<   2011年 09月 ( 90 )   > この月の画像一覧
2011-09-27 笑い話 「山岡なんかと結婚するほうが悪い」
最悪な夫の選び方と取るか、
〈もっと〉も不幸な妻〈おんな〉の話と取るか。
グルメ気取りで、自分より料理が上手な夫をもった妻の愚痴である。
食い物のうまいまずいをいう男は下種とした古人の言葉の重さが分かるのである。

この話は何とでも持っていけるが今回の方向は「黙って呑め」という躾け話に持っていく。
個人的な感想だが、料理が上手なかみさんをもらった男は最高に幸せだと思う。
色香は外でも手に入るが、うちでうまいものを食わせてくれる女は容易に得難いからである。
そういう意味で、庵主はうまいお酒を呑ませてくれる杜氏をありがたく思っているのである。

だし巻き卵は焦がしたら失敗味噌汁は沸騰させたら失敗
隣でネチネチと
』(75番)。それが嫁いびりの基本である。
日本人の底意地悪さも変わっていないのである。
それしか楽しみがなかった前時代の残滓〈ざんし〉である。

日本人の清流は、食べ物はお百姓さんに感謝して食べる、である。
食い物に関してごちゃごちゃ言わないというのが躾けである。
庵主は、グルメを「愚留奴」と書いて「おろか」と読むのである。
だから庵主は人前ではお酒の話をしない。でもやっぱりうまいお酒が呑みたいのである。

-----

「容易に得難い」は「馬から落馬」だったか。

-----

身も蓋もない。『なんでわざわざこんなもんを嫁にもらうのだろう』(33番)。救済事業。

[PR]
by munojiya | 2011-09-27 01:09 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-27 ヤクザとパチンコと統一教会
「ヤクザとパチンコと統一教会には関わり合いにならないことが堅気の生き方である」
「それって、要するに、チョウセン人とは関わり合いになるなということですね」
日本では、チョウセン人がそっちの世界を一手に担っているのである。
おかげさまで、日本人は清楚な生き方を全うできるというわけである。清貧ともいうが。

ただ困っちゃうのは、凶悪犯罪とか連続強姦事件といった猟奇犯罪が起こったときに、
その犯人が日本人の名前を名乗っているチョウセン人である場合が多いということである。
日本人の質も落ちたなと誤解〈がっかり〉しかねないのである。
それを言うと民族差別とかいう声が出るのだろうが、事実は事実だからしょうがない。

ここでいうチョウセン人とは異邦人という意味でもある。
その場合は必ずしも民族的な朝鮮人をいうものではない。血筋ではなくその振る舞いである。
見掛けは似ているのに、どこか日本人の心情とは異なる振る舞いをする人達のことである。
思うに、チョウセン人に濁〈だく〉の世界を押しつけることは、奴隷制度なのではないか。

日本には奴隷制度はないことになっている。奴隷制度はやる方には悪意はないのである。
日本の奴隷制度は精神的なそれなのかもしれない。身は自由なれど見えない一線がある。
お酒なら、パック酒と普通酒と徳俵大吟醸には関わり合いになるな、といったところか。
その共通点は道を踏み外してしまったお酒だということである。精神的な差別なのである。

-----

制度的奴隷制は奴隷に生まれたらそこから容易にははい上がれない。
精神的奴隷制度は奴隷の立場にいる人でも望めばそこからはい上がれるということである。
精神的なものは好みもあるから、必ずしも下流のお酒が悪いというものではないので、
上を知っていても下を選ぶという自由もあるのである。

-----

パック酒は、ヤクザと同じでそもそもお酒の正道からは外れている酒である。
普通酒は、パンチコと同じで多くの場合外れだが時には当たりの酒もあるということである。
徳俵大吟醸は、宗教と同じで一見高尚に見えるが信じられる人だけが有り難がる酒である。
堅気の人なら、真っ当に造られたうまいお酒を呑みなさいというのが庵主の提言である。

-----

9月30日の追記。この指摘がもし当たっていたら困ってしまうのである。
そういえば木下っていう僧侶が滝修行と称して屋内で中2女子を殺害した事件があったな。
こいつは殺人に対する反省の色すらないから実名は「朴**」という在日韓国人かコリアン
系帰化人だと思う。
拠所(米欄)。朴さんが日本人名を木下とする例があるので。

[PR]
by munojiya | 2011-09-27 01:05 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2011-09-26 酒には平等はないから面白い
にもかかわらず、社会や人々はこの障害の存在を知らないか気づいてもいない。
だから連中を障害者だと見なすことも、その障害の特殊なあり方故に社会による監視とコント
ロールが必要なことも理解しないまま、人間は皆平等、人権は絶対の価値、などという綺麗事
の建前を掲げ、味噌も糞も一緒くたに扱うような過ちを犯す。
拠所

