2018-08-12 再読ならぬ再見必至の松下アキラの笑芸
さきにも紹介したことがあるが、これが面白いのである
旨いお酒とは何か。
一度その味わいを知ったら、また呑みたくなるお酒のことである。
体がその旨さを忘れられないのである。

松下さんだよね?
見た目よりも口調とトーンがすごい似てるなぁ。』(同米)。
ほんとそれ
ちょいカミ気味なところとかよく出来るなぁって

流石です! 松下さん』(同米)。
これを見たら、本物が却って偽者に見えてきてしまうから〈わらえ〉る。
ベタな野次を飛ばしているその聴衆もまた「こんな人達」ということになるのだろう。
本物「原発事故でもっとも無責任なのは、」野次「お前だ」。

演説する本物に韓国旗を振っている人がいる。その旗が似合う人なのである。
菅直人元総理の耳相を確かめたくなったのである。ソレらしさはない耳相だったが、苗字が
ズハリ「韓」だった。安倍総理同様、状況証拠からチョウセン人認定されているのだろう。
それを『そっくり!』(典拠米)に演じている松下アキラの芸が何度見ても面白いのである。

[PR]
by munojiya | 2018-08-12 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/27047775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2018-08-13 今週のル... 2018-08-12 「R4」... >>