カテゴリ:未分類( 1740 )
2018-08-28 TBSの「山本恵里伽」アナウンサー
仕事が終わって帰って来て、深夜のTBSラジオをかけたら、といってもラジコであるが、
ラジコの紹介蘭には、その番組の常連のアナウンサーが休みのため本日は山本恵里伽が代役で
出演とのメッセージが書かれていた。山本恵里伽もTBSアナウンサーだという。
キラキラネームもここまできたか、と苦笑したのである。

先に、親が好む語感の読み方をする名前があって、それに無理やり漢字を当てているようである。
例えば、「えりか」という名前が好きとなったら、「えりか」と読む漢字を当てるのである。
それで当てた漢字が「恵里伽」である。
すてきな名前じゃないかと、親は思ったのである。

「恵」と「里」はともかく、「伽」がよくなかった。
男の子の名前を付けるときに、心優しく神経の太い大きな人物になってほしいと思って「心太」
という名前を付けたという。後から辞書を引いたら「ところてん」だったという笑い話がある。
本当に「心太君」がいるものかどうかは知らないが、うっかり命名するとそうなるのである。

女子に「優しく、菜の花のよう可愛い」名前をつけたという。名付けて「優菜」ちゃん。
親は理想的な名前だと信じたのである。辞書引いたら「湯女」と同じ読みだったのである。
「伽」という字も庵主には「夜伽女」を連想させるのである。女アナウンサーだからいいのか。
「灑」とか「醴泉」とか、読めない酒銘も困ったものだが、趣味の世界なので許されるのである。

[PR]
by munojiya | 2018-08-28 00:02 | Trackback | Comments(0)
2018-08-17 詐翼とは計算に弱い人のことをいうのか
詐翼は、ネットではパヨクと呼ばれている。
パーなサヨクという意味なのだろうか。庵主はその語源を知らない。
詐翼と呼ぼうと、パヨクと呼ぼうと、変わるところはない。よく嘘を吐く人達というのではなく、
本当は計算ができない可哀そうな人達なのではないか、ということなのである。

詐翼新聞の、おっと左巻き新聞の「沖タイ(沖縄タイムス)」の記事にこう書いてあるという。
沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対するオール沖縄会議は[2018年8月]11日午前、
「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める県民大会」を
那覇市の奥武山陸上競技場で開いた。

雨が降る中、市民らは辺野古の海の色を象徴する青色の帽子やタオルなどのほか、8日に膵臓
(すいぞう)がんで亡くなった翁長雄志知事への追悼の意を込め、黒い服を身に付け参加。翁長
氏の死を悼み、日米両政府へ新基地建設計画の白紙撤回を求めた。主催者発表で7万人の市民が
参加した。』(典拠)。

新聞記事だから事実に基づいて書かれていると思ってはいけないのである。
「沖タイ」の記事は、その数字に関してはまったくデタラメなのだという。
当人達はその数字を信じているようなのである。そうでなかったら算数ができない人達である。
いや、1合呑んで、1升呑んだ気になれる幸せな人達なのかもしれない。

-----

沖縄のメインストリートと言っていい国際通りを南にひたすら進み、那覇市役所と目の前に
ある琉球新報社をさらに南に向けて進むと国場川に出ます。
ここの橋をこえるとすぐに奥武山球場(沖縄セルラースタジアム)が見えます。
この並びに奥武山陸上競技場もあるのですが、以下に施設の紹介ページのURLを貼っておきます。

収容人数約9000人とあります。
今回取り上げた沖縄タイムスの記事でも、有田芳生のツイートでも、
7万人で成功したことになっているようです。』(典拠)。爆笑である。

[PR]
by munojiya | 2018-08-17 00:03 | Trackback | Comments(0)
2018-08-12 「R4」と書かれる国会議員
世の中には「四つある」ものが少なくない。
ペットボトルなどで売られているミネラルウォーターには四つの種類があるという。
「ナチュラルミネラルウォーター」「ナチュラルウォーター」「ミネラルウォーター」
「ボトルドウォーター」の4種類である。一読しただけでは違いがよく分からないけれど。

ペットボトルで売られていたら、見た目は同じなのでその違いが判らないのである。
しかし、実際には四つの違いがあるというのである。
お酒はどうか。大きく分けると、純米酒とアル添酒の二つであるが、純米酒ならば、
「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」「特別純米酒」「純米酒」と四つあるのである。

