2018-08-10 ネット記事は日付が肝心
庵主は、ネットの記事は見出しの頭に必ず「掲載日」を書け、というのが持論である。
そうしないと、こういうことになるのである。
最近、ラオスでダムが決壊する「人災」が起こって、百数十人の死者・行方不明者を出し、
1万数千人の避難者と広大な面積に水害をもたらした。

そのダムは南鮮のSK建設だったということで、「案の定」と思われている災難である。
そして今出回っているのが冒頭の動画で、今年(2018年)の1月に掲上された動画なのに、
それを見て、今回のダム決壊のものと勘違いした人のコメントが並んでいるのである。
そのコメントの殆どが、日付を見落としたために間抜けなコメントになっているのである。

日本人が写っている写真に、南鮮人の悪口を書いたコメントが並んでいるという状態である。
マスコミのいうことは、まず疑えというのが日本の常識になりつつある。
なぜなら、日本のそれは「マスゴミ」だからである。
同様に、ネット記事は誰が書いているか判らないだけに、その注意はさらに肝心なのである。

「このウイスキーがうまい」と書いてあっても、スポンサーが洋酒会社だったりする。
それは広告だということである。飲んでみないとそれが本当かどうかは判らないのである。
こと、今度のラオスのダム決壊に関しては、映像が違っても核心は変わらないのである。
ダムの決壊のことを『これがほんとの韓流』(同米)だと。毎度のお笑い南朝鮮なのである。

-----

韓国人の作るものは欠陥品。日本では既に常識だが世界でも常識にしなければならない。
典拠米)。
韓国、ラオスの一部の官僚が守銭奴で、国民が被害を受ける。韓国は糞だが、ラオスも
自主独立する気概がないと同じことの繰り返し。』(同前米)。

おそろしい、日本にもダムはあって、テロリストに狙われたらこうなるのかも?
国内に反日教育をした朝鮮人や神社の石仏を壊したりトイレを爆破する様な教育を受けた韓国人
が、たくさん入国しているのだから日本のダムは警備しなきゃいけないなぁ。』(同前米)。
用心することに越したことはないのである。信用ができない人達〈がいこくじん〉は。

とりわけ、チョウセン人はこれほど危険だというのである。
直接危険だというわけではないが、外国人〈ちょうせんじん〉に関しては用心するにこしたこと
はないのである。
外国人とは、一般的にそういうものである。生活感情が異なる人達だからである。

おまえ 韓国政府の誰がいったのだ 問題の肝はそこなんだよ 一部の韓国ネットに反応し
イチャモンだろ
おまえのいつもやっている 韓国批判や野党批判と同じレベル 
バカ低脳だな ニュース解説するならファクトと本質見ろよ ボケが』(同前米)。なるほど。

[PR]
by munojiya | 2018-08-10 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/27042038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2018-08-11 ネットが... 2018-08-10 【旧稿】... >>