2018年 04月 10日 ( 2 )
2018-04-10 「不治テレビ」と「テレビ朝鮮」
テレビ朝鮮 かよ,テレ朝。ホント虚業には、チョン多い。』(典拠米)。
不治テレビも一生、治りそうにないし。あかんな』(同米)。
昔、「毎日マユツバ、読売ヨタモン、朝日エセ紳士」という言葉があった。
まだ、新聞が肩で風を切って、おっと、その権威を保っていたころの揶揄である。

いまは、だれも新聞なんか信じていないから、それも昔の話になってしまったのである。
「毎日新聞」は「変態新聞」と呼ばれている。ネットでは、だれも「毎日」とは呼ばないのだ。
「読売新聞」は「国売新聞」と書かれることがある。CIAの宣伝新聞とされてるいる。
そして「朝日新聞」は「朝鮮日報邦字新聞」というのが大方の見方になってきた。

いまや「マスコミ」とは「朝鮮」のルビ化しているのである。
「朝鮮」と書いて、読みは「ますこみ」である。
なまって「マスゴミ」と言う人も少なくない。
ネットでは、「糞」が「朝鮮」に掛かる枕詞になっている。美称の接頭語が「バ」である。

チョウセン人は糞を愛する民族だからである。酒もそれで作るという。実在するというのだ。
日本人と清潔観念が異なるという。それで南鮮産の食品は清潔な日本人には合わないのだという。
だんだん報道が露骨になって来ましたね、相当追い詰められているので、なりふり構わず反日
報道ですか、正体がバレて来ましたね。こちらも反撃しなければなりませんね。』(典拠米)。

-----

表現の変更です。
本文中の「酒もそれで作るという。」と書いた部分は、全ての酒がそれで作られているわけでは
ありませんので、「今なおそれで作られている酒もあるやと聞くのである。」と書き直しておき
ます。しかし、それを今でも本当に作っている事は確かなようである。趣味でかもしれないが。

そういう酒は、チョウセン人には耐性があるからなんの問題もないのかもしれないが、日本人の
体には合わないということである。
南鮮産の食品もそれと同じで、清潔になれ親しんでいる日本人の体には合わないものがすくなく
ないのだ。例えば唾をまぜて作ったキムチとか、寄生虫付きの魚だとか。糞尿入りの物とかは。

[PR]
by munojiya | 2018-04-10 08:40 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2018-04-10 街の噂
街の噂である。
日本のTV局はチョウセン人(以後、憚ってソレ)でないと出世できないという話である。
それに出演する芸能人もまたソレが多いという。
TVは客寄せの道具であって、それを支配している電通をソレが握っているというのである。

最近のTVが面白くなくなったのは、ソレが作っているから、日本人の感性とずれているのと、
ソレは新しい物が作れないのでつまらないからだという。
今のテレビの面白さのなさを見るとあながち嘘とも思えない。しかしもうテレビはうちにはな
いので良いけど、テレビの言っている事が本当だと信じている一部の人には残念。』(典拠米)。

特に、TBSは在日ばかりで、金山や新井・木下等の通名がやたら多い。TBSはもはや日本
の放送局ではない。』(同米)。本当に、金山や新井や木下が多いかは知る由もないけれど。
教えて下さってありがとう。
今まで変だなと思っていたことがスッキリハッキリ理解出来たような気がします。

どおりでつまらない番組ばかりになった。わめいて騒いで下品。』(同米)。
TV番組のセットの色遣いを見るとクラクラするのである。原色多用で色派手やかな事。
青森の「桃川」がソレに買われたという話がある。
その後、というか、最近は「桃川」を呑む機会がないので噂として聞きとどめているのである。

-----

最近の歌はつまらないという。
今では日本の唱歌まで
変な編曲をしたりして
日本人の私にはピンと来ない。

どこか他所の国の感じがして
気持ち悪かったのは
これらのためだったのね。
どおりでピンと来ないはずです。』(典拠米)。

作家の伊集院静はチョウセン人である。今は帰化していると聞くから元は韓国籍だったものか。
夏目雅子がその奥さんをしていたことがある。
結婚するときは普通は同族を選ぶものだから、その奥さんもソレなのかと思ったのである。
それで、あらためて、夏目雅子の耳を見てみたのである。姪の写真があった。なるほど。

夏目雅子の兄の奥さんが田中好子である。
これまた朝鮮耳〈うわさ〉が気になったので、これも改めてその噂を確かめてみたのである。
噂の信憑性をどうみるかという事例である。芸能界にソレが多いという説を信じるか否か。
朝鮮耳を信じるか否か。情弱には裏の取りようがないからそれは半信半疑の「噂」のである。

[PR]
by munojiya | 2018-04-10 08:35 | 世話物 | Trackback | Comments(0)