コーラを黒く見せるためや、ウイスキーの色目を調整するために使われているカラメル色素も
ⅠからⅣまで』(典拠)4種類あるのだという。
食品表示では「カラメル色素」または「着色料(カラメル)」と表示されているだけで、何番
のカラメル色素が使われているかは消費者には分かりません。』(同)という体たらくである。

そして、馬鹿もまた4種類あるようである。
「R1」から「R4」である。オチは言うまい。「R」は「ロクでなし」の「R」なのかも。
勿論「4」の方がより進化しているということである。
率先して実行する事ができる地位にあるのに、ツイで騒いで何もしない議員のことである。

-----

組織の能力を引き出すのに徹するのが正しいリーターシップ
民主党政権を思い出してみよう
私は詳しい、私は頭がいいとしゃしゃり出て組織の邪魔をし
挙げ句組織の能力を封じた』(典拠)。

人によっては最悪と見る現安倍内閣さえも、客観的に見たら、確かにやっていることは反日的な
自民党政治ではあるが、それでも「民主党」の政治よりずっとマシだという事が、日本の選挙民
はちゃんと知っているのである。
下世話な譬えになるが、味噌を捨てて糞を舐める馬鹿はいないということである。

災害で死者が出ていて行方不明の子を探す母親が居る中で、その災害を政争の具にするんじゃ
ない! 不謹慎。誰が何をやろうが、早かろうが、それより遅かろうが、そんなことを理由に
批判するな。仕分けで公共事業潰して出た被害者かもしれないのだから謙虚であるべき。
蓮舫、調子こいてると、そのうち罰を受けるぞ。』(同前)。

蓮舫は民主党政権時「いつ発生するかわからない災害に予算をつける必要はない。金の無駄
だ。」と言って政策を推し進めた結果の大被害だが[、]安倍首相は無責任でご都合主義の野党
の話なんか無視して根本的な治水政策の見直しを進めて欲しいですね。』(同前)。
今の野党には端から期待するものはないという認識は日本人の共通認識のようである。

[PR]
by munojiya | 2018-08-12 00:03 | Trackback | Comments(0)
2018-08-01 顔写真がない名刺は駄目だ
庵主は、もう名刺が必要ない生活に入って長い。
すなわち、労働市場からとうに離脱して、いまでは古い人となったからである。
最近の歌謡曲を知らない。聞いても、歌詞が聞き取れない。
今時の若い人が唄う歌は日本語になじまないメロディーが多いからである。

庵主の歌は昭和の歌謡曲で終わっているのである。
映画もつまらなくなった。CGの多用で空想する楽しみがなくなったからである。
何でもCGで作れちゃうのだからどうやって作ったのかというワクワク感が失せてしまった。
逆に、CGの使い過ぎで、目にうるさい画面の映画が多くなった。それが流行りなのか。

目にうるさくないと、というか、印象に残らないとだめなものが名刺である。
日本では数多くの名刺が交換されているが、その殆どは翌日には名前が忘れらてしまう名刺だ
という。名前はおろか、その人がどんな顔だったかも思い出せない名刺ばかりなのだという。
そこで、「名刺には必ず顔写真をいれろ」というのがこの人の指摘である

庵主が、「お酒のラベルや酒祭りには、酒銘に必ずフリガナを振っておけ」と言うのと同じだ。
基本のキであり、いろはのイなのである。
名前を印象づけるたけに二つ折りの名刺を使う人もいるという。しかし、世はさまざま、辛口の
お酒が嫌いな庵主のように、そういう奇をてらった名刺を嫌う人もいるのである。欄外で紹介。

-----

【欄外】
いつも拝見して勉強になりますが、この話にはやや違和感があります。二つ折り名刺はもう
30年ほど前に貰ったことがあり、なかなかユニークな宣伝が内側に書いてありましたが、
その会社は倒産しました。熱血&アイデア社長でしたが商売はうまくいかなかったようです。

受け取る側からしますと、私の場合ではありますが、もしこのような派手広告になった名刺を
どこかで受け取ったらすぐ捨ててしまいます。デザインやコンテンツ次第では受け取った人に
ネガティブな印象を与え得るものです。うざいと感じるからです。なので名刺営業はそんなに
仕掛けだけでは?と私は思います。』(典拠米)。

