2018-10-16 ヤフーの「人手不足だ」という記事のコメント数(!)
ヤフーニュースに、コメント数3165件(10月16日午前7時時点)という記事があった
元の新聞記事はメディアの性質として垂れ流しだが、ここでは読者の反応を知ることができる。
その反応を読み始めたらやめられなくなったのである。人手は不足かもしれないが、口は豊穣。
庵主は、生産社会からはすでに退役した老人だが、現役の人の環境(生き様)は厳しいらしい。

他人の苦労は、庵主にとっては他人事〈ひとごと〉でしかないから、「らしい」と忖度するしか
ないのである。想像の域を越えないということである。実感ではないということである。
関わり合う実力もないから、だまって見ているよりほかないということでもある。
庵主は、今、人を恨まないで生きてけいけるのだから、十分幸せなのだと思ってる。

いや、いつもうまいお酒に恵まれてるから、十二分に幸せを満喫していると自戒すべきかも。
不幸な人生を歩まれている人達を見ると、「運命」という二文字が浮かんでくるのである。
日本語ではそういう不幸を「さだめ」という。漢字は「運命」と書くからややこしいが。
西洋では「原罪」というらしい。朝鮮語に訳したら「怨〈はん〉」というらしい。

恨みで生きている人達を相手にすると大変なのである。後ろ向きで生きている人達だから。
そういう人達に対する正しい対応は「教えない、助けない、関わらない」ことだという認識が
ネット民の間で浸透しつつある。お人好しと呼ばれる性向の日本人がここにきてちょっと賢く
なってきたのは喜ばしいが、それは基本性向なので、またすぐに地に戻ってしまうのである。

-----

「原罪民」は、いくら学習しても結局は「原罪〈さだめ〉」から逃れられないようである。
また、「怨民」はいくら文明開化しても「怨〈さだめ〉」の呪縛から脱却できないのである。
日本人も、他民族の劣悪性を見聞きしてもやっぱり「お人好し」に戻ってしまうのである。
それが民族性というものなのだろう。いろいろあってもいいのである。

いろいろあるから面白いのである。お酒の味わいがどれも同じだったら呑む楽しみがないように。
で、日本人が好きなのは「お人好し性」なのである。人を恨まずに今を楽しむ性向なのである。
「原罪性」や「怨性」の人達にはみっともないからなりたくない。いや、なれないのである。
そういう性向の異なる民族が混じり合えるか。不可能である。世界平和は詐欺師の弁なのである。

-----

三千余のコメントからは生産現場の実情が伝わってくるのである。
とある業界も人件費削減と、その時の流行を追いかけた挙句、その道のプロである外部契約を
やっすーーーいギャラで使い捨て。挙句、将来性も魅力も全くない職種に成り下がり、若い人の
なり手がなく今やどのカテゴリも平均年齢50代が当たり前になりました。

アルバイトは大学生など若い子達が担ってくれますが、彼らにまで通常業務の他に、そのプロの
仕事まで押し付けです。バイト代は据え置きで。しかもそのための資格取得のためにかかる費用
は持ってくれるけど、物凄い拘束時間が長いのと遠隔地での開催なのに交通費やお昼代は持って
くれないので持ち出しが多い。

よって最早その業界も都合の良い使い捨て奴隷でも良い!という人しか雇いません。仕事に未来
も魅力もなくしておきながら、お客様により良いサービスを、って寝言言ってんなよって感じ
です。』(典拠)。それは案外、チョウセン人による日本人搾取という構図だったりして、
社会的に価値を失った仕事なら、人も集まらないし、倒産消滅していくのは自然の流れ。

