2015-05-20 余外篇「映画監督の是枝裕和は朝鮮人説」
人の振り見て、我が振り直せ。
〈かんとく〉の振り(演出)を見て、我が振り(振る舞い)を直せ、である。
庵主は、映画を見ても、ストーリーすら判らない事があるぐらいだから、全然気にならないが、
繊細な人はちゃんとその監督の正体まで見抜いてしまうようである。裏まで見えるのだ。

是枝裕和監督といえば、「歩いても歩いても」とか「そして父になる」を撮った監督である。
庵主の定番監督である。新作が出たら必ず観に行くという意味である。
その最新作である「海街diary」にとんでもない演出があったというのである。
長沢まさみに、ちゃぶ台の前で立膝で食事をさせたというのである。

立膝で食事をするのは朝鮮の文化であって、日本のそれではないという指摘である。
この監督は、ちょっと日本人離れしているのではないのかという洞察があった
監督の顔(同サイト内の顔写真)を改めて見てみると、なるほどと納得したくなるから困る。
先入観で見れば、安い焼酎が入っていても「森伊蔵」の瓶から注がれた焼酎はうまいのである。

庵主の観察力は、映画の画面をしっかり見ていても、そbに何が映っているか判らないほど
だから、そういう庵主が言うことを真に受けてはならない。
豊川悦司とか細木数子なら、顔を見ればその血は争えないが、是枝監督の顔の場合は観相者の
経験と洞察力が試されそうである。映画作りが上手だから、やっぱりそうなのかもしれない。

-----

芸能界というのは、ネットによると、人気のある主な所はみんな朝鮮人だということになって
いるから、そうであっても、どーってことはないのである。
芸能界は在日社会だといわれているのである。ソレらが群れているというわけである。
その中の美的でない部分は真似をしなければいいだけの事である。

金物の食器(器に趣がない。壊れないという反論もある)、
金属の箸(重すぎてダサい。菌が繁殖しないという反論もある)、
鍋で料理を食べる(はしたない。便利じゃないかという反論もある)、
そして犬食い(みっともない。半万年の伝統だという)とかは日本人には馴染まないのだから。

いちいち何かに関連付けて、疲れない?』(同米)。
世の中には、映画の画面の隅々までしっかり観ている人がいるのである。
庵主などは、画面の中のポスターの絵柄までは見ていないというのに。
この演出に関しては、監督は日本人の生活を知らないということなのである。ただそれだけ。

そりゃ疲れますよ~。いちいちいちいち事あるごと日本ではありえない所作を見せられたら。
[中略]隣国では礼儀と言われている所作を日本人にやらせる不自然さを平気で画像で流す
昨今、目につかないと言ったらウソになります。
』(同米)。
監督も、そして「父」になったのだろう。本性に目覚めたというわけである。落ち着く所に。

-----

こんばんは。
食事中ではないけれど、小さい頃 立膝で座ってたら『女の子が はしたない座り方しちゃ
いけません』と厳しく叱られました。
娘の格好見て笑顔の母親…ありえませんね。
』(典拠米)。

日本人は、これ程下品ではありません。在日監督に作らせるとこうなるんでは? NHKも
酷いし。
』(同前米)。
しかし、役者も役者ですよ。本当に下劣人種。』(同前米)。
ネットで言われているように、みんな、同じ仲間なのかもしれない。異文化人だったりして。

-----

我が家で、以前次男がお茶碗を持たずにご飯を食べ、注意しても直そうとしませんでした。
見ていた長男が、「お前は今日から名誉朝鮮人だ」と言ったら、一発で直りました。
是枝監督にも、名誉朝鮮人の称号を送りたいと思います。
』(同前米)。
そうか、是枝監督は名誉朝鮮人と呼べばいいのか。

名誉朝鮮人にされて名誉棄損の裁判を起こした人がいたのを思い出した。
この監督の、「歩いても歩いても」っていう映画が大好きで、この監督にも好感を持ってた
んです。
[庵主も一言:その映画の何がいいかといって、その音録りがいいのである]
でも、この立て膝には違和感を感じます。

そう言えば、「歩いても歩いても」にも、パチンコをするとスカッとする、という台詞があり、
その部分だけ、残念な心持ちになりましたっけ。
いち作品中に、必ず そういうモノを入れる、なんていう条件でもあるんかいな?
ナンテ疑っちゃう。
[数多い実例があるから、本当にそういう事をやっているかもしれない]

ホントに些細な事かも知れないけど、いわゆる従軍慰安婦でこりごりですもんね。』(同前米)。
犬や猫の躾けがそれらしい。
粗相をしたその時に、二度と同じことをしない様にきつく叱って躾けるのだという。
あとからその非を説いても、犬猫には分からないからだという。

[PR]
by munojiya | 2015-05-20 00:02 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/21802276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2015-05-20 笑い話「... 2015-05-19 朝鮮が「... >>