2018年 04月 20日 ( 1 )
2018-04-20 マスコミはセクハラの共犯なのだという
「週刊文春」のネタ元はCIA、「週刊新潮」のネタ元は公安というのが定説だったか。
その「新潮」が財務省事務次官のセクハラ報道を放ったのである。
その事務次官のそれが昨日今日始まったものではない筈だから、なぜこの時期にかという疑問が
先に湧いてくるのである。それよりもそのセクハラはマスコミも共犯なのだというのであるち。

そもそも政治部の女記者は、言うなれば売春要員〈いろじかけ〉なのだというのである。
「セクハラの事務次官は社会部マターだから追いかけられて、迫田や佐川は政治部マター
だから追いかけない」ってことそのものが、あの事務次官のセクハラの温床なのよ。事務次官は
セクハラの主犯。メディアが従犯。』(典拠米)。

それで言ったら、アイドルも本質は“いろじかけ”、お酒も“いろじかけ”道具になっちゃうか。
なんとならば、「政治家や官僚とベタベタした人間関係作ってその人間関係からネタを拾って
くる」ってのが政治部の仕事のやり方で、だからあの事務次官に「女性」記者を仕向けるわけだ。
総理番の記者とか官房長官番の記者が「若い綺麗な女性」だらけなのもこの文脈。

そりゃもちろんセクハラの直接の下手人はあの事務次官だ。しかしあの事務次官に「それ前提で
女性記者を差し向ける」って意図が報道機関側になかったとは絶対断言できない。嘘をつけと。
お前ら知ってたやろと。それを含んでいけというてたろうと。斡旋売春のノリだろうと。
メディア側の責任は極めて重い』(同前米)。

-----

女の武器を使うことを前提に採用してるからな。
マスゴミ各社。
それを前提に遊女同然に扱うバカ役人と政治家。
まあ日本の女性職場の縮図です。

電通自殺の子も本当の理由はこれだな。
一発やらせろ、が挨拶みたいな業界で仕事絡めてこれをやる。
で平気で股開くやつがどんどん出世する。
あげく市長になったり。[「都知事」の誤植でないことを祈る]

まあこれはアメリカも同じでme to movementはそこなんだな。
[庵主は英語に疎いから、それを「私にもして活動」と訳してしまったのである]
メリルストリープあたりが最初反対してたのも、
彼女の手口がずっとそうだからと陰口叩かれていた。

そういや、むかし生保[「せいほ」だと思うが、「なまぼ」と読んでもその状況がありえそうで
(これはチャイナ語で)“恐ろしい”]新採の女の子ばかり食ってるバカがいたね。
暗然と日本にはそういう風土があるわけです。
これは安倍糞バカ政権とは別問題かもしれません。』(典拠米)。その“糞”はソレの意なのか。

-----

マスコミ業界には「野良犬」という言葉があるらしい。庵主は「ジャーリスト」と訳してしまう。
>不思議なのは、野良犬、いませんでしたね、現場に。<
締め出されていたのだ最悪。テレ朝の会見、ハフポや週刊誌などは入室拒否。財研とか放送の
記者クラブ加盟社でないと入れないんだと。これだけの事態でどういう対応だよ。

週刊誌が書かないと問題が明らかにならなかったというのに。馬鹿にすんな。』(典拠米)。
テレ朝は音声を週刊新潮から買ってテレビで流してたんですからね。会見に新潮を入れるのは
”恥の上塗り”。全てを知っていた新潮編集部にしてみれば、音声を買わせてくれと頼むテレ朝
番組スタッフが愚かに見えたことでしょう。』(同前米)。

そりゃ、野良犬なんか入れたひにゃ、こう問いただされるに決まってるからだ。
「自分の所属組織に不正を訴えても対処してくれないとき、マスコミに内部告発持って行くのは
よくあるでしょう。テレ朝だってそういう報道してるはず。なんで自分がされたときだけ怒るの
か」(神田憲行さん)』(同前米)。

『被害に遭われた方も喜んでマスコミ[「同業他社」と訳すのか]に話した訳ではないですよね。
組織に属して、上からの指示で2人[二人。以下も同じ]きりの取材をさせられ、何かあっても
守ってもらえないなんて辛すぎます。彼女は自分を自分で守っただけですよね。』(典拠RT)。
テレ朝的には女性記者と事務次官が2人きりで会うことも取材活動なのか』(同前RT)。

[PR]
by munojiya | 2018-04-20 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)