で、庵主が性格の悪いところはそういう人に対して「その程度の名刺しか貰えない人なんでね」
と思ってしまうところである。いまは思うだけである。口に出しては言わないのである。
庵主は、名刺を貰うと、ついその印刷を見てしまうのである。
トナーを使っているものを見ると、内心で苦笑するのである。

名刺はオフセット印刷か、活字印刷でなくてはいけない。
インクジェットで印刷された名刺は論外である。
そんな名刺を使っているのは男の安売りというものだろう。安直な詐欺用名刺かと思ってしまう。
顔写真が入っていない名刺も、たしかに実用的ではないのである。庵主もすぐに忘れるのである。

-----

実は、一時、庵主はそのインクジェットで安直に「むの字屋」の名刺を作っていたのである。
インクジェットの名刺は、水に濡れるとインクが流れるからいかにも安っぽいのである。
簡単に、そして安価でカラー名刺が作れるのでこれは便利だと思っていたが、しかし、
今にして思えば、それは間違っていた名刺だったのである。

というより、今はカラーで印刷した名刺も安く作れるようなったから、インクジェットで
名刺を作るメリットがなくなってしまったのである。
濡れるとインクがにじむ名刺は「泣く名刺」と呼んでいいだろう。
名刺はカラーオフセット印刷で顔写真入りのものが実用的〈ベスト〉なのである。

[PR]
by munojiya | 2018-08-01 00:04 | Trackback | Comments(0)
2018-07-28 フォトショ
「フォトショ」という、座りの悪い言葉がある。
もともとは「フォトショップ」という商品名のデジタル画像処理ソフトのことで、それを使って
加工した画像のことを「フォトショ」と縮めていうようになったのである。
日本語でいえば「嘘画像」といったところか。

昔の写真は、いくらでも加工はできたのだが、それでも一応そこに写っているものは真実だと
思われていたのである。
しかし、今はデジタル画像となって、どこまで本当なのか判らなくなっている。
毎度のフォトショの実例がこれであるそこまでやるかというのもある。お見事というべきか。

しかし、そういう楽しいのばかりがフォトショではないのである。
こういう悪さをしたものもフォトショなのである。
中華民國の「喪失國籍許可償證書」である。
綾瀬はるかのフォトショは善意だが、こちらは悪意丸出しのフォトショなのである。

フォトショを進歩だというかどうかは別れるところだろうが、目に見えるものの信頼性を大きく
損なうことになったのは劣化といっても間違いではないだろう。
では、この写真は(音有注意)フォトショかどうかを判断できるだろうか。
一方、これはフォトショではないのである。本当にあるお酒である。しかも裏もあるのだ。

-----

はてさて、写真週刊誌「フラッシュ」が「佳子内親王」だというこの写真の人は誰なのか。
これは本当に佳子内親王なのか。
「嘘」は「フォールス」というが、「フラッシュ」という言葉にもその意味があったっけ。
大体、皇族が人前でジーパンを履いて歩くか、ということである。

フォトショ以前に、カメラマンにセンス(常識のことですよ)が欠けているのである。
画像を加工する以前に、その画像自体が贋物なのである。
いや、逆か。カメラマンはセンスがよすぎるのである。
フォトショの手間を掛けることなく、最初から偽写真を用意したというわけである。

絶対これ佳子さまじゃないよね
なんかゴツいぞ』(典拠米)。
「ゴツい」というよりも、「肥〈ふと〉い」といった感じである。
本人は、もっと華奢な体つきじゃなかったか。本物を見たことがないからよく知らないけれど。

本当の旨いお酒を呑んだことがないと、今呑んでいるお酒が、旨いのか、そうでないのかが、
判断できないようなものである。本物を知らないと、見聞きした範囲でしか判断できないから、
そのお酒が「うまい」という評判を聞いても、果たして本当に旨いのかどうかが判断できない
のである。お酒は本当に旨い物を呑む事である。そういうお酒に出合えればの事であるが。

