2017-09-21 クラウドという罠
「クラウド」という言葉を初めて聞いた時には、庵主はそれがイメージできなかったのである。
パソコンが出始めたころ、それは何に使うものなのか分からなかったように、である。
すぐに、それが便利だということに気付いて、さっそくシャープMZ-80を買ったのである。
以来、いまはバソコンがなければ生活できないようになってしまった。

昔は万年筆で手書きにしていた文章はすべてワープロで書いている。
確かに便利なのである。しかし、それには大きな罠が仕掛けられているということである。
ワープロで書いた文章は、機械の障害が起こったら読み出せなくなるのである。
核爆弾が爆発すると強力なパルスを発するが、それで電子データーが飛んでしまうという。

そうなったら、それまで書きためた文章は二度と読むことができなくなってしまうのである。
紙の原稿用紙に書いておいても、戦災などで焼失したら同じ事か。
電子データーが消えるということは、記憶をなくしたのに等しい喪失感をもたらすのである。
庵主は、HDDが読めなくなったときにその絶望感を二度経験しているのである。

クラウドの罠はこうである。『実は流失した写真は斉藤か開業医のどちらかがネットにクラウド
保存していた画像が外部からハッキングされた可能性が高い。』(典拠3:24)という。
クラウドはデーターの秘匿性を放棄する「便利」なのである。そんなものは便利といえない。
お酒はクラウドに保存できないから、出合ったら即呑んでしまうものだからいいのである。

-----

クラウドから不正にハッキングされた画像だとしたら、それを知ってそういう不法な画像を雑誌
に掲載した人は犯罪の共犯ということになる。
つまり雑誌のその報道は犯罪行為だということなのである。
野心的で有能な弁護士がいたなら、斉藤由貴は雑誌社からたっぷり慰謝料を取れそうである。

斉藤由貴の不倫報道のタチが悪いのは、相手の開業医の名前を出さないという事である。
不倫というのは必ず相手がいる事なのだから、その二人は言うなれば“共犯”なのである。
共犯の片一方だけを、不正に取得した「嘘画像」で糾弾するのは間違っているのである。
悪意のある報道で使われた「写真〈しゅだん〉」は「嘘〈いほう〉」といっていいのである。

[PR]
by munojiya | 2017-09-21 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/25668933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-09-22 愛知県民... 2017-09-21 映画を観... >>