利益の上がらない仕事でも、社会的意味や価値があると認める人がいれば、継続していこうと
する人が現れるだろうし、記録に残していこうとするだろう。
新たな職が生まれたり、古い職が廃れ、消滅するのは時代の摂理、進化であるから悲観すること
は何も無いでしょう。』(同前)。果して、新聞記者業界も人手不足産業の一翼なのかな。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-16 07:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-16 チャイナ製マザーボートは危険という情報
チャイナ製のマザーボードを使うと、中国共産党に情報が筒抜けになるという警告が出ている。
委細はこうである
世界の工場を自称しているチャイナの工場が中共に恫喝されて無理やり情報漏洩チップを
マザーボードに組み込むことを強制されたというのである。

メーカーには悪意はなかったらしい。
アメリカがその危険なマザーボードに気が付いて、今、わめいているところである。
さてさて、今、日本人が使っているOSであるウインドウズやマックOSには同様の危険性は
ないのだろうか。庵主はそれらのOSの危険性の警告を受けたことがないのである。

ウインドウズやマックOSは果して安全なOSなのか、庵主はいつも不安をいだいているのだが、
それを検証したという日本の機関がないというのも面妖な話である。
日本の官庁も中身が中国製のPCを使用しているとすれば、情報は駄々漏れ?』(同米)。
K国のスマホとか垂れ流しやろ。』(同米)。アメリカ製OSも清廉なわけがないのである。

NEC、富士通、IBMのPC事業は中国企業のレノボ(製品にバックドアが仕込まれている
のが発覚)の傘下ですので、パソコンやスマートフォン購入時はメーカーをしっかり検討しま
しょう』(同米)。
アル添酒に使う醸造アルコールもチャイナや南鮮製のものが使われていたりして。

-----

WINDOWSもひどかった
意図的に組み込まれたセキュリティホールや、存在を知っていて隠されていた
セキュリティホールがいっぱい
セキュリティホールの捜索を社外米外民間が始めるとシラを切れなくなり

暗黒時代は終わる』(典拠米)。なるほど。WINDOWSと書いて「前科者」と読むのか。
マイクロソフトには前科がいっぱいある、有名なのがロータス123
マイクロソフトはエクセルを発売したがロータス123が強すぎてぜんぜん売れなかった
が、ある日突然世界中のロータス123がクラッシュする

マイクロソフトは「windowsの仕様変更しました」とシレッと言い放つ
それを3回くらいやるとみんなエクセルに切り替え始めた』(同前米)。
10年ほど前からエンジニアの間でずーーーーっと問題視されてきたのに今更表立って
騒がれるってのも考えもんだな

危険だから散々やめろって言われてんのに無知蒙昧の政府は平気でlenovo製PC導入する
し、百度やキングソフト製のソフトまで勝手にインスコして常駐させるしもう話にならんよ
小学生にプログラミング強要させる前にお前らがまず人の話を聞けと』(同前米)。
小学生から英語を教えるとか、ブログラミングを教えるというのは邪道だろう。いな、狂気だ。

-----

そこまでいうか、である。『朝鮮人売春婦の子』というのは、安倍晋三に掛かるのか、麻生太郎
に掛かるのか。いや、吉田茂に掛かるのか。微妙な位置に置かれた不思議な文言である。
それをいうなら、DELLも同様にやっていることをスノーデンが暴露したが、ニュースに
取り上げていない。支那はDELLを真似たにすぎん。

親父が朝鮮人の安倍晋三、朝鮮人売春婦の子、吉田茂である孫の麻生太郎などGHQが作った
反日政党自民は、国家を揺るがす、毀損する事態にあっても、窮地にあった日本のPC事業を
何ら守ろうとしなかった。事実上、与野党朝鮮人政党、日本が乗っ取られた状態では、日本を
守らない、米の言うがままやり放題、日本解体食い物政治が続く。』(典拠米)。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-16 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-15 「正義のミカタ」
東京地方では放送されていないTV番組があるという。
その一つが、この「正義のミカタ」だという。
「ミカタ」は、「味方」ではなく、「見方」なのだろう。
「正義」とは「自分にとって都合のいい考え方」の事だと庵主は思っているのである。