[PR]
by munojiya | 2018-07-28 00:04 | Trackback | Comments(0)
2018-07-20 「大地震も大水害もみんなユダヤが悪いのよ」
西日本に大きな被害を出した今度の大水害を天災と見るか、連中による人工災害だと見るか。
その手品の種を知らされていない人達はただの天災だとしか思えないのである。
しかし、種明かしを知っている人達は、「今度の大水害も、さきの東日本大震災もユダヤ人が
起こした人工災害だ」と言うのである

手品の種明かしを知ってもしょうがないというのはこう言うことなのである。
日本という国家は、日本人のものだが、世の中には、国家なんかどうでもいいという人達がいる
ということなのである。ユダヤ人である。チョウセン人である。加えてチャイナ人もか。
つまり、日本人の文化とは異なる発想をする人達のことである。

両者を、見掛けが似ているから、「人類皆兄弟」とか「多文化共生」などと一緒くたに見ていた
のでは、お酒(純米酒)だと思って呑んでいるものが、ただのアル添酒(アルコール飲料)を
呑まされていたという事になりかねないのである。
お酒が旨いのは、そこに造り手の文化がこもっているからである。その気迫が旨いのである。

お酒に似せて作られた、ただの致酔目的のアルコール飲料にそれを期待することは無理である。
文化大国であるある筈の日本が、チャチなチョウセン人に翻弄されている事を苦々しく思って
見ている日本人が少なくない。「マスゴミ」と言う人達はその心情の発露なのである。
日本の宗主国である大国のアメリカも亦、イスラエルに尻尾を振らされているというのである。

-----

ヒトラーといえば、今はヒットラーと書くのだったか、ユダヤ人大虐殺の大悪人というイメージ
をアメリカ映画の見すぎで、いや、見せられすぎと書くべきか、すっかりそういうイメージを
刷り込まれているのが当節の多くの人の脳態(脳の様子)だろう。洗脳ともいうが。
中世のヨーロッパ人の多くが天動説を刷り込まれていたようなものである。

大虐殺ということでいえば、スターリンの方が、毛沢東の方が、ずっと殺した人数は多いのだ。
数は劣るがポル・ポトの方が、そして小粒だが金正恩の方が、大虐殺者と呼ぶに相応しい。
加えて、李承晩もその列伝から省けないだろう。自国民を大量虐殺した有名人なのだから。
「ユダヤ人を殺した」と言われているヒトラーは、じつはユダヤ人から資金援助を受けていた。

さあ、ここで、こんがらがるのである。
ヒトラーはユダヤ人を大量虐殺したというが、そのヒトラーを唆してユダヤ人を殺させていたの
はユダヤ人だったというのは辻褄が合わないではないか、という事である。
ユダヤ人は被害者だったのではないか。悪いのは、ヒトラーすなわちドイツ人だったのではないか。

その謎を解いてくれたのが、宇野正美先生である。
ユダヤ人といっても、実は二種類あるのだと。お酒といっても実は二種類あるように、である。
聖書に書かれている本物のユダヤ人と、改宗してユダヤ人を名乗っている偽ユダヤがあるのだと。
殺されたのは神の庇護を受ける筈の本物のユダヤ人で、殺させたのは偽ユダヤ人だったのだと。

[PR]
by munojiya | 2018-07-20 00:03 | Trackback | Comments(0)
2018-07-15 「真実」を知りたくなる本
これを読んだら、その「真実」とやらを知りたくなるのである。
真実を知るための費用がだった1980円だからである。
科学とは再現性があることだという。そのとおりにやれば同じ結果が出るという事である。
1回限りなら奇跡である。果たして、この本を読んで「大富豪」になれるのか。

なれなかったら、この本に書いてあることは畳水連で机上の空論でしかないという事である。
本を読んだという「感想」ではなく、この本を読んで、間違いなく自分も大富豪になれたという
実績を示してくれないことには、その感想自体が畳水練でしかないということになる。
ゴルフが上達する本を読んだら本当にスコアがよくなるのか。

書店の競馬本コーナーにはいつもきまって「万馬券必勝法」の本が並んでいる。
それを読んで万馬券を当てる事ができたという人を聞いたことがない。
万馬券を当てる方法を書いた本は、多少の知性があれば、何の役にも立たない事が判る本だが、
それが「株式で儲ける本」となるとその判断力が鈍くなってくるのである。

