2014-09-22 「朝日新聞」のしきたり
「朝日新聞」には、在日チョウセン人は本名ではなく通名で報道するというしきたりがある。
同様に、自衛隊の関係者が犯罪に関わった時に、しきりに「元自衛官」と書くしきたりがある。
暗に、「自衛官」は、元であっても悪い奴だという心象を植えつける手法である。
その手法が今、朝日新聞関係者に使われるようになってしまった。心象は最悪である。

元朝日新聞記者で帝塚山学院大学教授の清田治史氏が大学を辞めたとのニュースが飛び交い
ましたが、大学の意向で辞めてもらったのが真相のようです。
』(典拠)。
「元朝日」と見た時点で、それが悪役であることが瞬時に判るのだから便利な手法ではある。
「元朝日」には、つぎのような輝かしい顔ぶれがいるのだという。

慰安婦問題捏造の北星学園大学非常勤講師の植村隆氏、中央大学商学部教授の吉見義明氏や、
靖国問題に火をつけた同志社大学の加藤千洋教授などの去就が気になります。
』(同)。
さらに、このような事態になりましたから、信頼すべき情報筋が言われるように、朝日新聞
と深いかかわりがあった人たちは、今後は朝日との距離を取ると思われます。

しかしそれは、これまでの主張を全面撤回し、謝罪してからの話しです。そうしない限りは、
日本社会では受け入れられないことを助言しておきたいと思います。
[欄外に補遺]』(同)。
「朝日新聞」に尻尾を振っていた書き手は身の処し方が問われる情況になってきたのである。
ちなみに、吟醸酒のアル添は新手法であるが、「本醸造酒」は「元三増酒」なのである。

-----

(補遺)
例えば田嶋陽子先生は、「朝日」から「一抜けた」とやってしまったようである。
その身の処し方で男を下げて、おっとっと、女を下げてしまったのである。
人々は腹の中では笑っているが、それを表に出さないように必死に噛み殺しているのである。

もっとも、物書きで食っている人達にとっては、原稿を買ってくれるのは「朝日」みたいな
ところしかないから、生活のために売った原稿で人格まで否定されたのではたまらないだろう
が、原稿で「朝日」をヨイショした書き手は己〈おのれ〉の不明を恥じて、心を入れ替える
しかないのだろう。すでに「元朝日新聞投稿者」なのだから。口は禍の元である。

-----

「朝日新聞」と同じ論調の地方新聞社も身の処し方を改めざるを得なくなっているようだ。
反日の「琉球信奉」、おっとっと、「琉球新報」が折れたというのである。
そして、『・今後は、朝日と連携して記事を書いていた地方の新聞社が、朝日と微妙に距離を
置くようになります。
』(典拠)と。

[PR]
by munojiya | 2014-09-22 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/21135106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014-09-23 キング ... 2014-09-22 今週の駄... >>