お酒の場合は、平等とは端〈はな〉から無縁な世界である。
純米酒、アル添酒、三増酒、合成清酒とまず大きくわけて身分が四つある。
純米酒とアル添酒は、それを出自に応じて八つの格式に分けるのである。
その時点で、三増酒と合成清酒は切り捨ててしまうのである。

切り捨てられた酒を呑んでいるような奴は真っ当な人間ではないという評価が下される。
そういうお酒をケと言って蔑〈さげす〉むのである。
ハレの酒にも八段階ある。
純米大吟醸、純米吟醸、特別純米、純米、大吟醸、吟醸、特別本醸造、本醸造である。

ここからは今度は呑み手の器量が問われるのである。
純米大吟醸を呑むのが偉くて、本醸造を呑むのは下〈げ〉だというわけではない。
純米酒が格上で、本醸造酒が格下なのではない。格式とは式〈スタイル〉の違いである。
それらを一緒くたに扱うと過ちを犯す。うまいお酒が見分けられないということなのである。

-----

庵主剽窃。[ ]内は庵主の換骨奪胎。うまいお酒を呑むことは差別の極みなのである。
かくして[お酒に対する]知恵[〈くべつ〉]と洞察力[〈ふんべつ〉]なき、
大いなる偽善
[〈いっしどうじん〉]の教条[〈おもいこみ〉]は、この[お酒の]世界で
大いなる悪意
[〈あくざけ〉]の温床[〈げんいん〉]として機能し続ける。』(同前)

[PR]
by munojiya | 2011-09-26 00:30 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-26 笑い話 すごい予言
だがその日本の出汁[〈だし〉]の文化が
東京電力の原発テロで絶滅させられようとしてるのだ。
お前らは基本的にバカだから何にも気にかけないんだろうが
今後は鰹も昆布も椎茸も全部放射性物質で汚染されたものばかりになる。

今売ってる東電テロ以前の原料を使ったものが尽きたら
健康によい出汁の文化などすべて過去の異物になってしまう。
見た目も味も変わらんだろうがな。
駄菓子本(89番)
東電も罪なことをしてくれたものである。

「当店の蕎麦粉は3月11日以前にとれた蕎麦を使っています」と書いている蕎麦屋があった。
9.11がアメリカの転機なら、3.11は日本の転機となったのである。
とは書いたもののどのように変わったのかというと、実感では何も変わっていないのである。
本屋に行くと何十年も前のその風景とちっとも変わっていないようにである。

しかし、お酒は明らかに変わっている。よく変わっているのである。
どんどんうまくなっているのである。はっきりいって甘くなっている。庵主には好みだが。
いや、それをよく変わったと捉える認識が間違っているのかもしれない。
世の中がどんどん劣化している中で、お酒だけがよくなっているはずがないからである。

-----

今、気付いたのだが、このブログはお酒を話題にしているものなので、
未成年者には読ませていけないものなのなかもしれない。18禁ならぬR-20である。
最後の行に書いたような見方は、子供が読んで真に受けたら将来の希望を失わせかねない。
ある人は当ブログを「有害エッセー」と呼んだが、その指摘は正鵠を射ているようである。

[PR]
by munojiya | 2011-09-26 00:25 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-26 チョウセン=ギリシャ
またまた詭弁方程式だろうと思われるかもしれないが、今度はそういう世評の紹介である。
世界を知る人にはそういう見方があるという。一人チョウセン人だけではないというのである。
「韓国人並、あるいはそれ以上に人間としてのタガが外れてる人種や民族は、世界中に
いくらでもある」
』(拠所)と言われているのだという。

ギリシャを指して、「欧州の朝鮮」とまで言う人がいるので、ギリシャ哲学やギリシャ神話の
イメージしか持たない私が、「いくら何でもその言いようは、かのギリシャ文明を作った人々
の末裔に対してあんまりではないか」と言うと、何故ギリシャがそう言われるのかを懇々と
説明されて、結局私がごめんなさいと言わざるを得なかったことがあります。
』(同上)

ギリシャ問題は、わが国にとって南朝鮮問題と同じだろう。通貨が暴落する国が滅ぶなら
(「アメリカのドル暴落)南朝鮮はその見本だろう。既にその状態であるが南朝鮮の情報工作
でそれがわが国日本人はそのようには思っていない。思っていなくても事実がそれをいずれ
あらわす。
拠所(米欄)。南朝鮮没落必至説である。