俺も儲ける事ができるのではないか、という気持になってくる。
「宝くじで1等を当てる本」というのがあったら、そんなものを信じる人がいるか、である。
人は騙されることが好きだという「真実」だけは判る本が本屋には沢山並んでいるのである。
ただし、「このお酒がうまい」という当ブログが語る真実は間違いないのでご安心のほどを。

-----

まだ、昨日本を読み始めたばかりです。
少し難しい本かと思いましたが、楽しく読ませてもらっています。読み始めからお金に対する
考え方を改められました。
読み進めてこれからの人生を考える上で参考に出来ればと思います。

お金に困らない将来を獲得したいです。』(典拠米)。
この読書感想は、その本を読まなくても書ける感想ではないのか。
そもそも、読書感想なのに、「今読み始めました」と書くそそっかしさがアヤシイのである。
「今読み始めました。いい紙を遣ってある本です」と書いているようなものだからである。

昔、竹中労というルポライターがいた。
いまでも、本屋でさがせばその著書が残っている筈である。
その竹中が、「アサヒ芸能」の別冊だったか、増刊号の記事を全部一人で書いた事があるという
話を読んだことがある。

器用な人は、雑誌を一人で作ることができるのである。
この読書感想も、ひょっとして、器用な人が一人で書き分けているのではないのかと、庵主は
邪推しちゃうのである。
そういう“真実〈じゃすい〉”は知らない方がいいのだろうが。

-----

大富豪になるための真実は本当に役に立つかどうかは分からないが、
これは本当に役に立つ真実である。
集中豪雨の被災地が送られてくると迷惑になる支援物資のリストである。
一に千羽鶴だという。にに寄せ書きだという。そしてオチが「辛いラーメン」だという。

被災地に千羽鶴や寄せ書きを送るという執念には“感心する”のである。
見るからに古着と判る物や、季節外れの衣類を送る人もいるというのである。
ちなみに南鮮では、被災地に本当にゴミを送る人がいると聞いたことがある。
民族の人間性が窺われる真実である。その執念には、いや、その行動力には感心するのである。

[PR]
by munojiya | 2018-07-15 00:04 | Trackback | Comments(0)
2018-07-14 ものの5分もあれば判る世界史
教え方が上手だということは、核心を教えてくれる人の事をいうのである。
判断基準をきちんと教えてくれる人のことをいうのである。
「異民族は協和できないという事」である。今の日本はアメリカの植民地だというのである。
本質が分かれば世界が見えてくるのである。世界史とは今何が起こっているかと事なのである。

日本人はアメリカ人にとって異民族です。「アメリカ人は皆殺しにされるのではないか?」と
いう恐怖があって、オレンジ作戦で誘い込んで日本人をブッ叩くということを実行したのです。
全ては潰せなかったのですが、アメリカは日本を植民地にしているのです。』(典拠)。
そういう状態を「平和」だと言いくるめている左翼は嘘をついているという事なのである。

世界はそのようにして成り立っています。何処にも友好な国や、人権などありません。全て
ウソです。現実的に世界は殺し合いです。それが本来です。日本人はそれをわかっていたのです
が、いつの間にか手から爪が抜かれて、牙を抜かれて戦う気力も抜かれて、「世界平和だ。人権
が大事だ!」と言えば、世界は平和になると考える馬鹿な奴らになってしまったのです。

異民族の遭遇は殺し合いを意味します。これを日本人は深く心に刻む必要があります。』(同)。
建前にしかすぎない「平和」という言葉を信じてはいけないという事である。
ちなみに、旨いお酒とはなにかというと、造り手の気合がこもっているお酒をいうのである。
その気合が旨いのだ。気合はこもっていても、それがこぼれてしまったお酒もあるけれど。


[PR]
by munojiya | 2018-07-14 00:20 | Trackback | Comments(0)
2018-07-11 それを「晋三病」というらしい
日本で、今、変な病気が流行っているというのである。名付けて「晋三病」だという。
下痢を起こす病気ではない。何でも安倍晋三が悪いと見えてしまう思考偏向症の事である。
庵主が、「世の中の悪い事はみんなチョウセン人が面倒見てくれる」というのとは反対の、
チョウセン人から見た「世の中の悪いことはみんな晋三が悪い」というバージョンである。

