2014年 09月 12日 ( 2 )
2014-09-12 笑い話「朝日新聞の断り方」
一説には、ASA(朝日新聞の販売店)では、毎週10件の解約が続いているという。
それが全店での傾向なのか、東京みたいな正義感が強い都市部だけでの現象なのかは知る由も
ないが、『全国2538カ所の専売店1店につき、週10件ずつ解約されれば1カ月で10万
部減だ。
』(典拠85)ということになるのである。

発行部数が減ると広告料が入ってこなくなるから、減部はボディブローのように効いてくる。
「朝日新聞」不買運動は、なにも日本人の偏狭なナショナリズムではなく、日韓情報戦争の
最前線での戦いであるということである。
「朝日新聞」の勢力を削ぐことは、日本人にとっては正しい行動なのである。

朝日の勧誘きたけど
「うちは日本人しかいないから」と言って断った
』(同263)。
いいなその断り方』(同269)
これからは恐喝まがいの勧誘が始まるな。

自宅に在日朝鮮人が20人ぐらい押し掛けて上がり込み恫喝し朝日新聞を契約させる、いつも
の朝鮮人の手口です。警察取り締まれよ。
』(同米48)。それで乗っ取られたTV局もある。
拡材(販売拡張材料)でうまいお酒が付いてきたら、庵主などは心が動くかもしれないが、
うまいお酒は拡財に使えるほど数がないのである。

-----

今日朝電車に乗ったら、朝日広げて読んでる奴がいて、アホか左翼のどちらかだととっさに
思った自分に驚いた。
』(同米89)。
日本人と朝鮮人の見分け方に使えるかもしれない。
「お宅、新聞は何を取っていますか」。

[PR]
by munojiya | 2014-09-12 00:04 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2014-09-12 宇佐美里香
まずはこれを見てどう思うかである。
庵主は、講道館柔道が「雑巾ダンス」と呼ばれているのを聞いたことがあるが、口の悪い人は
それを「空手ダンス」と呼びそうな気がしたのである。皮肉ではなくて、美しいからである。

やっぱり複数人だと単なる踊りにしか見えないわ』(同米68)。
芸者カラテだよしょせん。カラテの新体操競技か?』(同米38)。
ただ、演武?ってわざとらしい動きなんだなぁと思ってしまいました。』(同米3)
宇佐美里香さんの演武はもっとシビレルよ』(同米111)。

宇佐美里香の映像がこれである。何のために空手をやっているのと思ってはいけない。
持って生まれた才能を一商品の宣伝なんかに使うというのはみっともないという見方もできる
が、人間にはそういう才能があるということを世に示すということでは、それを否定する事も
ないのである。物の見方が広がる。その才能でお金が稼げるという裏付けにもなるからである。

それで言ったら、商業音楽の作曲家なんか、コマーシャル音楽を作って食っているのである。
折角の才能をそんなものに使うなんて、いかにも馬鹿馬鹿しい生き方ではあるが、その才能を
只で聴かせてもらえる庵主にとっては、その手のCMソングもありがたいのである。
お酒なら、只でうまいお酒を呑ませてくれる奇特な人はいないというのに、である。

-----

言葉の遣い方という話である。
中国拳法をテコンドーと比べるのは流石に失礼だろ
北派外家は(内家もか)試合ができない暗殺拳揃いじゃね?
』(同米44)。
「比べる」じゃなかった、「並べる」』(同米45)。格の違いを比べるのは無意味だから。

大吟醸酒と普通酒を比べてもしょうがないということである。
二つを並べて、こちらの方が格が上だとは言えるが、どっちがいいかとは一概には言えない
からである。大吟醸の方がいいに決まっているのだが、大吟醸が必ずしも普通酒よりうまいと
は限らないという事なのである。比べると騙されるが、並べると見えてくる物があるのである。

[PR]
by munojiya | 2014-09-12 00:03 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)