すなわち、「正義のミカタ」というのは、わが日本にとって都合のいい見方という事である。
南鮮の、日本に対する今度の嫌がらせは「旭日旗」である。
その性向は、文字通り「気違い」というしかないのである。
人はいう。チョウセン人は人間の姿をしているが以下自粛。という説〈ミカタ〉もあるのである。

そもそも李舜臣がこの「師」という旗を使ったっての自体が映画から出てきたウリナラ
ファンタジーだし漢字も間違ってる。』(同米)。
今回中国、マレーシアは欠席、フィリピンは遅刻、そして観艦式に参加した各国の大半は通常
は船尾に揚げる軍艦旗をメインマストに揚げた。

これは「戦闘中」の意味で観艦式ではあり得ない事態なうえ、シンガポールは韓国国旗を半旗
(弔辞などの時に揚げる揚げ方)で揚げた。
これが今回の韓国の非礼に対する各国の反応です。』(同米)。
韓国。気持ち悪い国。言葉が通じないんんですよね。』(同米)。同じ酒を呑めないのである。

-----

私の地方では、正義のミカタは放送されてないので、違法だけど、いつもYouTubeで
みています! 東京民放は今回の旭日旗の問題とか、全く取り上げないからね……
なんで韓国に忖度するんでしょう?
やはり噂どうり[どおり]東京民放幹部には在日韓国人が多いんですかね?』(典拠米)。

状況証拠からして、在コが多いというのは確かなのだろう。
その事を称してマスゴミと呼ぶのがネットでは常識化しているのである。
芸能人が第三国で反日活動、大統領が第三国で告げ口外交、大学の教授が第三国で
反日キャンペーン。

ここまでやられてんだから制裁とか交流中止しとかは当然。 日本は反撃もしなけりゃ一方的に
嫌がらせを受けてる
だけだから、今後も韓国人は調子に乗ってエスカレートし続けるだろうね。』(同前米)。
韓国を見捨てよう! たまたま隣の家がヤクザだったら、仲良くする?』(同前米)。

旭日旗問題は、朴[一教授]によると「事を大きくしたいわけではなく、国内向アピール」
だと、いつもこういうシナリオで日本に譲歩させてきた、騙しのテクニック』(同前米)。
チョウセン人の口から出る言葉は誠〈ことば〉に非ず、と思っておけばいいようである。
その言葉を真に受けると必ず裏切られるから、適当に聞き流しておけばいいみたいである。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-15 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-15 関連記事
このサイトの下の方にある「関連記事」が面白い。
今、その一番上にあるのは『「たった1つ[庵主校正:一つ]変えただけで…… 人生がドラマ
チックに良くなったことはある?」参考になる回答いろいろ』というものである。
おっ、気になるではないか。さっそくそれをクリックしたみた。

“No”と言うこと。信じられないくらいに自由になる。』(同)。
その逆の人もいる。
無理矢理“YES”と答えるようにした。鬱だったので、誰かが誘ってくれてもずっと
“NO”と答えていたから。』(同)。

世の中は善と悪が隣り合わせであるように二つの対立する意見も同様に二つとも正義なのである。
正義を掲げたら世の中は収まらなくなるということが判るのである。
どうしても気に食わない奴がいて、気にしまいと思ってもどうにも心の隅にひっかっている奴
を、思い切って殺したら、それ以来心がすっきりしている。」というのはないのかな。

オチはこうである。
アルコールをやめたこと。』(同)。何も言うことはないのである。
「もうやめたほうがいい社会の習慣は何がある?」回答いろいろ』という関連記事もある。
オチが「飲酒」だったら困るので、クリックするのをためらっているところである。

-----

最初はそれがどうしたと思って見ていたが、だんだん可笑しくなってくるこういうサイトも
関連記事の一つにあるのである。←よくネタを探してくるものだという感心のあるある。
そこにある動画をクリック、である。見ているうちに、つい、笑ってしまったのである。
「日本のマスコットの仕事スキルがオーバースペックなとき……」爆笑する外国人が続出』、