わが国は、公務員が甘い汁を吸っている点ではギリシャと、マスコミが嘘を並べている点では
南朝鮮と同じ危機的状況にあるから本来ならダブルパンチで日本が先に潰れる筈なのである。
シナ人は、酒は楽しいときに飲むもので、悲しいときに飲むものじゃないというらしい。
日本のお酒は緩急自在でどちらの状況でも呑める。どっちで呑んでもお酒はうまいのである。

-----

はっきり言うなら韓国はギリシャより危険です。(中略)韓国経済は日本のメディアが伝え
ているような実態とはまるで正反対です。それでも一流と言われている日本経済新聞は「韓国
経済は堅調である、サムスンの経営戦略を学べと」とはっきり書いています。
拠所
ネットの南朝鮮沈没論とマスコミの同躍進論はどちらが正しいのか。庵主には一寸先は闇。

[PR]
by munojiya | 2011-09-26 00:22 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2011-09-25 酒のデザイン
川上元美〈かわかみ・もとみ〉の「デザインの軌跡」展を見て来た。
あの「NEWS」の瓶をデザインしたデザイナーの仕事の展観である。
デザイナーはお酒の販売にどこまで関わっているのかというのが庵主の注視点である。
「NEWS」(発売は1982年か)は、キリン・シーグラムが売っていたウイスキーである。

同社は、いまはキリン ディスティラリーとかに社名が変わっている。
最近の社名はナントカ・ビバレッジとか、DQNネーム同様庵主には覚えられないのである。
そのボトルは庵主も覚えているのである。ただの円筒状の瓶である。
しかも容量が1000ML、500ML、250MLというラインなのである。

川上さん曰く、これを出したときにヘアトニックと間違われたという。
デザインとは見掛けが美しいものを造ることではないという。
それは社会に対する新しい生き方の提案なのだという。その意欲は大なのである。
「NEWS」のデザインは一面では成功だったが、一面では失敗だったのである。

ウイスキーという情緒商品に、情緒を排除した形で実用だけのそれを提供したのである。
その違和感は当時は強烈なインパクトとなって庵主の記憶に強く残っているのである。
それがなぜ今は売られていないのか。デザインに失敗したのである。
お酒はメートル法で飲むのではなく、人間単位の尺貫法で呑むものだったのである。

-----

そういえば「NEWS」は「ニュース」と読むのか「ニューズ」と読むのかが判らない。
ネーミングも失敗だったのだろう。文字通り一過性で終わってしまったのである。
ちなみに、今も売られている「ブレンディ」の瓶が川上元美のデザインである。
こちらは長く愛用されているのである。庵主の手元にもそれがあるのは偶然である。

[PR]
by munojiya | 2011-09-25 00:35 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-25 番外篇 趣味はルビ収集
切手収集という趣味がある。
女遊びとか、うまいお酒を渉猟する趣味とは格が違うのである。
コレクターというのは高尚な趣味とされている。
その中でも切手集めは趣味の王様と言われていると切手収集の入門書には書いてある。

庵主もコレクターなのである。高尚なところもあるのである(←冗談のあるある)。
ルビのコレクターである。
ルビといって分かる人はかなり教養が高い人だろう。本を読まない人には縁がないゆえ。
そして、そのコレクターというのは相当物好きな人だということである。

「客」と書いてそのルビが「カモ」。
裏カジノって客(=カモ)以外全員グルっていうやつ?駄菓子本(米欄)
「新聞」と書いて「かみ」と読むのである。印刷された新聞紙を呼ぶときの業界用語である。
「新聞紙屋〈かみや〉」の会長が「客〈カモ〉」になったらしいというネタである。

お酒の「本醸造酒」という言葉はどのぐらいの人がその意味を知っているものか。
アル添酒のことである。「本」と字が付いているから本物だと思ってはいけないのである。
ならばルビはなんとするか。「もどき」とか、「みなし」とでも読むか。
その意味を知らずに口にしている呑み手は「客〈カモ〉」と呼んでいいのだろうが。

-----

「ルビ」という言葉の知名度はどれぐらいなのだろうか。
その言葉の意味を知っている人の割合は何%ぐらいかということである。
庵主は「クレードル」という言葉を知らなかったのである。
「ルビ」という言葉もそれに近いのではないかと推定しているのであるが。

[PR]
by munojiya | 2011-09-25 00:33 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-25 モンチッチ
モンペと聞くと、庵主はもんぺを思い浮かべるが、
当今は馬鹿親(モンスター・ぺアレンツ)のことをいうという。
モンスター・ペアレンツを縮めてモンペである。
ならば、それはモンチというのかな。

