。

こういうダジャレが好きだ。
韓国人が、福岡で3億8400万円の現金を盗まれたという事件のことである。
犯罪はいつも朝鮮人/本当に迷惑/役満』(典拠0:56)。この事件も自作自演みたいである。
で、『役満(やくみつる)』(同前米)。みずほ銀行がアヤシイというのである。

福島瑞穂議員は、チョウセン系議員とされている。
森友学園が作ろうとした小学校も「瑞穂の国記念小学校」という名前だった。
籠池泰典総裁も、多分チョウセン人なのだろう。
「瑞穂」は案外チョウセン人好みの言葉なのかもしれない。

みずほには在日韓国人がたくさん採用され、人事や役員級にもなっている。
みずほは親韓企業だよ。
ソフトバンクとの繋がりも強いし、金のためなら日本企業までも売ってしまう。シャープがまさ
にそう。東芝も危ないよ。みずほこそ売国企業だ。潰さないと大変なことになる』(同前米)。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-02 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-01 それでも異人を迎えたいと思いますか
そういわれてみれば、確かに東京は奇麗なのである。
道路にゴミが落ちていない。
電車の中は奇麗なのが当たり前で、車両に汚い落書きをするのは国鉄の、今はJRというのか、
その千葉だったかの動労だけである。国鉄の労組員が日本人から馬鹿にされている理由である。

世界の電車事情はこうだというのである。凄い状態なのである。
それに比べると、日本の電車は異常だというのだ。
そういう汚い乗客を喜んで受け入れるのは馬鹿としか言いようがないのではないのか。
「馬鹿」という言葉の使い所はここである。ここしかないともいえる。

電車の車内も諸外国と比べたら奇麗だが、東京では道路もそうなのである。
確かにゴミが落ちていない事に改めて驚くのである。
日本に観光にやってきた外国人が驚いているという話を聞いて気付いたのである。
新宿御苑の周りの道路を歩いたが、本当にゴミが落ちていないのである。

唯一、煙草の吸いがらが1本落ちていたが、それは風情といっていいゴミだった。
ゴミの集積場所の片づけられた青いネットのそばにドリンク剤の空きビンが1本あったが、
取り残されたのではなく、あとから誰かが置いていったものなのだろう。
それがカップ酒の空きビンでなかったのは幸いである。日本はいつから奇麗になったものか。

[PR]
# by munojiya | 2017-05-01 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-05-01 「韓国語無用」
昔、シナでは、そこがシナの国内なのに、
「犬とシナ人は入るべからず」という張り紙があったという。
チャイナ人は字が読めるだろうが、犬はその張り紙の字を読めないだろうに。
日本のビールなのに能書きが英語で書かかれている缶ビールがある。あれと同じである。

さて、時代は今。韓国語で書かれたこの張り紙は、当然、南鮮人にはちゃんと読める筈である。
ただ、それが理解できるかどうかはまた別問題ではあるが。
当店では
韓国語ができるスタッフがいません。

それによるトラブルを防ぐため
韓国人のご来店をお断りします。
ご了承ください。』(典拠0:09)。サッカー界には「日本語だけ」という横幕もあるとか。
外国人が来ても応対できるスタッフがいなかったら、そりゃ来訪を断るのも道理である。

話が通じなくて日本人に迷惑をかけるような外国人観光客は断るのは正義の実現である。
ちゃんとした自分の国があるのにわざわざ日本にやってくる事はないのである。
迷惑だからである。今なら、せめて日本語翻訳機能のあるスマホ持参で訪日するべきだろう。
そんな配慮もなしに迷惑をかけに来る観光客なんかは断っていいのである。ね、道理でしょう。


[PR]
# by munojiya | 2017-05-01 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-04-30 アニメの影響力
日本人で、百人一首のカルタ取りをやった人がどれだけいるものか。
全人口の50%は越えないのではないだろうか。
とはいっても、麻雀のように絶滅危機遊戯ではなく、
かるたクイーンがいるほどにきちんとその伝統は引き継がれているのである。

弓道人口と百人一首人口はどっちが多いかといった稀少伝統なのではないだろうか。
半径5メートルで生活していると世の中の全体像が見えなくなるのなるのである。
麻雀も、弓道も、百人一首も隆盛なら御免、である。
おそらくは多くの日本人にはなじみがないだろう百人一首にハマる外国人かいるのだという。

そもそも国内秘蔵遊戯としか思えない百人一首をどうして外国人が知っているのか。
アニメで見て知ったというのである。そしてカルタをやりたくなったというのである。
漫画の「ちはやふる」がアニメ化されて、それが外国で放送されているというのだ。
カルタのアニメを見て、外国人は分かるのか。面白いのか。どうやら面白いらしいのである。

アニメの影響力は凄いのである。「キャプテン翼」を見てサッカー選手になったり、
「ひかるの碁」を見て碁に興味をもった子供も少なくないという。カルタもまたそうなのである。
さすがに、お酒のアニメは、世界的に子供の飲酒は禁止されているから、作られても外国では
放送されないだろう。「夏子の酒」などはまだアニメにはなっていない筈である。

[PR]
# by munojiya | 2017-04-30 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)