世の中には表と裏とがあって、それを見て笑っている庵主の視点とそのぬいぐるみの中で
頑張っている人の視点があるのである。
その技を称賛する声と『自分が思ったのは、中でどれだけ汗をかいているだろうってこと。
きっと出てくるときにはびしょぬれだ。』(同前米)とが。裏を見たら楽しめないのである。

その裏は、見てはいけないものなのである。知らない方が幸せなことは多いのである。
手品の裏〈たね〉を知っていたら、折角の不思議さがそがれるように、である。
演奏を聴きながらその楽譜が見えたら白けてしまうのである。
映画を見ながらシナリオが目に浮かんできたらストーリーにのめり込めないではないか。

毎度の例だが、バナナ作りの現場を見たら、その後バナナがたべられなくなったという。
魚の養殖の現場を見たら、みんなオエッってなるらしい。こんなものを食っていたのか、と。
出された肉を、おいしい、おいしいと思って食べた後に、「それ人肉ですよ」と言われたような
ものか。それが本当は獣肉でも、冗談でそう言われただけでオエッとなるのである。

-----

日本が生んだ万能調味料が「味の素」である。
読めない人はいないだろうが「あじのもと」である。
昔は、お碗のマークの下にAJINOMOTOと書かれていたら誰でも間違いなく読めたが、
今はトレードマークも変わったから、正しく読めない人がいるかもしれない。そんな事ないか。

で、念のため、庵主の記憶違いではないか不安になってネットで確認してみたのである。
昔の味の素のマークを。それがすぐに出てこないのだ。去る者日々に疎し、か。味の素がない
ひと昔前のロゴというのは、どういうわけか、インターネット上では見つからないため、
さまざまな方法を駆使し、やたら手間と時間を掛けることになった。』(典拠)。なるほど。

ネット界がそれでは困るのだ。仮に間違っていた過去でも、それは事実として存在したのだから、
後日、後年になって確認する際にそのデーターは残っていないと困るのである。
すでに刑期を満了して出てきた元犯罪者がネットに残っている過去の犯罪歴を消してくれという
悲鳴を上げているという話を聞いたことがある。

たしかにいつまでも過去のデーターが残っているのは困ることがあることはあるのである。
新聞社や放送局が間違った記事を書いたときに、いつのまにかその記事をネット上から消して
しまうことがある。それはマスゴミにとって、おっとっと、マスコミにとって困るからである。
その点お酒はいい。まずい酒を造っても呑まれたら後に残らないから。ただし記憶には残るのだ。

-----

前節のお碗のマークの話は、味の素の話をするためのツカミだったが、話が横にそれて肝心の
本題に辿りつけなかったのである。お碗のマークの記憶は庵主の記憶違いみたいである。
そして、「味の素」は、もっと昔は「素の味」だったということが判ったのである。←冗談。
さらに「味〈あじ〉」「素〈もと〉」とルビが振ってあったのである。読めない人はいないのだ。

さて、その味の素が石油から造られるから危険だという噂が流れたことがある。
お酒でも、アル添酒は石油からつくられたアルコールが混ぜられているから危険だと思っている
人がいるのである。アル添酒のまぜるアルコールは醸造アルコールである。農作物を醱酵させて
造った精留アルコールである。石油から化学合成したものではない。

味の素も、メーカーの説明によると、サトウキビから造っているのだという。
それを聞いて安心したという人がいる一方で、そのサトウキビからの作り方を聞いてさらに
怖くなったという人がいるのである。知らないことが幸せなことが多いので、、気になる人は
ネットで調べてみるといいだろう。

