2018-08-11 平成の牟田口廉也になるか森嘉郎
東京汚輪は、汚輪組織委員会会長の森嘉郎が汚輪期間だけサマータイムを実施したいという提案
をしてきたことで、庵主のようにサマータイム反対の人達を敵に回すことになったのである。
東京汚輪はその弊害を我慢すればいい次元から、積極的にやめさせないと殺されかれない有害な
利権行事に転化したということである。

サマータイムを野郎という馬鹿な事を思いついたのは森嘉郎だという。
平成の「牟田口廉也〈むたぐち・れんや〉」になろうとしているのである。
なぜ今度の汚輪は有害なのか。庵主が言うまでもない。頭のいい人が、そしてそれがもし実施
されたら確実に実害を受ける人がその弊を指摘している。商売で言っているのかもしれないが。

犬が尻尾を振る様を見たいので、逆に尻尾に犬を振らせようというアホな発想なのである。
確かにこの酷暑に対して無策ではいけません。ですが、マラソンのような競技の開始時間を
早める等の措置をすれば良いのであって、何も国全体を変えるような大掛かりな方法は愚策と
しか思えませんでした。[日本でやりたかったら、会期を秋口に変更すればいいのである]

私は、五輪というイベントを円滑にするさい、ごくわずかであれば日常生活に影響が出ても仕方
ないと考えている人間なのですが、これはもはや影響どころか明確な損害です。「仕方ない」と
いうレベルをはるかにオーバーしています。』(典拠)。費用と損害は甚大なのである。
もっとアルコールを混ぜてもお酒だといって三増酒を造った人達り再来である。森嘉郎は。

-----

汚輪組織委員会の本名は長い。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会』(典拠)という。
「公益法人」という名称が詐欺である。
「有害法人」とした方がいいのである。

そのホームページも酷い。
たしかに汚輪の情報が書いてあるから、それらしいとは思えるものの、そのHPは誰が作って
いるものなのか、トップページをみただけでは判らないのである。
フィッシニングサイトかもしれない、アヤシい作りになっている。

相当な費用を掛けて作られているHPなのだろうが、杜撰以前にデタラメなのである。
今回の汚輪の体質がそれだけで見えてくるのである。
チョウセン汚輪なのである。日本人なら辟易するソレの体質を如実に示しているのである。

組織委員会の役員名簿には錚々たる名前が並んでいる。
こいつらも、今度のサマータイムには積極的に、もしくは、いやいやながらも賛成という立場
なのだろう。ヘタを打った人達である。自ら進んで森喜朗と同罪の地位に就いたのだから。
国民を敵に回してしまった。我が国では、麻薬と賭博とサマータイムは御法度なのである。

[PR]
by munojiya | 2018-08-11 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/27047618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2018-08-12 「R4」... 2018-08-11 ネットが... >>