2011年 09月 30日 ( 3 )
2011-09-30 ビールからお酒へ
つい先だってまでは暑い日があったのに、今はすっかり肌寒くなった。季節は巡る。秋である。
見掛けはいつもと変わらぬ秋であるが、今年は放射能を盛大にばらまいた会社があったから、
その実、今なにが起こっているのか分からないという恐れは拭〈ぬぐ〉えないのである。
放射能は恐くないという人と、いや、低線量被曝でも危ないという人が対立している。

どっちの言い分が正しいのか庵主には判るはずがない。どっちでもいいという考えもあるが。
お酒のように、うまいか、まずいかは呑めば判るという代物ではないからである。
味もない、匂いもしない、目に見えないという猛毒だから、アルコールの比ではないのだ。
それを怖いと言わず何といったらいいだろうか。

と、同時に、怖いといっても始まらないから、いや終わらないから詮ないことなのである。
原発は壊れたら直せないという説がある。半年たっても直っていないからその通りなのかも。
庵主の体は季節が変わると好みの酒が変わるのである。夏は樽生ビールとスピリッツである。
今年の夏は、これまではさほどうまいとは思わなかった黒ビールに馴染んでしまったのである。

ダークラガー(いわゆる黒ビールである)がうまいと感じるようになったのである。
黒ビールは大手では「ヱビス/ザブラック」とキリンの「一番搾り/スタウト」しかない。
が幸いなことに前者はラガー、後者はエールと味わいの違いが楽しめるようになっている。
夏も去り、ひやおろしが出回る時期になった。今はビールよりもお酒に目がいくのである。
[PR]
by munojiya | 2011-09-30 00:20 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-30 明日咲
ネタがなくなったときは、DQN(=三等市民のこと)ネームである。
クイズと笑いが同時に楽しめるから、知性と感性が磨かれるので一石二鳥である。
今度はこれである。
明日咲、燃志、心夏。さあ、読めるか、である。

DQNネームといえばヤンキーである。
ヤンキーは『常識にとらわれたくない思いで、子どもに一般とは違う名前をつけます。
駄菓子本(1番)
「常識にとらわれたくない思い」とは別な言葉で言うと「非常識」でいいのだろう。

世の中には、清子と書いて「さやこ」と読まされる女の子もいるのである。
悠仁と書いて「ひさひと」と読む、いや、庵主には読めない名前の男の子もいるのである。
さきの総理大臣であった細川護煕などは、庵主は今でもその名前が読めないのである。
「明日咲」は「つぼみ」と読むのだという。「小鳥遊」で「たかなし」と読む苗字があった。

明日咲は酒呑みにはぴったりの名前だが、女の子用の名前だろう。
酒呑みは花の蕾〈つぼみ〉にさも似たり。今日も咲け(酒)咲け、あすも咲け。
思えば、この「むの字屋」も十分DQNなのである。誰がそんな読み方をするか、である。
偽善〈いっしどうじん〉の教条〈おもいこみ〉」である。

-----

ちなみに、「燃志」は「もやし」、「心夏」は「ここなつ」と読むそうである。
燃志っ子』(51番)。
「心太〈しんた〉」と付けたら「ところてん」だったという話を思い出した。
人の名前は笑っちゃいけないのだろうが、やっぱり可笑しいのである。腹がよじれる。

[PR]
by munojiya | 2011-09-30 00:08 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-30 笑い話 韓国経済危機救済支援
酒呑みが、東日本大地震復興支援と称するのは、その地酒を積極的に呑むことである。
一方、韓国の経済危機の救済支援はこうであるという。
パチンコたくさんやって
韓国助けるかな。
駄菓子本(458番)

もっと凄い支援方法がこれである。祖国危機を支援するための新帰国事業の再開である。
在日が持ってる円を没収すればすべて解決しない?
円をドルに変えれば円安にもなるし韓国はドルが手に入る
これこそWinWinの関係じゃない?
』(499番)。誰もそれをとめる人がいないだろう。

まあ、ネトウヨの願望は虚しく結局は日本が助けるんだけどね。[庵主注:その目的は脚注]
最近、日韓経済はひとつだとかアジア経済危機を起こすなという論調をマスコミがしはじめま
した。韓国政府からかなりの金が流れてるんだろうね。
[マスコミは金主の金で食っている]
はっきりいって日本のすべての元凶はマスコミなんだよ。

韓国は自国を守るためにやってる行為だから責めてもしょうがない。
でも日本のマスコミは自分の利益のためなら同胞である国民のことなんてまったく考えない。
敵は他国でなく売国奴なんだよ。 ネトウヨははやくそれに気付けよ。
』(505番)。
日本人の顔をした恩の観念がない日本人の方が恐いということである。躾けの失敗である。

-----

経済の大きな流れは、下手な小細工で何とかなるもんじゃないしな。
それにしたって、緊急国債発行はあまり良い手とは思えない。
[Cカードを使った換金と同じ]
我々は、隣人が死んでいくのを生暖かく見守るしかないんだよね・・・実はもう死んでたんだ
けど。できることは、葬儀の香典受付くらいかな
』(506番)

一国の経済が崩壊してもその国民がなくなるわけではないのである。
経済が崩壊したからって国が潰れる訳じゃないし、
[韓国の場合は]更に質が悪くなってたかりに来る可能性が高いと思うよ。』(488番)
それが分かっているから、韓国支援はそれを避けるための捨て金なのである。金ですむなら。

[PR]
by munojiya | 2011-09-30 00:04 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)