モンサント社が造る遺伝子組み替え食物は、発癌性がないということになっているという。
そして、「いや、発癌性がある」という学者は痛い目に遭うといわれているのである。
その遺伝子組み替え食物は摂取して90日以内なら何ともないのだという。が、90日過ぎると
俄かに発癌性が高まるのだという。「直ちに健康に害がない」のがモンサントなのだという噂。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-15 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-14 「朝日新聞」は「国民の敵」
朝日新聞は国民の敵であることに揺るぎはない!』(典拠)。
「朝日新聞」は「国民の敵」だというのである。
なるほど。
庵主が好んで見ているネット番組界隈ではそういう認識が常識になっているのである。

旭日旗は戦犯旗だと言って難癖をつけてくる南鮮人どもも、なぜかその「戦犯旗」を掲げている
「朝日新聞」には一言も文句を言ってこないのである。はて、面妖な。
南鮮人どもに言わせると「朝日新聞」は「戦犯新聞」ということになるが、如何。
それを状況証拠とするに、「朝日新聞」とは南鮮人どものお友達だからだ、という事になる。

すなわち、「朝日新聞」は反日新聞なのである。
故に、「朝日新聞」=「国民の敵」ということになるから、冒頭のコメントは当たっているのだ。
ちなみに、朝日新聞社の社旗はこれであるサッカー界ならそれは「差別旗」になるのである。
旭日旗を半分に切って、さらに半分にした「四切〈しせつ〉旭日旗」なのである。

旭日旗〈にほん〉を四つに切り裂いて、恩と義と恥を切り捨てた旗だということだ。←駄洒落。
朝日記者の苦しい言い訳はこれである。見苦しいと言った方がいいのか。そういう立派な社旗
なのだから、弁解ではなく、その伝統に難癖をつけてくる南鮮人の方の非を叩けばいいのに。
同じ朝日でも「久保田」(朝日酒造)は良酒を醸しているから難癖を付けられる事はないのだ。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-14 09:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-14 クレジットカードの必要性
今は「カード・ゼロは信用ゼロ」の社会なのだという。
すなわち、クレジットカードを持っていない人は信用度もゼロの人なのだという。
ところが1枚もカードを保有していない人は「信用ゼロ」なので自動的に「要注意人物」と
みなされます。

40代とかでローンもカード履歴も何もないのはおかしいので、銀行や信販は「この人は過去に
自己破産や踏み倒したのではないか」と推測します。』(典拠)。
「男の顔は履歴書」という言葉がある。「女の顔は請求書」という対句もあるが。
いまやクレジットカードは文字通り「男の信用状」になっているのである。

まともな社会生活をしている人ならクレジットカードを持っているのが当たり前なのである。
持っていない人は社会的には要注意人物とされるというのである。
庵主は「要注意人物」なのである。クレジットカードを持たない主義だからである。
というより、カード類を持つのがいやだからである。それ以前にお金がないから必要ないのだ。

世の中には数多くのクレジットカードやお店のサービスカードを持っていて、手品師がトランプ
を扱うかのように華麗に使い裁いている人がいるが、今使う1枚のカードを探すために神経衰弱
の如きカードをあれこれ選び出している様は粋じゃないのである。はっきりいってダサいから。
カードは1枚がおしゃれである。お酒もこの1本がある人が粋なんだけれど、こればっかりは。

-----

クレジットカードを持つのは嫌いだが、こういうのは好きである。オモシロ画像集である。
その中で、これが一番可笑しかった。
これは笑ってはからいけないから、よけいに可笑しい
JAXAの萌えキャラがかわいい。看板の図柄を遠目に見るとキャラクターが浮かんできます。

本文末の「こればっかりは。」は字数の関係で文章を中途で切ってしまったが、庵主が言わんと
している事が判らない可能性があるので、ここで補足をしておきます。
「こればっかりは、それがかっこいいのだろうが、しかし、庵主の場合は色々なお酒を呑みたく
なる浮気酒なので、それができないである。」。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-14 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-14 漢字の読み問題
長年日本人をやっていると殆ど読めるはずである。
【難読漢字】全22問! 3割の大人だけ読める漢字の読み問題!』(典拠)である。
暇だったら、時間つぶしにどうぞ。
難読漢字なのだから、若い人には読めないのが当たり前の漢字である。

