2017-01-26 笑い話「語るに落ちる」
「朝日新聞」によると、中国政府がアパホテルの利用中止を要求したというのである。
「アパホテルに泊まった自国民に南京大虐殺の嘘を知られたら困る」というのである。
中国共産党がバラまいている嘘がバレるからというものである。
黙っていれば誰も気がつかなかったのに、語るに落ちるとはこういうのをいうのだろう。

中国は大嘘を世界にバラまいているということが、知れ渡ることになったのである。
中国共産党が知られて困る事というのは、「南京大虐殺はでっち上げだ」という事である。
自分の大嘘に、よほど自信がないようである。
今どきのまともな中国人なら、南京大虐殺が嘘だという事と天安門事件は知っている筈である。

ただ、それを口に出していうと身に危険が及ぶからつぐんでいるだけなのである。
この見出しは要点をよくまとめてある。
アパホテル問題に「中国が“国際的な醜態”を全世界に晒す」愉快なオチが付いた模様。
自称大国が私企業に総攻撃』(典拠)。

旅先のホテルで、そこに置いてある聖書やそんな本を読む旅行客はまずいないだろう。
2チャンネルの方がずっと面白い。中国がうろたえているのは、庵主が邪推するに南京大虐殺
よりもっと都合が悪いことが書かれてるからではないではないのか。その本を読んでみたくなる。
ホテルの酒代は高いが、ただで読める本は中国人にはもっと高いようである。

-----

結局事実で反論できないことを中国共産党が自白した形になってるじゃん。
典拠4:03)。
そもそも政府が国民に読ませたくない本ってのがある時点でおかしいって事
中国人は気付かないのかね』(同前4:07)。

世の中には、なかなか21世紀の真実についていけない人がいるのである。
歴史的事実を完全に歪曲したにもかかわらず、これを表現の自由と無理な主張しているのだ
典拠1:12)という人がいるのである。中世なら、天動説強行主張論者といった処である。
「遅れているー」としかいいようがないのである。筆者は多分中共の工作員の方なのだろうが。

ひょっとして、これは「親日」で「知日派」であるチャイナ人記者の深慮遠謀ではないのか。
なるほど、南京大虐殺は、歴史でなく政治だったのか♪』(典拠米)。
日本人に、中共の弱点は「南京事件」のでっち上げだということを教えてくれたのである。
これは、反日を装った反中共記事なのである。

そもそも、その本は日本語版と英語版しか用意されていないのである。もしくは日本語版だけの
本なのである。残念ながら、中国語版はない。ということは、そのホテルに泊まる中国人の殆ど
はその本を読めない筈なのである。アパホテルは日本語もしくは英語の本がすらすら読める
インテリの中国人が多く泊まるホテルなのかもしれないが。庵主はホテル業界にも疎いのだ。

[PR]
by munojiya | 2017-01-26 10:26 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/23802804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-01-26 百年使っ... 2017-01-25 人物判定... >>