お互いに隣人に悪事の淵源を押しつけて自分の精神衛生を保っているというわけである。
晋三病の患者は、チョウセン人の血を引いている人か、それにカブれている人達である。
国会議員にその患者がいるということで、国会の汚鮮が進んでいる事が判るのである。
その症状は傍から見ると笑い話にしか聞こえないのである。

政治家のレベルは、その国民のレベルを超えないというから、それが今の日本人の水準なのだと
思えばいいのだろう。正しくは日本に規制しているチョウセン人の水準だというべきか。
庵主が国民をやっている国だから、それもしょうがないとは思うけれど。
引用したサイトでは、メキシコの政治事情にも触れている。

メキシコは国民が熱いという。選挙戦はまさに切った張ったの修羅場になるというのである。
麻薬組織に支配されている国なのだという。国民がアメリカに逃げ出したくなる国なのだと。
日本ではその麻薬と賭博は御法度である。破戒しているのはご存知のとおりチョウセン人である。
旨いお酒がある事は逃散を防ぐ効果もあるのである。不味い酒しかない国に逃げてもねぇ。

-----

「郵便ボストが赤いのも、電信柱が長いのも、みんな私が悪いのよ」という戯れ言葉がある。
児戯である。その逆で「みんな安倍総理が悪いのよ」というわけである。小児病なのである。
我が国の国会議員はその程度の人達だということである。それが東大を出ているというのだから
本当に、東大は頭狂大学なのではないかと苦笑したくなるのである。

パヨクの皆様の言うことは
「日本が悪い」「アメリカが悪い」「自民党が悪い」「総理大臣が悪い」
この4つ[庵主校正:四つ]以外の結論は何もない。日本の野党の主張、朝日新聞の社説、
毎日新聞の社説、中日新聞の社説、東京新聞の社説をいつも読んでいて気づいた。』(典拠米)。
要するに火病を起こしているでしょ。
大陸人メンタルの在日政治家たち。』(同前米)。
小西洋之」議氏の耳相を拝見
元官僚くずれで『ショボい』(同前)人だという。耳相がショボいというわけではないが。

晋三病は不治の病。
何でも晋三に結びつけるんだな。て、それしか無いのかよ!』(典拠米)。
晋三病患者は安倍晋三@首相の依存症。』(同前米)。
「不治テレビ」と呼ばれるTV局がある。「不治」に「朝鮮」という意味があったのだっけ。

[PR]
by munojiya | 2018-07-11 00:03 | Trackback | Comments(0)
2018-07-08 暇な人が著作権の真実を暴き出す
世に著作権というものがある。
嫌煙権があるというから、「俺のいうことを聞け」というのが「権」の本質みたいである。
ならば、「好煙権」を主張する人がいたら、嫌煙権論者は何と答えるのだろう。
そんなものは間違っていると言ったら、自分の嫌煙権も根拠がなくなってしまうからである。

俺の言うことを聞けという人が、他人の言うことを否定したら、自分の言うことも
聞いてもらえなくなるのである。世の中で唯一の「平等」は互恵平等だからである。
馬鹿と利口は平等ではない。イケメンとブサイクも平等ではない。金持ちと貧乏人も。
しかし、生き物としての平等、すなわち「互恵平等」は唯一の平等だという事である。

その著作権が本の普及を阻害しているというのである。
それを実証したサイトが<a href="◆◆">これである</a>。
しかし、そのサイトもまた違法で、『ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害
で違法』(典拠)だというのである。『もはやあきれて言葉が出ませんが、』と続くのである。

「著作権論者と掛けて何と解く」「チョウセン人と解く」「心は、関わり合いにならないことに
越した事はない」。だかしかし、いずれも向こうの方から擦り寄ってくるから怖いのである。
同じように、向こうからやってくるけれど、逆に有り難いものがある。旨いお酒がそれである。
酒徳を積むと旨いお酒とめぐり合える機会が増えるという事である。美酒は友を求めるのである。

-----

その高部裁判官の顔写真が出てこないのである。
インターネットって役に立たないのである。否、検索の執念が足りなかった。
この子〈ひと〉みたいである。こちらが比較的近影か
トンデモ裁判官の一人らしい。トンデモ裁判官は男にもいるけれど。

[PR]
by munojiya | 2018-07-08 00:02 | Trackback | Comments(0)