ただそれらの漢字は、「光宙〈ぴかちゅう〉」と違って、キラキラ読みをする漢字ではない
ので、教養を積んだ古い人ならなんなく読めるものである。
それでも、読書の傾向が偏っていると、機縁のなかった漢字は読めないことが多い。
酒呑みなら誰でも読める(筈の)「獺祭」でも、お酒に縁のない人は読めないかもしれない。

庵主は22問中3敗だった。
「潮騒」は「しおざい」まで読めたのだが、ちょっと違っていた。
「謙る」は庵主がいつも読み方を忘れてしまう漢字なので、やっばりまた読めなかった。
「鯑」はうっかり「きす」と読んでしまったが、きすは「鱚」だった。“喜違い”である。

「杮」を「かき」と読んてしまった人はこちらでご確認ください。
では難読酒銘を全7聞。
「獺祭」「灑(サンズイに綺麗の麗)」「乾風」「雪の茅舎」「醴泉」「三芳菊」「紀土」。
おまけでキラキラ読みの酒銘を一つ。「熟露枯」。答はネット検索で。こういうのもある

-----

見た目はよく似ている、というか、そっくりな「杮」と「柿」であるが、微妙に違うのである。
純米酒とアル添酒もよく似ているから「お酒」で括っていいというのはありかもしれないが、
「杮」と「柿」はダメである。別の漢字だから読み方が違うのである。
かきは9画で[設問の杮は]8画だったような[後略]』(典拠米。以下同)。

明朝体やゴシック体だと分かりづらい
毛筆体か丸文字、手書き系だとたぶん違いが分かる』。
20年前まではカキと〇〇〇[杮の読み方。伏字は庵主]が同じ漢字だと勘違いしていました。
当然、今は書くことも読む事も出来るがフォントで違いが表示出来ないものも多いですよね。』。

かきは、右の部分の市の部分の亠と巾が離れていて、
〇〇〇[伏字にしたのは庵主]は、右の部分の巿の部分の亠と巾を付けて書きます。
5画で書くのが柿[かき]、4画で書くのが杮[〇〇〇]です。
「柿〈かき〉」はこう書く
「杮」の筆順も同ページにあります。

「贅沢」の「贅」も、フォントによってはどういう字なのかよくわからない漢字である。
書き出しの部分が、「土」を書いてその下に「方」と書いて7画なのか、「三」を書いて長い
「ノ」書いて続ける5画なのか、明朝体の普通の大きさの活字では判読できないのである。
まして、画数が多いと画が書略されるパソコン文字では本当の字が判らない。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-14 00:02 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2018-10-13 キラキラネーム伝説「大本萌景」
キラキラネームにはこういう伝説がある。
「キラキラネームを付けられた子供は不幸になる」。
今度は自殺である。
「萌景」ちゃんである。さあ、その名前が読めるか、である。

愛媛県の地方アイドルグループ「愛の葉(えのは)Girls」のメンバーで、[2018年]
3月に自殺した大本萌景(おおもと・〇〇〇)さん(享年16)の遺族が、自殺は当時の所属
事務所によるパワハラとして、元所属事務所「Hプロジェクト」に対し、約9200万円の損害
賠償を求める訴訟を松山地裁に起こすことが11日までに分かった。

大本さんの遺族が都内で記者会見し、正式に表明した。』(典拠)。
引用文中で「〇〇〇」と伏字にしたのは庵主によるものである。
「伏字庵主」である。
そこでその名前の読み方を知られたら困るということからである。

列車に投身自殺する馬鹿のことを、鉄道用語では「人身事故」という。
キラキラネームであってもなくても、自殺の事を「伝説」と呼ぶことにするか、である。
酒銘に「なんとか伝説」というのはあったっけ。探す気力がないのである。
お酒を呑むという事自体がアルコールに投身自殺するようなものだからお酒はみんな伝説だ。