庵主は長らく日本人をやっているから、こういうことを言いだす人達にあきれるのである。
というより、冗談ではなしに、こういう人達はキチガイだと痛感するのである。
「冗談ではなしに」は「冗談では なしに」と読む。「冗談で話に」ではない。本気である。
庵主にとっては、一緒には住みたくない人達という意味である。

ただ見掛けは日本人なのである。親しみを感じるのである。だがその中身は異質なのである。
庵主には見ただけで区別がつかない。
その違いは、エチルだと思って呑んだら、メチルを飲まされていたようなものである。
エチルしか呑めない庵主にはメチルは強過ぎるのである。避けるにしくはない。

こういう人達である。その言動でその正体が知れるのである。
モンスター・チョウセン人を縮めてモンチ。柔らかく言うときはモンチッチである。
「倭豚」という愛称に対当する愛称が「韓猿(厭)〈かんえん〉」で互恵平等である。
1999年の時点でさえ韓国は日本を排斥していたとある。今も本性は変わってない筈である。
[PR]
by munojiya | 2011-09-25 00:13 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2011-09-24 「ぐぐっと生/ノンアルコール」
新ジャンルの星〈おかいどく〉である「ぐぐっと生」にビール風味炭酸飲料があるのである。
ビール風味炭酸飲料(ヌキ)をビールと並べて売るのは詐欺と言えないこともないが、
ビール飲みの間では、新ジャンルもビールであり、ヌキもまたビール一族の扱いなのである。
観念的にはアルコール度数0%のビールというわけである。

しかし、お汁粉から砂糖を完全に抜いたものを、お汁粉風味和風飲料と呼んでいいものか。
なんとなく、どこかおかしい、なにかが間違っているような気がするのである。
世紀末現象、いやまだ21世紀は初頭なので、歴史的には人類末現象だというべきか。
人間の欲望もここまできたらあとは滅びるしかないというものである。莫迦を越えてしまった。

「ぐぐっと生/ノンアルコール」は韓国製。酒販店のやまやで350ML缶が85円である。
味は、うまくはないが、まずくもない。悪くはないのである。
ただ、アルコールが入っていないから飲んでいてもなんか寂しいのである。
干し芋の香りがする。ならばちょっとだけ芋焼酎をいれてみたのである。「蔵の神」である。

殺風景だった味わいに、ほんのり甘味がついて俄然味が華やかになるのである。
アルコールは甘いということを実感した。
でもそういう飲み方は、どこかおかしい、なんか間違っているような気がするのである。
それなら、最初からうまいビールを飲めばいいわけだから。

-----

「ぐぐっと生/ノンアルコール/ビール風味炭酸飲料」
原材料名:大麦麦芽、食物繊維、果糖ブドウ糖液糖、ホップ、カラメル色素、pH調整剤、
酸化防止剤(ビタミンC)、香料
』。輸入社はコルドンヴェール(株)とある。
炭酸水に香料をまぜれば簡単に造れそうであるが結構手間をかけて造っているようである。

[PR]
by munojiya | 2011-09-24 00:35 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-24 この嫌味が可笑しい
「おかしい」という言葉には、
笑わせてもらったという陽気な意味と、
他者に対してなんとなく信がおけないという疑念を浮かべる陰気な意味合いとがある。
庵主は、前者を「可笑しい」と、後者を怪しいということで「奇怪しい」と書き分けている。

「奇怪しい」はその程度が小さいときは、すなわち、それちょっと違ってないかという程度の
ときは「奇怪しい」ではおかしいので「おかしい」と書いているからどうでもいいのである。
そもそも一つの言葉で陰と陽の双方の意味を合わせ持っているというのがおかしいのである。
聖と邪を同時に合わせ持っている「神」という言葉もあるから陽と陰は紙の裏表なのだろう。

で、可笑しいのはこの嫌味である。
野田佳彦首相は、国家の非常事態を救うため「金持ち大増税」で富裕層の「愛国心」の有無
を試せ!
拠所。そう主張する人は多分あまりお金を持っていないように思えるのである。
「愛国心」というのは、貧乏人に命を差し出させるオマジナイだとばかり思っていた。

徴兵に応じて「愛国心」を示せというわけである。
が、それは、お金持ちから税金を搾り取るためのオマジナイにもなるらしい。
はたしてお金持ちに「愛国心」はあるものか、一度見てみたい気もするのである。
「愛国心」があるならまず日本酒を呑めと言われたら、庵主の「愛国心」は旺盛なのである。
[PR]
by munojiya | 2011-09-24 00:33 | 世話物 | Trackback | Comments(0)