2018-09-19 【観相術】同じ匂いがする女
観相というのは、相手の外観や振る舞いを観て、その人柄を見抜く蓄積された智恵の事である。
南鮮映画に「観相師」というのがあるが、日本では陰陽師という商売はあっても、観相師と呼ぶ
商売は聞いたことがある。
医者というのは観相師の別名である。

患者の相〈そう〉、すなわち外観と振る舞いを観て、病気の元を見抜く商売だからである。
長きに渡って蓄積された経験に基づく智恵の活用が医学なのである。観相なのである。
観相師は、相手の未来をも見通すという。
医者が、余命何か月と断ずるところは観相師のそれと同じである。経験的に未来が見えるのだ。

婚活で、女が最初に外す男は、その外見(顔と衣服)と匂いが嫌いな男だという。
婚活も観相なのである。観相能力が高くないといい結婚はできないのである。
DVの構図
あの体操選手と同じ匂い』(典拠23)。あの体操選手とは宮川紗江選手のことである。

速見佑斗コーチとの間にアヤシい、いや、アブナい匂いが漂っているというのである。
それと同じ匂いがするのはこのお姫様だという。親の顔が見たいと思うが、見るまでもないか。
見た目と振る舞いだけでなく、匂いを感じる事も観相なのだ。
庵主は観相能力はないが、お酒を選ぶ目はあるのだ。観酒能力が高くても自慢にならないけれど。

-----

一体どんな教育を受けてきたら、こんなバカが育つんだ。』(典拠62)。
だめだこの人。。
体操の子と同じで脳みそにバリアが張ってそう』(同前90)。
馬鹿!』(同前83)。一番観相能力があるのはこの人みたいである。

秋篠[宮]家と今上夫妻には、自分たちが悪かった、という視点が欠如しているんだよ。
常に誰かのせい。
女性宮家をねらって悪巧みしたことが原因でしょうに。
で、安倍さんに苦言呈されて逆恨み?

あたりまえじゃん。苦情は官邸に行ってるんだからさ。』(同前390)。
『[長嶋]一茂の上を行ってるわ。やりたい放題やって、
使ってるのは血税ですよ』(同前398)。
三田佳子の次男よりはずっとマシではあるが、「子を持って初めて分かる親の馬鹿さ」である。

「血税」という便利な言葉がある。昔の軍隊では「天皇陛下」という言葉を聞いたら、直立不動
の姿勢でそれを受け止めなければならない問答無用の言葉だったという。至高の正義言葉だった。
血税もそれに匹敵するのである。誰も反論できないのである。ただ、血税という言葉を使う人は
大して納めていない人が多い。自分は低額納税者だと自慢しているような自虐言葉なのである。

-----

世は情報戦争なのである。嘘を言ったもの勝ちの世界なのである。
情弱にはそれが本当なのか嘘なのか確認する術がないからである。
例えば、庵主は、その眞子内親王を見たことがない。
ゆえに、世間の評判をつまみ食いすることしかできないのである。

その評判もまた、つまみ食いだったら目も当てられないが、多くはつまみ食いだろうと思われる。
漏らした友人の方も心配してるふりして「国民の皆さーん この女はこの期に及んでこんな
寝言を言ってますよー」って言いたかったんじゃない?
この話聞いて「眞子さん可哀そうに」って思う人がいるとは思えないんだけど』(同前542)。

「頭〈おつむ〉が可哀そうに」と思う人はいるだろうが。
すなわち、週刊誌の記事はガセネタだというのである。
見ようによっては、日本人には内親王と結婚しようと思う馬鹿な男がいないからだとも言えない
ことはないのである。『相手のおかしさに気づくまで時間かかりそうだね。』(同前569)。

秋篠宮一家はもうダメだよ。
今更東宮に悠仁の教育を、なんて無駄。
一家全員、皇籍離脱でよし。』(同前529)。
東宮一家はあの通りで、頼りの綱だった秋篠宮家もダメならホント困ってしまうのである。

-----

こういう噂もあるのである。
私はとりあえず悠仁さまだけは快活に成長してほしいと思ってる。
こないだ別トピで見たら12才なのに魂抜けたみたいにだらんとして見えたから。』(典拠607)。
逆にこういう文字動画もあるのである。

愛子さまは英語がペラペラだった! ネイティブ級に流暢に話せる理由とは? 』(典拠
というものである。
あの愛子内親王の風貌からは窺い知れない英語力があるというのである。
あの、というのは、日本語がちっともペラペラでない、という事である。

さあ、悠久親王の虚弱児説を信じますか、愛子内親王の優秀説を信じますか、である。
庵主には、どちらも判断のしようがないのである。
愛子内親王が話しているところを聞いたことがないからである。
いや、短い実声を聞いたことがある。

わずかに、中学校入学式の時の「楽しみにしています」と言っている映像である
はにかんだ感じがする、それ以上のことは窺い知ることができない映像だった。
が、中学校に卒業式の映像もネットにあった。これである。これ、中学入学のときの内親王と
同じ子なのだろうか。これを見たらかなりしっかりした話振りなのである。

----------(書きかけ中)

一方の悠仁親王の、実声は聞こえないが、かろうじての動画はこれである
ちゃんと成長はしているようである。
同じ年齢の子供はこういう話し方をするのである。
さて悠仁親王の話し方は。その映像がないのである。判断のしようがないのである。


[PR]
by munojiya | 2018-09-19 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://munojiya.exblog.jp/tb/27115292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2018-09-20 稀勢の里... 2018-09-19 今週の誤... >>