-----

本文中に「馬鹿」という言葉を使ったが、それは使っちゃいけない言葉だよと親から諭された
人がいるという。「馬鹿」という言葉はすぐ自分に跳ね返ってくるからという事もあるのだろう。
庵主もそう思って、つい先だってから、当ブログならびに日常生活で安易にその言葉を使う
ことをやめようと強く決意したところである。ただ、ここだけはその言葉しかなかったので。

自殺する人にはそれなりの悲しい理由があるのだから、いちがいにそれを「馬鹿」と言っては
いけないことは重々分かってはいるが、人に、いや多くの人にめちゃくちゃ迷惑をかける行為に
対しては「馬鹿」と呼ぶしかないという判断によるのである。そのためにある言葉なのだから。
「気違い」がそれをさす言葉であるように、である。「それ」は「ソレ」でないので為念。

伏字にした女の子の名前の読み方は「ほのか」である。
読めて「もえか」だろうが、はたして「景」を「か」と読む自信はあるか、である。
「武井咲」と書いて、名前の読み方は「さく」ではないのである。
「えみ」である。耳相は先に見た通りである。耳相どおりにチョウセン人である。

もう一人名前が読めないのが「黒木華」である。「華」は「はな」と読まないのである。
「はる」と読む。つい耳相が気になる。小さくてその写真ではよく判らないのでこっちの方で
キラキラネームというのは「漢字が読めないチョウセン人の命名法ではないか」というのが庵主
の仮説だが、黒木華は朝鮮耳ではない。「華」だから「中華人」なのか。いや日本人でいいのか。

-----

それでは、耳相による、「萌景」ちゃんとその事務所の社長である「佐々木貴浩」さんの相性を
観相してみよう。
まず佐々木社長の耳相はこうである。実にわかりやす耳相をしている。
こんな感じの人で、「平気で嘘がつける体質の人らしい」ように見えてしまうから困るのである。
一方の萌景ちゃんの耳相はこれである。耳たぶのある耳相である。

で、何がいいたかというと、芸能界の「日韓戦争」で日本人が敗れたという見立てである。
芸能界は「日本人は活躍できないからやめた方がいい」と忠告される世界だと聞いているが、
今度の騒ぎも根本はそれだったのではないかというのが庵主の邪推である。
多分外れているだろうけれど。それにしても、子供を芸能界に売る親というのも、以下自粛。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-13 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-13 文化果てる地
「文化果てる所」と書いて「文化果てる地」に書き直した。それが伏線なのだが、回収まで
辿り着けるか、である。「文化果てる血」に掛けるためである。辿り着かない方がいいようだ。
で、話は、一度「都会」の麻薬を知ったらやめられなくなるということである。
東京から一歩外に出ると、庵主には時間の進み具合が遅く感じられるのである。旅ならいいが。

内田樹に聞く「脱都市」の潮流「なぜいま地方に移り住むのか」〈AERA〉
昨日この記事について書こうと思ったものの他に書くものが多すぎて結局諦めたのだが地方に
行ったら上手く行くかねえ? そんなに簡単では無いと思う。たまたま他人との関係が上手く
行った人間だけを見ているだけだと思う。そんなに地方がいいかねえ?』(典拠)。

うまい都会〈おさけ〉を知らなければ、地酒でも十分おいしいのである。
ここ数年色んな所へ旅して特に古本屋なんかに入るとショックを受けるわけで古本屋の半分が
アダルトコーナー。もう半分のほとんどが漫画。活字だけの本は本棚1つ[一つ]分だけで
下手するとその本棚に文庫本さえ棚を埋められずにぬいぐるみが置いてあるとか。

そういう場所を見るとその地域の人間と話が合わせるだけでストレスになって何のために移住
するのか判らなくなると思う。まあ私は移住する予定は無いが。』(同)。
地方には文化〈ほん〉がないというのである。いまでは都会でも本棚のある家は少ないだろうが。
庵主の本棚も半分がエロ本で、残りも手品の本とその他の雑本が半々だから文化には遠いけれど。

-----

地方から東京に出てきた人がびっくりするのは、東京の本屋にはこんなに数多くの本があるのか
という事である。その文化の厚みに圧倒されるのである。今までの自分の世界は何だったのかと。
庵主も上京したときに、東京の本屋に並んでいる雑誌の数が多いことに感動してしまった。
おしっここそ洩らさなかったが、カルチャーショックを受けたのである。東京はでかい、と。

本屋のそんな風景を知っている都会の人は、本屋の風景には驚かなくても、吟醸酒を初めて口に
したときにカルチャーショックを受けるという。
日本に、こんな文化〈おさけ〉があったのかと。今まで呑んでいたお酒は何だったのかと。
本もお酒も知らない方が幸せという考え方もあるのだろうが、いずれも縁がなければ無縁である。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-13 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-10-12 これは別の意味で怖い話。本当だから
八路軍もそうでしたが、中共軍はリュックサックを担いで戦争をしていたのです。中共軍が
日本軍に捕まってリュックサックの中を調べられると、なんと人間の手足の干し肉がぎっしりと
詰められていたのです。人間の干し肉を食うために手足をバラバラにしてリュックサックに
詰め込んでいたのです。

朝鮮人も同じです。
日本人と感覚が違います。昔、僕の家の近くに朝鮮人が住んでいました。
今は歌手として超有名な朝鮮人の親父が列車事故でバラバラになった死体を見に行って、
足を担いで持ち帰ろうとしたのです。

それを警察官に止められて「お前、何をやっているのだ?」と聞くと、「霜降り肉のように
なって美味そうだから、家に持ち帰って食おうと思った」と言ったのです。朝鮮人の人肉食いは
本当の話だったのです。』(典拠)。
先の文化大革命でも、チャイナ人は殺した人民の肉を好んで食べていたというのは事実である。

孔子が人肉食が好きだったということもよく知られている事である。弟子まで食べちゃったとか。
日本人はどういうわけか人肉は食べないのである。が、中韓人はそれを口にするのだという。
中韓人といっても、お酒に純米酒とアル添酒があるように、見た目には同じでも、人肉を食べる
のはその中の特定の種族だけなのかもしれないが。中韓人は犬も猫も食べると聞いたことがある。

-----

このような中国人や朝鮮人を同文同種だとか、「隣の民族だから仲良くしなければいけない」
など、とんでもないことです。日本人とは180度違います。残虐非道です。石平さんが
「中国五千年の虚言史」で、このことをよく書いています。中国人でウソをつかない奴は一人も
いません。全ての中国人は人を騙し、同士[同志]を平気で殺します。』(典拠)。

このような恐ろしい民族が日本の隣にいるのです。ウソつきで、人食い土人です。人を殺して
食っても何とも思わない人間がいるのです。中国人はパンダを食ったように日本人を見て
「美味そう」と思っているかもしれません。もっと我々はしっかりとしていなかいと中国人に
食われてしまいますよ!』(同前)。

庵主が知っている限りでは、日本人で人を食ったといわれているのは吉田茂元総理だけである。
それ以外の実例を知らない。吉田総理が人を食った話の委細はこの人が教えてくれるのである。
庵主も人肉は食わないのである。もとより肉自体日常的に食べる習慣がないのである。
だから、ときにトンカツを食べると、たしかに体に活力が漲ってくるのを実感するのだ。

サムゲタンは南鮮の鶏料理だが、犬料理はたしかポシンタンとかいうと聞いたことがある。
南鮮では、世界的な世間体を気にしてか、看板は小さくなったが、今でも犬肉を食べさせて
くれる料理店があるという。「ポシンタン」と書いた看板が街中に見られるというのである。
昔、北海道では「人肉」を売っていた事実がある。肉屋ではなくて、八百屋で「にんにく」を。

[PR]
# by munojiya | 2018-10-12 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)